八丈島で黄八丈と有機 時々 自然栽培

八丈島で黄八丈と有機 時々 自然栽培

 八丈島に移住して、黄八丈の機織を営み、自然栽培を基礎とした栽培法で家庭菜園に挑戦中


テーマ:

 以前、砂地の畑に無肥料で、安納芋を苗蔓にて、

 

栽培したら、ピンポン玉サイズしか、出来ませんでした。

 

 今年、同じ畑で、種イモを直接植える、トンボ植えで、

 

栽培してみると、

 

 

 上手く収穫出来ました。

 

 

 種イモは、傷んでいますが、

 

 

 出来た芋は、綺麗です。

 

 

 安納芋が、トンボ植えならば、砂地の畑で無肥料でも、

 

収穫出来ることが分かりました。

 

 


テーマ:

 9月1日に蒔いた、金時人参。

 

 ヨトウムシが発生すると、消えて無くなりますが、無事に、

 

間引き作業が出来ました。

 

 

 しかし、人参より、草の方が旺盛に茂っています。

 

これ以上茂ると、人参が負けるので、ギリギリのタイミング。

 

 

 3時間がかりで終了。

 

 

 抜いた草や、間引きした人参は、畝の端に、寄せておきます。

 

網の中で、ヨトウムシが発生した時、畝の端の下側に、

 

呼び寄せる、エサになるからです。

 

 

 

 軽く、米ヌカと、市販の粒魚ボカシ肥料を、軽く撒きました。

 

元肥無し、追肥はこの1回だけ。

 

 年末には、太さ2.5cmの人参が、収穫出来ろといいな。

 

 

 

 


テーマ:

 機織りの部屋に差し込む朝日を、さえぎるグリーンカーテンに

 

色々な条件等を検討した結果、葡萄を植えてみることに。

 

 

 葡萄の品種は、巨峰しか知らなかったのですが、ネット検索の結果、

 

マスカットオブアレキサンドリアという古い品種が1番美味しいらしい。

 

ただ、日本の風土に合わず、栽培が難しい。皮が向きにくい。

 

糖度は高くない。けれど、香りが最高らしい。

 

 個人的には、高糖度のものより、低糖度でも、香りが良好の

 

方が美味しいと感じます。

 

 

 今年の春に、苗を購入して、プラ鉢に植え、ひさしの下で

 

雨が直接当らなく、乾燥ぎみの所に置いて、鉢底から根を這わせ、

 

堆肥も無しの自然栽培で、3m以上伸びました。

 

 はたして、実るのに何年かかるのか?実ことがあるのか?

 

枯れてしまわないのか?

 

気の長ーい栽培になりそうです。


テーマ:

 現在主に栽培流通しているのは、

 

大実で甘酸っぱい、F1種。

 

 原種は、小粒ですが、甘くて香り高い。

 

八丈島では、数十年前から栽培されていました。

 

 

 無肥料で、根元に落ち葉や刈草を積むだけで、

 

大量の収穫が出来ます。

 

 

 家の北側に、棚を作り、6株定植。

 

霜の降りない八丈島では、露地栽培で枯れず、

 

来年夏には沢山の在来パッションが、実っているでしょう。


テーマ:

  6月25日と、遅い定植になりましたが、

 

順調に蔓が伸びていたので、大丈夫かと思いきや、

 

なかなか雌花が咲かず、

 

 

 これだけしか収穫出来ず、しかもミニというより小玉。

 

 

早い段階で、うどん粉病になったからか、色付かなかったもの多数。

 

 

 色付いた実もこんな感じ。種袋の表裏に草勢が弱ると、

 

緑班が残るので注意と、ありました。

 

 けれど、ハロウィン装飾用としは、このほうが雰囲気いいですね。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス