島崎晴美のオフィシャルブログ:しなやかな自分軸づくり
  • 12May
    • 好きなYouTubeチャンネル紹介ーYOKO の宇宙研究CH

      これから定期的に、お気に入りYouTuberを紹介していこうと思います。この数年、YouTubeって、ほんと宇宙からのメッセージに溢れてるなって感じてた。ちゃんと時期を見計らって、宇宙は私たちの覚醒のための情報を、地上に落とせるように準備を進めてたんだなって。ということで、まずは、YOKO の宇宙研究CH から。彼女のライトな語り口、私は好きだなー。並木さんの統合の発信からはじめたようだけど、ご本人みずから、いろいろ試しながら、そして目覚めへのプロセスを肌で理解し、ちょっとずつ腹に落としてるリアル感がとてもいい!もうすぐ⑤も配信されるだろうね。楽しみ!

  • 05May
    • ゴロゴロだらだらを満喫してますか?許せてますか?

      5月5日、端午の節句ですね。今日の私は、ゆったりゴロゴロなラクチンな1日。目が覚めたら、夫が布団に来てくれて、1時間くらいかな、体を指圧してくれて、そして背中や腰をゆったりとさすってくれる。夫のマッサージは、心がこもっていて本当に気持ちがいいんだ。大切な人から、無条件で愛されてる、と実感できるパートナーシップ夫との関係が、最近ここに安定してて、とても心地がいい。それは何より、愛されることを、100%受け取れる自分になったからなんだよね。最近つくづくそう感じる日常生活、彼との間で、やってもらいたいことが、自分ではっきり分かってくると、そのニーズをきちんと伝えられるようになるから、夫のほうにも伝わりやすく、わかりやすく、お互いにとっていい感じになっていくよね。朝のスキンシップで、寝ている間のこわばりが溶けて、その後のヨガも気持ちがよかったなそして、朝のコーヒーを一緒に飲んでから、私がデスクワーク。夫は庭の草刈り。陽気がぐんと上がってきたから、草の伸びがはんぱない。すごい勢いなので、ここらで一回刈っておかないと後が大変。夫、本当にありがとう。田舎の暮らしは、環境を整えるところに男性依存な部分が多いから、彼の「百姓」ぶりには本当に感謝です。力仕事は、もうあんまりやりたくないもん、やっぱりで、午後はゴロゴロだらだら。ランチの後の昼寝って本当に気持ちがいい。で、ゴロゴロしてたら思いついたんだけど、ねー、みんな、質問です。「ゴロゴロだらだらする自分を、許せていますか?」私はね、前は許せなかったんですよ。ゴロゴロだらだらしてると、なんか落ち着かなくなるの。心の奥の方で、▶時間を無駄にしているような、▶やらなきゃいけないことをサボってるような、▶ダメな自分を責める声がちらちらと聴こえてきて、焦りや心配に追い立てられ、嫌な気持ちになっていたものです。でもね、自己否定から自己肯定に向かうプロセスで、どんな自分もゆるす、という習慣を身につけようとしたとき、ゴロゴロだらだらや、自分がダメだって思っている行為をしてる自分に、こんなセリフを言ってあげるようになりました。「まぁいいじゃないのー」「そのままでいいよ」「がんばりすぎないでね、大丈夫だよ」そんなふうに、優しく自分に言ってあげるんです。するとね、なんだかホッとするんです。すごくリラックスするんです。そして、あぁ許されてる、って感じ、内側が満ちてきていい気分になるんですよ。そうすると、中から活力が生まれてきて、想像力と創造力が豊かになっていきます。思考一つで、在り方が全然変わっていきますよねー。私の内側には、私の思考や行動を監視して、あーだこーだと注意してくる「はるキンマン」がいて、私の腹の奥に住む「意識」の部分、本当のわたし(👈こっちは無邪気で奔放な子どもみたいな私、私の本質ね)が望んでることをさせないよう、させないよう、仕向けてくるのよ。はるキンマンは、もっともっとと駆り立てるエネルギーを持ってて、このままじゃダメだから、もっとこうしなきゃ、あれしなきゃ、こうでなきゃ、あーでなきゃと、忙しなく口うるさかった。でもね「もうそろそろ、どんな自分も認めてあげよう」40年以上生きてきて、つくづくそう思い、そのことへの努力をはじめたら、心が軽くなって、生きるのがとても楽になりました。人生が好転しはじめたのを感じています。みんなはどうかな?ゴロゴロだらだら、許せてるかな?(笑)どんな自分も許す。まぁいいじゃないのーって笑って許してあげる。これを心がけていきましょう!さー、今日の夕飯は何にしようか?皆さんもどうぞよい夜をお過ごしくださいね。はる

  • 04May
    • 時代は変われど「ビワ葉エキス」は永遠!の画像

      時代は変われど「ビワ葉エキス」は永遠!

      朝いち、ラーマを見た瞬間の違和感。ん??なんかいつもと違う。あれは全体像として捉えた時の違和感で、そこから、いったい何がいつもと違うのか細部を観察。すると、耳が立ってない(笑)そう、左耳がぺちゃんと伏せてた。そしてラーマを抱き寄せ耳のあたりを見てみたら、直径2cmほど毛が抜けて赤くただれてる。そういえば、3日くらい前から局部的に耳のあたりを掻き続けてた。なので、フロントラインを首に落としたばかり。 でも症状が悪化してたから、朝ヨガの予定を返上。そっこうラーマをお風呂場につれていきシャンプーすることに。そして毛が渇いた頃に、もう一度フロントラインを首に落とし、そこから、赤くただれた箇所に、我が家の常備万能薬である、ビワ葉エキスをちょんちょんってつけて、あとはラーマの治癒力におまかせ。そのあと、汚れが気になっていたお風呂場の大掃除に入った私は、床から、壁から、蓋から、棚まで、キュッキュキュッキュと磨き上げて気分爽快!そのとき、ふと、今ここにお湯が出ていること、今ここにバスタブが在ること、そんな当たり前のことに、ぐわーーーっと内側から感謝が湧き上がり、めちゃいい気分になったラーマを見ると朝の不快感がなくなったようで耳もピンと立っている。患部を観たら化膿もとまり、すでに赤みも消え、やっぱりビワ葉エキスはすごいな。時代はどんどん変化していくけど、植物の力、自然療法の知恵は永遠だろうな。いろいろやってきたけど、結局私の元に残ったものは、ビワ葉の焼酎漬けのみ。今年もひと瓶、仕込んでおこう。ということで、ラーマくん、すっかり回復。

    • まんまのわたしを解放しよう

      今日から新しいブログを書くような気持ちで、スタートしていこうと思います。はじめまして、ヨガ・心理セラピストパートナーシップ円満カウンセラーをしておりますはるです。***でもここでは、まんまのわたし、でいようと決めました。もちろん、ヨガ・心理セラピストパートナーシップ円満カウンセラーとしての私もいます。でもさ、そんな役割を持つ私を培っている、もっともっと土台となる私を表す場が欲しくて、あれこれ試行錯誤してました。いま、Wordpressで新しいサイトを作っていて、お仕事に関することはそっちに移行しつつ、ここでは、2020年現在、48歳のわたし。時代はコロナ一色、withコロナ、afterコロナ、そんなことを模索しているわたしの頭の中を、なんの制限もうけず、そのまんま、自由に表現したいなと、すごく思ったから。このアメブロをその場にしようと思いました。わたしからわたしへの決意表明。まんまのわたしが100点満点!!さぁさぁ。私史上最高に目覚めた意識で、新しい時代を自由に軽やかに、クリエイティブに、望み通りの人生を歩んでいこう!

  • 19Apr
    • 自宅で参加できるZOOMオンライン講座!もう自分の幸せを邪魔するのはやめよう!の画像

      自宅で参加できるZOOMオンライン講座!もう自分の幸せを邪魔するのはやめよう!

      ✨自宅で参加できる✨✨PCでもスマホでも大丈夫✨ZOOMオンライン講座 アラ40、アラ50女性のための『自己否定のゆるし方』➡お申込みはこちらのフォームからお願いいたします。***このひと月、お陰様でたくさんの方にご参加いただいたZOOMオンライン講座「自己否定のゆるし方」。皆さんのお悩みを伺いながら、自己否定の訳やゆるし方をお話をしていると、皆さんが気づき始めること。それは、あ、私の幸せを邪魔してるのは、私じゃん。夫でも、彼氏でも、親でも子どもでも、仕事でもない。それは、私が私を否定してるからなんだ。<愕然、、、😭>そうなんです。もし、もしですよ、100万人があなたを素晴らしい!って賞賛しても、あなた自身が、あなたをダメだって思ってたら、あなたは自分に満足できてないから、幸せじゃないんです💦反対に、どれほど人に批判されても、え、私は私だからなぁ。と思えてたら、そんなにしんどくないんですよ😉人目が気になって(👈変な人と思われてないかな、ダサいって思われてないかな、嫌われてないかな)そんなことを想いながら、自分を表現できないって方がとても多いです。自分のことが嫌いで、自分に全然自信がなくて、パートナーともうまくいかなかったり、子どもは不登校になっちゃったり、金銭的にも余裕がなかったり、そんな状況に置かれて、自分が何が好きで、何が得意で、何をやりたいのかもわからなくなって、ただただ、日々をこなすように生きてて、全然幸せじゃない。でも、この「幸せじゃない感」が、あれ、うそ、、、私が私のことを嫌ってるから、こんな現実を引き起こしてるわけ??って思えた瞬間から変化が起こります。***この講座を受けてくださった皆さんから、日々の嬉しい変化を報告いただいてます😊✨❤なんか毎日イライラしてたんだけど、心に余裕がでて子どもに優しくできた。❤険悪だった夫と久しぶりにお風呂に入っちゃった。❤新しい服を買いに行きました。❤前だったらコロナなんて不安でしょうがなかったはずなのに、自分でも驚くほど落ち着いて過ごせてます。***自分に対するネガティブな否定的で批判的な考えは、あまりに習慣化しすぎててほとんどが「無意識」です。この講座を受けていただいたことで、その「無意識」を少しずつ「意識」できるようになっていき、「あ、こうやって、私は自分の幸せを邪魔してたんだ」ってことに気づき始め、それを「やめていく」という「新しい選択」ができるようになっていきます。***今は本当にいい時代ですよね。自宅から、携帯ひとつあれば、ワンクリックで、誰とでもつながることができます。✨自宅で参加できる✨✨PCでもスマホでも大丈夫✨ZOOMオンライン講座 アラ40、アラ50女性のための『自己否定のゆるし方』■日時 4月15日~4月30日までのご予約を承ります。(午前、午後、夜と、開催日時を設定しております)■時間:90分ほど■受講費:3,000円※お支払方法など、詳細はお申込みいただいたあと、お知らせいたします。■会場:ZOOMオンライン会議室にて※ZOOM利用が初めての方もご安心ください。こちらからサポートさせていただきます。受講をご希望の方は、以下のURLから申込フォームに入っていただき、日時をご確認の上、送信ください。お申込みはこちらからお願いいたします。***あなたは、もっともっと、幸せになっていい。幸せになることを諦めないで。自分の人生を、よりよくすることに、心を開いていきましょう❤お申込みお待ちしております!はる

  • 15Apr
    • 自己否定のゆるし方ご感想*キレてしまう自分が嫌、、、。

      ZOOMオンライン講座『自己否定のゆるし方』※クライアントさんの許可をいただき、シェアさせていただきます。***心身崖っぷち、最近、夫に対して、感情を爆発させてしまったという50代のYさん。心身の疲労がマックスになると、夫に対して感情的な暴言を吐いてしまう自分が悲しくて、それが長年、度重なって、でもなんでこうなってしまうのか分からなくて、とお申込みくださいました。***感情爆発!夫にキレる妻!ふふふ、お任せください😎夫婦&パートナーシップ専門カウンセラー感情爆発の女王!!我が夫が縮み上がるほどの怒りを暴発させてきた私です(笑)***お話を伺っていると、その情景が目に浮かぶよう。私もやってたなー、、、ってことばかり。夫は誠実で優しい人。言ってくれれば手伝うよ、何でもするよ、と言ってくれるんだけど、、、いやいや、言わなくても、察して気づいてやってよ(イラっ)そして手伝ってくれたとして、女の家事にはマイルールがある、それに反することをされると、、、(イラっ)さらに、何かと理性的なアドバイスばっかりで(イラっ)ったく、なんでわかってくれないのよ!そして女性は心の中でこう叫ぶ。私はこんなにやってるのに、私だって疲れてるのに、私だって大変なのに、私がこんなに辛いのに、、、私だって〇〇なのに、のに、のに、、、、そう、この「のに」がついつい出てしまうとき、これ、要注意です。これね、女性の側に、ものすごーーーーーくガマンがある状態。本当はやりたくない「のに」やってることが多すぎて、本当はやりたい「のに」、自分に対してやらせてあげないことが多すぎる状態。つまり、自分の本当の望みを抑圧して、本音を隠して生きてると、のに、のに、のにーーーーー!とアップアップになってしまうんです。だって、やりたくないのに、やらなきゃいけないって自分に言い聞かせて、自分にやらせてるから、そりゃ辛くなるよね。そして、本当はやりたいのに、そんなことやってる場合じゃないでしょ、って自分に言い聞かせて、やらせてあげないんだもん。そりゃ、辛いよね。こうやって、自分で自分に辛い思いをさせてるだけなのに、さも、相手にやらされているような気になって、ついつい相手を責めてしまう。そして、キレるキレてしまってから、自己嫌悪に陥ることもあれば、相手だって突然キレられて辛いだろうなーとは思いつつも、でもこの湧き上がる怒りの感情を、どうすればいいんだーーー!!!って思っちゃうんですよね。そして最後は、この人は、私のことなんて全然わかってくれない!!!って諦めてしまうんです。そして夫に対して相談することも、頼ることも、甘えることもしなくなり、ますます、もういい!自分でやる!と意地になってしまう。そんな妻に対して夫もまた、なんだよせっかくやってあげてるのに。👈ね、男性もまた、のに、がはじまる。そして、妻のことがわからない、、、どうせ感謝もされないし、もういいや、なーんて拗ねちゃって、距離を置くようになる、こんなパターンがよく起こるんだと思います。お話を伺っていくと、Yさんは実のお父さんに対して、「私のことを全然わかってくれない人でした」そうおっしゃました。ここです。このように、私たちが子ども時代、最初の異性であった父親に対して抱いた、感情的な思い込みを原型として、大人になってからの異性関係、パートナーシップにスライドして追体験してしまう、なんてことが起きてくるんですね。***この講座は、ここから心理セラピーのセッションに入っていくものではなく、私の方からレクチャーをさせていただいてます。それは、自分が自分に対して、無意識レベルで、どれほど否定的な見方をしているか、ということに気づいていただくものです。なぜかというと、こういう、自分のやりたい、や、やりたくない、という本音を抑圧する、制限する内なる声は、この「自己否定感」からくるものだ、ということに気づいていただき、そして、その自己否定感を自己肯定感に変え、さらに自己受容感を抱き、本音に素直に従って生きていけるよう、サポートさせていただきたいからです。レクチャーのあと、Yさんも、自分への否定的な思い込みに気づき、びっくりされていました。「これまでいかに自分の外側の価値観に支配されていたかということに愕然としました。」こんな感想をくださいました。そして、Yさんは、「今後は、自分のことはもちろん、夫のことも支配することなく、お互いが尊重・信頼し合い、自分の望みを率直に伝えることができるようになりたい」と。ここに向けて、私は引き続きサポートさせていただこうと思います!最後、こんなご感想を書いてくださったので、掲載させていただきます。「初めてのZOOMも、その他もわかりやすく誘導していただき安心でした。これまであったことや、感情などもオープンにお話してくださることで、こちらから言葉にし辛いことも、共感していただけている感覚に、何とも言えぬ満足感があります。育ってきた環境や両親についてのカウンセリングが新鮮でした。親を客観的に見ることはあっても、幼少期からの自分との関わりについて細かく振り返ったことはこれまでありませんでした。ヨガについても、今回の講座にしても、はるさんのリードはとても安心感があります。このまま、講座の深みにハマりたいです。」👈️講座の深みって(笑)Yさん、ぜひぜひご一緒しましょー!以上です。ご感想ありがとうございました!***ZOOMオンライン講座『自己否定のゆるし方』ご自宅から、携帯ひとつでご参加いただけます!費用:3000円時間:90分程度です。ZOOMが初めての方もご安心ください。丁寧にサポートさせていただきます。詳細はこちらのブログへhttps://ameblo.jp/yurushiirolove/entry-12579647424.htmlお申込みはこちらのフォームから。https://forms.gle/Nb7vYwuoAwTLTt2T7

  • 13Apr
    • キャパオーバーすると1㎜も1gも力が出ないねー

      今日嬉しかったことその③今日ね、夫とふたりで、自宅の農業倉庫の、壮絶な(笑)断捨離を決行!!!もう、、、ものすごい物、、、物、物、、、、物、、、、物、、、すげーーーー量!!!農業ってね、けっこう、物がいるのよ。その猛烈な量の、いらない物たちを断捨離しました。あの、、、倉庫ってさ、必要なものを収納する場所でしょ?もう8割ゴミじゃん!!!(イラっ)っていうか、もうぐちゃぐちゃじゃん!あーーーーむかつく!👈って思ってたのは過去の話。本当にね、彼の片付け下手には、イライラ、イライラ、、、、しっぱなしだった。でもね、誰にでも得手不得手ってものがあってさ、私にだって、どうしてもできないことなんて山ほどあって、たまたま、彼は、片づけるのが下手ってだけ。むかしはそれをただただ責め続けてたけど、この2年ほど、私は自分で自分に課してた、整理整頓してなきゃダメ、空間は綺麗に整理されてなければダメ、って思い込みを一度手放したの。それは、我が家は常に、お客様を迎え入れる公の場だったから、よけいにいつも綺麗に整頓されてなきゃいけない空間だった。自宅ってさ、リラックスして、家族が力を抜いて、ある意味だらしなくいれる空間でいいじゃん、って。部屋が汚くったってイイや。そう思いながら、彼の片付け下手をゆるし、自分のだらしなさも受け入れ、ほんとに、けっこうぐちゃぐちゃな家で過ごしたこの2年。いやー、私も実は、そうとう片づけるの下手だったわ(笑)でさ、私のお母さん、めちゃくちゃ綺麗好きでね、あーならなきゃって思ってた自分にも気づけてね。もう、いいやって思ったの。でも、それもある程度やりきったら、やっぱり、心地よく整理された空間に住みたいって、当たり前に思うじゃない。夫にその思いを伝え、一緒に整理しようって。それが今日。よく頑張った。写真撮る余裕もないし、気力も失せるほど、、、頑張った。でね、倉庫の収納をよくするために、ものすごい重たさのスチールの棚をふたつも移動したんだけど、そのさ、ものすごい重たさの物を持つと、体ってまったく動けなるなるのね(笑)自分のキャパオーバーになると、本当に、1㎜も、1gも、力が出せないね(笑)前にも後ろにも、せぇっの!って言っても、全然力が出ないの!で、思ったの。あの、今、なんか動きが取れないなーって感じている皆さま、それもうキャパオーバーなんだよ。それに気づいてあげたほうがいい。私は、今日、あの死ぬほど重い棚を2つも移動させたとき、それを痛感しました。あのね、私、けっこう力あるの。けっこう肉体労働できるの。でもね、人には、その人なりのキャパがある。それを無視して動こうとしても、本来、自分にはできる可能性があるにもかかわらず、その可能性を1㎜も1gも発揮できない、そんな状態に陥る。私は今日、それを体全身で感じた。たぶん、あんな重いもの今まで持ったことなかったわ。私たち、ひとりひとり、できることはたくさんあるの。でもさ、その人のキャパをオーバーした瞬間に、持ってる力をまったく現わせなくなるのね。それを実感した。ほんと、いま、動けないって感じている皆さん、休んでいいよ。きっと、心も体もキャパオーバーしてるだけだから。そう、そんなことを思いながらも、ふたりで空間を心地よくするために、力を合わせて成し遂げた歓びは大きかった。夫は、ついついため込むタチ。私は、ついつい捨ててしまうタチ(笑)そんな真逆のふたりが、力を合わせて、一緒に何かを成し遂げる。それがパートナーシップの妙だと、15年目にして、心から理解できてる今が、ほんとよかったなーって、乾杯できた夜。いま、結婚とは?と聞かれたら、違いを楽しむ、って答えられる私。違いって、おもろいよ。

