ゆら小児科クリニック院長のブログ

ゆら小児科クリニック院長のブログ

神戸市東灘区御影にある小児科・アレルギー科の”ゆら小児科クリニック”です。
アレルギー外来・予防接種外来・乳児健診外来・食物経口負荷試験外来があり、ネットによる予約システムを導入しています。


テーマ:

春といえば花粉症ショック!あせるあせる

 

花粉症の皆さん、今年は特に辛そうですね。

 

始まりが遅かった印象ですが、一気にきた感じですねアップ

 

ブログでも何度か取り上げています。

 

https://ameblo.jp/yura-shounika/entry-12266576411.html

 

花粉皮膚炎

https://ameblo.jp/yura-shounika/entry-11996660621.html

 

経口免疫療法

https://ameblo.jp/yura-shounika/entry-11847568007.html

 

 

とりあえず、薬で乗り切ってください。

 

そして、シーズンが終わったら免疫療法を是非!!

 

文句なしにオススメですグッド!おーっ!

 

 

 

前回のブログで聞きなれない感染症が流行ってますよと書きましたが、これまでブログで取り上げたことがなかったので、少し書きたいと思います。

 

 

ヒトメタニューモウイルス(hMPV)

 

2001年にオランダで、RSウイルス感染症と同じような症状のある子どもから発見されたウイルスです。

 

 

あまり、聞いたことのない名前のウイルスですが、昔から流行していたかぜの原因のウイルスの一つで、今までに発見されていなかったウイルスです。

 

 

インフルエンザのように鼻汁で検査できます。

 

 

生後6か月頃から感染することがあり、1~2歳での感染が最も多いです。

 

一回の感染で十分な終生免疫はつかないので、何度でもかかります。

 

咳やくしゃみによる飛沫感染、手指を介した接触感染をします。

 

感染して4~6日後に、発熱、咳、鼻水などかぜ症状が出てきます。

 

 

大人や学童は普通の風邪ですが、乳幼児では、RSウイルスのように細気管支炎、喘息様気管支炎、肺炎を発症して、喘鳴が出て呼吸が苦しくなることがあります。

 

 

3月~6月頃に流行することが多いです。

 

秋から冬にかけてRSウイルスが流行し、次いで1月頃からはインフルエンザの流行時期に入り、インフルエンザが落ち着きはじめる頃に、hMPVの流行をみるようになります。

 

 

hMPVに効果のある薬はないので、対症療法になります。

 

 

ブログでも何度か書いているRSウイルスと症状は比較的似ていますが、やや鼻汁が少ない印象です。

 

 

鼻汁 

 RSウイルス 多い

 hMPV    やや少ない

 

咳嗽 

 RSウイルス 多い

 hMPV    多い

 

 

hMPVは、喘鳴(ゼーゼー)をともなう例がRSウイルスと比較して1歳以上のやや大きなお子さんに多い…、というか1歳以上でも喘鳴の出現をきたしやすい(気管支炎や肺炎になりやすい)と言った方が正確かもしれません。

 

 

1歳以上で発熱と鼻汁に、気管支炎の症状(ゼーゼー)をともなう場合は、hMPVの可能性を疑う必要があると思います。注意

 

 

 

 

 

散歩中に見かけた梅

 

 


テーマ:

あっという間に3月えっ

 

冬らしさをあまり感じることなく、気がついたら春目

 

今日は予防接種外来を深谷先生にバトンタッチして、私は実家の産婦人科に赤ちゃんの健診に行きました。

 

実家で満開に咲く梅

 

日差しも気候もすっかり春ですねニコニコ

 

 

さて、現在クリニック周辺でで流行っている感染症です。

 

右差しインフルエンザ

 

インフルエンザは、今年は1月にA型が一気に流行し、2月半ばにはピークが過ぎました。B型が流行する気配もなく、前例のないインフルエンザの流行パターンです。

 

クリニックでは1日2〜3人はまだA型が出ていますので、油断はしないでくださいね注意

 

 

右差し溶連菌咽頭炎

 

発熱、咽頭痛を主症状として、嘔吐や発疹を伴う時があります。発熱がなく、発疹のみや咽頭痛のみの場合もあるので注意が必要です。

 

 

右差しRSウイルス、ヒトメタニューモウイルス

 

