【睡眠と血流観察】を始めた【ヨリにゃん】ブログ

【睡眠と血流観察】を始めた【ヨリにゃん】ブログ

【睡眠と血流観察】と通じて健康アドバイザーを始める。
息子が難病でさらに睡眠障害ももってるので、健康第一を提案したいと思っている。「血流観察」希望の方はご連絡を↓

(株)ワイドウッド 代表取締役 
   パソコン携帯インストもしてる

ポリフェノール、アントシアニンがたっぷりの「黒米の素」の紹介

昔は、「血の素」という製品名だったらしいです。
(ネーミングがちょっと怖いのを、あからさま過ぎるということで変えたそうです。)

 「黒米の素」は、1996年上海市優秀発明賞、1999年全国工業科学技術進歩
優秀賞を受賞。1995年に日本農林生産賞で承認されています。

 「黒米の素」は特別な製法で黒米のでん粉以外の成分を全て抽出し、吸収率を高め、
栄養値、生理活性物質の指標は普通の米より20倍以上高い健康補助食品です。
実は、食療補助治療薬としても使われてます。
例えば、鉄欠乏貧血の補助薬として(3g/日)、予防薬(1~2g/日)、
ミネラル、生活活性物質補助薬(1~2g/日)です。

 具体的には、1992年から上海第二医科大学や閔行中心病院にて 妊娠期貧血婦に
黒米製品での食物療法が行われ、妊婦血中のヘモグロビン含有量が増加する結果が
出ました。
さらに、直腸がん患者の術後回復に有効な補助効果も見られた。
ラットのヘモグロビンの増加作用も確認されています。
1998年には、黒米抽出物は、中枢神経の安定、酸欠の耐性、白血球の低下への予防
作用があることも判明。
成分分析によると、多くのミネラル(Fe,Ca,Zn,P,Mn,Cu,Moなど)、ビタミンB
食物繊維、生理活性物質などが 含まれてます。
黒米には、ポリフェノール、アントシアニンが多く含まれています。

 成分と効能

 ●黒色系色素(アントシアニン)
   アントシアニンはポリフェノールの一種、血管内皮細胞の保護、動脈硬化の予防
  高脂血症の改善、免疫の促進や功労化など様々な作用をもつ生理活性物質

  である。

  1.抗酸化作用
    生体酸化防止、功老化、解毒作用がある。

  2.血管壁への保護作用
    毛細血管には、適度な透過性が保たれることが非常に重要である。
    毛細血管を丈夫にして、白血球の血管壁への障害を拮抗し、改善に有効性

    がある。

  3.視力の向上
    ロドプシンの合成を助ける。ロドプシンとは、目の網膜にある紫色素で、
    この色素に光を当てることによって電気信号が発生し、脳は「目が見える」と
    判断する。

  4.消炎作用

 このサプリ、私の実感は、すごいです。57歳まで生理は、きちんと来るし、何より

 量が凄い。ようやく 58歳で閉経しましたが、毎朝、家族で飲んでます。

 
https://www.at-ml.jp/72664/2016/12/28/item-16/

 



  
 

 

『セロトニン』増やす対応しませんか? 良い睡眠には、必要なものです。

 

首の後ろで 耳の下あたりを触って下さい。
誰でも 頭蓋骨を支えてるので、押すとある程度は、痛いです。
これが、すごく痛い時、これは、「ストレス満タン状態」ですよ!!
リンパが詰まってる・・・ってことですよね。
時々 触って、自分の通常の時と痛い時わかれば、痛い時に飲んでほしいです。
体感してみて・・・としか言いようないけど。

軽い内に対処しておかないと大変。「ストレス」は、万病の素です。

良く眠れていますか?イライラしていませんか?



