フィクサー

テーマ:
フィクサー [DVD]
¥3,169
Amazon.co.jp


2007・アメリカ

監督・トニー・ギルロイ

出演・ジョージ・クルーニー、シドニー・ポラック、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン


音譜ストーリー


主人公は一応、法律事務所に所属しているものの、その仕事内容は、大企業にとって不利な情報を隠蔽する「裏稼業」。なかなか日本ではお目にかかれない職業を、ジョージ・クルーニーが人間くささも織り込んで名演する。名うての“もみ消し屋”として知られるマイケルが、巨大農薬会社で同僚が起こしたトラブルを解決するうち、自らの命も狙われる事態に陥ってしまう。
 何やら謎めいたオープニングのシーン。そこから時間が溯って、そのオープニングでのマイケルの行動の理由が明らかになる展開は、脚本家として名を上げたギルロイ監督らしい。映画全体は、人間ドラマ、社会派、サスペンスといったジャンルの間で揺れ続け、観る者を戸惑わせる面もあるが、キャストの熱演があらゆる違和感をカバーする。本作でアカデミー賞助演女優賞のティルダ・スウィントンは、農薬会社の面子をかけた悪巧みと、その陰での巨大なプレッシャーをリアルに演じるが、ラスト5分のクルーニーも賞賛に値する。正義と仕事の狭間で悩んだ主人公の決着のつけ方には、クルーニーらしい男っぷりが発揮されているのだ。



音譜感想


えっと、私が頭悪いのか、1回目に観たとき(特に前半)さっぱりイミフメイでした(笑)ガーン

でも2回目観てみたらおもしろい!!やっぱり2回は見ないとだめですね・・・。


前半はサスペンスにありがちな、情報を小出しにしていく感じだけど、それが小出しすぎるから意味がわかりにくいんだろうなぁ。

2回目観ると、複線があちらこちらにちりばめられていて、その繊細さに感心と納得しちゃうんですが。ニコニコ


正義と仕事は一致しないもので、その人間的な部分を捨てれなかったアーサー。

捨てれたのはカレン。カレンは根は悪い人間ではないのですが、自分がU・ノース社(会社)となって判断しています。

ゆえに分裂症気味な性格です。

その演技がすごい良かった。アカデミー賞助演女優賞なんですね。王冠1


弁護士たちの話です。

弁護士という仕事上、悪を弁護するのはわかっているとは思うのですが、アーサーは原告側につく、というまずいことに。

アーサーはマイケルに自分は正義に目覚め、自分が正しいと説得しますが、その時点でマイケルはまだアーサーを信じようとはせず、正義イコール仕事だと思っています。

かくいうマイケルも仕事にもちょっと疑問を感じてますが。


Paper Papillons

↑アーサーを疑うマイケル

でもアーサーのある事件から一転、マイケルは真実とは何かを考え出す。

アーサーの愛したアナという女性(正義の象徴の女性)に会い、ヒントを得てアーサーが正しいことが分かってくる。

ところが、本当の正義が何かを分かっていない同僚や被告たちの妨害に合う。

上司のマーティンにも「この訴訟ははじめから腐っている、青臭いことを言うな」とか言われる始末。

Paper Papillons

↑一番の複線はやはりマイケルの子供ですね。

アーサーに教えた「王国と征服」の本。

冒頭で本の内容を話してもマイケルは流して、全く耳を貸そうとはしなかった。

アーサーにしたように。

また、子供に生き方を教えるマイケル。

「お前は心が強い大人になれる」
これがラストにつながっていると思います。


やっぱりラストのシーン。時間が冒頭に戻り、違った目線で写されます。

「あ、それ!」「あ!」

ってなりました。叫び


Paper Papillons

最後の最後のシーン。

葛藤しつつ出した結論。

その結論は正しかったのかな。

「遠くに行くなよ」といわれ、できるだけ遠くに、でも遠くにいけない葛藤、一見無意味なタクシーを流し乗りって演出!あの表情!!ステキです!

