いつもお肉を買っているスーパーの、国産牛肉の質が最近明らかに変わりました。
小間肉もすじ肉も十分美味しくいただけていたはずの国産牛肉が、昨年11月に入ったあたりから明らかに不味くなりました。
 
以前は柔らかかった小間肉が、噛んでも噛んでも噛み切れない筋だらけのお肉に変わっていたので「あれ?」と思っていたところ、今度は牛スジ肉を買ってみるといつもに比べて何だか臭いのです。
 
私は料理嫌いなくせに嗅覚過敏で鼻だけは利くので、これは何かおかしいぞと思いました。
 
絶対に、絶対に、品質が落ちてる…!
 





 昨年11月といえば、食品や生活雑貨の値上げラッシュが話題になったタイミングです。
スーパーでも色々な物の値段が上がりなかなか厳しいと思っていた中で、この国産牛は価格据え置きだったのでありがたく感じていました。
 
しかしおそらく、「国産牛」という名前と価格はそのままに、仕入れている牛肉のランクを落としたに違いない、と今私は強く思っています。
 
 
ちなみに私は輸入牛肉が嫌だというわけではありません。価格と味のバランス的に「このスーパーの国産牛」を好んで買っていたというだけです。
「このスーパーの国産牛は美味しい」という大前提が崩れてしまったことに、かなりのショックを受けました。
 
 
 
そんなわけで最近はもうこの「国産牛」を買うのをやめて、ワンランク上の間違いなく美味しいお肉を、3割引の時にまとめ買いすることにしています。
 
このスーパーのお肉は近隣店舗に比べて良心的な価格設定です。
 
だからこそこっそり品質を落とすより、堂々と価格を上げて欲しかった。
 
と一消費者の私は思っていますが、もしこれが「牛肉の中身は変わってません、あなたの調理が下手くそなだけです」という真実であったら恥ずかしいので近所の誰にも不満はこぼさず、自分の心の中で思うだけにしています…。
 
 
 

 

★ランキング参加中★

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村

※リブログ欄閉じていますが、リンクはフリーです。ご自由にどうぞヽ(^。^)ノ