    • Facebookのアルゴリズム、 大いなるものの采配、めちゃくちゃ感謝です。

      今日嬉しかったこと、その②今日『自己否定のゆるし方』を受講してくださった方が、私は、初めまして、だと思ってたんだけど、実は、5、6年ほど前の、ヨガの生徒さんだったこと。あるワークショップにご参加いただき、直接話はしなかったんだけど、最近、私をFBで見つけて、あぁ、あの時の!と思い出してくださり、私のブログやFB投稿を読んでくれたよう。そして彼女自身、今人生の岐路に立ち、二進も三進もいかない状況で、私の講座に申し込んでくださった。私が二進も三進もいかない状況を乗り越えてきたからこそ、共感してくれたんだろうね。👈本当によかった。私の経験がいきるよ。彼女のこれからに寄り添いたい。私は本当にそう思う。そしてね、実はこういう再会が続いてる。本当に嬉しいこと。私ね、自分の人生を、もう終わりだって思うほど落ち込み、もうどうにもなんない、ってくらい行き止まり感を感じ、でも、諦めずに立ち上がってきたからさ。今、そんな状況にいる方に、あのね、あなたが諦めなければ、必ず、必ず、次に進む扉は見つかるんだよ、そしてその扉は、あなたが望めば、あなたが望む方向に向けて、開いているんだよ。それをお伝えしたいんだ。だからこそ、自分を許そうよ。自分を愛そうよ。あなたはあなたのまんまでOKなんだよ。そして、あなたが望む人生を、あなたが望むままに創造できるんだよ。それに気づいてもらうことに、これからの人生を、100%注ぎたいんだ。もう、自分の幸せを、自分で邪魔すんのやめよう。まじでそれを伝えたい。だから、今日の再会は本当に嬉しいんだ。Facebookのアルゴリズム、大いなるものの采配、めちゃくちゃ感謝です。ありがとう!***ZOOMオンライン講座『自己否定のゆるし方』いま、岐路に立っているあなたに、ぜひ受けていただきたい講座です。詳細はこちらのブログへhttps://ameblo.jp/yurushiirolove/entry-12579647424.htmlお申込みはこちらのフォームから。https://forms.gle/92mjeTZmHwjuRmDE7

  • 12Apr
    • ピンチはチャンス!解雇➡自分が本当に行きたい道へ

      今日は嬉しいことがたくさんあった。その①目が覚めた瞬間、クライアントさんからこんなご報告。コロナの影響で職場の存続が危うくなり、人員削減で解雇を言い渡されたそう彼女は、ひと月ほど前に「自己否定のゆるし方」を受講し、そこから個人コンサルを数回受けてくださった方。そして今月末からスタートする私の「円満ライフメソッド*オンラインスクール」を受講してくださる。現実の捉え方がどうしても否定的で、夫との関係もぎこちなく、職場でもコミュニケーションもうまくいかないことが多かったんだけど、それがすべて、自分の考え方の癖であったことに気づき、そこに意識を向け始めたら、自分がいかに否定的な思い込みに囚われていたかに気づき、気づけたからこそ、それを外すことができて、そしたら職場で自分らしさがどんどん出せるようになり、仲間とのコミュニケーションもよくなって、仕事が楽しくなってきた矢先の、コロナ。そして解雇。これまでだったら、「どうせ私は必要じゃないのね」と拗ねてみたり、社長への不平不満が湧き上がってきて、そうとう落ち込んでいただろうと。でも、自分への肯定感があがっていたから、「このピンチこそチャンス!」そう気持ちを切り替えて、「そういえばずっと行きたかった職業訓練校に、今こそ行く時!」と思えて、ご主人に素直に相談し、そしたらご主人も、「いいよ、行ってみなよ!」と応援してくれて、仕事を辞め、本当にやりたかったことへと舵を切ったそう。もうこれって、彼女の中で、自分を否定し、本当にやりたいことへの行動を制限してた、数々の思い込みを手放した結果。それによって彼女の女性性が、本当にやりたいことを望み、そして、彼女の中の男性性が健全化された結果の、旦那さんの優しい応援。彼女、「こんな前向きな自分に凄いじゃん!!成長してるじゃん!!最高〜!! って言ってあげれるようになったよ〜✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。」って、歓びいっぱいでメッセをくれた。こんなメッセージを朝いちにいただき、私がどれほど嬉しかったか。今、これからの自分に何ができるのか、これからの時代、どうやって私は生きていけばいいのか、そんな不安に押しつぶされそうな人、多いと思う。でもね、今がチャンスだよ。本当に、今起きてることをどう受け止め、何を選択し、どう動いていくか、これにつきるから。自分を小さく見積もるのを辞めよう。あなたは自分の好きなように生きていいんだよ。そしてそれを自分に許そうよ。あなたを幸せにできるのは、究極的に、あなただけ。そしてあなたが幸せに生きることが、周りを幸せにする。私は本当にそう思う。世の中が混沌としてくると、自分だけ幸せになっちゃいけない、そんな思い込みが、心の奥でふつふつと湧き上がる。違うよ。まずは、あなたが幸せになる。そこからすべてがはじまる。私は、そんな岐路に立っている皆さんを、サポートしたいって思ってる。彼女のこれからが、私は本当に楽しみ。彼女の許可を得て、こんなシェアをさせていただきました。本当に、ご報告ありがとうございました♥ZOOMオンライン講座『自己否定のゆるし方』いま、岐路に立っているあなたに、ぜひ受けていただきたい講座です。詳細はこちらのブログへhttps://ameblo.jp/yurushiirolove/entry-12579647424.htmlお申込みはこちらのフォームから。https://forms.gle/92mjeTZmHwjuRmDE7

  • 23Mar
    • はるーた禁煙法の画像

      はるーた禁煙法

      禁煙3日。いやぁ、気持ちいいー♬去年の8月、13年ぶりに吸った1本のタバコが、思いがけず美味しく感じて、「あら、そっか。私、今、吸いたいんだねー。いいよいいよ、吸いたいなら吸わせてあげよう!」そんなノリで喫煙者に舞い戻ってた数ヶ月。でも2月くらいから、そろそろ辞めようかなーって思ってて、そしたら先日の春分の日、午前中は普通に吸ってたんだけど、夕方ごろから、吸うとマジで気持ち悪くなって、ちょうど最後の1本が終わったから、そのまま辞めました。人生2度目の禁煙スタートは、2020年の宇宙元旦、変容の波にのってか、あっけないほど簡単でなんとも気持ちがいい!!これね、タバコをやめよう!という意識ゼロだったのよ。つまり、タバコをやめよう、ではなく、意識から、タバコ、を消しただけ。(タバコは)体に悪い(タバコは)毒だ(タバコを)辞めなきゃ、(タバコを)吸っちゃいけない(タバコを)・・・・(タバコを)・・・・って思ってると、ずーーーーーーーっと、タバコにフォーカスしてるでしょ。これはキツいパターンだと思う。むしろ、タバコの存在を意識からアンインストールした感じ。指で「タバコ」ってアイコンをするっと上に運んで、アンインストール完了!って感じだったの。そしたら、やーめた、って決めた瞬間から、吸いたいって感じることがないし、だってそもそも、吸う対象物が私の意識から消えたからね。とはいえ、一瞬あの「タバコを欲する感覚」👈これね「体感」で来るのよ、体にザワっと感覚が起こる瞬間があるんだけど、それをキャッチしたときも、タバコをアンインストールしてるから、その体感の先の対象物がないって感じなの。意識から、「タバコ」はアンインストール「深呼吸」「水を飲む」をインストールしてるから、あの「渇望の体感」が起きた、ってことは、、、深呼吸するか、水を飲むか、という選択になるのよねー。言葉にするとこんなな感じなんだけど、伝わるかなー。タバコをやめる、ではなく、同じ吸うなら美味しい呼吸にしよう!くらいの気持ちなんだよね。これ、はるーた禁煙法。辞めたい人の参考になったりするかな。マニアックすぎるかなー(笑)

