上昇と開運へ❗️軸を引き出し成長繁栄に導く【深層ビジョナリー】

上昇と開運へ❗️軸を引き出し成長繁栄に導く【深層ビジョナリー】

画家/ビジョンクリエイターが絵と言葉で思考整理をする経営者のビジョンを引き出すオーダー絵画プログラム。

【重要:HPトラブル復旧しました】

ご迷惑とご心配をおかけしましたが、
先ほど、
HP復旧致しました。
引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

*********

ビジョンクリエイター/画家の門間由佳(もんまゆか)。

女子美術大学卒業後、25年以上、画家として存在・エネルギーをテーマに描く。画廊での個展は25回以上、個展主宰イベントは100回以上、約百件のオーダーメイド絵画の実績。依頼者に経営者や起業家が多く、彼らの想いを深く理解するため、経営・マーケティング・企画等の学びに500万円以上投資。その学びと経験を元に新しいオーダー絵画を開発。その手法でビジョンが明らかになるのが大学教授などに評判となり学会にて発表する。

存在をテーマに描いてきた経験を一人一人のオーダープロセスに応用。クライアントが言葉に表せない想いを、絵と対話で引き出せることに気づく。さらに、完成した絵を見続けることで、ビジョンが現実になることを発見。この構想、デッサン、本画、解釈までの過程をクライアントと共にデザインする【対話できる絵画プログラム】として体系化する。

クライアントからは、「夢や目標、行動方法がオーダーの過程で鮮明になり、目標のビジネス賞をいただいた」「急に社長を引き継いだ不安が確かなビジョンに変わり、本社も新事業も軌道に乗った」「家族間の喧嘩やすれ違いが嘘のように仲良くなり、仕事でも念願だった憧れの顧客を開拓した」など、対話の中で鮮明になったビジョンが現実になった、と喜びの声が相次ぐ。

今後も【対話できる絵画プログラム】を更新し続けることで「昔から語り継がれる存在・エネルギーの力を、未来へ引き継ぐ」ことを志す。
日本生理学会、日本情動学会、事業承継学会、会員。趣味は速読。神奈川県相模原市在住。


******

こんにちは。画家の門間由佳(もんまゆか)です。

これまで出会ってきた経営者は誰もが同じ言葉を聞かせてくれました。
それは……。
 
どんなに忙しくてもブレることなく自分の軸を決して見失わないこと。
ブレない軸。
 
つまり起業の起点でもあり、理念でもある経営者としてもっとも大切にしたいマインドです。
 
門間が提供するのは、世界でたったひとりのあなたのための絵です。
 
安定した経営、継続的に発展し続ける経営のために、繁栄の本質を体感する」絵をご提供しています。



経営者に役立つメルマガはこちらから→お申し込みください。

初めての方は対話できる絵画の事例や説明→をお読みください。

1997年制作 流域シリーズ

 

私自身、

 

枠組みのなかに収まりきらない自分を

どうしたらいいのか💦😅

 

模索していた時期、

 

1997年の『流域シリーズ』の絵です。

 

 

******

******

******

 

こんにちは。

 

GWすぎましたね。

お元気ですか?

 

 

GWは、ゆっくり制作に向き合あっていました。

 

そこから言語化できた「感覚」について

今晩発行のメルマガで取り上げます😀

 

メルマガの登録はこちらです

 

 

****

 

 

「何を描いて欲しいかわからないけれど、

依頼してみよう」

 

 

と絵画を私にオーダーする人はたくさんいます。

 

その時に、

 

よく対話で取り上げるのが

 

 

「【自分にはこれが合っている感覚】は何か?」

 

です。

 

 

 

 

この感覚を自覚できると、

 

自分だけのオーダー絵画が手に入りますし、

 

仕事でクリエイティビティーを発揮できるようになります。

 

 

 

そして、

人生が充実します。

 

 

✨数字では測れない価値✨

 

を得られるのです。

 

この感覚は、

言葉できない部分が多くて、

 

感情や身体で表現されることが多いです。

 

 

 

もしも言葉にすると

 

【なんだかよくわからないけれど、

きっと、この方がいい気がする】

 

 

などぼんやりしがちです。

 

 

 

芸術やスポーツでこの感覚は使われますが、

 

プロでも創造的に使いこなしているとは限りません。

 

 

 

「自分に合っている」感覚を生かすには、

 

まず何気ない小さな試行錯誤をして、

 

言葉にするのですが、

 

これが、意外と難しい💦💦💦ようです。

 

 

 

オーダー絵画のためにセッションでお話を聞いていると、

 

試行錯誤をする以前にやめてしまうか、

 

始めてすぐやめてしまった

 

とよく聴きます。

 

実は、これは誰にでも起こることです。

 

 

 

例えば、大リーグの大谷翔平選手が、

 

【二刀流】をやり始めた時は、

 

プロの間でも否定が多かったようです。

 

 

実際、

投手だけ、バッターだけ、

に集中するのが当たり前なのでしょう。

 

 

 

でも、、、、、、

、、、、、、、、

、、、、、、、、

 

 

その【当たり前を生きる】のと、

【個性を活かす】のとが重ならない人います。

 

大谷選手もそうでした。

 

 

今晩発行するメルマガでは、

 

個性を活かして自分に授かった才能を育てるには?

