目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

痛いストレッチは間違いです。
気持ち良く伸ばせて、自分の成長を楽しめる、効果的な身体の使い方を教えます。

目白駅徒歩4分 定休日なし 03−6908−2515

■お知らせ■

 このブログの内容は、芹澤が実際に自分で練習している心身の意識の仕方を紹介しています。

ただ、一人一人は違う存在なので、絶対的なものではありません。

 

その為、紹介している練習方法(特に身体の使い方について)を試してみようと思った時は、

・必ずご自身の身体を観察しながら練習する。

・痛かったり不快感がある場合は、その方法を採用しない(安全・安心が最優先です)。

・ブログの方法にアレンジを加えた方が自分にとっては感覚を掴みやすい、と感じた場合はそちらを優先させる。

などの事柄を守って、自己責任での練習をお願いしますm(__)m


また、現在このブログの内容はランダムです。
ヨガや身体の使い方の基本的な事については、こちらにまとめてあるので興味がある方は是非!(^^)!

●ブログ講座スタート!!

●練習のヒント

メルマガにはもう少し深い内容について書いてあります。

●顔晴るジム メールマガジンについて

 

僕は積み重ねによって感覚知を高めることを練習の基本としています。

 しかし、以前は頭でっかちで、理屈をこねて回数を重ねることをしていませんでした。 

変わったのはある先生のおかげです。 

いちいち理屈を質問する自分にその先生が言い放ったひとこと。

 

 

 「うるせえ!だまってやれ!!」

 

 

そこから練習への取り組み方が変わりました。 

丁寧で親切なことだけが親切ではないのが面白いですね。 

 

 

ちなみにヨガの先生ではないです。 

ボクシングを習っていた頃のトレーナーさんです。 

 

 

さすがに自分の生徒さんには「うるせえ!だまってやれ!!」とは言えないのでこの話を紹介しています。

 

 

そしてこれは精神論だけではなくて、実利があります。

それは調子が悪い時の改善方法です。

 

 

調子が悪いとそこをなんとかしようと練習しがちなのですが、実はこれ、あまりおススメできません。

素人が場所の特定や関連部位まで考えて練習するのは難しく、なかなか良くならないしむしろ悪化することもあります。 

それより「なんかいい感じにしていく」とだけ思って太陽礼拝を無心で繰り返した方が回復するんですよ。

これは生徒さんにもおススメしている方法です。

 

 

ヨギーはだまって太陽礼拝!!

 

 

 

■お知らせ

芹澤から直接教わって感覚を掴みたい方はレッスンにお越しください。

パーソナルレッスンについて

 

遠方の方、外出が難しい方にはzoomによるオンラインレッスンもあります。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

 

ダイエットのゴールは痩せることではなく、痩せようと思わなくても痩せたままでいられる生活習慣を身に着けることです。

同様に、ヨガのゴールは柔らかくすることではありません。

柔らかくしようと思わなくても当たり前に動ける、しなやかで強い身体とその使い方を身に着けることです。

 

 

ゴールと思っていた所は実はスタートラインなんですよ。

 

 

 修行の心得として「砂の曼陀羅」という考え方があります。

ちなみに曼陀羅とはこれの事。

「砂の上に曼陀羅を描く様なもの。見事なものが出来たとしても紙などと違って残しておけずにすぐ消えてしまう。その位の心持で結果に執着せず次に向かって洗練させ続けることが大切」という意味です。

 

 

ポーズの練習に応用するとこんな感じです。 

三点倒立がゴールでなく、三点倒立ができた状態をスタートしてそこからまた積み重ねる取り組みです。

それをすることで、新たな気付きが生まれ、より発展したことが出来るようになったり、三点倒立そのものも洗練されます。

 

 

最後に、お師匠さまからいただいた教えをご紹介します。

・執着なしの行為で最高位に達する

 

 

う~ん、何度聞いてもカッコいいですね。

シンプルだけど、力強く、多くの真理を含んでいるように感じます。

僕はこの言葉大好きなんです。みなさんはどう感じますか?

 

 

■お知らせ

芹澤から直接教わって感覚を掴みたい方はレッスンにお越しください。

パーソナルレッスンについて

 

遠方の方、外出が難しい方にはzoomによるオンラインレッスンもあります。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

 

 

 

 

 

今日はトリコナーサナを通じて、ポーズの基本についてお話します。

image

 

 

この話、元々はある生徒さんからの質問がきっかけでした。

「三角のポーズの入り方、どっちが正解ですか?」という質問でした。

 

 

どういう違いかというと。

三角のポーズ(トリコナーサナ)は胸を出してから倒れるのと。

image

股関節を支点にそのまま倒れるやり方との違いです。

image

本などで紹介されているのは上のケースが多いです。

でも、普段グループレッスンを受けている先生から上のやり方はあまりよくないからと下のやり方を推奨されたとのこと。

それでこの生徒さんは「なんで??」となったそうです。

 

 

これは僕の予想です。

上のやり方だと重心が前にいく分、足元の基盤が安定していない人は膝を折る力が働く危険があります。

image

その為重心を股関節の上に置くことで安全を重視したのではないかと思います。

image

では、なぜ上のやり方が一般的かというと、そうした方が腹筋の力を連動して使いやすくなるからです。

これは安全性をとるか、ポーズを深めることをとるかの違いでもありますね。

 

 

とはいえ、基本は安全第一です。

そして、安全はどうやって作るかというと、基盤を安定させることです。

基盤を安定させるにはどうするかというと、足元でしっかりと地面を押すことです。

 

 

ただ、押しているだけではなく、前足で押した力は後ろ足に。

後ろ足で押した力は前足に。

相互作用で力が行き来するように押してください。

image

image

その腕で手で押した力も足を押す力になります。

image

相互作用するので、こんな感じで力が行ったり来たりして身体の中を循環します。

image

前足は後ろ足に、後ろ足は前足に。

下の手は上の手に。

後ろ足は上の手に。

前足は下の手に。

前足は上の手に。。。。。。などなどなどなど。

 

 

そんな訳で基盤が安定しない人にはブロックは必須です。

image

押して力が入る位置に置いてください。

image

image

イスなどもおススメです。

image

 

 

基盤の安定を第一に考えた場合、違う方法もあります。

ダウンドッグから。

image

手の手の間に足を置いて。

image

三角のポーズの基盤を作って。 

image

下からポーズを作っていくと、基盤が安定してやりやすいですよ。

image

 

 

こんな感じでポーズのとりかたにはいくつもの道筋があります。

どれが正解というものはありません。

今の自分にとって最適なものを探してください。

 

 

形よりも、「心地よく力強い状態になっているかどうか」を大切に練習してください。

もしポーズに正解があるとしたら、心地よく力強くポーズがとれていることが正解です。

 

 

まずはしっかりと地面を押せる体勢をつくること。

そして、押した力を体幹を通してそれぞれの手足に伝えてください。

それを色々なポーズをとることで、色々な力の流れのパターンを経験していくことがポーズの役割です。

 

 

三角のポーズはグループレッスンでよく使われるポーズの一つです。

形を追うだけだともったいないので、是非力の流れを意識して心地よく力強い状態を体験してくださいね。

 

 

動画ではブログでは伝えきれない部分も含めてもっと細かい説明をしています。

時間のある方は是非、動画を確認してください。

動画:三角のポーズの正解とは?【ポーズの基本の考え方について】

 

 

YouTube動画の目次ページを作りました。 動画を復習したい人は、教科書的にご利用ください。

無料動画レッスン

 

 

身体の硬い人はいません。

いるのは、身体を硬くする使い方をしている人だけです。

知れば出来る!!

