やまびこDr.の診療日記

やまびこDr.の診療日記

人生の大事業の子育ては、ほとんどぶっつけ本番! 分からない事だらけで心配がつきません。
でも正確な情報を知り納得できれば心配は減らす事が可能です。
薬よりもっと大切な事をお伝えする小児科医のブログです。


テーマ:

沖縄は過去の悲しい経験をしながらも、多くの方を暖かく迎え入れてくれます。
そして今も新たな苦しみを受け続けいるのです。

日本中で悲しみの歴史の節目節目で鎮魂の式典を行っています。

今年の沖縄全戦没者追悼式では、沖縄の中学3年の相良倫子(さがら りんこ)さんが平和の詩「生きる」を朗読したのですが、あまりに素晴らしく大反響となりました。

内容も言葉の選び方もとても素晴らしかったのですが、何よりその心のあり方に感動しました。

凛とした立ち居振る舞い、原稿に目を落とす事なく会場にいる方全体に訴えかける話し方、そして心のこもった表情、全てにおいて感銘を受けました。

日本にこのような素晴らしい中学生がいてくれる事を、本当に嬉しくありがたく誇らしく思いました。

それを見て11年前のことを思い出しました。

毎年8月6日の広島の原爆の日、原爆投下の時間の午前8時15分、NHKの特別番組を見ながら、妻と子供たちと一緒に1分間の黙祷をしています。

平成19年の8月6日、当時臨月を迎えていた妻と息子たちと一緒に、いつものように黙祷をしました。

その後例年通り、広島市内の小学校6年生の男女それぞれの代表者二人が「平和への誓い」を朗読しました。

その時の女の子の代表者が、今回の相良さんと同じく、凛として心のこもった、とても素晴らしい朗読をしたのです。

それを見ながら「すごい! すごい!!」とつぶやき、涙が溢れ出してきました。
こんな素晴らしい小学生が、日本にいてくれたんだという感動の涙でした。

その4日後に生まれた娘には、その子にあやかって同じ名前をつけさせてもらいました。それぐらい心が震えたのです。

昭和生まれ昭和育ちの我々より、平成生まれの方が、そして21世紀生まれの子供たちの方が優れているところが山ほどあります。
子供だから何もわかっていないと勝手に考えているのは古い頭の我々だけであり、実は子供たちの方がよく分かっていることも多いのです。

感動は理屈では得られません。自分の中にある何かが、誰かの言動などにより共振共鳴する時にだけ発生する現象です。

大人は大人の事情という言い訳をしながら、大人のふりして社会活動をしていますが、純粋でまっすぐな子供達の姿をみると、「自分たちは子供達に倣(なら)って、ちゃんとしなきゃ!」と改めて思わせてくれます。

 

https://mainichi.jp/articles/20180623/k00/00e/040/310000c

 

 


テーマ:

本日クリニックで、「布おむつ育児とまいにちのうんち・おしっこ講座」を開催しました。

kuccaという布おむつ販売の会社を経営されている諸井さんを東京からお招きし、2時間の講座をしていただきました。

 

布おむつ育児のみならずおむつなし育児のお話もされましたが、「こうでなければならない」という事はなく、できる事をできる範囲でして、お子さんとのコミュニケーションを楽しみましょう、という内容だったと思います。

 

参加者全員が熱心に話を聞き、和気あいあいとした会となりました。

諸井さんとご紹介くださった小林さん、ありがとうございました。

 

同じ年代のスタッフと話しをしていて気づいたのですが、長男が生まれた25年前は紙おむつの出始めで、布おむつの人もかなりの数いました。そんな時代だったのを思い出しました。

 

時代により常識は変わります。今は紙おむつが主流ですが、四半世紀前は布おむつでした。江戸時代の途中までは、おむつなし育児をしていたそうです。

 

「常識とは単なる多数決」とは、さとうみつろうさんの言葉ですが、まさにそうだと思います。

赤信号もみんなで渡れば怖くないのと同じで、みんなと同じ事をすれば安心はしますが、それが幸せに結びつくかどうかはあまり関係ありません。

 