物思いにふけるマイケルが印象的です。宇宙人

AD

妊婦検診第3回

ご無沙汰しております。

独り言。

検診に行きました。

今19週目です。

体重が2キロも増えていたので助産婦さん、先生から注意されましたガーン



「次くらいに性別分かると思うけど、今度体重増えてたらペナルティとして性別教えないから!」

とか言われました(笑)ヒドイです。


だってゴールデンウィークは食べるでしょう。


あ、5月5日のこどもの日に戌の日のお参りに中山寺に行きました。(いつの話だよ)

さすがこどもの日。

妊婦だらけ。

午前中なのに結構人がいました。

ホントに少子化・・・!???


7千円のものはあっけないものですぐ済んでしまったので、本堂の隣のコーナーで赤ちゃんのよだれかけ(500円)を買ってマジックで色々書きました。(絵馬みたいなものかな)


てか新型インフルエンザ怖いよう・・・。ダウン

幸い仕事も休みになり家に引きこもってはいますが、旦那とか電車通勤だしこんだけ広がってたら・・・。

マスクも花粉用のやつしかなくてウイルスシャットは怪しいし。

薬飲めないってつらい・・・。
テレビでも弱毒性だけど妊婦はかかったらダメとかいうし。

1週間頑張ろ晴れ


AD
ライセンス・トゥ・ウェディング 特別版 [DVD]
¥2,569
Amazon.co.jp

2007・アメリカ

監督・ケン・クワピス

出演・ロビン・ウィリアムズ、マンディー・ムーア、ジョン・クラシンスキー、エリック・クリスチャン・オルセン、クリスティーン・テイラー、ジョシュ・フリッター



音譜ストーリー


全米公開、初登場TOP10入り! ロビン・ウィリアムズ ほか豪華キャストでおくる、最高のラブ・コメディ!

教会が定める結婚準備講座を受けることになったカップルが、変わり者の牧師が課す奇妙な課題に振り回されるラブ・コメディ。出演は、牧師役にロビン・ウィリアムズ、カップル役にマンディ・ムーアとジョン・クラシンスキー。監督は「旅するジーンズと16歳の夏」のケン・クワピス。愛するベンからプロポーズを受けて幸せいっぱいのサディー。彼女の夢は、一家が通う教会“聖オーガスティン教会”で伝統的な結婚式を挙げることだった。しかし予定は2年後までいっぱいで、唯一空いていたのはわずか3週間後の1日だけ。しかも、フランク牧師はベンとサディーに、彼が考案した“結婚準備講座”を受講し、ちゃんとクリアしないと式を挙げてくれないというのだった。しぶしぶ了承したベンとサディーだったが、そこに待ち受けていたのは奇妙奇天烈、無理難題の課題の数々だった…。

音譜感想


私はこれ、結構笑えました。いや、でも笑えないとこもちょっとありましたが、トータルでは面白かったです。

ベンとサディはトントン拍子(死語?)に結婚の話まで行きます。

彼女はある教会で結婚したい!と言い出し、そこには変な牧師が。

変な牧師が結婚前の2人をなぜかケンカするようにもって行き、破局させたがるような行動に出ます。

けんかもしたことの無いラブラブカップルだったベンとサディは戸惑う。


気を使わない、言葉が裸のままの本音トークはお互いを傷つける。

勢いだけで結婚をしかけていた2人は相手と同時に相手を通して自分をみつめなおす。



Paper Papillons



ここがいいです。

相手のレンズを通して自分のことも見つめなおすサーチ

お互いの存在の大きさに気付いた2人は・・・。


それでもケンカしないに越したことないとは思うのですがね!べーっだ!


ロビン・ウィリアムズの怪しげな牧師さんと弟子の子供、いい味出してて面白かった!

盗聴とか犯罪でしょうに!


ラストは結構よかったけど、少女漫画かよ!と、ツッコまさざるをえなかったなぁ。ラブラブ


AD