腰痛、肩こりになりにくい座り方 | 快整体院 北九州の院長日記

快整体院 北九州の院長日記

北九州市小倉南区にある快整体院では、医療機関でも治りにくい慢性的な腰痛、肩こり、膝痛を改善するお手伝いをしています。そんな日々の施術や健康についての日記を綴っています。


テーマ:

仕事でずっと座っていると腰が痛くなったり、肩が凝ってきてツライという方は多いですよね。

長時間座ると腰痛や肩こりになるのは、腰が後ろに倒れて背中が曲がった姿勢になっているからなんです。

腰が倒れていると、腰回りの筋肉がずっと引っ張られた状態になって疲れてきます。また背中が曲がることで首が前に倒れ、頭の重さで肩の筋肉が疲れてきます。

このようにならないためには、「腰を立てる」ことが大切。

私も腰を立てた姿勢を保つイスや腰につけるクッションなどいろいろ試してみましたが、どれも気がついたら腰が後ろに倒れて背中が丸まってしまいました。

そこで考えたのがこの座り方。


座り方は簡単です。まず背中が背もたれにつかないように浅く座面に腰掛けます。

次に両足を引いてお尻の下あたりに来るようにします。

すると膝が股関節より下に来るので、腰は自然と真っ直ぐになるんですね。

あまり深く座ってしまうと膝が低くならないので気をつけてください。

イラストでは丸椅子ですが、普通の椅子でも同じようにできます。

これって北欧で生まれた「バランスチェアー」と同じ姿勢なんです。

私も昔使っていましたが、膝が当たる部分が痛くなるので使うのをやめていました。

そして、普通の椅子でも同じような姿勢はできないものかと考えたんです。

これだとずっと腰を真っ直ぐにして座れますよ。

イスを買い換える必要がないので0円でできます。

昼過ぎから腰痛や肩こりになる方は試してみてください。
 

Yasuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス