「ヒトラーに屈しなかった国王」ノルウェーはこんな歴史を持っていたんですね。 | ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

ゆきがめのシネマ。試写と劇場に行こっ!!

観てきた映画、全部、語っちゃいます!ほとんど1日に1本は観ているかな。映画祭も大好きで色々な映画祭に参加してみてます。最近は、演劇も好きで、良く観に行っていますよ。お気軽にコメントしてください。
スミマセンが、ペタの受付を一時中断しています。ごめんなさい。


テーマ:

「ヒトラーに屈しなかった国王」を観てきました。

 

ストーリーは、

1940年4月9日、ノルウェーの首都オスロにナチスドイツが侵攻。ノルウェー軍も交戦するが、圧倒的な軍事力によって主要都市が次々と陥落し、占拠されていく。ドイツ軍はノルウェーに対し降伏を要求し、ドイツ公使とノルウェー政府国王のホーコン7世との謁見の場が設けられるが、ホーコン7世はその場で、ナチスの要求に従うか国を離れて抵抗を続けるかの選択を迫られる。

というお話です。

 

 

ノルウェーはスウェーデンとの連合を解消し、1905年にデンマークのカール王子を国王とする君主国家を設立。カール王子はホーコン7世として即位した。ノルウェーは、独立国家として進み始め、第一次世界大戦では中立国として戦争には参加しなかった。

 

1940年、ノルウェーの首都オスロに突然、ナチスドイツが侵攻してくる。ノルウェー軍も交戦するのだが、ナチスドイツの軍事力にはかなわず、主要都市はドイツに占領されてしまう。ドイツはノルウェーに降伏を要求し、政府はそれを拒み続けるが、ドイツは国民に人気のあるホーコン7世にその選択を迫ることにする。

 

 

ノルウェー国王は、政治介入することは無いはずだったのだが、まとまらずにガタガタになってしまった政府に代わり、国王が決断をしなければならなくなってしまう。ドイツの公使は、国王と謁見すべく、国王が逃げている場所に赴き、ナチスドイツ軍は進行の手を緩めない。国王が謁見で降伏の書類に署名をしなければ、このままノルウェーはナチスドイツに敗北し、沢山の犠牲が出てしまう。しかし、降伏すれば、ドイツの属国として、彼らの指名する人間に政府を乗っ取られ、ノルウェー軍もドイツ軍として使われてしまう。

 

 

究極の選択を迫られたノルウェー国王は、その意思を決められないまま、ドイツ公使が訪ねてくるのを待つしかない。そして・・・。後は、映画を観てくださいね。

 

この映画、ノルウェーが第二次世界大戦時にドイツに攻め込まれて、最後の最後の選択を、デンマークから来たホーコン7世が決めるまでの動きを細かく描いています。最初は、デンマークの王族として普通に暮らしていたのに、ノルウェーの王にと国民投票で願われて、突然にノルウェーの国王となり、政治に関与はしないと決められていたのに、究極の選択を迫られてしまうという、何とも苦しい人生を歩まされたホーコン7世の姿を描いているんです。

 

 

日本の天皇も、政治には関与しないとなっていますが、そんな天皇に、どこかの国が攻めて来て、降伏するかどうか決めろって言っているようなものですよね。そりゃ、辛いだろうと思います。だって、それまでやるなと言われていたことを任されてしまうんですから、責任取れないと思うよねぇ。だって、どちらに決めても、国はボロボロになってしまうんだから。嫌な役だけやらされているようなもんですもん。可哀想でした。

 

 

でも、最後まで、プライドを捨てずに、政府関係者の意見を聞いて、家族の事も考えて、答を出していました。うーん、難しい選択だったから、本当は、どちらが良かったのか分からないけど、でも、これしかなかったんでしょうね。

 

 

何故か、この映画を観に行ったら、年配の方々しか入っていなくて、やっぱりこういう戦争関係の映画は、若い方は観ないんだろなぁと思いました。やっぱり少しでも戦争を体験したような方は、戦争の映画と聞くと、懐かしいからなのか、観に来るのかしら。私は、あまり戦争の映画は観たくないんです。だって、どの映画を観ても、ドイツが悪い奴みたいに描かれているし、日本人も鬼畜っぽくなっているし、悲劇ばかりが描かれているでしょ。戦争の恐さを伝える為かも知れないけど、反対に、ちょっと煽っているっぽく見える部分もあり、本当の意図は何なんだろうといつも考えてしまいます。

 

 

この映画は、今までのユダヤ人がどーのとかいうのとは違い、北欧がどういう状態だったのかという事を描いていて、違った面白さがあるなと思いました。私は、この映画、お薦めしたいと思います。今までの北欧の印象とは違う姿が見えるので、楽しめると思いますよ。ぜひ、観に行ってみてください。

ぜひ、楽しんできてくださいね。カメ

 

 

ヒトラーに屈しなかった国王|映画情報のぴあ映画生活

 

 

 

 

ゆきがめさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス