山本ごうせいの「信は力なり」

山本ごうせいの「信は力なり」

GO!SAY!!活動ブログ  玄海の寅さんと呼ばれて・・・

ご報告
この度、立憲民主党を離党いたしました。
今後は初心に戻り、当面は無所属で福岡1区で引き続き次期衆院選に備え政治活動を継続してまいります。
私は2005年の郵政選挙が終わり秘書から福岡で選挙に出ようと決意し、2006年の初夏、何の見通しもないままに福岡に移り住みました。
そのとき自らの心に何度も何度も言い聞かせた言葉があります。私が政治を志すきっかけを与えてくれた政治の師、細川護熙さんの文芸春秋1992年6月号に掲載された論文「自由社会連合」結党宣言の最後のくだり、「日本の政治の変革が一度や二度の試みで成就するほど簡単なものでないことは、私も十分過ぎるほど承知している。しかし、日本と世界の将来を思うとき、私は自ら大海の捨て石になることを恐れない。荒海に漕ぎ出していく小舟の舳先に立ち上がり、難波することをも恐れずに、今や失われかけている理想主義の旗を揚げて、私は敢えて確たる見通しも持ち得ないままに船出したいと思う。歴史を振り返ってみれば、理想のための船出というものは、いつもそういうものだった。」
というものです。
今でも失敗したり挫けそうになったりしたときに思い出します。
とにかく何かやらなきゃという一心で福岡に来てすぐに福岡市長選挙、北九州市長選挙、福岡県知事選挙と約9ヶ月の間に立て続けに全力で応援しました。
その3つの選挙を通じて当時の民主党福岡県連の皆さんに認めていただき、衆議院選挙の候補者になり2009年の総選挙に立候補することができました。
公募やツテを辿って後継候補者になる道を選ばず、今思えば無謀なやり方で候補者になる道を選んだわけですが、だからこその雑草魂のようなものが自分の中にあり、その初心に立ち返る良い機会だと捉えています。

私は国政を目指した最初の選挙から一貫して中央集権を改め地域主権を確立することと、人口減少社会に備え安定した成長を遂げる循環型社会を構築することを訴えてきました。
また、成熟した国となった私たちの国を右とか左、保守とか革新ではなく、現状か未来かで考える政治を皆さんとともに新しく作り上げていくことを常に政治活動の中心に据えてきました。
政治とは何かを一言で問われれば「実感」だと答えていますが、国民にとって良い実感を届けられる政治をこれからも目指してまいります。
これからもこの信念を貫き、親のいる子として、また子を持つ親として、3世代の真ん中、責任世代として超高齢社会、少子社会を迎えている日本の未来への責任を果たしていく決意を胸に政治活動を進めていきます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
今朝は箱崎3丁目交差点での朝の街頭活動を東区の福岡市議会議員候補予定者 ついちはら陽子 さんと一緒に行いました。
帰り道、軽の街宣車で信号待ちをしていると、小学生の一団が手を振ってくれたので振り返したら、大きな声で「あ、山本ごうせいだ!」「本物だ!」と喜んで?くれました。
また。先ほど地域を回っていたら、「吉村剛太郎さんですよね」と声をかけらました。
「山本ごうせいです」と申し上げたら「あー、そうやったそうやった」とすまなさそうにしてくださり、しばしお話をさせていただきました。
吉村剛太郎先生は元々は自民党の参議院議員で修猷館高校、早稲田大学、ブリジストンと山崎拓先生と同じ道を歩まれた方です。
私の政治の世界の親父がわりで衆議院現職の時は東京事務所長を引き受けてくださった故 阿部公明さんも同じく修猷館高校、早稲田大学、ブリジストンと同じ道を歩み、年の順は山崎拓先生、阿部公明さん、吉村剛太郎先生、3人とも柔道部のつながりになります。
吉村剛太郎先生とは阿部のオヤジとよく食事をしました。
参院選のときは私の事務所のそば、新飯塚の駅前で街頭演説をされていたときにたまたま事務所に居たので駆けつけて応援の弁を述べさせていただいたこともあります。
ステキな先輩の名前を久しぶりに耳にし、間違えられたこともちょっと嬉しく、やはり剛太郎先生は愛されていたんだなぁとつくづく思いながら自分も頑張ろうと改めて決意した次第です。
1月1日より事務所を下記に移転いたしました。
長い間、馬出にてお世話になりました。
ありがとうございました。

新事務所
〒812-0053
福岡県福岡市東区箱崎7-2-4
TEL 092-409-1355
FAX 092-409-1531
(TEL、FAXは変わりません)

今後ともよろしくお願いいたします。

ご支援、ありがとうございました。
結局、比例でも届かず落選という結果となりました。
ご支援いただいたすべての皆様に感謝とお詫びを申し上げます。
この3年間、ひたすら歩き、ひたすら自転車を漕ぎ、多くの皆様のご意見をいただいて、私の主張や政策に磨きをかけていただきそれを国政に反映させたい一心でした。
野党乱立の中で得票が前回よりも多く、日々積み上げてきたものは間違いではなかったことを皆様に証明していただきましたことは感謝しかありません。
今回は私の信念を貫く戦いであり、少なくとも政治家としての矜持は守ることができました。
私には私の創っていきたい日本と国民の未来があります。
私には政治は職業でなく生き様です。
これからも柳緑花紅の世界を目指し無私無偏で信念を貫いて参ります。

選挙カー到着~演説スタート

https://www.facebook.com/gosayyamamoto/videos/2039475639604736/

 

↑ ↓ フェイスブックページに移動します。

 

演説2

https://www.facebook.com/gosayyamamoto/videos/2039479782937655/

 

演説3

https://www.facebook.com/gosayyamamoto/videos/2039480849604215/

 

演説4

https://www.facebook.com/gosayyamamoto/videos/2039482612937372/

 

演説終了~ラストラン

https://www.facebook.com/gosayyamamoto/videos/2039483469603953/

 

マイク納め

いよいよ明日は投票日。皆様最後までのご支援を宜しくお願い致します。