ヤマグチモーターサービス

ヤマグチモーターサービス

四国香川県三豊市の車屋です
創業45年 田舎の小さな店ですが精一杯やってます

トルコン太郎設置店
ペトロナス正規取扱店
ロイヤルパープル正規取扱店
SOD-1正規取扱店

お問合せはフォームよりお願いします。
https://yamaguchi-motorservice.com/contact/

ブログをご覧くださいましてありがとうございます。
お問い合わせ、お見積りはWEBサイトのフォームよりお願いします。

https://yamaguchi-motorservice.com/contact/

当ブログはリンクフリーですが、画像の著作権は放棄しておりませんので
二次使用はお控えください。

※LINEでお問合せをいただけるように、公式アカウントを登録しました。
※LINEでのお問合せも受付中ですので、よろしければご登録ください。
※必須項目は上記と同じです。
※LINEID @ymgcms

友だち追加

いつも遠方より来店いただいていますメルセデスベンツE220d(S213)オールテレイン。

今回は車両画像が無かった為、車両画像は前回入庫時のものです。

ブレーキ周りのメンテナンス、NoxとAdblueの撤廃の他、極低温時に不具合を抱えているようでそちらの修理を承りました。

 

 

まずはブレーキ周り。

 

 

ブレーキパッドを低ダストタイプへの交換をご希望。

今回はATE社製を選択、ATE(アーテ)というと聞き馴染みが無いかもしれませんが、ドイツで100年以上続くブレーキシステム専門メーカーです。

 

 

ブレーキフルードを圧送交換。

 

 

エンジンオイル、この樹脂ドレインを再利用する猛者もいるとか。

 

 

SOD-1+を添加。

 

 

極低温時不具合調査の為、入庫時のフォルトチェックを行っておきます。

P061B800、あまり見ないフォルトが入っています。

 

 

ユーザー曰く、外気温3℃以下かつエンジン冷間時のみに不具合が発生し、症状はAT変速不良とエンジン回転数制限が起きるとの事。

条件がそろっている時は100%発生し、それ以外では100%発生しないとの様です。

確認しようにもうちの辺りはかなり暖かく、3℃以下になるのは稀です。

ディーラーさんに持ち込むもあまり聞いてくれなかった様子。

 

外気温が下がらず確認出来ないので、心当たりを探るも不明。

とりあえずECMをリプロでもしてみるか、と思ったら・・・おい?

 

 

ぶっとんだご様子。

 

 

お知恵を拝借しながら、なんとかリカバリ成功。

とりあえずNoxとAdblueの撤廃をインストールを。

 

老眼でこんな細い端子に繋ぐのは厳しい。

 

 

篠塚氏に教えてもらったハーネス、めっちゃ便利。

 

 

触っちゃダメな雰囲気が漂っていますが、この奥に少し御用が。

 

 

ここまで完了して、グッドタイミングで早朝冷える予報があったので試走。

カメラを持って出なかったので画像無しですが、不具合発生。

エンジン回転上がらずギア固定、なにかしらのフェールセーフが動作してる感じ。

 

さてここから沼りました・・・あーでもないこーでもない・・・。

 

国内では事例が見当たらず、同車種に乗っているユーザー様に聞くも特に不具合は無いとの事。

海外のフォーラムで少し手がかりを見つけましたが、対策までは無し。

しかも外気温3℃以下にならないと試走できない。

温暖地域な上に今年は暖冬、3℃以下を待っている間に春が来そう・・・。

 

極低温時というきっちり条件が決まっているので、ECMそのものやハーネス周りのハード的なトラブルでは無いと思いますが、やれることはやってみるかで中古ECMでのクローン作製に挑戦。

 

 

結果NG。。。中古ECM安くないです。。。

 

また数日あーだこーだと・・・お世話になっている業者さんとの何気ない会話の中でひらめきが。それ試してみましょうとなりまして、その業者さんのお力もお借りしてECM再構築。

 

これで試走してみたいですが天気予報で外気温3℃以下は当分なし。

さてどうするか。

 

外気温センサーのサーミスタ、温度によって抵抗値が変化するのでそれを処理して外気温を表示させています。

 

 

基準になる抵抗値を測る、外気温12℃くらいで3.3kΩ。

 

 

似たようなレンジの可変抵抗を用意する。

 

 

何屋や言うて。

 

 

外気温センサーを外して可変抵抗を繋ぐ。

 

 

工場内は約12℃。

 

 

可変抵抗を回す。

 

 

どや。

 

 

とりあえず車両に外気温は3℃以下ですよと認識させる事は成功。

この状態で試走、不具合発生せず、一安心。

 

 

ECMは外気温以外にも温度を含めて色々な情報を集めて演算しているので、外気温だけ化かしても不安は残るので完成とはなりません。

 

ここから待つ事数日、早朝気温が下がる予報が出たので5時半出勤して試走。

外気温0℃、水温冷間、絶好調!!!

