【今日が人生最後の日だとしたら、それでも、あなたはそれを選択しますか?】

7月16日、私のヨガ・瞑想の師匠マサ先生(中島正明先生

)が急逝しました。
前日までは、いつものようにいらっしゃったのに、あまりにも突然の悲報でした。


「みんなー、聞いて!」
「今度は、心臓の止め方をマスターしたんだよ。ヤバいよ〜これ」

と、ニコニコ無邪気に話しながら、現れてくる気がしてなりません。

インストラクターとしての在り方、人生の生き様をマサ先生の在り方を通して学んできました。

『瞑想で日本を元氣にする』と仰って、
パワフルに余すことなく伝授してくださいました。
いえ、これからも伝授していただく予定でした。

先生の情報量の多さ、早すぎるトークに
インプットが追いつかなくて、録画を見返しながら、何とか先生の知識を吸収しようとしました。

先月、オンライサロン内で「ヨガフェスタ」をしようと話が上がりました。

「サロン内の皆が主役となって活躍し、お互いに交流できる場を作りたいんだ」

「実行委員、やってくれる人いる?」
と先生から問いかけがありました。


私の中に「やってみたい自分」を見つけました。

けれど、すぐさま、

「平日だから、無理だよね」
「これ以上、やることを増やしたら大変じゃん」

純粋に「やってみたい自分」に覆い被ろうとする自分も出てきました。


一瞬、迷いはしたものの、自分に素直な選択をし、手を挙げました。


普段なら、やることのない実行委員としての役割はドキドキしましたが、初のフェスタは無事に終わりました。



参加者の皆さんも楽しんでくれたようでした。


「あの時,『やってみたい』と手を挙げた自分に感謝です」

とっても嬉しかったのは、フェスタが終わった後の先生からのメッセージ。
今となっては、私の宝物。

「喜美さん、今回本当にたくさん動いてくださってありがとう。」

次回のフェスタでは、
『月よみ瞑想』をする予定だった。

マサ先生に見てもらいたかった、、、


《スティーブ・ジョブズの言葉》

「今日が人生最後の日だとしても、今日これからやることは、本当にやりたいことか?」
「何日ものあいだNOという答えが続いた時は、何かを変えなければならない」


お月さまは、
7月17日 上弦の月を迎えました。



上弦の月のメッセージは『出会い・引き寄せ』

自分にピッタリのご縁とつながるためには、

『自分の想いのままに素直に動くこと』

満月までの一週間は、
口角を上げてニッコリ笑顔を意識しましょう。
佳きご縁が巡ってきます。

今、悲しみや寂しさなど、負の感情があるならば、
その感情にフタをしなくてもいいです。

今の自分は、そういう感情なんだなぁ〜と、
そっとすくってあげましょう。



自分自身が、自分の感情を素直に受け止めてあげると
気持ちが優しくなれるのです。
そうすると、自然と微笑んでいます。

今日が人生最後の日だとしたら、
それでも、あなたはそれを選択しますか?

どうぞ豊かな時間をお過ごしください。

月に乗ってツキを呼ぶ
月よみヨッシー🌙
『自分を生きる』

7月10日 新月を迎えました。



新月には願いを
満月には感謝を

誰かのために尽くしすぎていませんか?

自分を犠牲にして献身的に振る舞うことは、
自分自身を置いてきぼりにしていること。

誰かのために…と、一生懸命になっていることで

実は、、、

その人に依存していることに
気づいていないかもしれません。

献身的にしてほしいのは、自分自身。

抱きしめてあげたいほど、
愛おしい存在にしてあげてくださいね。

『自分を生きる』とは、

手放せる苦しみやつらさを解放し、
歓喜を味わい、暮らすこと。

静かな時空間で
内なる声に耳を傾けてみましょう。



でも、
だって、
ムリー

と、内なる声を否定しないで、
あるがままの声を聴いてあげてください。

あなたは、あなた自身の在り方を貫けばいい。

新月には願いを

ご自身の心に秘めた意図を放ち、
未来を創造していきましょう。

紙に書くことをおすすめします♪

月に乗ってツキを呼ぶ
月よみヨッシー🌙

〜あなたは、まだ、その苦しみやつらさを抱えますか〜

7月2日 6時11分 下弦の月の瞬間を迎えました。
下弦の月のメッセージは、『手放し・断捨離』

今ここで、スペースを空けておくことで

対極の上弦の月の頃、
新たな出会い・引き寄せが起こります。 



あなたは、
どんな感情を味わって生きていきたいですか?