  • 20Mar
    • プロフィール:はるのヨガヒストリーの画像

      プロフィール:はるのヨガヒストリー

      はじめまして、はる(島崎晴美)です。このブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。この広い世の中でこうして繋がれたご縁に感謝します。私は、心体魂と性生聖を扱う心理・ヨガセラピスト夫婦&パートナーシップ専門カウンセラーまぐあいヨガティーチャーとして活動しております。バックボーンとなっている学び<ヨガ・瞑想>シヴァナンダヨガ、クリパルヨガ、パートナーヨガ、トラウマリリースヨガ、シニアチェアヨガ、ヨガセラピー、ヴェーダ哲学、ヴィッパサナー瞑想、マインドフルネス<人生哲学>マクロビオティック、アーユルヴェーダ、タオ思想、タオ人間医学、自然療法、自然農法、エイブラハム宇宙理論(ハッピー理論)、波動の法則<カウンセリング/セラピー>エニアグラム、ゲシュタルトセラピー、ディマティーニメソッド、バイロンケイティワーク、ビリーフリセット、感性論哲学、マインドフルネスセラピー、ハコミセラピー、ジャーニーワーク、OSHO禅タロットそして、よりディープな私の歴史に興味がある方は、続けてこちらもお読みになってください↓↓↓もうひとつのプロフィール2000年ドイツ在住時、ミュンヘンのフォルクスホッホシューレ(Volkshochschule)という市民学校のカリキュラムにあったヨガクラスを受講したのが、私とヨガの出逢いです。椎間板ヘルニアの状態があまりよくなく、慢性的な腰痛を抱えていた私、「海外赴任に同行する妻」という立場上、時間を持て余していたこともあり、またドイツ語になれる必要もあったので、現地のローカルが集まるクラスに通ってみよう!とかなりの勇気をもってエントリーしたのをよく覚えています。行ってみると、ひげを生やした、若いころインドで修行してきました!って風情のドイツ人のおじいちゃん先生のもと、中高年のおじちゃん、おばちゃんばかりで、ドイツ語も英語もろくに話せない日本人がひとり、おもむろに参加したこともあり、ちょっと奇異な目でみられ(ているような気がして)数ヶ月はがんばって通ってみたものの、挫折。あとは、日本から取り寄せたこちらの本で宅ヨガ。どういうご縁でこれを選んだのかはもう忘れたけど、私が最初に手にとったヨガ関連の本は、こちらでした。今記憶をたどり検索したら見つかった!1995年から表参道でスタジオを開かれてる江橋洋先生の著書。バイオウェルネスヨガスタジオ2004年その後、夫婦関係がうまくいかずひとりで帰国。都内でひとり暮らしを始めた家の近くにあったスポーツクラブでヨガを再開する。20人~30人がガラス張りの部屋で行う、グループレッスンの中、私はある日、ヨガのポーズを取っていたら涙が止まらなくなり、ポロポロ泣きながらそこにいました。それを見た講師の先生が、レッスンのあと近づいてきてくれて、「ヨガをしてると思いがけず感情に触れることがあるんですよ。あなた、ヨガに対して本気度高いから、一度、ヨガの専門スタジオに行ってみたらどう?」といったことを話してくれて、「へー、ヨガの専門スタジオか!!」と思い至り、家に帰ってすぐにパソコンで検索。すると、また家の近くに、老舗のヨガスタジオを発見。※綿本ヨーガスタジオは2019年5月惜しまれながら閉校。すると!なんと!受付スタッフの募集もしてるではないか!!これだ!!と思い、募集に応募し、面接を受け、そのままスタッフとして勤務することになる。そして、2005年の第2回開催となったヨガフェスタで、クリパルヨガの三浦敏郎先生に出会う。その後、当時渋谷にあったクリパルヨガのスタジオに、通い詰めることとなる。夢中だった。心と体の繋がりの探求に。自分を知るということに、夢中になっていった。2007年、代々木公園での朝ヨガイベントに出た時かな。懐かしいなー。ここからは、寝ても覚めても、ヨガ、ヨガ、ヨガ、、、な日々が始まります。椎間板ヘルニア、過食嘔吐、PMSの酷さからマクロビオティックに出会い、2006年からヴィーガン生活をはじめ、体の浄化期間に入る。ヨガの八支則に則った暮らしに移行し始め、パートナーと共に、(今思うと)そうとうストイックなライフスタイルに変わっていった。そして、当たり前のように、将来はヨガティーチャーになりたい!という夢をもつようになる。2007年10月インドにてティーチャートレーニングに参加インド政府公認シヴァナンダヨガ教師200時間トレーニング修了International Sivananda Yoga Vedanta Centresクリパルヨガと並行して、私はインドの伝統的なシヴァナンダヨガの練習にはまっていった。マントラを唱え、プラーナヤーマを行い、決まったシークエンスでアーサナをする。心と体を調え律するヨガ。このプラクティスを1年みっちりやったおかげで、私は一人でインドにいく、という決意もできたし、その行動力も身についていったんだろうと思ってる。デリーに着いた翌朝。はじめての散歩。実はこの時、デリー空港で荷物を間違って持っていかれ、所持品がパスポート、財布、現金わずか、歯ブラシと手ぬぐい、そしてヨガマットのみ!(笑)でも、「どーにかなるっしょーー!」と神を信頼するしかないという経験中。実際は、ホテルのオーナーの取り計らいで、エアポートポリスの事務所まで足を運び、「お願いだから、荷物探してよ~!!!」と、直談判するという体験(笑)ホント、お世話になったなー、、、感謝♥4日後に荷物が手元に戻ってきた時は、何かにアタり、高熱を出しながら、上から下から出すものを全部出してる真っ最中。まさに浄化のためのプロセス。そして、心身共にクリアになってから、デリーから列車とジープを乗り継ぎ、丸1日かけて、北インド、ウッタルカシのアシュラムに到着!アシュラムでは約1ヶ月、朝の6時の瞑想からはじまり、夜のサットサンガまで、休みなく、ヨガ、ヨガ、ヨガ、の日々。最高に楽しい思い出であると同時に、最高にしんどい修行だった。何度も泣きだして、日本に帰りたくなった。歩いて30分くらいの隣村まで行って、日本に電話をかける、、、。いつも泣き出しそうだったなー。ガンジス河で本気で溺れもう死ぬかと思った経験も!!でもこの時のすべての経験が、「私にもできるんだ!!」という自分への自信になった。アシュラムでのサーダナを通して生まれて初めてのイニシエーションを経験。Sita(シータ)という「大地の女神」のスピリチュアルネームとRama(ラーマ)のマントラを授かり、その後、リシュケシ、ハリドワールからダラムシャラへの旅が始まる。その中でも聖地ハリドワールに惹かれ長期滞在。ローカルの友だちもできて、旅を満喫!っていうか、もう日本に帰ってきたくなかった。そして帰国してすぐ、パートナーに、ねー、インドに住もう!インドに住もう!と何度も何度も口説きつづけていた記憶が、、、(笑)2008年東京にてティーチャートレーニング参加全米アライアンス認定クリパルヨガ教師200時間トレーニング修了シヴァナンダヨガのレッスンをスタートしながら、伝統的なヨガの手法に、ヴィパッサナ瞑想と、セラピオティックなアプローチが融合された、より心を扱い、プラーナ=氣に宿る叡智と繋がることを大事にする、クリパルヨガのティーチングも学びたいと心を決め、2年連続で200時間のティーチャートレーニングを受講。大きな挫折を経験、でもそれを乗り越え、小さな成功を重ねながら一歩一歩、夢を叶えていくプロセスを歩んだ時期。ボストン近郊にある、クリパルセンター、全米最大のホリスティックヘルスセンターです。2008年、私が参加したティーチャートレーニング@東京の際、来日してくれたシニアティーチャーふたりとの再会!これらの写真は、2009年アメリカのセンター訪問の時。Kripalu Center for Yoga & Health2008年よりヨガティーチャーとして活動を開始。都内ヨガスタジオでクリパルヨガ、シヴァナンダヨガのレッスンを行う。また個人でも『YogaKutir』を主宰し、各地でヨガクラス、ワークショップ、リトリート、シンギングボールや三昧琴といった音とヨガのコラボイベント、マクロビオティックやアーユルヴェーダとのコラボでは、よりホリスティックな心と体へのアプローチを提案するイベントを開催、それに関連し、摂食障害克服のためのカウンセリングもトライアルとして実施。他にもママとベビーのヨガサークル、シニアヨガ、企業でのヨガとさまざまな経験をさせていただく。同時に、2010年よりヴェーダ哲学の学びに夢中になる。ムニンドラKパンダ先生が開くバガバッドギータ勉強会に週に何度も参加し、アートマン、真我について学ぶ。アシュラムで体験したヨガのさまざまな儀式(ホーマ)を、パンダ先生が東京で執り行ってくださるため、私はこの時期、哲学を学ぶニャーナヨガ、マントラ、キールタンを実践するバクティヨガ、肉体とプラーナを調えるハタヨガ、さらに日々のティーチングでカルマヨガ、という具合に、4つのヨガを共に実践していた。メディアから離れ、どんどん自分の世界へと入り込んでいく時期に向かう。その他の取得資格2011年、チェアヨガ、シニアヨガ養成講座修了2012年、トラウマ・アプローチヨガ教師トレーニング修了2014年、リストラティブヨガ教師トレーニング修了2015年、摂食障害克服のためのヨガ教師トレーニング修了2017年 指導中止2015年長年お世話になっていたヨガスタジオをやめたことをきっかけに、自分のヨガの実践、ティーチングへの迷いが生まれる。同時に、2011年の311以降、移住した先ではじめた農的暮らし、そこで開いた「おだやか家」の運営に夢中になり、ヨガの実践に費やす時間がどんどん減っていったことで、自分の在り方に疑問を抱くようになる。自分 < おだやか家の活動となっていったことで、私は(今思うと)どんどん「他人軸」になりながら、それにより、私の奥底に眠る、自己否定感、罪悪感、無力感が表面化し始め、自分への信頼、自信を失い、ヨガティーチングの現場から身を引くことになる。2019年1月 ティーチング開始人生のデッドゾーンを味わった2年間。アイデンティティの崩壊を体験。夫との関係性がデッドゾーンを迎え、責め、攻撃、喧嘩が絶えず、絶望を感じながら心身共に不安定な状態となる。その後、鬱状態となりひきこもりながら、布団の中でエイブラハムの言葉に触れなおしていく中で、スピリチャリティの回復が起こり、すると徐々に体が動くようになり、そこから再開したヨガの実践が私を救い始めた。さらに断食による自己治癒力の回復も経験し、食への関わりも変わっていった。この頃、ベジタリアンという枠を自分からはずす。友人の紹介で出会った「魂のお産婆さん」こと岡部明美さんのもと、LPL(ラビング・プレゼンス・リーダーシップ)養成講座を受講。2018年 12期LPL修了。2019年 13期LPL修了ここで、これまで観ることができなかった、より深い潜在意識へのアプローチを経験する。LPL式セラピーによって、第一チャクラ、第2チャクラに残る、未消化な感情と自分を制限する思考を明るみに出し、ここをセラピーによって丁寧に紐解き解放することで、潜在意識が明らかにクリーニング、クリアリングされていくことを実感。すると内奥に存在する自分の本質との対話が起こり始める。しだいに、「なるほど、これがヨガでいうところの、私たちの魂、内なる神、真我(アートマン)との繋がりであり、その先に自ずと起こる、大いなる神ブラフマンとの合一なのか!」と知覚する。「真我=アートマン」とは、私たちの「個人的無意識」であり、「宇宙の源=ブラフマン」とは人類すべてが共有する「集合的無意識」共に、個々の潜在意識の領域に属し、同時に偏在してる。私は宇宙的生命=ブラフマンの一部であるということに気づく。気づくことで、ハイヤーセルフからのメッセージを受け取りやすくなり、源と繋がって生きるワンネス感を味わうに至る。すると、以前よりエイブラハムといった宇宙存在からのメッセージが実感を伴って入ってくるようになり、あわせて、量子物理学、脳科学、波動の分野への理解も深まり、潜在意識を開きながら、魂の望みを知り、それを叶える生き方へと進み始める。するとそこには喜びや幸せ感が多い現実が創造され始めた。現実創造のプロセスはここにあると実感し、魂の望み =私の魂が、今この地球で経験したいことは何か、それを私の体を使って叶えていこう!自分という人生の「真の創造主」として生きていこう!それが私自身の喜びであり、他に貢献する方法だと実感する。そして地球がより良い星にアセンションしていくことを望みながら、自分という存在がその一助となるよう活動しようと心に決める。2019年1月からヨガのティーチングを再開。自分とのパートナーシップを深めるをテーマに回を重ねながら、これまでの経験を統合したものとして「はるヨガ」が創造されている。2020年4月より、いよいよパートナーシップの成熟を目的としたまぐあいヨガをスタート。以上、私のヨガヒストリー、最後までお読みいただきありがとうございます。2019年6月17日現在 射手座の満月の日に➡2020年3月20日 春分の日にリライトしました。ゆるしいろ代表夫婦&パートナーシップ専門カウンセラーまぐあいヨガティーチャー心体魂と性生聖の心理・ヨガセラピストはるよりディープな私の歴史に興味がある方は、続けてこちらもお読みになってください↓↓↓もうひとつのプロフィール

