夏の歯周病リスクについて | 第二薮本歯科医院のブログ

第二薮本歯科医院のブログ

東広島市の歯科医院 第二薮本歯科医院 のブログです。
お口や体の健康情報から、医院の日常まで、幅広く情報発信をしていきたいと考えております。

こんにちは、歯科助手・受付の堀江です。

本格的な夏を前に暑い時期となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

は暑さや湿気が増す季節であり、口内環境にも影響を与えることがあります。特に歯周病のリスクが高まることが知られています。歯周病は歯茎の炎症を引き起こし、進行すると歯を支える骨が破壊される可能性があります。

 

 

夏の歯周病リスクが高まる理由の一つは、暑さによる水分不足です。暑い季節は水分を十分に摂ることが難しくなりがちで、口の中の唾液の量が減少する事があります。唾液は口内のバクテリアを洗い流す役割を果たしており、減少すると口内環境が悪化しやすくなります。

 

また、夏は甘い物や冷たい飲み物を摂る機会が増える季節でもあります。甘い物や冷たいものはむし歯や歯周病の原因となるため、過剰な摂取には注意が必要です。

 

夏の歯周病リスクを軽減するためには

 

1.    適切な口腔ケアを行う

歯磨きやフロスをしっかり行い、口内のバクテリアや食べ物のカスを除去しましょう。特に食事後や就寝前の歯みがきは重要です。

 

2.    水分をこまめに摂る

前述のように、こまめに水分を摂ることで口内の唾液量を保ち、口内環境を健康に保ちます。

 

3.    健康的な食事を心がける

甘い物や冷たい飲み物の摂取を控え、バランスの取れた食事を心がけましょう。特に野菜や果物を積極的に摂ると、口内環境を改善する助けになります。

 

4.    歯科医院での定期的な歯周病治療を受ける

歯科医院で定期的に、歯茎の中の細菌の除去や検診を受けることで、歯周病の早期発見や予防に役立ちます。

 

これらの方法を実践する事で、夏の歯周病リスクを軽減させることができます。定期的な口腔ケアと健康的な生活習慣を心掛けて、口内環境を健康に保ち、夏に負けない体にしていきましょう!