150フォロワー超え感謝/とかげ日記というブログタイトルの由来 | とかげ日記

とかげ日記

【日記+音楽レビューブログ】音楽と静寂、日常と非日常、ロックとロール。少数派のための、あるいは、少数派への優しさを持った多数派のための音楽。

『とかげ日記』(このブログ)のフォロワー数が150を超えました。
ありがとうございます!
あと、いつも「いいね」をくださる方もありがとうございます。
フォロワー数や「いいね」の数に限らず、読者の皆さんがいるから、とかげ日記を続けることができます。

今日はお便りを一通紹介しましょう。ハンドルネーム"みそラーメン"さん。

「どうして『とかげ日記』というブログタイトルをつけたのですか?」

僕がブログの名前に「日記」とつけているのは、僕のレビューは私的な感情を出発点としているからです。好きだ/嫌いだという気持ちが伝わらなければ、ただの機械的な論説文だと感じます。大切なのは、好きな/嫌いな理由を論理立てて説明して説得力があるかだと思います。論理が私的な感情を公の場に連れ出してくれるのです。

「とかげ」については吉本ばななの小説から取っています。でも、その小説はもう手元にないし、どんな小説かも忘れてしまいました。僕はほとんどの記憶を電気けいれん療法で失っています…。

あと、「かげ(陰)」と「日(陽)」が一つのタイトルの中にあるのも特徴的ですよね。そんなアンビバレント(相反する感情を持つこと)な要素をモチーフに人間と音楽を描いていくのが『とかげ日記』の手法の一つでもあります。

『とかげ日記』では、これからも素敵な音楽を紹介していくので、よろしくお願いします!

次のアルバムレビューは来週発売される新譜のGEZANとネクライトーキーのアルバムについて書けたらいいなと思っています🎶