    • プロフィール:はるのライフストーリーの画像

      プロフィール:はるのライフストーリー

      はじめまして、はる(島崎晴美)です。このブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。この広い世の中でこうして繋がれたご縁に感謝します。私は、心体魂と性生聖を扱う心理・ヨガセラピスト夫婦&パートナーシップ専門カウンセラーまぐあいヨガティーチャーとして活動しております。バックボーンとなっている学び<ヨガ・瞑想>シヴァナンダヨガ、クリパルヨガ、パートナーヨガ、トラウマリリースヨガ、シニアチェアヨガ、ヨガセラピー、ヴェーダ哲学、ヴィッパサナー瞑想、マインドフルネス<人生哲学>マクロビオティック、アーユルヴェーダ、タオ思想、タオ人間医学、自然療法、自然農法、エイブラハム宇宙理論(ハッピー理論)、波動の法則<カウンセリング/セラピー>エニアグラム、ゲシュタルトセラピー、ディマティーニメソッド、バイロンケイティワーク、ビリーフリセット、感性論哲学、マインドフルネスセラピー、ハコミセラピー、ジャーニーワーク、OSHO禅タロット私のライフストーリーをご紹介いたします!1972年 東京生まれ3505gのデカイ赤ちゃんでした!!母曰く、癇が強く夜泣きを始めたらちょっとやそっとじゃ泣き止まなかったらしい。哺乳瓶を持たせて背中に負ぶってると、ミルクを飲み終えると、その哺乳瓶をポーンと後ろに投げやるような子、とよく言われてました(笑)1978年~1992年都内、公立の小学、中学を卒業後、私立女子高に入学。一浪して短期大学に入学。私の少女時代はけっこう闇歴史。小2で転校した先でいきなりのいじめ。そのまま小3、4年は、男子からからかわれたり、クラスのみんなからシカトされたり、一緒に遊んでてもいつも鬼の役を押し付けられたり。スカートめくりやパンツおろしといった、性的な侮辱を受けるようなからかいが当たり前にあり、でも少女の心は、モテる女の子はスカートめくりをされている。つまり、それをされることは人気者のあかし。でもそれをされることはものすごく屈辱的。という幼い葛藤、その狭間で苦しみを感じてた。自分を蔑ろにしてまで、誰かにかまわれたいという欲求があったんだと思う。その頃になると父はギャンブルにはまり、アル中状態になり、勝つと上機嫌、負けると大暴れ。その感情の振り幅の中、被害にあわないよう父の顔色を見ながら過ごすようになる。しかし、母はそれに関わらないように無関心を決め込んだ。また母の連れ子だった兄と、私の実の父は険悪な仲で争いが絶えず、そんなとき、母方の祖母を引き取ることになり、狭い部屋に祖母と私が住み、父は祖母に嫌がらせはするし、私に手をあげることも増えてきてた。そんな中、信頼してた兄は家を出てしまい、ますます家は居心地が悪い、学校に行っても辛い、となると、共働きの両親の不在中、学校を早退したり休んだりして、家でひとり、自分の妄想の中で遊ぶような子になっていった。また病気になり入院を繰り返した。小5になると、今度はちょっと不良な少女たちと仲が良くなり、私自身がいじめをするようになった。そしてますます学校に行かなくなった。そして中学。気持ちをいれかえ部活動に励むものの、先輩から「生意気だ」と目をつけられ、何かと呼び出しを受け、口で罵倒されたり、ひっぱたかれるといったいじめを受ける。強烈な痛みの体験は、先輩の彼氏が私のことを好きになったという理由で、これ、中2の話ね。ある日、大勢の女子先輩に倉庫に連れ込まれ、そこに男子もいて、体育着を脱がされリンチにあう。これがきっかけで私は、「もうこんな目にあいたくない、目立つことは危険だ」と消極的になり、そこから摂食障害になっていった。高校に入ると、私は一気に太り始めた。170センチ74キロ。大きな体を隠したくて隠したくて仕方なかった記憶がある。高校の授業料を自分で働いて捻出しなければならず、学校に行くよりバイトに明け暮れ、そこで出会った年上の男性たちとの関わりが強くなり、私は、自分の存在を安く見積もり、自分を大事にすることなどまったくできなくなっていった。そして短大生になってからは、飲み屋のバイトをかけもちしながら、どんどん夜のディープな世界へ入っていった。もうこのままお水の世界で生きていこう、と決めてた矢先、私は大恋愛をする。その人は、私を本当に大事に扱ってくれた。そして、その人の助言により、卒業後の進路に、会社に入る、という選択肢が現れた。「一度、社会に出てみろ、まともな人間、たくさんいるよ。」って言われたのを覚えてる。そして、、、1993年短大卒業後、大手電気メーカーに入社。爽やかな笑顔(!)24歳くらいでしょうか。女性の営業職として仕事で全国を飛び回り、キャリアウーマンとして必死で頑張っていました。仕事もプライベートもスペースが怖く何事も、ギッチギチに詰め込んで生きてたな。バブル崩壊後の採用は一気に狭き門となっていたが、さいわい、電気メーカーの販売会社に入社。一般事務を1年半ほどした後、営業職に抜擢され、販売促進、商品勉強会講師、社内情報番組の制作などを勤めることになる。この数年間は華やかな時代だったな。まさに、仕事もプライベートも充実って感じだった。この頃、よく旅行に行ってた。大好きだったアリゾナ。これは22歳くらいかな。LAからラスヴェガスに入って、レンタカー1週間の旅。ナショナルパーク巡りが趣味。3年連続で行くくらいはまってた。これははじめてベトナムに行った時。渋谷でベトナム料理を食べて感動!次の休みはベトナムだ!!と。これは、たしかニャチャンのビーチ。この頃、一眼レフにはまってて、写真ばっかり撮ってた。まだフィルムの時代で、カラーと白黒両方で20本とか30本とか、フィルムをもって旅に出てた記憶がある。これは南米ベネズエラ。エンジェルフォールという1000mの滝を見に行ったんだ。この旅はエキサイティングだったー!!これはハワイ。会社を辞めたご褒美旅行、2ヶ月くらいいたかなー。ハワイには叔母や従妹が住んでるにもかかわらず、また1度しか行ったことがない!また行きたいなー。他にもいろんなところに行った。10代が辛かった分、この頃は青春を謳歌!って感じだった。同時に、自我丸出し、肩ひじ張って生きていた私は、実は慢性的な体調不良を訴えてました。その治癒のために東洋医学に目覚め、27歳のころ、鍼灸師を目指そうと一念発起!したものの、、、。2000年~2004年一度目の結婚を機に2000年に欧州へ移住。同じ会社に勤めてた男性と交際の後に結婚。ドイツとスウェーデンに、トータル3年半ほど住むこととなった。すべてが初めての経験で、刺激的な毎日。文化の違いや習慣の違いに一喜一憂しながら、暮らしを楽しんでた。そんな中、腰痛の改善を目的にヨガをはじめる。2001年の911をドイツで体験。世界が不穏な空気に包まれつつも、当時、ヨーロッパのほとんどの国に行けたことは人生の宝。その中でも、私は東欧チェコにはまり、プラハは魂の故郷だと感じるほど。他にはフランス、パリが大好きになる。そんな中、当時の夫は仕事が忙しく、私はドイツ、夫はスウェーデンという別居暮らしがはじまる。その頃から、孤独感と、海外生活への疲れもではじめ、ふたたび激しい摂食障害、そしてアルコールへの依存が強まり、深い閉塞感の中、夫婦関係はひんやりと冷めていった。2004年帰国後、離婚。2005年、新しいパートナー、現在の夫と運命の出会いがあり、人生の立て直しをはかりヨガ教師を目指す。この頃、ヨガスタジオの受付スタッフとして働きながら、朝から晩までヨガばっかりやってました。2006年~2008年様々なワークショップに参加し、心と体と魂の関連に強い興味を抱く。幼少期、思春期の体験から生まれたトラウマに苦しめられていた自分に気づき、生きづらさの根本原因を探る自己探求の道へと入る。同時にホリスティックな健康観に深く共感し、マクロビオティックやアーユルヴェーダの学びと実践に、全身全霊で取り組み厳格なまでのヴィーガンとなる。これ、2006年の夏、マクロビオティックを始めたと同時にはまっていったキャンプ生活。初めて、鍋で炭火で「黒米入りの玄米」を炊いたときの喜びの一枚!この頃から、あらゆるものの断捨離へ。テレビ、レンジといった家の中の家電を処分し、メイク、シャンプー、歯磨き粉、髪染め、派手に装うファッション、ヒールをはくことなど、身の回りのものをどんどんやめていった時代に突入!様々な不定愁訴を改善させ、長年患っていた椎間板ヘルニア、過食嘔吐、アルコールやタバコへの依存を克服。生まれて初めて「健康って素晴らしい」と実感する。2007年インドでの1ヶ月のトレーニングを受け、2008年よりヨガ教師として活動を開始。北インド、ヒマラヤのふもとにあるアシュラムへ。エメラルドグリーンのガンジス河に毎日沐浴できたことは私の生涯の宝物アシュラムを出てからインドひとり旅中。かなりヒンディーな私2008年、2度目の結婚。2007年ごろの私。今よりかなりきりっとしてるね!★2010年~2017年マクロビオティックをはじめてから出会った、”You are what you eat.” に感銘を受け、確かに私たちは、自分が食べたもので出来ている。それを実感すると、次は、自分を育む食べ物をつくりたくなった!そして、、、2010年、念願だった農的暮らしへの第一歩として生まれて初めて稲作を経験。山梨県都留市で稲作を経験し、農的暮らしへの夢が膨らむ。同時に、インド哲学の師匠と出会い、ヴェーダの学びに夢中になり生きる上での生きる上での価値観がどんどん変容していく。そして2011年の東日本大震災をきっかけとして、頭を勝ち割られたような衝撃を受ける。震災数日後、福島への物資送り出し支援のボランティアに入り、活動していた時、もうこのまま東京に住むのはありえない。消費型の暮らしから脱却したい!田舎で田畑をやりながら、自分たちの食べるものを育て、のんびり暮らしたい!と強く思うようになり、翌2012年春、東京を離れ神奈川県相模湖に移住。この頃、両親が続けて他界し、私の死生観にも大きく変化が生まれた。そして、最初は味噌づくりやちょっとした料理教室という、小さなシェアリング会の場が、しだいに人気が出るようになり、夫とともに「おだやか家」を主宰することとなる。ゆるやかでのんびりとした農的暮らしを目指していたにもかかわらず、来てくださる方々は年々増え、それに伴い耕す畑も年々広くなり、気づいたら、ガチな農家になり、自給自足の暮らしをまかなう女将となっていた。農業体験会「だいずのいのち」、穀物菜食、発酵食、一汁一菜といったキーワードで「女将の料理教室」などを開催。尊敬する佐藤初女さんから、ぬか床をわけていただいたことをきっかけに、ますます発酵食にめざめ、ぬか漬けを伝える教室は連日満員御礼。2015年にはショートムービー「おだやか家」もリリースされ数多くのメディアで紹介される。ショートムービー『おだやか家』こういった、いっけん華やかな、希望に満ちた暮らしぶりの裏で、私自身は、ヨガティーチャーとしてやっていく自信を失い、人間関係のトラブルも立て続けに起き、ティーチングの現場から遠のいていった。この時の喪失感は、あまりにつらく、表に出せないほど。そして、2017年、順調に進んでいた活動の陰で、もっとも大切にしていた自分たちのおだやかな暮らしが破綻していることに気づき、強い挫折感と共に自分自身の在り方へのさらなる探求がはじまる。2018年~現在その結果、夫との婚姻関係を、一度解消するに至ったものの、離婚を機にこれまで以上に真実の対話が起こり、パートナーとの問題はすべて自分が起こしてること。自分の在り方ひとつ、と気づき、離婚した夫と再婚。自分自身の心と向かい、パートナーシップの成熟を果たす模索し始める。2018年、12年間続けたベジタリアン、マクロビアンというライフスタイルをいったん卒業。この間、友人の紹介で「魂のお産婆さん」こと岡部明美さんに出会う。LPL養成講座、ラビング・プレゼンス・リーダーシップで学びをはじめる。2018年 12期LPL修了2019年 13期LPL修了2019年10月より、心理カウンセラー/セラピストとして、『子宮ひめごとセッション』をスタート。2020年3月現在、半年で70名の女性とセッションさせていただき、女性が感じている生きづらさの源を解放するサポートを行う。趣味ショークワイア「AKクワイア」で歌うことダイビング(スキューバダイビング、スキンダイビング)愛するニャンズと寛ぐこと心と体と魂、性と生と聖に関する学びひとりで本を読んでる時間は最高!美しいものに触れて、わぁ素敵!と感動することが大好き❤大事にしていること 自分が自分で在ること気持ちよくいること暮らしが安定していること   =土に触れたり、太陽を浴びたり、自然の中で過ごす時間があることパートナーシップ   =夫婦間のパワーゲームからの卒業、共依存➡相互依存、共同創造へ!お金の循環 私のミッションヨガは誰にでも実践が可能だと伝えていくこと呼吸に気づくことの恩恵を伝えていくことひとりひとりが真に目醒めて生きことで、  地球がよりよい星に進化成長していくことをサポートする。私の人生のテーマは「愛とゆるしの実践」です。以上、私のライフストーリー、最後までお読みいただきありがとうございます。2019年6月17日現在 射手座の満月の日に➡2020年3月20日 春分の日にリライトしました。ゆるしいろ代表夫婦&パートナーシップ専門カウンセラーまぐあいヨガティーチャー心体魂と性生聖の心理・ヨガセラピストはるご興味があれば、ヨガティーチャーとしてのプロフィールヨガヒストリーをご覧ください!

