やまびこDr.の診療日記

やまびこDr.の診療日記

人生の大事業の子育ては、ほとんどぶっつけ本番! 分からない事だらけで心配がつきません。
でも正確な情報を知り納得できれば心配は減らす事が可能です。
薬よりもっと大切な事をお伝えする小児科医のブログです。

人間の体の表面を覆っている組織は、皮膚と粘膜です。

 

つまり、皮膚と粘膜により自分と自分以外を隔てているのです。

 

そして皮膚にも粘膜にも、体の中に侵入しようと狙っている輩(やから)から守ってくれる常在菌という細菌がいてくれています。

 

手にも足にもお腹にも背中にも顔にも頭にも全ての皮膚にいます。

口の中にも鼻の中にも胃にも腸にも、あらゆる粘膜にもいます。

 

たまに病原菌とよばれる病気の元となる細菌もいますが、他の常在菌たちにより封じ込まれ大人しくしているため病気になりません。

常在菌が病気にならない様に守ってくれているのです。

 

そしてその細菌は何百種類もあり、人により種類も数も違っていて全く同じ人はいません。

また人と人が触れ合うことで常在菌の交流もおこり、細菌レベルでの情報交換が行われることで多様性が獲得されていきます。

 

常在菌の中でも特に腸の中の細菌を「腸内細菌」といい、ここ数年注目されています。

 

腸内細菌は病原体から守ってくれていること以外にも、ビタミンや酵素を作ってくれたり、消化吸収を助けてくれたり、また人の思考にも影響を与えているのではないかと言われていたりもします。

 

そのように、細菌は体にとって重要な働きをしてくれているのですが、今は細菌を目の敵にして、とにかく殺菌・滅菌・除菌・抗菌をする風潮になっています。

 

防腐剤も保存料も抗生剤も消毒液も、全ては細菌をやっつけてしまう化学物質です。

病原菌だけならいいのですが、そんなことはお構いなしで何でも対象にしているため、皮膚や粘膜にいる全ての細菌がダメージを受けています。

 

最近の隔離・隔絶・非接触により、多様性の獲得ができなくなり、滅菌・除菌により常在菌が被害をうけ、免疫力に問題が生じている可能性があります。

 

どんなことにもメリットがあればデメリットがあります。

 

「過ぎたるは及ばざるが如し」

 

そろそろ「こんな事する必要あるの!?」とおかしいなと思うことがあればやめてみて、生活を元に戻していければいいなと思っています。

 

ちなみに、「バイ菌」とは「細菌」のニックネームであり同じものです。

アンパンマンが「バイ菌」を広めた張本人ではないかと疑っています。^^

 

 

この様な図形、見たことありますか?

 

 

出典:wikipedia

 

だまし絵とかトリックアートというようですが、ありそうでなさそうな立体図ですね。

 

絵であれば描けるのですが、ではこれを実際に作ることはできると思いますか?

 

僕は無理なんだろうと思っていました。

でも実際に作って、それを動画サイトに上げている方がいたので興味津々で見てみました。

 

こちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=ky8pi101n7s

 

作れちゃうんですね! 

驚いたのと納得したのと「やられた・・・」と少々感じるプチ敗北感・・・

 

でもこの動画をみなければ、作れないと思い続けていたと思います。

 

その理由は常識では考えなられないからとか、科学的にあり得ないからとか、今まで教えてもらった情報にないからとか、自分の知識や経験から感じたわけです。

 

そこにもし「作れるはずないよね!」という方に出会えば自分の考えに自信を持ち、その数が増えれば増えるほどその考えは強固なものとなっていったでしょう。

 

さらに、専門家とか立派な肩書のある方が「作れるはずがない!」と言ったとしたら、揺るぎないものへとなっていったと思います。

 

でも、その考えは真実ではなかったのです。

 

 

何でもそうですが。みんなやってるからテレビで言ってるから医者が言ってるからという理由で信じると、真実から外れている危険性があります。

 

真実は見る方向、見る角度により見え方が変わってきます。

見えたものの解釈も人により変わってきます。

真実は誰にも分からないのです。

 

だから、自分が信じているものを信じていればよく、でもそれが真実ではないかもと思っていた方がよく、違う意見の人をみても「違って当然」と思い、お互い尊重しあうことが大切ではないかと思うのです。

 

声高に「われこそ真実じゃ〜!」と言っていたのにあっさり覆された場合、とってもはずかしいですよ〜

(魔数九とかそうおっしゃる字数短数とか)

 

山梨は、緊急事態宣言が解除されて数日経ちますが、特に変わった所はないような気がします。

 

店のレジには透明のビニールがぶら下がり、レジ待ちの場所には足跡が一定間隔で並んでいて、店員はマスクに手袋、お金のやり取りにはトレーを使い、店によってはお金までアルコールで拭いているそうです。

 

それってどこまで意味があるんだろう・・・

 

それに、「人を見たらバイ菌と思え」みたいな意識を植え付けているような気がして、とても悲しい気分になります。

 

風邪の元は何かのウイルスですが、全てのウイルスにはある一定の割合で重症化する方がどうしてもいます。

 

「全てのウイルスに」です。

 

それは防ぎ様がなく、それを0にしようとしたら、全員が宇宙服を着るか誰とも一生会わずに暮らすかしかないと思います。

 

それでは「人として生きている」とは言えないので、あるところで許容し受容して生活してきたわけです。

 

今でも交通事故で年間何千人も亡くなっているのに「車やトラックは危険だから絶対反対!」という運動はおきていません。危険な面があるのも承知の上で受け入れているのです。

 

緊急事態宣言が解除になっても、無意識の奥に刻み込まれてしまった、隔離・隔絶といった「人との壁」の意識は、残り続ける気がして悲しいし悔しいです。

 

9年前の震災の時には「人との絆」が強く感じられたはずなのに・・・

 

人を救うのは医学でも薬でもありません。人を救えるのは「人」だけです。

 

医学や薬といった「道具」を使う人の「心」や「意識」により、人は救い救われるのです。

 

 

もっと意識を高く持っていって、広い視野で見渡してみようよ!

