ヤマグチモーターサービス

ヤマグチモーターサービス

四国香川県三豊市の車屋です
創業45年 田舎の小さな店ですが精一杯やってます

各種新車中古車販売 車検点検
一般修理 板金塗装 カスタマイズ

トルコン太郎設置店

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。
お問合せをいただく方へお願いです。

お問い合わせ、お見積りはe-mailのみ受付とさせていただきます。
またその際、下記項目を記載お願いします。

お問い合わせ先メールアドレス
info-ymgcms あっとまーく island.dti.ne.jp (あっとまーくを@に変えてください)

必須項目
 ・車名・初度登録年月・型式・車台番号・型式指定番号・類別区分番号・お名前・ご住所・電話番号

以上、よろしくお願いいたします。

理由はわかりませんが@yahooメールからは相当な遅延または不着が発生しております。
可能であれば他のメールアドレスからお願いします。

県内よりお問合せご来店いただきました、カローラフィルダー。

平成19年式、走行距離約80,000km。

45,000kmで一度ATF交換履歴有との事です。

 

 

ドレンアウト。

汚れてはいますが、まだ少し透明度が保たれています。

 

 

オイルパン、ストレーナーまで外して、抜けた量は約4.3L。

全容量は8Lです。

 

 

外したオイルパンとストレーナー。

 

 

綺麗そうに見えますが

 

 

ストレーナーは交換しますが、試しに下の方を洗浄してみました。

汚れ具合がよくわかります。

 

 

オイルパン洗浄完了。

 

 

密閉式CVTの為、フルードクーラーを取り外してアタッチメントを取付後

トルコン太郎を接続して交換開始です。

 

 

35℃~45℃の間でオーバーフローさせて終了です。

 

 

作業終了後、トルコン太郎のフィルターを洗浄してると

結構な量の鉄粉が詰まっていました。

 

県内よりお問合せご来店いただきましたZ34。

平成20年式、走行距離約55,000km。

 

 

ドレンアウト、思ったより汚れています。

 

 

ドレンアウトとオイルパン取り外しで抜けた量は約3.7L。

全容量は9.2Lです。

 

 

取り外したオイルパン。

 

 

洗浄清掃完了。

 

 

ストレーナーは部品供給が無いため洗浄再使用します。

 

 

交換部品。

 

 

再使用不可部品と締付トルクを確認。

この車両はオイルパンの取付ボルトも再使用不可です。

オイルパン締付の順序も整備書指示。

整備書は電子マニュアルで調べるのですが、作業中は手が汚れていたり

紙ベースの方が見やすかったりで、必要な部分は事前に印刷準備しています。

 

 

トルコン太郎を接続して交換開始。

 

 

綺麗になりました。

 

 

交換直後、80℃。

 

 

クリーニング終了後、油面調整の為に冷やさなくてはいけません。

油面調整指定温度は35℃~45℃。

 

 

3時間後で42℃。

 

 

当然ですが、購入したばかりのMaxisysEliteでも見れました。

 

 

指定温度になったので、オーバーフロープラグから余分なフルードを排出して完了です。

 

フルード温度を見ている診断機、上の画像はG-SCAN2で下はMaxisysですが

リフトを上げ下げする作業だと、無線接続のMaxisysの方が使い勝手はいいかなと思います。

ただ日本語が怪しいので慣れは必要ですが。

 

珍しい、というか懐かしい車が、チェイサーGX81。

後期の1JZツインターボは高騰しているようですが、これは前期1Gツインターボ。

 

 

ブレーキペダルを踏んでもシフトロックが解除できない。

ストップランプも点灯しないので、ストップスイッチじゃないの?

なんて軽く考えてたら、ストップSWは異常なし。

ストップランプは途中断線で修理後点灯OK。

 

犯人捜し。

 

 

30年前の車の、しかもこんな部品が発注翌日に届くのは、さすがトヨタ様。

申請していたスキャンツール補助金の支給決定通知をいただきましたので

前々から気になっていたMaxisys Eliteを購入しました。

所々日本語訳が怪しいものの、戦力になってくれると思います(特に輸入車)

 

 

市内よりお問合せご来店いただきましたMR2、走行約124,000km。

 

 

ミッドシップレイアウト

 

 

ドレンアウト、劣化と汚れでチョコレートの様な色です。

 

 

ドレン抜き取り後、オイルパンを外して抜けた量は

全容量8.0Lに対して約3.5L。

 

 

オイルパンとストレーナー。

 

 

鉄粉すごいです。

 

 

ストレーナー新旧比較。

 

 

オイルパン洗浄後と新品ガスケット。

 

 

組付け後、トルコン太郎を接続して交換開始。

 

 

交換完了。

光の加減で少し暗めに見えますが、肉眼ではもっと綺麗です。

 

 

ありがとうございました。