    • 子宮ひめごとセッション*2020の画像

      子宮ひめごとセッション*2020

      はじめましての方へはるの自己紹介はこちらです!※2020年3月現在の記事です。はるのヨガストーリーはるのライフストーリー***夫婦&パートナーシップ専門カウンセラーまぐあいヨガティーチャー心体魂と性生聖を扱う心理・ヨガセラピストはるです。都内のサロンにて、3時間対面個人セッション、『子宮ひめごとセッション』を行っています。***あなたが内に秘めていることをお話しください。あなたの中に隠れてる、わがままなお姫様みたいな本音をお聞かせください。パートナーとの日々のすれ違い、恋愛のもつれ、セックスに関する悩み、迷い、女性としての生き方について。親とのこと、子どもとのこと、自分のあり方のこと。学校や職場での人間関係。流産のいたみ、中絶への罪悪感。子どもを産まない選択をしたこと。性を売りにした経験、性を傷つけられた経験がしこりになってる。容姿や体への嫌悪感、摂食障害、特に過食嘔吐に悩んでいる、など。お話の入り口はどこからでも大丈夫。今あなたが、モヤモヤと抱えている思いに、耳を傾けさせてください。そして、そのモヤが晴れた後の、あなたの本当の輝きに触れる機会を得に来てください。私には、タブーがないです。世間一般的に、それはちょっと、、、と思われるようなことでさえ、私にとっては、そういうことあるよね、の領域です。あなたの本質をどこまでも信頼して、あなたと共にいます。それをお約束します。<子宮ひめごとセッション>■対象・生きづらさを感じ、人生がうまくいっていない・パートナーシップがうまくいかない・親とうまくいかない、子どもとうまくいかない・自分らしさがわからない・やりたいことがわからない・人目が気になって本当の自分を出せない・子宮や卵巣の疾患と共生している・摂食障害・性に関するトラウマや迷い、悩み 等・その他いろいろ★ここで行われるセラピーやカウンセリングは、心の病、精神疾患を持つ人のためのものではありません。日々の暮らしの中で、モヤっとする「うまくいかないなー」という事柄を取り扱いながら、それぞれの過去、そして潜在意識にある問題の根本を共に探っていく「内面の旅」です。★子宮との対話を通して、あなたの深い部分に閉ざされた本音に耳を傾けます。★自己探求、自己受容、そして解放、成長、自己実現のプロセスを、カウンセラー、セラピストである私と共に歩んでいきたいと感じたならぜひお越しください。■内容3時間はあなたのための時間です。あなたが語ってくれた話をきっかけに、その時に相応しいと感じることを行います。★主に、傾聴、インナーチャイルドワーク、感情解放、ビリーフリセット、心と体の繋がりを活かしたワーク、など。★子宮との対話セッション★必要に応じて、潜在意識を書き換えるためのレクチャーに時間をとることもあります。■日時個別に相談して決めます。■料金・初回: 22,000円(税込)・継続3回コース 初回セッションを終えた際、より深く探求していきたいと感じた場合、月1の頻度で3ヵ月、計3回の継続セッションをお勧めしています。一括支払い: 54,000円(税込) ※1回あたり18,000円単発支払い: 各20,000円(税込)■場所赤坂駅徒歩7分のサロン詳細はご予約いただいた後にお知らせします。■お申込み方法以下のフォームよりご連絡ください。➡問い合わせフォーム※3日以内に記載いただいたメールアドレスへご連絡いたします。こちらからの返信がない場合は、大変お手数ですが、yurushiiro.love@gmail.com へお知らせください。***これまでモニターセッションを受けてくださった方々の感想はこちらです。❤子宮は壮大な愛のエネルギー、ヴィジョンに満ちていた❤物のように扱わないで!彼とのセ ックスで感じた痛みを解放する❤どうしても彼を責めてしまう。その下にある寂しさ、不安、恐怖に気づく❤シングルマザーで産むと決めた彼女が今、家族連鎖に気づきそれを終えていく❤中絶の傷み、罪悪感を癒すこと、魂との再会❤人の目が気になる。私なんか、私なんて、、、そう言い聞かせ生きてきた❤過去は変えられるということの本当の意味を知った❤今ようやく、他人軸で生きる人生から自分軸で生きる人生へと舵を切り始める❤夫とのパワーゲーム、感謝や労い、賞賛の言葉、存在を認める言葉をあげれない❤私がすべて悪い。根深い罪悪感の源に触れる❤自分を愛するとは体への感謝に溢れることからはじまる❤自分の本心を尊重すると相手はあなたを大事にしだす❤いいお母さんって何?以下はクライアントさんの許可を得て、ご本人のブログをご紹介しています。❤「いいかげんにしなさい」の呪い❤子宮ひめごとセッションでへその緒を切る①❤子宮ひめごとセッションでへその緒を切る②❤子宮ひめごとセッションでへその緒を切る③***はるの自己紹介はこちらです!※2019年6月現在の記事です。はるのヨガストーリーはるのライフストーリーSNS★Facebookhttps://www.facebook.com/harutasita➡すべての投稿が全公開です。フォローしていただければと思います。★Instagram harutasitahttps://www.instagram.com/harutasita/?hl=ja➡こちらも合わせてフォローしてください!私は、自分の過去の経験、そしてすべての学びを通して、私が見つけ出した自己の本質に根差し、あなたのセッションを担当させていただきます。あなたの心が癒され、心身が楽になり、あなたが本当の自分に目醒め、心がほっと安心安堵に包まれ、自分らしさとか、自分の魅力を知り、それを表現しながら生きれるように。カウンセラー、心理ヨガセラピスト、島崎晴美

  • 18Mar
    • コロナで夫婦喧嘩、増えていませんか?の画像

      コロナで夫婦喧嘩、増えていませんか?