●『セロトニン』 とは・・・

セロトニンは、脳の中で、感情の情報をまとめるという、重要な役割をしています。
具体的には、他の感情に関係する神経伝達物質である、

 ・ドーパミン(快感、幸福感)
 ・ノルアドレナリン(意欲、ストレスに対処)
 ・ガンマアミノ酪酸(不安、恐怖を押さえる)

などの情報をコントロールしてまとめるのが、セロトニン
(落ち着き、安定、感情レベルの決定)の働きなのです。

 
●【人の心の浮き沈みは、セロトニン次第】なんです。

セロトニンは、体内で合成されない必須アミノ酸のひとつ トリプトフャンが
脳内で代謝されるときに生成される物質で、心や身体などの広い範囲で作用
します。
脳内のセロトニンが増えたり減ったりすると、食欲や睡眠、記憶、体温調整、
気分、行動、心臓血管の働き、筋肉や血管の収縮、内分泌線の活動に影響を
受け、さらにうつ病にも 深くかかわっていることが 明らかになってます。

「アンチストレス」は、『ラフマ』を原料にしています。

羅布麻・紅麻・野麻と呼ばれてます(キョウチクトウ科)。
『ラフマ』が『セロトニン』増やすデータもあります。


●セロトニン活性リラックスハーブ 羅布麻(ラフマ) について
 
*羅布麻(ラフマ)って何?

 羅布麻とは、ラフマ紅麻、野麻と呼ばれてます。キョウチクトウ科。
 中国からヨーロッパ、アジアの温帯にかけて自生します。
 現在ラフマ茶としてよく使われる原料としては、ラフマの代用品白麻または、
 大葉白麻がほとんどです。

*どんな働きがあるの?

 神経伝達物質のバランスと考えて下さい。
 ラフマの主な有効成分ラフマの葉の抽出物には、フラボノイド配糖体、
 カテキン類、アポシニン類なのが豊富に含まれることが明らかになって
 います。
 特異成分としてヒペロシド、イソクエルシトリンなどが認められています。
 ラフマ葉の生理作用は、(漢方医学大辞典より)鎮静作用、抗ストレス
 作用、睡眠改善血圧安定などの効果が記載されています。

*安全性について

 ラフマ葉は毒性成分をほとんど含んでいませんが、ケルセチンなどの
 フラボノイドを多く含むことが明らかにされています。
 根は、強心配糖体があり有毒とされていますので、急性毒性検査・
 慢性毒性検査・残留農薬検査のポジティブリスト制度・一般生菌数・
 大腸菌の微生物検査にクリアしてるのを確認することが 大事です。


https://www.at-ml.jp/72664/2016/12/28/item-14/

 

とても良くまとまってる本です。


結論としては、【睡眠不足が寿命を縮める】という事です。
 

 ・睡眠不足は、先進国の流行病である。
・すべて睡眠で最適化される。

 

明確な「睡眠不足」かどうか? 次の2点で簡単に推測できるそうです。

  1. 朝起きてから午前10時か、11時眠くなりますか?

     →「はい」なら、眠りの量が足りないか?眠りの質が悪いか? 両方である。

  2. カフェインを摂取しなくても 午前中から頭がきちんと働くだろうか? 

     →「いいえ」なら 慢性的に睡眠不足の状態である。

      カフェインで無理やり目覚めさせている状態だ。

    あなたを眠らせない犯人は誰か?
    (1)常に電気に光(LEDを含む)を浴びていること。
     明るすぎるからいけない。
     寝ている間には、寝室を真っ暗にすること。
    (2)室温が管理されていること。
     中核温(身体の中心の温度)が低くならないと眠れない。
     適温は、18.3℃。熱すぎるより寒い方が眠れる。
     眠れない時は、冷たい水で顔を洗うといい。
    (3)カフェイン
     カフェインは、向神経性の物質である。カフェイン摂取後、30分後に
     ピークを迎え平均して5~7時間体内に残る。

    (4)アルコール
     アルコールは鎮痛剤に分類されるドラックである。
     アルコールは、前頭前野皮質を麻痺させる。
     「社交的→気が大きくなる→言動に抑制が効かなくなる→ぼんやり
      →意識を手放す」

     アルコールの眠りは、自然の眠りとは違う。 
     「睡眠を断片的にする。強力なレム睡眠抑圧因子である。
     夢を見ない状態が続き、レム睡眠を欲する=アルコール依存症の妄想や幻覚」(5)学校や職場の始業時間が早いこと
      実験データあり。