発熱、咳嗽、鼻汁が症状でこれだけ見ると普通の風邪ですが、気管支炎や肺炎を起こしやすいウイルスで注意が必要です。

 

RSウイルスは以前のブログを参照してください。

 

 

花粉症も症状が悪化する前に治療してくださいね。

 

 

 


テーマ:

今年のインフルエンザの流行はとりあえず一休止の様相です。

 

クリニック周辺では1月半ばから急激アップに流行し、先週くらいからぱたっえっと流行のピークが過ぎましたダウン

 

花粉も飛び始めたようで、もう春か?という状況ですが、インフルエンザB型が少し出始めており、油断は禁物です注意

 

 

 

少し前のブログで書いた百日咳のワクチン追加接種の件に加えて、任意接種ではありますが、推奨されるワクチン接種についてまとめたいと思います。

 

 

 昨年、日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールが更新され、任意接種として推奨されたワクチンがあります。

 

 

右差し百日咳の予防を目的とした三種混合ワクチンについて

 

 

まず4種混合(DPT-IPV)、3種混合(DPT)、2種混合(DT)の違いサーチ

 

3種混合

 ジフテリア、破傷風、百日咳

4種混合

 ジフテリア、破傷風、百日咳、ポリオ

2種混合

 ジフテリア、破傷風

 

 

以前は、3種混合ワクチンと経口ポリオワクチンを接種して11歳で2種混合ワクチンでしたが、経口ポリオワクチンが注射の不活化ポリオワクチンに変更され、さらに3種混合ワクチンにポリオワクチンが合わさった4種混合ワクチンに変わりました。3種混合ワクチンはその役目を終わったため製造が中止されました・・・、と思われたのですが・・・目

 

近年、世界中で年長児や成人での百日咳が増加しています。

 

その怖さは以前のブログで分かっていただいたと思います。

 

 

2013 年の小児の年齢別の百日咳の抗体保有状況では、予防できる十分な抗体(抗 PT 抗体価 10 EU/mL以上)を保有する率は、4-7歳で40%未満に低下ダウンしています。

 

 

定期接種の四種混合ワクチン(計4回)だけでは学童や年長児の百日咳の抗体は低下してしまい、感染防御ができません。

 

そのため、新たに年長児の百日咳に対する予防のために、さらに百日咳の免疫をワクチンで高める必要が出てきました。

 

 

そこで、先ほど役割が終わったと思われた3種混合ワクチンの製造が再開され、二種混合ワクチン(DT)の代わりに三種混合ワクチンを任意接種することができるようになりました。

 

 

神戸市では、平成30年より行政措置予防接種(副反応が出た時に行政が保証してくれる)として追加されました。

 

 

就学時前の5~6歳での接種も推奨しています。

 

 

メモまとめ 『百日咳の予防』

 

右差しオススメの接種時期:就学前 

MRワクチン2期との同時接種がオススメ

 

もしくは、

 

右差しオススメの接種時期:11-12 歳に接種

二種混合ワクチン(DT)の代わりに三種混合ワクチン

 

 

 

同様に抗体価の低下により、就学前の追加接種(5回目)が推奨されているのが不活化ポリオワクチンで、世界的に見ても5回目の接種は標準的です。

 

 

ポリオ(急性灰白髄炎)は、小児まひの呼び名で知られている感染症で、日本国内では1980年に1人の発症があったのを最後に、この病気の新しい患者さんは確認されていません。

 

 

しかし、決して根絶された過去の病気ではなく、まだ流行している地域があり、その地域からの日本への渡航もあります。

 

人が国境を越えて移動するようになり、ポリオは国をまたいで伝播する可能性があります。インバウンドによる海外からの観光客の増加、さらに2020年に東京オリンピックが開かれるなど、人の往来が多くなることで感染のリスクは高まります。

 

 

メモまとめ 『ポリオの予防』

 

右差し5回目 オススメの接種時期:就学前(5歳から6歳) 

MRワクチン2期との同時接種がオススメ

 

 

なお、現時点で、就学前の 3 種混合ワクチンとポリオワクチンの接種を 4 種混合 ワクチンで代用することは、承認されていません。

 

4 種混合ワクチンは 4 回までの接種に限られ、5 回目以降の追加接種については、3 種混合ワクチンかポリオワクチンを用いますのでご注意ください注意