      家族の在宅時間が増えたことで、イライラと張りつめた心を解放したい人のための、カウンセリングスペース『ZOOM Cafe & ZOOM BAR』恐れではなく愛を選びたい!明日の笑顔のための女子会、開催します!***この数日、ものすごい胸騒ぎがしてて、コロナが話題になってから今が一番そわそわする。それは、在宅勤務、リモートワークになった夫が家にいて、学校が休みとなり子どもたちがずっと家にいて、母であり妻であり、仕事もこなす女性たちも、職場のさまざまな事情で家にいることが増え、家族の接点が、それぞれに不安やストレスを抱えつつ、密接になっている今。普段より一緒に過ごす時間が増えて、家族の会話が増えてよかった、とか、新しいライフスタイルの実験期間みたいね、と、今後のことについて夫婦で話し合いがもたれ、前向きに今を捉えているご家庭もあるでしょうが、反対に、いつも以上に、夫と子供の世話が増え、これまでだってわずかだった、女性の「ひとり時間」が浸食され、女性の負担がじわじわと増加し、夫の些細なひと言、ちょっとした言動に、子どもたちの声や態度に、イラ、イラ、イラ、イライラー!!!ってなってる女性が、今すごく増えてる気がして、それに対して男性側も、いい加減にしてくれよ、、、的にうんざりして、本当に些細なことから、気持ちのすれ違いが起き、互いに感情的になってしまうことが多いのではないかと。その感情の波が、私に届いてて胸騒ぎがするのですよ(涙)女性の皆さん、イライラしてしまう自分を、自分で持て余し、さらに心の中で責めてませんか?夫に対して、子どもに対して、言葉にならない怒りを感じていませんか?そしてその下には、大事に扱われてる気がしない、気持ちをわかってもらえないという、悲しさが募っていませんか?夫だって不慣れなワークスタイル、現実的に収入が減ったり、アフターコロナの世界的な金融破綻についての情報が続々と流れる中で、男性もこれから先に対する不安、心配事が、頭をかすめているでしょう。こういう危機的状況の中では、マスクやトイレットペーパー、除菌ペーパーを買う買わない、食事の支度や家事の分担、子どもへの接し方といったことに対する、互いの言い分、価値観がドバっと表面化して、そこに違いがあることで、口喧嘩になったりしがちです。コロナ騒動でついつい「社会」という外側に意識が向き、不安や恐れを感じながら様々な反応を起こしがちですが、ちょっと待って、こんなときだからこそ「内側」を観ましょう。「家庭」という社会の最小ユニットの在り様を見て、自分の「内側」「心」を観ていきましょう。そしていよいよ、激動の時代がはじまると言われる今、今後、私たち女性はどう振るまえばいいか、それを話し合える場を創造したいと思いつきました!!***ZOOMを使って女性たちが集える場として、昼はZOOM Cafe、夜はZOOM BAR、開催します!【営業時間】大きな節目となる春分の日から1週間。3月20日(金)~3月27日(金) ★ZOOM Cafe14:00~15:30頃まで★ZOOM BAR20:30~22:00頃まで3月20日(金) 20:30~22:003月21日(土) 20:30~22:003月22日(日) 14:00~15:303月22日(日) 20:30~22:003月23日(月) 14:00~15:303月23日(月) 20:30~22:003月24日(火) 14:00~15:303月24日(火) 20:30~22:003月25日(水) 14:00~15:303月25日(水) 20:30~22:003月27日(金) 14:00~15:303月27日(金) 20:30~22:00※時間は約90分を予定しております。※申込フォームに日時の記載がありますので、参加希望日時を選択してお申込みください!【どんなことをするの?】・とにかく今の気持ちを吐き出しましょう。・あなたが今、感じていることをお話しください。・そこから、どうすればその気持ちを整えることができるか。・夫や子どもとの接し方のコツ。・なにより、自分との接し方のコツ。・これから本格的に訪れる社会という枠組みの崩壊に向けて、私たち女性が、恐れではなく、愛を選択していくためには、今何が必要かを話し合いましょう。【参加費用】3,000円※銀行振込かPaypalでのお支払いをお選びいただけます。【開催場所】ZOOMオンライン会場【定員】各回5名まで【お申込はこちら】以下のフォームから、参加ご希望の日時を選択して、お申込みいただけます。こちらをクリックください。申込フォームへリンクします。※受付後、お振込みに関することなど、詳細を返信いたします。最後に。コロナウィルスは、その姿が「太陽の光冠」=コロナに見えることから着いた名前でしょう。そしてコロナの語源は、王冠または光冠(丸い光の輪)、花冠を意味する κορώνη (korṓnē コロネ) に由来する、らしいです。(Wikipediaより)私たち女性の内なる太陽の質。コロナなんかに負けないほどのパワーと影響力を持って、私たち女性が、その王性、女王性を発揮して、社会の中で、太陽のような存在で、リーダーシップをとる時が本当に来てると私は思うのです。恐れではなく愛を選びましょう。アフターコロナの新しい世界を、あなたと一緒に創造していきたい!このZOOMカウンセリングスペースで、皆さんと本音の話ができるのをとても楽しみにしています。はる

    • ふたり会議

      この取り組み、素晴らしいわー。性教育YouTuber シオリーヌさんの動画で紹介されていた「ふたり会議」株式会社すきだよあつたゆかさん➡「ふたり会議」誰もが好きな人と、ずっといられる幸せな社会へ↑このピュアでシンプルな企業理念、とてもいいよねー。若い世代が、真剣にパートナーシップに取り組んでる。試行錯誤、真摯に取り組んでる。そして私が痺れたのは、「いい関係づくりに投資してる人って、どのくらいいるんだろう?」のセリフ。なるほど、パートナーシップに投資、かー!若い子の発想は本当に刺激になる。ねー、まじで私たちの世代も、もっと向きあおうよー!!!とホント声を大にして言いたい!***このサービスを使うことで、カップルが各テーマについて、話し合う土台づくりができるっていいよね。相手の回答に対して、ジャッジするツールじゃないんです、と言ってくれてるのもいい。価値観のすりあわせ、ふたりのいいところを探るという、コミュニケーションの本質を知ってるんだな。ついついさ、何か知らないけど、大事なことほどうやむやな中、始まりがちな結婚生活。共に過ごしながら、その「うやむや」がもめ事の種になって、パートナーシップにゆがみが生じがち。若い世代は、きっと親の世代のミスコミュニケーションを見て、こうして新しい発想を生み出すんだね。

  • 14Mar
    • 漠然とした不安を感じるならば

      私たちって、1日に2万回も、呼吸してるんですよ。吸ったり吐いたり、自然と繰り返している2万回もの行為に、ほとんど気づいてないって、むしろすごいことだと思います。私たち、いま、すごく大事な転換点にいて、この溢れんばかりの情報量のなかで、何を選択していくか、その目を開き養い、醒ましていく必要があると思うんです。そのためには、それぞれが呼吸に意識を向けて、心落ち着かせ、リラックスして自分と繋がったうえで、これ、というのを選んでいくことが、大事だなって思う。呼吸に意識を向けるメリットとしては、まずは、無意識を意識化できるということです。呼吸がゆっくり深いものになると、体も次第にリラックスし、頭の中のおしゃべりがよく聴こえてきます。自分がどんなことを考えながら日々暮らしてるか、よく聴こえてくるから、その心の声が、自分を否定するものなのか、自分を肯定するものなのか、ダメ出ししてんのか、OK、いいよって言ってあげてるかを、よく聴き分けていくことができます。その声が、否定的で攻撃的であればあるほど最初、とても耳障りでしょう。でも、しだいに、自分を否定し攻撃する声を、選択しないでいれるようになります。意識的にその思考の流れを止めて、自分にとって気分がいいものに変えることが、できるようになり、否定的なその声をそっと静めていくことができるようになります。するといつしか漠然とした不安が減り、気持ちが楽になっていきます。湧き上がってくる感情に、飲まれなくなっていきます。それこそ、自分の源の存在ソースに触れている瞬間だし、そのソースとの繋がりを強めていくきっかけになっていきます。私たちの体の奥深くには、自分の存在が、深い安心、安堵に触れる場所があって、そこに留まる時間が増えれば増えるほど、幸福感って増していきます。今この文章を読んでる瞬間も、自分の呼吸に気づいてみてください。そしてその呼吸を意識的に、ゆっくり深いものにしてみてください。そんな瞬間を、日常の中で、少しずつ増やしてみてください。自分を否定する言葉の数々に、自ら耳を傾けて聴き分けていきます。なんでこんなに自分を責めなければいけないのか。なんで、自分が間違ってて、誰か別の人が正しいような気がするんだろう。周りの人が自分よりもずっと優れているような気がして、自分が全然力を持っていないような気がして、不安でならない気持ちに、そっと寄り添ってあげてください。そして、そんなことない、私は間違ってない。私にとって、私が感じたこと、それが真実。そして相手にとっては、相手が感じたことが、やはり真実。それは違う。ただ違うだけ。だからどちらに優劣があるわけでなく、どちらも責められる必要なんか、まったくない。それに気づき、自分ばかりを責める心を静めていけば、私たち一人一人が感じている、生きづらさ、息苦しさが減っていくと思ってるます。↓自分を否定する声が強くてキツイ、と感じたら、、、