布おむつは面倒というイメージがありますが、それ以上に我が子とのコミュニケーションが取れる楽しさや喜びも得られる、素敵な子育ての方法の一つです。

又、講師の諸井さんもおっしゃっていたのですが、布でなければならない!と思わなくて良いのだと思います。

 

「こうあらねば」「こうあるべき」に縛られると辛くなるので、気分や状況でその都度選んで良いものです。そしてお子さんが一つでも何かできたら褒めて喜び、一緒に楽しめればそれでいいのだと思います。

 

講師の諸井さんは、布おむつ育児の講演会を全国でされています。

忙しいなか山梨に来て頂き、ありがとうございました。


テーマ:

「生まれる命に無駄なものはひとつもない」というのが僕の持論のひとつです。

 

命や健康の問題が起きた場合、医療者の言う事やその他大勢の人の言う事に従えば安心だとは思いますが、それが当人にとって幸せかどうかは別問題です。

 

自分の生き方を決めるのは自分であり、その意思表示がちゃんとできないお子さんの場合、お子さんの意思を一番理解できるのがお母さんなので、お母さんの意向が一番正確だと思います。

 

今回のお話も、お子さんの意思をお母さんが十分感じられたから取れた行動であり、そして生まれてからの家族での幸せな時間を持てたという事からも、それが正解だったろうと感じました。

 

人生は二者択一の連続です。選択は自分に決定権があり、間違ったと思ったらやり直せばよいのです。

その通りにできれば、幸せな人生が歩めるはずだと思います。それを短時間でも濃厚な人生を全うできたこの赤ちゃんが教えてくれた気がします。

 

https://ameblo.jp/taekotsubo/entry-12382721865.html

 


テーマ:

7月に北海道を5カ所回ります。

 

7月 8日(日)函館市  9時半 アレルギー講座

            13時半 ワクチン講座

https://www.facebook.com/events/833362286849638/

7月 9日(月)小樽市 14時  命にまつわる宇宙の講座

https://www.facebook.com/events/242885823134478/

7月10日(火)札幌市 10時  ワクチン講座

            14時半 アレルギー講座

https://www.facebook.com/events/241797893049128/

7月11日(水)滝川市 10時  命の講座

https://www.facebook.com/events/1688918587866598/

7月12日(木)旭川市 10時  アレルギーの座談会

https://holistic-mom.net/archives/tour/h30年アレルギー座談会/

 

宇宙の講座は初めての講座になります。

「命の講座」よりもっと奥深い壮大な話をいたします。

 

命の起源は宇宙にあります。

僕はシリウスという地球に一番近い恒星(自分で光る星)にとっても惹かれます。

主催をしてくださる中田雅史さんも、シリウスに惹かれるそうです。

 

宇宙が好きな方、命の講座の次を聞きたい方、同じシリウスへの想いをお持ちの方、是非ご参加ください。

滅多にやりませんので、日本中から夏の小樽にお集まりください!

 

又旭川では、これも滅多に行わない座談会形式の講座を行います。

事前に質問をうけつけ、それに沿った内容のお話をしていきます。

当日の質問も受け付けますので、普段聞けないような事もどんどん聞いてください。

 

梅雨のない夏の北海道の5カ所を回るツアーになります。

よろしくお願いします。^_^


テーマ:

僕は医学部に入る前、中央大学経済学部に1年間だけ通っていたことがあります。

文系ということもあり、周りの友人はみな本をたくさん読んでいて、その影響で僕も本を読むようになりました。

 

ある日授業の合間に二人の友人と喋っていた時のことです。

当時多少話題になった本の中に、三人とも絶賛した本があることが分かりました。

 

「あの本よかったよね~。特に親友二人の出会った場面が」

「そうなんだ。俺は主人公とお母さんとの笑えるやりとりが最高だったよ」

「へー、俺はバイト先の彼女に告白して玉砕したところが一番だったな」

 

