■気まずい状況をしぐさで打開!「やってはいけない実は不快なしぐさ」 | 小高千枝オフィシャルブログ「メンタルビューティ時間」Powered by Ameba

小高千枝オフィシャルブログ「メンタルビューティ時間」Powered by Ameba

心理カウンセラー、メンタルトレーナー小高千枝(おだかちえ)のメンタルヘルスケア、メンタルビューティブログ
(心理カウンセラー 、メンタルトレーナー 東京都港区・表参道)

こんにちは。

アシスタントの橋本です。

 

本日ご紹介する著書は

やってはいけない実は不快なしぐさ』です。

 

2014年1月に発売され、

今年第8刷目が増刷されました。

 

 

アシスタント橋本の著書紹介シリーズ第三弾!

(※第一弾『無意識の中に意外な思いが…!

第二弾『相手の気持ちも読み取れる?!』です。)

 

image

 

第一弾、第二弾のブログでは

「自分と相手のしぐさ」についてお話してきましたが、

今回は応用編「気まずい状況をしぐさで乗り越える」

について著書を元にお伝えしていきたいと思います。

 

著書内には誰もが経験したことのあるような

リアルな状況設定の中で、

どのようなしぐさを用いれば相手に自分の意見を

スムーズに伝えられるかといった内容が

掲載されております。

 

例えば「ありがた迷惑な行為を受けたとき」(P134~)。

これは年齢を重ねるにつれて

本当によくある場面で上手な断り方が

なかなか思いつかない人も多いのではないでしょうか。

 

そんな時は著書にも書いてありますように

「相手に好意的な姿勢(前傾姿勢)を見せつつ

先に相手の提案を認め、そのあとで自分の提案をする」

という打開策があります。

 

前傾姿勢は相手に「興味がある」など

プラスの感情を向けるというメッセージが

含まれています。

 

相手の提案もありがたく受け取った上で、

ワンランク下げた提案をするという形が

その場を平和にやり過ごせる手段の一つになるようです。

 

それでも引かない場合の、

オトナな対応の仕方も記載されているので

よかったら参考にしてみて下さいね。

 

今回は、「気まずい状況をしぐさで乗り越える」について

ご紹介いたしました。

 

場面によって上手にしぐさを使い分けられると

よりスムーズに生きていくことが出来るかもしれません。

 

是非、お手に取ってご覧くださいませ。

 

image

 

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

*小高千枝メンタルヘルスケア&マネジメントサロン *

〈住所〉東京都港区高輪

〈TEL〉  03-6712-6365

〈E‐mail〉 o-info@odakachie.com

<HP> http://odakachie.com/

 

当サロンは完全ご紹介・予約制のため、

住所はクライエントさま・お取引企業様へご案内をさせて頂きます。

 

Twitterツイッター:心理カウンセラー小高千枝

いいねフェイスブック:小高千枝

           

___________________________

 

<お知らせ>
小高千枝の5冊目となる著書、好評発売中です!

 

「心理カウンセラーが教える
 本当の自分に目覚める体癖論
 この世を身軽に生き抜くために――」

http://www.shufu.co.jp/books/detail/978-4-391-15118-3

 

 

小高千枝(おだかちえ)オフィシャルブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース