大津の妹 暴行死事件 17歳の兄少年院送致 | NPO法人 ゆずりは学園のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

NPO法人 ゆずりは学園のブログ

ブログの説明を入力します。

9月17日、小学1年生の6歳の妹を、殴ったり蹴ったりして、暴行死させた少年が少年院送致になりました。

7月22日から8月1日まで、殴られたり、蹴られたりして、6年という短い人生が終わってしまいました。

母親はその間、家に帰らず、兄に妹の世話や家事を命令していたということです。

 

すべてを一人でしていた、少年。

11日間、それでも亡くなるまで妹に暴行をしていた兄。

 

タレントの関ジャニ∞横山 裕さんの「君は一人じゃない」という記事について、前にブログを書きました。

小学5年のころから、父親の違う6つ下、8つ下の弟と暮らし、母親が50歳で突然亡くなった後は、その

弟たちの面倒を見て、大学や結婚までの世話までをしていらした横山さん。

「家族の悩み 抱え込まず相談を」と横山さんは言われています。弟たちを愛していた横山さん。

 

大津の事件

子どもの世話をしない母親、

妹の世話をせずに、殺してしまった兄、

11日間です。

大人は気づかなかった

大人に頼れなかった

学校は夏休み?

それでも誰かが気づいてあげれていたら、兄は加害者にならずに

妹も死なずに済んだ

 

どこに問題があったのか、コロナ禍でもありますが、何か大きな闇が見えます。

 

ゆずりは学園の日常を少しづつ始めています。

転校生がひとりまたひとり入学してきました。ゆっくり、支援していきます。

ゆずりは学園の畑のさつまいも、来週は子ども達と芋ほり体験です。

トトロの庭で、さつまいもを焼いていきます。

image