ゆら小児科クリニック院長のブログ

ゆら小児科クリニック院長のブログ

神戸市東灘区御影にある小児科・アレルギー科の”ゆら小児科クリニック”です。
アレルギー外来・予防接種外来・乳児健診外来・食物経口負荷試験外来があり、ネットによる予約システムを導入しています。

ブログの更新を怠っていたら、急に涼しくなってきました。

 

お盆前までは子どものコロナ感染は、大人の感染拡大はどこ吹く風でしたが急に状況が一変しましたアセアセ

 

 

しかし、確かに子どもの感染は増えましたが、まだ大多数は家族内感染です(神戸市の調査では70%が家庭内感染)。まずは子育て世代の保護者の方、子どもと接する園や学校の先生方が感染予防とワクチン接種をしていただくことが重要です。

 

 

さて、インフルエンザ予防接種を例年であればそろそろ予約を開始する時期です。

 

神戸市の助成も10月1日から開始されます。

 

しかし、メーカーからのワクチン供給が遅れており10月にどの程度の本数がクリニックに入ってくるか予想できない状況です。新型コロナウイルスの流行に伴うワクチン製造用資材の世界的な不足が原因です。

 

 

この状況で予約を開始すると、予約して頂いたのにワクチンが無いということになりかねません。

 

もう少し状況を見て、9月19〜25日ごろには予約を開始、十分なワクチンを確保して10月16日から接種を開始したいと考えています。

 

あくまで供給の開始が遅れているだけで、全体としてワクチンが不足することは無い見込みです。年内にインフルエンザが流行する可能性は低いと推測するので、11月〜12月に1回目、12月〜1月に2回目を接種していただければ十分であると考えています。

 

 

 

インフルエンザは流行するのか?

 

昨年はインフルエンザの流行が皆無で、当院では1人も診ませんでした。これは1999年に現在の方法でインフルエンザ感染者数の統計を取り始めてから初めてのことだそうです。

 

 

今年はどうなのか?


正直、わかりません。

 

 

新型コロナウイルス流行中の昨年は、インフルエンザ以外でも季節で流行る子どもの感染症(手足口病などの夏風邪、RSウイルスなど)が全くと言っていいほどありませんでした。

 

しかし、新型コロナウイルスの遺伝子変異株が増えた頃から、急に子どもの感染症が流行しました。

 

例えば、秋頃から流行が始まり初春まで続くRSウイルスが今年は初春から流行が始まり7月終わり頃まで続きました。昨年に流行しなかったためか、本来は軽症であるはずの4〜5歳の年長児も症状の強い子が多かったです。

 

また手足口病やヘルパンギーナなどの夏風邪が、8月終わり頃から急に流行してきました。

 

 

インフルエンザも昨年に流行せずみんなの抵抗力が落ちている可能性があり、今年も流行らないね〜と油断していたら、急に流行する可能性があります。

 

新型コロナウイルスの影響が他のウイルスの流行に与える影響は想像がつかない状況で、何が起こっても不思議ではありません。

 

インフルエンザワクチンは接種しなくてもいいかなぁと思わず、今年もしっかり接種してください。

 

 

なお今年のインフルエンザ予防接種は、子どものコロナ感染が増えている状況を考慮し、土曜日のインフルエンザ予防接種外来でのみ行い診察時間内には行いません(ただし他のワクチンとの同時接種は診察時間内や通常の予防接種外来で行います)。午前診の終了後に院内の消毒と換気を行い、昨年のように入り口〜接種〜出口を一方通行として密にならない配慮をするなど、万全の感染対策を施します。

 

園や学校の終わりに接種に来れないのは不便かもしれませんが、感染対策の一環ですのでご理解ください。

先週からセミが鳴き始め、晴れ間に入道雲を見るようになりました。

 

梅雨明けも間近ですね晴れ

 

さて、4月に書いたブログでRSウイルスの流行について書きましたが、相変わらず流行が続いています。

 

 

 

流行の始まりが非常に早く患者数も多いのが上のグラフからわかります。

 

今年の特徴としては、通常は普通の風邪で終わるはずの4歳くらいの年齢の高い子どもが、喘鳴を伴い高熱が持続することがあり比較的症状が強いです。

 

以前から、

 

『鼻水がひどい風邪のウイルスの一つです。2歳までにほぼ全員が感染するありふれた風邪の原因ウイルスです。

ただし、特に1歳未満の乳幼児や、基礎疾患(早産・ダウン症・先天性心疾患)のある乳幼児は悪化することがあり注意が必要です。』

 