苦しみの中で生きることを解放しませんか?

相手に怒りがわき起こっている時、
自身の内面を見つめると、

その怒りは、
抑圧している自分自身へのいら立ちだと気づきます。

『自分を生きる』

自分がどう生きるかを決めるのは、
あなた自身です。

あなたの在り方次第なのです。

地球に寄り添うお月さまのリズムは、
私たちの生きるリズムにも影響を与えています。

7月10日 新月までの一週間は、
『手放し・断捨離』を意識しましょう。

自分のココロに正直になってください。

手放したい感情の根っこにあるものは、
何でしょうか?

でも、、、
だって、、、

と、
手放しを先延ばしにしていることは、
何でしょうか?

ネガティブな感情は、
ネガティブな感情を引き寄せていきます。

自分自身の在り方次第で、
人生は、どのようにも創造できます。

この一週間は、
自身のスペースを空けていく時期。

お月さまが
日ごとに細く細く
形を変えていくこの時期に、

私たちもまた、
身の廻りや心身をスッキリしていきましょう。

過多になっているモノ・コト・ヒトに
片を付けていきましょう。

片付けとは、奥にしまい込むことではありません。

奥にしまい込んでしまった感情に
片をつけてください。

それが
月の『手放し・断捨離』です。

初めの一歩は、勇気がいることでしょう。

でも、その一歩があるからこそ、
二歩目につながるのです。

あるいは、

初めの一歩がきっかけで、
新たな一歩につながることもあるでしょう。

月に乗ってツキを呼ぶ
月よみヨッシー🌙
【感謝を伝える一週間】

2021年6月25日 満月を迎えました。

新月には願いを
満月には感謝を

あなたから感謝の気持ちを伝えてみましょう。



ありがとうございます。
嬉しいです。
助かります。

感謝の気持ちを表現するによって

あたり前になっていたことに
目を向けることができます。

今、ここに存在できていることを
ありがたいと気づけます。

曇りの日に太陽や月が見えないのは、
太陽や月の存在がなくなったわけではありません。

雲の向こうには、いつものように『在る』のです。



日頃、見えているはずなのに見えていないと
勘違いしていることに意識を向けるきっかけ

それが
感謝の気持ちを表現することなのです。

ありがとうございます。
嬉しいです。
助かります。

伝えるあなたも
伝えられた相手も

お互いの気持ちがホッコリしますね。


感謝の気持ちを伝え合うことで、
歓喜の連鎖が始まります。

喜びを感じて生きることは、
自分を生きることにつながります。

月に乗ってツキを呼ぶ
月よみヨッシー🌙
2021.6.21  夏至
【自分の声と響きあって生きる】

今日は、二十四節気でいう『夏至』
太陽の動きを基準にして、考えられている暦です。


太陽が顔を出している一番長くなる夏至を境に
徐々に昼の長さは、短くなっていきます。


太陽から見るターニングポイントの日なのです。




一方、先日18日、
月は、上弦の月を迎えました。


“出会い・引き寄せ”の上弦の月も、
満月へと向かうターニングポイントの日になります。

満月までの一週間は、


自分自身をご機嫌にする、
ニッコリ笑顔で過ごすことが
『月に乗ってツキを呼ぶ』ですね♪




陰と陽、
どちらが良いとか悪いとかではなく、

どちらも存在するのです。

宇宙は、ターニングポイントを迎え、
私たちの人生を後押ししてくれます。

あなたの人生、
誰かに相談して決めますか?

本当の答えは、
あなた自身の中に持っています。

勇気がいるかもしれませんが、
一歩を踏み出してみてください。

その一歩目が二歩目を教えてくれるでしょう。

自分の声と響き合って生きる♪

月に乗ってツキを呼ぶ
月よみヨッシー🌙