 

 

通常出勤する時間には5℃くらいになってたので、早起きしたかいがありました。

30年ほど前、新宿のとあるお店でアルバイトをして私。

そこのアルバイト連中と30年ぶりに会おうって話になりまして、少しお休みをいだだいて懐かしの新宿へ行ってきました。

 

毎日毎日通ってた新宿南口。

 

 

アルバイトが終わった後、始発まで過ごしてた歌舞伎町。

コマ劇場は無くなり、今何かと話題のビルに。

 

 

30年ぶりに集まった当時の仲間達でしたが、最初から全開。

バイト帰りに騒いでたあの頃のままでした、あぁ懐かしい。

 

さてお仕事。

 

UZZ40ソアラ、平成15年式、走行距離は約130,000km

ATF圧送交換の依頼をいただきました。いつもありがとうございます。

レクサス顔ですが、ソアラです。

 

 

まずはデフギアオイル。

 

 

ATオイルパンを外すのに邪魔になるマフラーステー、ナットが錆びついて回りません。

 

 

便利道具、何度助けられたか。

 

 

ATFを抜く、通常方法での交換歴は有りとの事。

 

 

ゴボゴボゴボ、ここまでしか画像が無かった。。。

 

 

車両画像の無いCRVは車検でお預り。

シートベルト警告灯が点かないのは車検NG。

 

 

調べるとバックル不良。

部品手配するも生産終了で在庫無し。

 

 

中古部品が無ければ分解修理に挑戦しなくてはいけないところでしたが、北海道に在庫有り。

数日かかって到着、ヨカタ。

 

 

 

突然ご来店のGLE350d(W166)、12ヶ月点検とエンジンオイル交換。

 

 

ベンツってなんでこんな所にECM置くんでしょうね、って話をしてたら色々と興味深い話も。

 

 

このオイルフィルタレンチのサイズは中々特殊。

 

 

でも有る。

 

 

怪我が無くてなにより。

交通安全。

 

エンジンチェックランプ点灯のミニクロスオーバー。

 

 

診断結果は定番故障でしたが、予算都合で修理は見送りで先に冷却水漏れを修理希望。

 

 

加圧してみる。

 

 

こんなドアップ画像しかなかった水温センサー部からの漏れを確認。

 

 

この辺りについてますが、部品図には無し。

ここからの漏れが多く対策品へ変更になっています。

 

 

ラジエーターにドレンは無し、冷却水はホースを抜いて抜くスタイル。

 

 

何をするにも滅茶苦茶狭い、エンジンチェックの犯人は多分こいつ。

 

 

対策品が納品に。

 

 

水温センサーがサーモハウジングに移動。

 

 

それに伴ってホース類も変更。

 

 

画像はここまで。あとは組んでいき冷却水注入エア抜きして完成。

 

ドライブに入れて走り出すとエラーメッセージと共にビックリマークが点灯するポロ6R。

車両画像無し。

 

 

パーキングスイッチの故障。

逆パターンで停車してパーキングに入れてドアを開けるとエラーとビックリを吐くパターンも有り。

ちなみにパーキングスイッチはセレクター内臓でASSY交換。

 

 

お値段24万円(税別)。

 

 

そんな殺生な、という事でこちらも対策品があります。

元々のスイッチ配線に新しいスイッチを割り込ませて新設するウルトラC。

 

 

輸入車の内装バラシは謎が多い。

 

 

作業中からガソリン臭いなぁと思ってまして、完成後にリフトアップ。

ガソリンだだ漏れ、危ない。

ユーザーさんに連絡すると、全く気付かなかったとの事。

 

 

予算都合で修理見送り・・・気を付けてくださいね、いやマジで。

 

オマケはHAA神戸に激おこ案件。

HAA神戸は自動車のオークション会場なのですが、ここの出品検査がまぁいい加減。

以前もトラブったのですが、今回はこれ。

 

 

セールスポイントのプッシュスタート、どこ押したらエンジンかかりますか?

 

 

ウチへ車両到着したのが木曜日の午前中、即クレーム申請するもののクレーム期限は水曜日の17時までですと門前払い。車両到着前に確認出来る訳がないのに。

そんなの出品表なに書いても大丈夫やんか。

前は色違いが来たしね!HAA神戸!もう買わんぞー