<主治症> ①生理不順など ②不妊症 ③肩こり、頭痛 ④冷え性

 

<病症> 食欲旺盛。便秘がちだが便秘していない場合もある。冷えのぼせ、腰痛、月経不順、子宮出血、肩こりなどがある。これを書かれた愛媛の池田政一先生は不妊症でよく使われるとのこと。

 

<病理> この処方は前回も登場した、森道伯によって考案されたもので、「活血、冷血熱、駆瘀血の目的で用い、子宮出血を主治する」としている。基本的に瘀血(おけつ。血の巡りが悪い部分がある状態)があることを目標に、いろいろな疾患を治すことができる。

 本方の組み合わせは、四物湯、四逆散、桃核承気湯、桂枝茯苓丸を合わせたようなものになっている。したがって、四物湯で血虚や津液不足を補い、桃核承気湯、桂枝茯苓丸で瘀血を除き、さらに瘀血によって発生した「肝鬱」(かんうつ。肝気の巡りが悪い状態。気分が鬱々しやすくなる)を四逆散で発散するように構成されている。

 

<四診> 

 ・望診 ーー 体格はよい。皮膚の色は全体にすすけた感じがある。あるいはシミが多い。口唇の色が黒っぽい。舌は乾燥している。白苔ができていることがある。

 ・腹診 ーー 下腹部や鼠径上部を押さえると痛みがある。これは下腹部の瘀血がある場合によく出る状態の一つである。加えて、胸脇苦満もある場合がある。先に述べた肝鬱のせいであるが、ない場合もある。

 

<鍼灸証> 「肺虚肝実証」とする。基本は、足の厥陰肝経の「曲泉」(きょくせん。膝の内側、ヒザ裏との境目のくぼみにあるツボ)を瀉法、足の少陰腎経の「復溜」(ふくりゅう。内くるぶしとアキレス腱の間、少し上のくぼみにあるツボ)を補う。

 腹部は、関元や大巨(だいこ)に灸頭鍼(きゅうとうしん。鍼の先にもぐさを付けて火をつける。遠赤外線効果で温かく気持ちよい)または透熱灸、背部は腎兪か八髎穴(はちりょうけつ。仙骨上にあるツボ)のいずれかの硬結(硬い部分)に灸頭鍼。 この腹部の透熱灸や灸頭鍼は瘀血、血流の改善を目的としたものであり、結果として生理不順や不妊症の改善につながる。

<最後に> 不妊症は近年悩まれる方が多くなっています。正直、「これをやったら妊娠できる!」という簡単なものではありません。ですが確実に言えることは、①食生活の改善、②生活習慣の見直し、をキチンとすることで確実に妊娠の確率は上がります。

 また当院では不妊治療も専門にやっていますが、人によっては漢方や鍼灸で比較的短期間で妊娠される方もいらっしゃいます。

よくあるのが、高プロラクチン血症、多のう胞性卵巣症候群(PCOS)ですが、治療経験からすると、東洋医学的に体を整えていけばちゃんと妊娠できています。

 不妊症治療は「これだけの期間やったら妊娠できる」という目安がない、というか、まさにケースバイケースでその方その方で違うので一概には言えませんが、上記の二つ、加えて漢方や鍼灸は身体のバランスを整え、妊娠しやすい身体づくりのお手伝いはできます。

呉市の漢方薬、鍼灸・不妊治療なら「新広漢方治療院」
 


広島県呉市広文化町5-1
 JR呉線「新広駅」より徒歩5分
 ネッツトヨタ 広店隣り


0823-31-5105
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)


メール:yusuke-315@hotmail.co

 

 

 

 

<主治症> ①慢性扁桃炎、咽頭炎、皮膚病 ②チック症、カン虫など

 

<病症> 熱を出しやすい小児の体質改善薬である。

 中耳炎、扁桃炎などにもかかりやすい。アレルギー体質の改善薬として用いる。胃腸は弱くないことを確かめる。

 

<病理> 日本で明治時代に活躍した漢方家である浅田宗伯によれば、「この方は口舌唇の病に効あり、、、清熱和血の剤にして、上部にもっとも効あるものと知るべし」としています。

 また、柴田良治は「加味逍遥散の水毒、小柴胡湯証に温経湯の証あり、逍遥散より瘀血多し」と述べています。

 それらからもわかるように、この漢方薬の証としては、瘀血(おけつ。血の巡りが悪く滞りがある部分が存在する状態)のために肝血の発生・発散が悪くなって、鬱状態になっている。それが胃の陽明経に影響して口唇の熱になると考えられます。

 上の内容はこの方の本来の出典である「寿世保元」(中国の明時代に書かれた漢方処方の古典)のものですが、日本で現在メジャーなのは「一貫堂」(森道伯による加減方)のものがよく使われます。