 

 

■お知らせ

芹澤から直接教わって感覚を掴みたい方はレッスンにお越しください。

パーソナルレッスンについて

 

遠方など、スタジオに来るのが難しい方にはzoomによるオンラインレッスンもあります。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

 

オンラインレッスンをはじめてから、たまにこんな感じの質問をいただくことがあります。

 

 

「パーソナルレッスンについてお伺いいたします。
オンラインでもレッスンなさっているようですが対面の方が上達が早いなどの差はありますか?

また、どういった点で違いがあるでしょうか?」

 

確かに気になる方もいらっしゃると思うので、こちらでお答えしますね。

 

 

オンラインレッスンと対面レッスンの違いは料理に例えると分かりやすいです。

 

・オンラインレッスンは、その料理の詳細なレシピをもらうこと。 

・対面レッスンは、その料理を実際に食べた上でレシピをもらうこと。 

 

「こんな感じ」を肌感覚で掴めるのが、対面レッスンでの大きなメリットです。

 

感覚を実際に伝えらえることだけでなく、その場で必要なことをどんどん重ねて伝えることができるので情報量が圧倒的に多いです。

 

感覚的な説明で言うと、

ブログの10倍の情報量がYouTube。

YouTubeの10倍の情報量がオンラインレッスン。

オンラインレッスンの10倍の情報量が対面レッスン。

みたいな感じです。

 

 

オンラインのメリットは移動コストがなくなることです。

もちろん、これはこれでとても意味のあることですよね。特に今のご時世では。

ただ、レッスンの効果だけで考えたら、対面レッスンの方がはるかに高いのは間違いないです。

その為、対面レッスンが可能な人であれば対面レッスンをおススメしています。

 

 

最近はYouTube経由でいらっしゃるご新規さんが多いです。

共通して「YouTubeだけでも効果があったけど、実際に体験してもう一段深い理解を得たいので来ました!」と言ってくださいます。

なので気になる方はまずはYouTubeチャンネルをご覧ください。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

もしYouTubeがよかったら、対面レッスンではその100倍の情報量をお渡ししますね。

 

 

■お知らせ

芹澤から直接教わって感覚を掴みたい方はレッスンにお越しください。

パーソナルレッスンについて

 

遠方の方、外出が難しい方にはzoomによるオンラインレッスンもあります。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編

 

 

 

意外かもしれませんが、あぐらがかけない人に腸腰筋のストレッチをしてもらうと劇的に改善する事があります。 

image

股関節のポジションを整えてくれるからです。

10カ月間あぐらで股関節の不具合に悩んでいた人にオンラインレッスンで効果があったくらいです。

実際のレッスンだと、もう抜群!より一層効果を発揮してくれます。

 

 

とはいえ、やみくもにやってもあまり効果はありません。

場合によっては逆効果。

この記事を参考に取り組んでみてください。

三日月のポーズ2 ~股関節の抜きの練習として~

 

 

動画ではこれも参考になります。

・股関節の力みをとる方法【前後開脚までつながる超重要な基本中の基本の話】

 

 

股関節のポジションがよくなるので、あぐらだけでなく前屈だろうと開脚だろうと、股関節の動き全般よくなりますよ。

逆にいえば、三日月のポーズ(腸腰筋のストレッチ)をして股関節の動きが良くならない場合はポーズの洗練を考えてください。

これは、硬さに関係なく誰でも良くなるのを実感できます。

面白いですよ。

 

 

まずはリンク記事を参考に、安全と安心の下でお試しください。

 

 

■お知らせ

芹澤から直接教わって感覚を掴みたい方はレッスンにお越しください。

パーソナルレッスンについて

 

遠方の方、外出が難しい方にはzoomによるオンラインレッスンもあります。

パーソナルオンラインレッスンについて

 

・毎週月曜日と金曜日の19:00に配信しています。

顔晴るジムYouTubeチャンネル

 

・スタジオの情報はついてこちらから

顔晴るジムホームページ

 

・メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編