とブログには書いていました。

 

 

推測ですが、昨年のRSウイルスの流行がほぼ皆無であった事や他の感染症の流行もほぼ皆無であったため、子ども達の免疫力がかなり落ちているのではないかと推測しています。外で遊ぶ機会が減ったのも免疫力が落ちた原因かもしれません。

 

子どもは風の子

子どもは風邪の子

 

あまりにも守られすぎるとダメなんですね。

 

 

さて、ニュースを見ていて気になる話題がありました。

 

MacやiPhoneで有名なAppleのティム・クックCEOがオンラインでの仕事について是正する方針を打ち出したそうです。

 

働き方としてオンラインの最先端にありそうな会社のCEOがです目ビックリマーク

 

 

「我々が離れ離れになりながらも達成してきたことはあるが、実はこの1年間には重要なものが欠けていた。ビデオ会議が我々の距離を縮めたことは間違いないが、ビデオ通話では再現できないものもある」

また、クックCEOは「とにかく、今はただ皆さんの顔を見られるのを楽しみにしている。直接会って話したときの活気、エネルギー、創造性、相乗効果、そして我々が築いてきたコミュニティー意識を懐かしく思うのは、私だけではないはずだ」とも述べています。

 

 

このニュースを見て「だよね〜グッド!グッド!グッド!」と思わず膝を打ちました。

 

 

オンラインっていい面もありますが、なんだか味気ないですよね。

 

オンライン会議でも味気なく粛々と進むので、早く終わることが多いです。

 

その代わりに白熱した議論になることも少ないような気がします。

 

 

人って目に見えない空気感やエネルギーなんかがあると思います。

 

医療においてもそうです。

 

特に小児科医は症状を正確に訴えられない子どもを相手にするので、診察に入って来る際の表情・歩き方・機嫌・目力などの第一印象が非常に重要です。

 

病気のことだけでなく、少し会わないだけで「身長伸びたね〜」「お兄ちゃんの顔になってきたね〜」とか、お母さんのお腹(妊娠)を見て「お姉ちゃんになるの?」とか、そんな子どもの成長を感じることが小児科医の楽しみでもあり、お父さんお母さんとの些細な会話が育児の不安ストレス解消になっていると思っています。

 

オンライン診療の推進がされていますが、感染症など診察や検査をしないと診断できない病気が大部分の小児科ではそもそも無理です。

 

いずれ技術が進んだとしても空気感・エネルギーなんかを感じることはできません。

診療も非常に無機質な感じになりそうです。

 

そんな時代が来るのでしょうか。

AI×ロボットになったりしてロボット

やだな〜。

古いのかな〜ショック!あせるあせる

非常事態宣言が出ました。

 

学校が休校にならなかったのは幸いです。

昨年のようなストレスを、再び子ども達にかけるのは避けたいですね。

 

 

さて、先日4月20日に職員全員で新型コロナウイルスワクチン1回目を接種(医療者優先接種)してきました。

 

 

全然痛みもなくあっけなく終わりましたキラキラ

 

 

次の日は動かすと痛かったですが、その翌日には全く痛みも消失しました。職員一同、大きな問題もなく1回目の接種が終了したのでホッとしていますルンルン

 

 

我々医師はコロナに立ち向かう責任があります。

 

 

コロナ禍であろうと、小児科クリニックとして子供たちの健康を守る責任があります。

 

診療を続けるためには、受診される方や職員に対してエビデンスに基づいた最大限の感染対策を行う義務があります。

 

 

幸い新型インフルエンザウイルスが流行した際に、神戸の最前線の病院の一つで勤務していたため、感染症パンデミック下での感染対策の知識はありました。流行初期からクリニック内の感染対策マニュアルを作成し最新のエビデンスに基づいて何度かアップデートしてきました。

 

 

しかし、感染対策で最重要なのはやはりワクチンに勝るものはありません。

 

 

ワクチンは万能でないかもしれませんが、これまで丸裸に布(マスク)をつけて戦ってきたと考えると、ワクチン接種をしたことで鎧を纏った気がします。

 

 

最近の新型コロナの感染状況を見ると、どうも状況が変わってきた印象です。

 

もしかしたら本当の戦いはこれからかもしれません。

 

みなさま、Stay Homeです。