 彼によれば、「柴胡清肝散は、幼児期の解毒症体質を改善する処方で、小児の疾患の大部分はこの処方をもって治療に当たっている」と。ちなみに森道伯は明治から昭和初期にかけて活躍した漢方家です。

 また森道伯の弟子でもある矢数道明は「肝、胆、三焦経の風熱を治すといって、この三経絡は咽喉、頸部、耳前、耳中を経絡するもので、これらの経絡に生じた風熱、すなわち炎症を治すものである」と述べています。

 

<四診> 

 痩せ型で、よくいえば筋肉質だが、運動してできた筋肉ではないので筋張っているというほうが正しい。皮膚の色は浅黒く、顔は汚れた感じのシミがあることがある。これは体質的な瘀血が関係していると思われる。その逆で青白い場合もある。舌は乾燥していて白苔(白い苔)は無い。

 腹筋は全体に筋張っている。また、緊張していてお腹を触るとくすぐったがって、分かりにくいことがある。

 

<鍼灸証> 「肺虚肝実証」とする。基本は、足の厥陰肝経の「行間」(こうかん。足の親指と人差し指の間にあるツボ)を瀉法、足の少陰腎経の「復溜」(ふくりゅう。内くるぶしとアキレス腱の間、少し上のくぼみにあるツボ)を補う。

 子供の体質改善の際は、「身柱」(しんちゅう。チリゲともいう)のお灸を定期的に行うと良い。身柱の灸は昔から民間療法的に行われていて、子どもの風邪予防や、カン虫にも使われてきた。ツボの場所は、首の後ろ、背骨と背骨の間にある。

呉市の漢方薬、鍼灸・不妊治療なら「新広漢方治療院」
 


広島県呉市広文化町5-1
 JR呉線「新広駅」より徒歩5分
 ネッツトヨタ 広店隣り


0823-31-5105
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)


メール:yusuke-315@hotmail.co

 

 

 

 

<主治症> ①インフルエンザなどで悪寒、発熱、頭痛して関節が痛むもの ②胃痛、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など ③神経症などで不眠、イライラする
 
<病症> インフルエンザなどにかかって、発熱、悪寒、頭痛、関節痛などがあり、便秘、食欲不振などがある時に用いる。
 他には、胃痛や腹痛、食欲減退、吐き気、不眠などがある時に用いる。また、肩甲骨の内側から肩、首にかけてコリや痛みがあることが多い。
 
<病理> この処方は小柴胡湯(しょうさいことう)」に桂枝と芍薬を加えたものである。したがって、漢方薬の基本ともいえる「桂枝湯(けいしとう)」と小柴胡湯を合わせた処方といえる。
 この組み合わせから考えて、基本的には少陽経から厥陰経に熱が入っている状態だが、熱が多いために(ひょう。体表に近い部分)の病症がある。
 少陽経から厥陰経にかけて熱が入ると、その経(経絡。気・血・津液が巡る体の経路)の近くの胃腸も熱を受けて、便秘や胃痛、腹痛、食欲不振などの病症を発する。また、少陽経に熱が多いために頭痛、悪寒、発熱、肩こり、関節痛などの表症も起こる。
<四診> 
・腹診 ーー 上腹部の「中脘(ちゅうかん)」(ツボの名前)あたりの緊張があり、押すと痛む。また、ヘソの横のツボ「天枢(てんすう)」あたりも張りがある。
 
<鍼灸証> 「脾虚肝実証」とする。基本は、手の厥陰心包経の「大陵」(だいりょう。手首の内側、真ん中のくぼみのツボ)、足の太陰脾経の「太白」(たいはく。足の親指の関節の上のくぼみのツボ)を補い、足臨泣(あしりんきゅう)と行間(こうかん)を瀉法。
<最後に>  
 発熱や悪寒は、内科で薬をもらう方が多いと思います。ただ「風邪の引き初めに葛根湯!」というのは日本人にとても浸透しているので(笑)飲まれる方も多いとは思いますが(^^;) 
 漢方薬の聖典である「傷寒論(しょうかんろん)」は、傷寒つまり「寒に傷られる」、寒さが身体に侵入してくる、ときにどのような漢方薬を使って治していくか、をメインに書かれた書物です。ですから、カゼ症状や発熱にはよく効く処方がたくさんあります。(*ちなみに葛根湯も「傷寒論」に出てくる処方です)
 ただ、その時の患者さんの状態を見分けるのが少し難しいので、ピタッと合った薬を選ぶのには勉強が必要ですが💦 
 要は言いたいことは、漢方や鍼灸で風邪などの急性病も十分治せる、逆にそこから発展してきた医学だ、ということです(^_-)-☆
呉市の漢方薬、鍼灸・不妊治療なら「新広漢方治療院」
 


広島県呉市広文化町5-1
 JR呉線「新広駅」より徒歩5分
 ネッツトヨタ 広店隣り


0823-31-5105
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)


メール:yusuke-315@hotmail.co