  • 12Mar
    • ZOOMオンライン講座*膣からはじまる潤艶ボディで触りたくなる肌にの画像

      ZOOMオンライン講座*膣からはじまる潤艶ボディで触りたくなる肌に

      ZOOMオンライン講座膣からはじまる潤艶ボディへの道!40代女性のための膣からはじめる潤艶ボディのつくり方!膣ケア、興味はあるけど一歩踏み出せないあなたに贈ります❤<自己紹介> こんにちは!夫婦関係、パートナーシップ専門の心理カウンセラー/セラピスト性の解放❤祝福セラピスト「まぐあいヨガ」ティーチャーはるです。来週からはじめる新しいZoomオンライン講座、『膣からはじまる潤艶ボディで触りたくなる肌に』のお知らせをさせていただきます。 これは、私が自らが歩んだ「女の体」との関わり方をまとめた、その日から実践できるボディケアの講座です。***私は今48歳。30代前半まではいわゆるジャンクな暮らしを謳歌していた私ですが、その頃、PMSや摂食障害、椎間板ヘルニアに悩み、あわせて子宮筋腫を患ったことで一念発起。ヨガやマクロビオティックの実践を軸に、健康・ナチュラル志向のライフスタイルに転向しました。身体的な健康は取り戻したものの、気づけば「自然体でナチュラルな私」を意識しすぎたあまり、スキンケアやメイク、ファッションへの関心が激減。いつもすっぴん、スキンケアも適当、ゆるパンにチュニック、フラットシューズのラクチンスタイルが定番となり、44歳のころ、鏡に映る自分の老け顔に唖然!思えば男性とのセックスもほとんどなくなり、体の潤いもなくなって、セクシーな気分になることも減っていました。そしてふと、女としてこのままでいいのか?という焦りともいえる気持ちが湧き上がり、ものすごく悲しくなったことを覚えていますその後、ますます夫との関係は冷え切り、トラブルが絶えない状態に。私は心身の不調も訴えるようになり、最後は鬱状態。その後、本格的に心の学びをすることになり、精神的にかなり回復してきたとき、私は「膣ケア」に出会います。以前から興味はあったものの、一歩踏み出す気持ちになれず、思えば先送りにしていたのです。しかし、40代も半ばを過ぎ、もっと自分の体を大事に扱おう体を愛そう。そして女性としていつまでも美しくいようと思い立ちスタートしました。あれから1年がたち、朝晩の手軽な全身オイルケアが習慣となり、私の肌と膣は潤い艶めき、いつしか体のラインも整い、最近では会う人会う人に、痩せたね、綺麗になったね!と嬉しい言葉をかけていただくことが増えました。最近は40代後半ならではの性の悦びを感じている日々です。私は、自分のこの体験から、❤女性はいくつになっても綺麗でいれる、❤潤いと艶を取りもどして、❤自分に自信をもって、❤女としての生き方、在り方をもっと追求していっていいんだ、と確信しました。<内容の説明> 「膣ケア」興味はあるけど、なんとなく踏み出せないでいる。そんなあなたに、私が日々実践していている、手軽で簡単な「潤艶ボディケア」の方法を伝授いたします!なにより継続することが大事な日々のセルフケア。講座を受けた翌日から始めて、きたる更年期も閉経後も、一生続けていける大切なメソッドです。━━━━━━━━━━━━━━━━この講座がオススメの方!━━━━━━━━━━━━━━━━女としての自分に自信がない女としての自信を取り戻したい肌の老化、膣の乾燥が気になる女性器周りのトラブルが多い (痒み、臭い、痔、膀胱炎、膣炎、便秘、月経トラブルなど)性交痛が辛いセックスレスに悩んでる━━━━━━━━━━━━━━━━この講座で得られるメリットは!━━━━━━━━━━━━━━━━膣ケアを不安なくはじめることができます日に日に変化していく自分の体への愛おしさがわいてきます全身の肌がキメ細かく、潤いと艶を取り戻します膣の潤いが増し、性感がアップします女性器周りのトラブルが改善します膣に潤いが戻り性交時のストレスが減ります女性としての自信を取り戻すきっかけとなりますおすすめのオイルもご紹介、すぐにスタートできます━━━━━━━━━━━━━━━━この講座の内容は?━━━━━━━━━━━━━━━━女性器の存在価値を再確認!膣を大事にすべきわけ膣の乾燥からくる40代以降の女性の体のトラブルについて潤艶ボディケアの流れ用意するもの/具体的な方法質疑応答特典として質疑応答で各自のお悩みに対応いたしますが、やはり人には知られたくない、と思う気持ちもよくわかります。ということで、『30分の無料個別コンサル@ZOOM』をプレゼントします!━━━━━━━━━━━━━━━━【開催日時】以下の通り開催いたします。ご都合のいい日をお選びください。2020年① 3月17日(火) 15:00~16:30② 3月17日(火) 21:00~22:30  ③ 3月20日(金) 10:00~11:30④ 3月22日(日) 10:00~11:30 ⑤ 3月22日(日) 15:00~16:30⑥ 3月22日(日) 21:00~22:30※講座の時間は約90分を予定しています。 【参加費用】3,000円※銀行振込かPaypalでのお支払いをお選びいただけます。【開催場所】ZOOMオンライン会場【定員】各回5名まで【お申込はこちら】今すぐお申込みください!こちらをクリックください。申込フォームへリンクします。※受付後、こちらから詳細を返信いたします。私と一緒に、潤艶ボディケア、始めていきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました!

  • 05Mar
    • ひとりひとりがコロナになればいいの画像

      ひとりひとりがコロナになればいい

      ❤女性を成熟に導くセンシュアルセラピスト❤心と体の真の健康を追求するWellbeing ヨガ主宰ヨガ・心理セラピスト島崎晴美です。はじめましての方へはるの自己紹介はこちらです!※2019年6月現在の記事です。はるのヨガストーリーはるのライフストーリー***48年女をやってきて、今つくづく思うのは、いくつになっても、魅力的な存在でいたいなと思うこと。それは、女として、人として。で、魅力的って何かっていうと、ひと言でいってしまえば、その人の「吸引力」だと思うんだ。そして、吸引力のある人は、同時に拡散力もある。つまり遠心力。それは影響力のある存在なんだと思う。▲吸引力って求心性だから陽性。▼拡散力って遠心力だから陰性。この陰陽(▼▲)のバランスが取れた存在でいたいって思うのよ。時代が今どんどん変容している中で、もう、誰かの下で、どこかに属して、働いていく時代は終わりを告げてて、ひとりひとりが、自分の魅力を知って、その魅力を発揮して、身の回りの人に発して、自分を中心とした世界を創造し、その吸引力の中心として存在することが、とても重要になる。そしてそれが、いい波及効果をもたらし、人にいい影響を与え、人に利を与えられた時、商いとして成り立ち、個人事業主としてのビジネスが成立してる。これからの時代のお金とのつきあい方は、これが中心になっていくと思う。***そしてここでふと思うのは、コロナの吸引力ってハンパない。そして、コロナの影響力って、すさまじい。みんながコロナにここまで強烈に反応してるって、みんな、実はすごくコロナに憧れてない?実は嫉妬してない?コロナほどの吸引力と拡散力を持つような存在に、みんな本当はなりたいのではないかと。だから、コロナのようなインフルエンサーに、強烈に惹き付けられている。それは「恐れ」という感情を揺さぶる。これは、自分自身が、吸引力と影響力を持つ存在になること、いや、実はもともとそうである、ということを、思い出すことへの恐れを揺さぶってる。これは意識の深いところで起きてる。***この数年、ブロガーやユーチューバ―と言われる人たちが、従来のカリスマとは違う在り方で、すごく吸引力を増しつつ、拡散力をもって、私たち一人ひとりに影響を与えてる。そして、どこかでみな、自分もそうなりたい、そう在りたい、と感じてる。その思いを素直に受け取り、行動に移せてる人たちは、どんどんそれを実現してる。でも。✖自分にはそんな力がない。✖自分にはそんな価値はない。✖自分にはそんなことできるわけない。そんな思いを抱いて、人からの影響を受けてばかりの人たちは、いま、コロナに振り回されてる。コロナに対して、冷静な判断をとれてる人たちは、やっぱりすでに吸引力をもち、影響力を持つ人たちだ。私はまず、それぞれの心の中から✖を減らしていきたい。「自己否定のゆるし方講座」オンラインで受講できます。***▼『子宮ひめごとセッション』の詳細はこちらをご覧ください。はるの自己紹介はこちらです!※2019年6月現在の記事です。はるのヨガストーリーはるのライフストーリーSNS★Facebookhttps://www.facebook.com/harutasita➡すべての投稿が全公開です。フォローしていただければと思います。★Instagram harutasitahttps://www.instagram.com/harutasita/?hl=ja➡こちらも合わせてフォローしてください!私は、自分の過去の経験、そしてすべての学びを通して、私が見つけ出した自己の本質に根差し、あなたのセッションを担当させていただきます。あなたの心が癒され、心身が楽になり、あなたが本当の自分に目醒め、心がほっと安心安堵に包まれ、自分らしさとか、自分の魅力を知り、それを表現しながら生きれるように。カウンセラー、心理・ヨガセラピスト、島崎晴美

    • ひとりひとりがコロナになればいい

      48年女をやってきて、今つくづく思うのは、いくつになっても、魅力的な存在でいたいなと思うこと。それは、女として、人として。で、魅力的って何かっていうと、ひと言でいってしまえば、その人の「吸引力」だと思うんだ。そして、吸引力のある人は、同時に拡散力もある。つまり遠心力。それは影響力のある存在なんだと思う。▲吸引力って求心性だから陽性。▼拡散力って遠心力だから陰性。この陰陽(▼▲)のバランスが取れた存在でいたいって思うのよ。時代が今どんどん変容している中で、もう、誰かの下で、どこかに属して、働いていく時代は終わりを告げてて、ひとりひとりが、自分の魅力を知って、その魅力を発揮して、身の回りの人に発して、自分を中心とした世界を創造し、その吸引力の中心として存在することが、とても重要になる。そしてそれが、いい波及効果をもたらし、人にいい影響を与え、人に利を与えられた時、商いとして成り立ち、個人事業主としてのビジネスが成立してる。これからの時代のお金とのつきあい方は、これが中心になっていくと思う。***そしてここでふと思うのは、コロナの吸引力ってハンパない。そして、コロナの影響力って、すさまじい。みんながコロナにここまで強烈に反応してるって、みんな、実はすごくコロナに憧れてない?実は嫉妬してない?コロナほどの吸引力と拡散力を持つような存在に、みんな本当はなりたいのではないかと。だから、コロナのようなインフルエンサーに、強烈に惹き付けられている。それは「恐れ」という感情を揺さぶる。これは、自分自身が、吸引力と影響力を持つ存在になること、いや、実はもともとそうである、ということを、思い出すことへの恐れを揺さぶってる。これは意識の深いところで起きてる。***この数年、ブロガーやユーチューバ―と言われる人たちが、従来のカリスマとは違う在り方で、すごく吸引力を増しつつ、拡散力をもって、私たち一人ひとりに影響を与えてる。そして、どこかでみな、自分もそうなりたい、そう在りたい、と感じてる。その思いを素直に受け取り、行動に移せてる人たちは、どんどんそれを実現してる。でも。✖自分にはそんな力がない。✖自分にはそんな価値はない。✖自分にはそんなことできるわけない。そんな思いを抱いて、人からの影響を受けてばかりの人たちは、いま、コロナに振り回されてる。コロナに対して、冷静な判断をとれてる人たちは、やっぱりすでに吸引力をもち、影響力を持つ人たちだ。私はまず、それぞれの心の中から✖を減らしていきたい。「自己否定のゆるし方講座」オンラインで受講できます。