目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

痛いストレッチは間違いです。
気持ち良く伸ばせて、自分の成長を楽しめる、効果的な身体の使い方を教えます。

目白駅徒歩4分 定休日なし 03−6908−2515

■お知らせ■

 このブログの内容は、芹澤が実際に自分で練習している心身の意識の仕方を紹介しています。

ただ、一人一人は違う存在なので、絶対的なものではありません。

 

その為、紹介している練習方法(特に身体の使い方について)を試してみようと思った時は、

・必ずご自身の身体を観察しながら練習する。

・痛かったり不快感がある場合は、その方法を採用しない(安全・安心が最優先です)。

・ブログの方法にアレンジを加えた方が自分にとっては感覚を掴みやすい、と感じた場合はそちらを優先させる。

などの事柄を守って、自己責任での練習をお願いしますm(__)m


また、現在このブログの内容はランダムです。
ヨガや身体の使い方の基本的な事については、こちらにまとめてあるので興味がある方は是非!(^^)!

●ブログ講座スタート!!

●練習のヒント

メルマガにはもう少し深い内容について書いてあります。

●顔晴るジム メールマガジンについて

 

 

YouTubeのコメント欄でこんな質問を頂きました。

 

 =========================================== こんばんは。いつも動画参考にさせて頂いてます。ありがとうございます。 

 

質問あります。 

立位で足を前後、左右に開脚して行うポーズ、戦士のポーズとか三角のポーズとか色々ありますが、左右の足の位置について疑問点あります。

踵と踵が一直線とか、前足の踵ラインに後ろ足は土踏まずがくるとか色々ありますが、これはどういう意味があったりしますか? 

あと踵と踵が一直線の場合、踵の位置はどのあたりが一直線になりますか? 

足の位置は流派によって違うとか上級者と初心者で違う‥など教えて頂けたら嬉しいです。

=========================================== 

 

この質問にお答えする内容となっています。 

 

目次 

0:00 オープニング 

0:12 今回のテーマについて 

1:04 戦士のポーズ2について 

3:36 戦士のポーズ1について 

5:39 戦士のポーズ1と戦士のポーズ3の関係 

6:58 三角のポーズについて

 

 

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 

動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

 

■お知らせ

 

実際にパーソナルレッスンを体験したい方はこちらから

パーソナルレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 



 

股関節が硬くて三日月のポーズ(腸腰筋のストレッチ)が苦手な人に向けて、硬い人でもできるように段階的な練習方法をご紹介しています。 

 

 

特に股関節の前側が硬すぎて伸び感をつかめないくらいの硬さの人。 

三日月のポーズの形ではポーズの効果を感じられない人。 

その位硬い人でも股関節の伸びを感じられる方法をご紹介します。

 

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 

動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

 

■お知らせ

 

実際にパーソナルレッスンを体験したい方はこちらから

パーソナルレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 



 

今回は開脚が苦手な人に向けた動画です。 

 

 

開脚が苦手な人は、練習の発想の転換が必要です。 

【脚(特に内もも)を伸ばそう】と考えるのではなく、【股関節を動かそう→お尻を動かそう→仙骨周りをふわふわさせよう】と考えてみることが大切です。 

 

 

いかに仙骨周りをふわふわさせ続けられるかを考えながら、できる体勢からはじめて徐々に開脚の形に近づけていく為の段階的な練習方法をご紹介します。

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 

動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

 

■お知らせ

 

実際にパーソナルレッスンを体験したい方はこちらから

パーソナルレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 



 

前屈で膝が曲がってしまう人に向けた練習方法をご紹介します。 

 

 

股関節の動きが上手になってしまうと、良くも悪くもハムストリングスが硬いままでも前屈ができてしまいます。 

その場合、立った前屈ではまだ良いけど、長座前屈では膝を伸ばすのが難しくなります。 

 

 

この動画では、普通に伸ばすと刺激を入れるのが難しいハムストリングスにしっかりと刺激を入れ、膝を伸ばした前屈ができるようにできる方法を説明しています。

 

 

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 

動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

 

■お知らせ

 

実際にパーソナルレッスンを体験したい方はこちらから

パーソナルレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 



 

脚を開く動き、股関節外旋が苦手な人に向けて、動かし方のコツと練習方法について解説しています。 

 

苦手な人ほど内ももをどう伸ばすかについて考えてしまって、お尻の筋肉をどう使うかを考えずに練習しがちです。 

ポイントはお尻の使い方です。 

そして、お尻を動かす為に必要なものが腹筋と足裏の意識の仕方。 これを動画で詳しく説明しています。

 

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 

動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

 

■お知らせ

 

実際にパーソナルレッスンを体験したい方はこちらから

パーソナルレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編