 

隔絶してバラバラになって小さくなって行くと、本質が見えなくなっていくよー!

 

何のために生まれてきたのか、よーく考えてみようよ!

 

恐怖に支配されて死んだ様に生きるの、やめようよ!

 

みんな、もっと自分らしく自分の命を光り輝かせて生きて行こうよ!

 

がんばろ! 大人! ^o^

 

今日、本当に久しぶりに「パンのカビ」をみました。

多分学生の時以来じゃないかな?

 

山梨の地元のスーパーのオリジナルブランドのパンですが、2日前に買って残りを今日食べようかと思ったところ、黒い点々を発見したのです。

 

その時にこの様に感じました。

 

「すぐカビるこのパンは良いものに違いない」

「こういうパンを作り販売しているこの会社は素晴らしい」

 

みなさんはどう思いますか?

 

パンはカビるものだとは知らない若い人だったら、

「このパンはすぐカビるから、不良品だ!」

「こんなパンを販売するこの会社は失格だ!」と大騒ぎするかもしれませんね。

 

「パンにカビが生えた」という事実を、どう捉えどう判断するのかは人により違います。

そして判断する根拠は、過去に得た知識や経験がほとんどです。

 

しかしその知識は、本当に正しいものでしょうか?

 

そもそも、正しさって、誰がどう決めてるんですか?

人により場合により、正しさって違うと思いませんか?

 

アフリカの動物を追うドキュメンタリー番組で、シマウマを主役として撮影すれば、ライオンは悪です。

でも、ライオンを主役として撮影すれば、ライオンは善です。

 

お腹を空かせたライオンが1週間ぶりにシマウマを見つけた時、シマウマが主役の番組では「逃げてー」と思いますし、ライオンが主役の番組では「捕まえてー」と思います。

 

善悪や正誤は、誰かの都合で作られた「勝手な基準」により決められているだけです。

 

「自分は正しい」と全員思っていますが、それは誰かの基準を元に作られた正しさであり、絶対的正しさと違うと考えた方がいいです。

(それが例え立派な肩書がある方や影響力のある方やマスコミであってもです)

 

だから、自分の正しさは自分だけが信じていればいいのであって、人の正しさを「あなた間違ってますよ」と教える必要はなく、ましてや強制するなんてしない方がいいと思います。

 

「みんな違ってみんないい」

 

本当に正しいかどうかは、自分で検証して自分で修正していけばいいのです。

 

ちなみにカビたパンですが、スズメにお裾分けした後は、「これからは残ったらすぐに冷凍にする!」と誓いながら、ゴミ箱に入れました。

(カビの部分を削れば後はたべられるじゃないか〜!っという正しさを持っている方、すみません ^^;)

 

ある高校で、毎年恒例の球技大会が行われた時のお話です。

 

ソフトボールをクラス対抗戦で行い、総合点で優勝を決めるものです。

 

理系のクラスは女子が少ないため、女子は9名揃わないことがあります。

その時は男子が助っ人で守備をすることは許されますが、打席に入ることはできず、その代わりにピンチランナーは可能というルールでした。

 

その助っ人として、野球部員のA君が参加しました。

 

お調子者の盛り上げキャラのA君は、ヒットで出塁した女子の代わりに、1塁ランナーとして1塁ベースに立っていました。

 

次のバッターが大きなあたりを打ち、1塁ランナーのA君は本気のダッシュで2塁3塁と回り、余裕でホームインできそうでした。

 

しかしそこでお調子者のA君は考えました。

 

ここは野球部員として、派手なヘッドスライディングをすれば盛り上がるんじゃないだろうかと。

 

そしてA君は思いっきり頭からホームに突っ込みました。

 

しかし、ここで思わぬ悲劇が彼を襲います。

 

普段野球部の練習は練習用ユニホームを着ています。

野球のユニホームはベルトがあります。

何をどうしたって、ズボンが脱げることなどありません。

 

しかし球技大会の時は、体育で使う「ジャージ」を着ていました。

しかも彼はいつも、紐を結んでいなかったようです・・・

 

そのジャージで思いっきりヘッドスライディングをしたので、ジャージはおろか、その下に履いていたトランクスまでも、股下10cmほどまでずり下がったのです!

 

しかもしかも、彼はド派手に盛り上げようとしたため、何と「上むき」でヘッドスライディングをしていたのです!!

 

その場で見ていた女子生徒の、聞いたこともないような濁った黄色い「うぎゃ〜〜〜!!!」という声と同時に、笑いこけて息も吸えずその場に崩れ落ちる男子生徒の群れ・・・

 

そしてその後、A君は「まっくろくろすけ」と呼ばれることとなりました。

 

そんなA君は今では立派な社会人として、周りを明るく照らしてくれているそうです。^^

 

昨日自宅から見えた太陽と光の輪