三人とも同じ本を読み、同じように面白いと感じたのに、心に引っかかったポイントが全く違っていたのです。そして、三人とも話をするまでは、同じポイントで同じ感じ方をしていたと勝手に解釈していたこともその時理解しました。

 

同じものをみても全く同じ解釈をする人はいないのです。

 

例えば、キリンを全く知らない人たちにキリンをみせたら、色々な説明をすると思います。

 

ある人は「背の高い黄色くて黒いもので、細長い足がついていて、丸くて細いヒモみたいなのがブラブラしていているもの」というかもしれません。

 

別の人は「半開きの目が二つでツノが二つありいつも口をもごもご動かしているもの」と言うかもしれません。

 

又別の人は「黄色い長い筒みたいなもの」と言うかもしれません。

 

同じものを見ても、見る方向や見える場所により見えるものが変わり、又見えたものをどう解釈しどう表現するかは、その人の感性・感覚、知識・経験により変わってきます。

 

真実を探求するということは、真実とそっくりのレプリカを忠実に作り上げる作業とも言えます。

 

キリンであれば、写真や映像で誰でも全体の像を見ることが可能なので、レプリカも作りやすいと思いますが、宇宙など大きすぎるもの、分子や原子といった小さすぎるものは、正解を誰も知らないため、証拠となる一部分再現し、一つ一つ貼り合わせてレプリカと思しきものを作っていくしかありません。

 

真実が不明だからこそ、時代と共にレプリカの形が変わっていきます。

 

例えば、以前は地球は平らだったのが丸く形を変え、現在はそれが太陽の周りを回っているという事になっています。新たな観察結果が出てきたり、その結果の解釈が変わっていったからです。

今後も又変わっていく可能性は十分にあるので、違う説を唱える人がいてもおかしくないと思います。

 

同じことは、ワクチンの問題などに関しても言えます。

 

大自然の作り上げた自然物である人体の仕組みを解明する学問が医学ですが、理論的に効くはずと思い人間が作った薬やワクチンも、自然物の人体がその通り反応するかどうかは別です。

 

そのため、実際に使用して検証する必要があるのですが、日本人はひと学年100万人前後いるので全例調べることができず、サンプルを抜き出して全体を想像するしかありません。

 

又、副反応の確定診断法がないという点、健康な人に接種する予防薬なので効果が分かりにくいという点、色々な要素があるためワクチンの真実を知るのが困難なのです。

 

それでも真実の一部と思しき証拠をいくつも見つけては貼り付けていきレプリカを作り上げるのですが、だからこそ人によって出来上がるレプリカは違ってきますし、時と共に変化していくのも当然です。

 

誰にもこの世の真実を知ることができないのですが、一つだけ誰にでも分かる真実があります。

それが、自分の中から湧き上がってくる感覚や感情です。

 

同じ本を読んで面白いと思ったのは間違い無く自分にとっての真実です。

他の人にとってどうかというのは関係ないのです。

自分の感覚や感情を信頼しそれに沿った行動をとると、自分が満足します。

 

お腹が空いたと感じた時、食べたいものを食べることで、心身共に満足します。

トイレに行きたいと感じた時、トイレに行くとちゃんと出るし、すっきりします。

行きたい学校があり、その学校に行くことが出来れば、達成感を感じます。

辛いと感じた時、涙を流せば気持ちが楽になります。

 

どうするか困った時に、誰かの意見にすがりたいと思うのは当然ですが、その意見に従うことにより自分が満足するかどうかは別です。

色々な条件の元、自分の感覚・感情に任せて、最終的には自分で選ぶしかないと思います。

 

ワクチン講座に参加されるお母さんたちは、ワクチンに何となく感じた違和感がきっかけだったという方がほとんどです。自分の中から湧き上がる想いを大切にできた方たちなのです。

 

根拠のない自信、説明できない違和感、これこそが自分にとっての真実です。

 

自分の外の真実は不確実なレプリカでしかない以上、何より自分の中の真実の方を大切にしていく方が満足できる人生を歩めると思います。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス