皆様
こんにちはYayoi.です爆笑

ご訪問いただき
ありがとうございますルンルン



春の「弥生」という
この3月に
44歳にして
ついに男の子を初出産しましたラブラブ

驚いてください!!


体重4250g!
身長56cm!


病院内のうわさの的になるくらいの
ビッグベイビーラブです。


{B05D0F5F-0D41-4A4E-AF01-672A95C006EE}

出産して4時間後の記念撮影キラキラ

自撮りしてみました!

新生児とは思えない貫禄と
しっかりカメラ目線びっくり

ウケるー爆笑!



{4E733D5B-C93A-42DC-ABA7-DB06A937EFC2}

出産して1週間後の退院日
病院の桜の樹の前で記念撮影キラキラ

退院前の診察では異常なしとなり
無事に母子ともに退院できましたラブラブ



44歳という
高齢出産でしたが

喜びというか

ただ

ただ

産まれてきてくれて
ありがとうお願い




同じ体験した方も
多くいるのではないか?
共感していただけたら幸いだなあニコニコ
と思い

忘れる前に
出産に至るまでの経緯を
ご紹介しましょう!!



まず
新月の日の夜星
お風呂の湯船から上がった途端
破水する。

出産予約していた
地元の産婦人科医院へ
電話をしたら
即入院と言われ
弟の車でむかう。

その後
陣痛をむかえるも
3〜5分間隔から
7分や10分など
間隔が長くなってしまった。

翌朝
陣痛促進剤を使い
陣痛の間隔を狭めるも

子宮口が
1〜2センチまでしか開かず。

破水している陣痛
および
陣痛促進剤の陣痛は
通常の陣痛より痛いらしいタラー
痛かった〜アセアセ




そこで
昼前に
産婦人科医院の先生は
大きな病院へ転院することを
決断。

理由は下記の通り下矢印
・すでにお風呂で破水をしていること
・羊水が濁っていたため
・陣痛促進剤するも子宮口が開かないこと
・Yayoi自身の白血球の数が通常の倍近く数値が上がったため
・高齢出産のため

そして
・陣痛の間隔が短くなったときお腹の赤ちゃんの心拍が弱まったため。


転院の準備として
陣痛促進剤を停止。

救急車救急車が到着。

産婦人科医院の
二階の病室から歩いて
一階の玄関まで歩き
救急車救急車の担架に乗るも
陣痛が痛くてたまらないアセアセ

提携している大きい病院まで
先生と主人が同乗し
救急車で搬送される。

ちなみに
救急車救急車も初体験!




大きい病院に到着後
分娩室で
もう一度
陣痛促進剤を試すも
子宮口は3〜4センチまでしか開かず。

陣痛促進剤を停止。

胎児機能不全分娩停止の名のもと
緊急帝王切開へ切り替える。



手術室へ移動。

麻酔の針を背中に刺そうにも
陣痛がおさまらず
難儀した。

なんとか
背中に刺したあと
しばらくすると
陣痛がおさまったが

今度は
麻酔による
吐き気との戦い。

水分も補給していないので
吐き気がきても吐くものはなし。

他に
寒気があったのか
口がガクガクと震えたのを覚えてる。



意識もうろうの中
遠くから
産声が聞こえる。

しばらくすると
綺麗に洗われた我が子と対面。

さすがに
涙が出ましたねタラータラータラー



術後の処置をしていただき
病室へ移動。

そこで聞いた
まさかの体重!?

巨大児4250gガーンガーンガーン



取り上げてくれた
若い産婦人科医さんは
この体重は初めて!

若い看護師さんたちも
この体重は初めて!!

と言われましたチュー



けれども
身長は56センチあるし
Yayoi.も主人も
糖尿病の家系ではないのと
Yayoi.の弟は4000gで産まれているのと

主人170センチ
Yayoi.163センチ
だけれど
主人やYayoi.のいとこは
180や190センチがいること
を伝えました。

それならば心配ない照れ
と産婦人科の先生から
言われました。

よかった〜ラブラブ



また
へその緒が
息子の首に
二重に巻いていた
とも言われました。

子宮口が開かなかったのは

へその緒が
首に巻いているから
帝王切開で産んだ方が
安全だよウインク

という
お知らせだったかもしれませんね。



何はともあれ
無事に産まれてくれて
良かったです爆笑

今回の妊娠や出産を
経験したことにより
Yayoi.自身のお母さんはもちろん
この世の中の
全てのお母さんに対して
今まで以上に
心から
尊敬するようになりました照れラブラブ



それから
今回は
幸運なことに

地元の産婦人科医院の先生の
機転の良さキラキラ

大きい病院で
緊急帝王切開なのに
ちょうど
スタッフがそろっていたことキラキラ

そして
主人が心配しすぎてアセアセ
早めに
久米島から福岡のYayoi.の実家へ
来てくれていたことで
転院と緊急帝王切開に対しての
必要書類の書き込みが
スムーズにできたので
すぐに手術できたことキラキラ



改めて
Yayoi.は
なんてラッキーなんでしょうラブラブ

と思いました。



そうそう!
この子は
久米島からいただいた命なので
息子の名前に
「久」を入れたかったのですが

長年交流のある
占いの先生に
鑑定していただいたところ
他の名前の方がよいと言われ
「久」をつけるのは諦めましたショボーン
残念タラー

妊活中の人は是非読んでね下矢印
子宝の島久米島で子づくりしましたの過去記事はこちら




無事に出産が終わったので
早く久米島に帰りたいところですが
主人の仕事の関係で
6月までは
福岡の実家に
お世話になることになりました。

早く
息子に
久米島を見せてやりたいなあ〜お願い




・・・・・・・・・

 

Yayoi.はこの度

久米島移住促進プロジェクトの一環として

久米島ブロガーズの久米島島ぐらし認定ブロガーになりました。

リンク集はこちら

 

沖縄の離島の久米島ネタ

ときどき福岡ネタを

そして

「やよいのものづくり」の作品たちを

紹介しています

次回をお楽しみに!


Yayoi.の作品に出会える場所をご紹介します。

*作品発表中心のインスタグラムyayoinomonodukuriをはじめました。

・沖縄県久米島フェリーターミナル内「たましろ屋」にて

・福岡県福岡市博多区 博多マルイ2階4階「La Cachette FumuFumu」にて(和小物中心)

・福岡県北九州市小倉北区 アミュプラザ小倉西館3階に「La Cachette FumuFumu」2月10日より開店。

(リバーウォーク3階内「La Cachette FumuFumu」2018年2月25日で閉店)

・福岡県行橋市

「ものづくりroomポワン」にて(和小物中心)

 

「やよいのものづくり」フェイスブックページを作りました。

FBからブログ更新をお届します。

 

*心に花を咲かせます*

やよいのものづくり Yayoi.