 

を、大谷翔平選手が自分の個性から

 

【二刀流】の一流選手になった例から紐解きます✨

 

 

 

 

芸術や哲学の領域で取り上げられるような、

ふか〜い才能開発であり、

 

誰にでもできる簡単な第一歩

 

大谷選手の二刀流を題材にして噛み砕いています。

 

楽しみにしていてくださいね❗️

 

 

*******

 

 

 

 

メルマガの登録はこちらです

 

 

 

 

画像は、

 

私自身、枠組みのなかに収まりきらない自分を

どうしたらいいのか模索していた時期、

 

1997年の『流域シリーズ』の作品です。

 

 

**********

 

*******

イベント情報はこちら

オーダメイド、イベントお問い合わせ

画像で試す、PDF小冊子でオーダープロセスを読む

画像・イベントなど情報メールマガジン

対話できる絵画HP

 

 

**********

 

自己紹介動画の最後で、ライン無料セルフワークの説明もしています💓

チャンネル登録 https://youtube.com/channel/UCm5oc4Ed...
 

**********

 

LINEでもぜひ門間と繋がってください✨

 

https://lin.ee/kgx7HKX

 

今、ライン登録すると、

無料でセルフワークをプレゼントしますので、

 

この機会にぜひお受け取りくださいね。

 

 

 

 

 

 

LINEでもぜひ繋がってください✨

 

https://lin.ee/kgx7HKX

 

友だち追加

 

 

******

 

2019年9月21日【対話できる絵画ヴェッキオ】HP詳細記事(起業家が集ったため、感想が非常に充実しました)

 

*******

*******

*******

*******

 

このオーダーに秘められた物語をまとめました

「題名:華宝(かほう)]西田光弘氏所蔵

 

こんにちは!

ビジョンクリエイター/画家の門間由佳です。

 

いや〜、気がついたら、

すごい間が空いていましたね、大汗。。。。。

 

この間、

主宰イベントを

広尾や六本木という初めての場所で開く、

 

俳優さんのための大きなオーダーが入ってくる、

子会社を二つ持つ社長さんの龍を描くために紹介される、

 

秋に大学の研究生になるため、

教授とディスカッションする

 

などなど、、、

怒涛のリアルでの変化がありました!

 

ブログを書く時間が取れませんでしたが、

書きたいことはたくさんあります✨

 

オーダーについても、昨年から

物語形式で伝える試みを始めました。

 

ワードプレスにまとめているのですが、

こちらにも紹介していきますね!

 

 

今日は、2010年4月22日の記事を

リライトした物語を紹介します。

 

インテリアとしての絵、

ではなく、

仕事の効率を上げるための絵を

探している方。

 

書斎に絵を飾り、

仕事の効率化や集中力を高めたい方。

 

 

「単に見るだけではなく、

絵がこんな役割を果たしてくれるんだな!

 

と物語から理解することができます♪

 

 

********

 

「ラッセンいらない!これにいて欲しい!!」

 

とNさんが叫んだ勢いに驚かされました。

 

 

 

 

 

クリスチャン・ラッセンは、

 

ハワイの海中風景やイルカなどの海の生きものを描き、

 

【マリンアート】と称されて20世紀後半に活躍した画家です。

 

 

大衆的人気に応えるため

色彩豊かな版画が作られました。

 

 

Nさんが持っていたのも版画で、

20年飾り続けていました。

 

 

ぴったりあう作品は他にないと考えていたからです。

 

 

 

しかし!

 

一瞬でラッセンが

 

外されこの作品が新風を吹き込むことになりました。

 

 

しかも❗️絵を見るだけで、

 

✨仕事に好影響✨

 

仕事の効率

仕事の集中を高める作用✨を

 

 

与えるようになったのです。

 

 

 

続きは、

こちらをご覧くださいね。

 

**********

 

*******

イベント情報はこちら

オーダメイド、イベントお問い合わせ

画像で試す、PDF小冊子でオーダープロセスを読む

画像・イベントなど情報メールマガジン

対話できる絵画HP

 

 

**********

 

自己紹介動画の最後で、ライン無料セルフワークの説明もしています💓

チャンネル登録 https://youtube.com/channel/UCm5oc4Ed...
 

**********

 

LINEでもぜひ門間と繋がってください✨

 

https://lin.ee/kgx7HKX

 

今、ライン登録すると、

無料でセルフワークをプレゼントしますので、

 

この機会にぜひお受け取りくださいね。

 

 

 

 

 

 

LINEでもぜひ繋がってください✨

 

https://lin.ee/kgx7HKX

 

友だち追加

 

 

******

 

2019年9月21日【対話できる絵画ヴェッキオ】HP詳細記事(起業家が集ったため、感想が非常に充実しました)

 

*******

*******

*******

*******

 

このオーダーに秘められた物語をまとめました

 

 

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

 

2022年、素晴らしい一年になりますように✨

 

 

 

年末年始派は久々に本を読み漁っていました。

 

 

有り余るほどの最新情報がある。

 

でも、その中にどっぷりハマらない。

 

「急がば回れ」

 

は、読書にも当てはまる。

 

 

 

 

例えば、

 

中谷宇吉郎の「科学の方法」

 

 

 

科学とは何かを、現代の本よりずっとわかりやすく土台から教えてくれる。

 

 

本の出版は

 

今までに書かれていないものを追い求めることが多いので

 

 

最近の本は往々にして土台が抜け落ちている。

 

 

 

 

だから、古典と合わせ読んで

全体像が見えてくる。

 

 

 

昨年学会発表へて、改めて実感しています。

 

自分自身の土台が

作品の土台に直結します。

 

 

 

 

今年も自分に作品にむきあい、

より良き貢献に精進を重ねてまいります。

 

 

 

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます😊