暖かな日を随分と感じられるようになってきましたね。

からだの内側はもっと敏感に春の陽の気を感じています。

 

アーユルヴェーダのドーシャ理論では、

3月からは、カパという水のエネルギーが盛んになる季節です。春の気を頂きながら、体の細胞の1つひとつが震えながら膨らんできます。

冬にため込んでいた未消化物や老廃物を押しだそうとして、

その結果、吹き出物ができたり、鼻水が出たり、頭痛になったりもして、

体の不調も訴えやすくなります。

花粉の力を借りて、余計な要らない水を目や鼻から出しているのですね。

 

冬の陰の気から春の陽の気にダイナミックな入れ替わりがあるので、

天空も体の内側も結構な変化を起こすのです。

大きな気温差や湿度変化は、この時期はしかたないのです。

 

春先の体調不良は、そのためです。

冬の間、どういった生活をしてきたかで、春先の体調が変わってきます。

寒い冬に、冷たいビールを飲んだり、アイスクリームを食べたりして、

お腹を冷やしていた人は、腸内環境を悪くして、花粉症の症状が出ているのかもしれません。花粉の力を借りて体をきれいにしているのです。

 

また、元々のカパ体質の人は、

水のエネルギーの過剰でむくみやすくなるかもしれませんね。

 

今、花粉症の症状が酷い人は、この1年で、腸内環境を変えていくつもりで、口に入る物を見直してみてください。腸が変わると体質も性各も良い方向に変わります。

去年と同じ生活をしているとまた来年も同じ花粉症の症状で苦しむことになりますよ。

ちなみに薬は、肝臓にも腎臓にも小腸にも、ダメージになります。

また、腸の中の善玉菌が減ってしまいますので、ほどほどにしましょう。

健康な体は、バナナうんち!

 

 

10歳になる娘の花粉症の症状がひどい。

目が痒くて目のこすりすぎで目の周りが腫れてるし、

鼻水も夜通し、辛そう。

どれどれと、早速、アーユルヴェーダ浄化法。

 

まずは、外から帰って来た時と、寝る前は、

塩水で、目を洗わせます。(真水でも大丈夫)

目が痒かったらこすらないで、

目を洗うとそれだけでもスッキリします。

 

寝る前は、ジャラネイティー(鼻洗浄)は、

我が家では、塩とターメリックとお湯です。

片方の鼻の穴から塩入のぬるま湯で

反対の鼻の穴から出します。

 

寝る前と外に出かけるときは、

ワセリンを鼻の穴の中こすりつけます。

これが、かなりの花粉のガードになります。

 

あとは、腸内環境の改善で、

いろいろな発酵食品を食べさせて、腸内環境の変容。

お腹を冷やすと悪玉菌が増えてしまうので、

夜のデザートは、アイスや白砂糖のお菓子は控えましょう。

ヨーグルトは、ターメリックとハチミツと白湯を入れて飲んでます。

 

子供は、順応性が良いので、

これだけのことで、数日で、改善されました。

医者や薬に頼らずにこの春も過ごせそうです。

まだ朝方は寒いので、ベットや布団から出にくいものですが、

健康のベースにあるのは、やはり 『早起き早寝』 です。

 

日本語的には、「早寝早起き」 って言われていますが、

早起きができて、早寝ができます。

早起きをすることによって、体は、セロトニンというホルモンを出して、

体を活動モードにします。

できるだけ朝日を浴びて、脳を起こす。

そして、朝食をできるだけ良く噛んで食べて、内蔵を起こす。

そうすることで、セロトニンの分泌が良くなるのです!

セロトニンが日中にちゃんと分泌されていると

 

今度は、夕方から、ホルモンの王様 メラトニンが、

分泌されて、夜になるとちゃんと眠くなるのです。

熟睡中にメラトニンは、体中のあらゆるところを修復してくれるのです。

疲れを取ったり、肌の潤いを与えてくれたり、体の中を掃除してくれたり、

良いこと尽くしですね。

なので、「美人は夜作られる」 というのですね。

メラトニンをしっかりと分泌させるためには、熟睡することです。

メラトニンは午前3時を過ぎるとだんだん減ってきて、

朝6時にはもう出なくなります。

つまり、6時過ぎたら、寝てなくてもいいのですね。

 

健康で長生きするために早起きしましょう。

元気な体で目覚めると、「朝、起きるのが楽しい~」ってなりますよ。

そして、朝起きたら、お月様を拝む。もしくは、お月様をイメージする。

「朝」っていう字はつきへんですものね。

 

お月様は一日中、あなたに『気』 を送り届けているのです。

慌ただしい、忙しい朝も、これで、心 穏やかになる。

 

太陽とお月様のエネルギーを体の中で感じるだけで、

あなたはもうヨーガをして、ワクワクどきどきの一日の始まり!

 

 

 

 

 

 

免疫力と抵抗力を高められれば、

ウイルスの予防にもなるし、癌予防にもなる。

この冬に、冷え性改善で体質を変えよう。

 

 

冷え性タイプの3パターン

 

①腰から足先にかけての下半身冷え性タイプ

  

◎体の状態

  冷えのぼせの体質なので、

  上半身は火照って、足先は冷たい。

 

◎原因は、運動不足、座る時間が長い人でお尻と腰回りの筋肉が硬い人。

       PCとスマホの使用時間の長い人。

 

◎改善のために=とにかく歩いて、お尻の脂肪を筋肉にするべき。

 

 

②手足末端の冷え性タイプ

 

◎体の状態

  手の甲・足の甲が硬く冷たく、手首・足首の動きの良くない人。

 

原因は、自律神経の乱れで、交感神経優位状態が続いている人。

     手足の指先の血流障害です。

 

◎改善のために=目を休ませて夜は、熟睡することです。

            リラックスできる状態を作ること。足首回ししてね。

 

③とにかく寒さに弱い人

 体の状態

  胃腸が弱いか、体が重く、やたらと寒さに弱いので、

  いつも厚着か外に出たがらない人。自身の体で熱を作れない。

 

原因は、 早食いか大食いか、冷たい飲み物食べ物が好きな人。

       甘い物も好きで、お腹から冷えているのと猫背の人。

       ①と②の複合型でもある。

 

◎改善のために=白湯を朝から飲んで、胃を温めよう。

            とにかくお腹を温めるべし。

            寝るときは、腹巻きして。

            白砂糖・お酒は体を冷やします。

 

ワクチン接種も大切なのかもしれないけれど、体の内側から健康体にしていって、どんなウイルスにも負けない体にして、楽しく生きていこう!

 

 

 

 

体調不良で来られる人の中でも、

便秘・便通が良くない人は、多いです。

そういう方は、だいたい、

便通改善のためにヨーグルトを召し上がっていますね。

腸内環境のためにヨーグルト。

便秘改善のためにヨーグルト。

 

腸内フローラルのために乳酸菌・ビフィズス菌は必要ですが、

冷えてるヨーグルトは、ダメ。

冷えてるヨーグルトは、胃を冷やすので、消化できません。

 

大抵、ヨーグルトは冷蔵庫にありますね。

冷えてますね~、キンキンに冷えてる!

冬なのに朝から冷えてるヨーグルト。

体も冷やすし、胃も冷やす。

 

冷えて消化力の落ちた胃で、ヨーグルトは消化できません。

体に良いからと、いくら食べても消化出来ないものは、

胃にも腸にも、なんのメリットもない。

 

アイスクリームを食べる感覚で、召し上がるなら、

それは、結構なことです。嗜好品としては。

 

でも、健康のため、腸内環境のためと思ってヨーグルトを

食べるなら、冷えてないヨーグルトを召し上がってください。

 

常温のヨーグルトか、できたての温かいヨーグルト。

冷蔵庫保存のヨーグルトならお湯をさしてから、頂きましょう。

ちなみに冷えたヨーグルトとフルーツは、もっと体を冷やします。

一緒にするならドライフルーツとか炒り大豆とかがいいね。

 

ちなみにアタシは、できたてのヨーグルトに、

オリゴ糖とターメリックとエゴマ油とレーズンと炒り大豆を入れて

美味しく食べてます。

毎朝、快便バナナうんちです。