12月8日(土)愛媛県男女共同参画センターにて

『えひめ男女共同参画フェスティバル2018』
えひめ女性財団とワーコラのコラボ企画イベントを開催しました!
タイトルは
「自分の中の固定観念を打ち破ろう!」

パネリスト:
オレンジベイフーズ株式会社 上田日登美さん
愛媛大学 社会共創学部 淡野寧彦さん
株式会社あわしま堂 松野祐介さん
株式会社アイクコーポレーション 白石華子さん

 

コーディネーター:
NPO法人ワークライフ・コラボ 堀田真奈 

 

このシンポジウムを企画・開催するに至った経緯は、

昨年度ワークライフ・コラボはえひめ女性財団の調査研究費をいただいて実施した、

愛媛で子育てをする男女のワークライフバランスに関する調査」にあります。

このアンケート調査は、愛媛で子育てをする女性が、働くことに関して抱えている問題を洗い出すためのものです。

 

愛媛に住む、一番下のお子様が0~3歳までの子育て中の女性76名の回答からは、

★「仕事と子育てを両立をしたい!」、という考えを
子どもを産むにつれて諦めていく事実。
★「仕方ない」とあきらめている。

という(ある意味衝撃的な)声が聞こえてきました。

 

この調査結果を踏まえて


☆ライフイベント(結婚・妊娠・子育て)と仕事の両立を阻むものは何か?
☆「子育てしながら働く時代」と言われながら両立できないのは個々の問題なのか?

 

上記の5名を中心に、エピソードや経験談を交えてのトークセッションでした。

 

パネリストと会場の垣根は低く、さまざまな意見交換をしながら濃厚な時間をすごしました。

 

 

・個人として納得していることでも、社会として納得していないのでは?
・多様なあり方が認められ、選択できる世の中になってほしい
・たまたまラッキーで育休取得後に復職できたわけじゃない。パートナーとも会社とも対話を重ねて今がある
・子育てや転職など、さまざま環境を経てきたことは経験値になっている
(一部ご紹介)

 

 

『「仕事と子育て」に悩む、当事者、企業、地域が相互に思いを伝えあえるようになること』その橋渡しが私たちの役割かなと感じています。

 

”あっという間の2時間だった!”とうれしいお言葉が!

 

☆☆取材していただきました☆☆