こんにちは。

女性のキャリアをブランディングする、

複業ワーママ 水瀬まいです。

 

自己紹介はこちら
🌸私が発信を始めるまでのキャリアストーリー
🌸私がブランディング&四柱推命を使ってキャリアを考えている理由

 

 

なんと!

 

話題の新メディア『日経xwoman』の開発長、

日経BP社の内田久貴さんをゲストに迎え、


コミュニティ立上げの裏側を

赤裸々に語っていただいた、
MYコンパスカレッジ6月定例会。

 

 

…鳥肌立ちました(((゚Д゚)))✨

 

 

左が内田さん。
今回もオンラインで全国各地・国内外の生配信〜。

 

 

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ 

日経xwoman(クロスウーマン)とは?

共働き世帯向けメディア「日経DUAL」に加え、

今年発足した20-30代向け「日経doors」、

40-50代向け「日経ARIA」をクロスした、

働く女性の声からこの国を変えていくWEBメディア。

▼ブランドムービーはこちら

https://woman.nikkei.com/atcl/info/051600016/

✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ 

 

 

 

今回の定例会タイトルは

「女性コミュニティ立ち上げの裏側」

だったのですが、

 

 

正直なところ、

大企業の裏側だから私が参加前に

イメージしていた裏側はこんな内容。

↓  ↓  ↓

 

 

「事業会社としての壁と葛藤」

↑社会貢献性高いものは採算回収しにくいあるある

現場はやる気だがいざとなると決裁下りないあるある

 

「揉まれるうちにターゲットがずれていく」

↑社内調整が大変な大企業あるある

 

「テーマがデリケートが故の扱いにくさ」

何を書いてもどこかから反発があって、

身動きとれなくなるあるある

 

 

 ↓  ↓  ↓

 

 

……。

 

 

ぜーーーーんぜん、

次元が違いました!!

(ごめんなさい!!)

 

 

 

内田さんのお話で分かったことは、
最終的に世の中を動かすのは、

会社じゃなくて「人」の力だということ。

 

 

 

だって、

あの日経新メディアの要をなる人員を、


内田さん個人のFacebookの繋がりを元に、

社外の人間ひとりずつ、

地道に声をかけていったなんて、

想像つきます…?!

 

 

 

衝撃的すぎて、

「うええぇぇ」って声が出ましたよ…!👀

 

 

 

 

 

 

「自分のアイデアを人に話したら、

周り中から"それはない"と否定される」
 

 

「その道のプロから、協力どころか

"やめたほうがいい"と諭されてしまった」

 

 

「"成功するか分からないことに

予算も人員も割けない"
という正論にぐぅの根も出ない」

 

 

 

だから断念せざるを得ない…。


そんなジレンマと感じたことのある方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

そんな、

「それはしんどい…!😱」という

衝撃エピソードのオンパレードを、

 

 

夜道を自転車で猛滑走して

大声で歌う🚴‍♂️ことで発散しながら、

乗り越えていったという内田さん😂

 

↑予想外すぎるメンタルの整え方

 

 

 

 

 

特に私の心に響いた言葉を、

2つご紹介します。

 

 

 

◆「味方はひとりもいなくても大丈夫」

 

 

 

「新しいことをするとき、

社内の援軍はまず期待できない。

社外に協力を求めたほうが早い。

 

プロジェクトを進めるうちに、

社内の協力者が現れる場合もある。」

 

とのこと。

 

 

 

この言葉を聞いた瞬間は

「強いなぁ…」と思ったのですが、

 

 

むしろ、

 

「味方を募れる場所はいくらでもある」

「居場所は自分次第でつくれる」

 

という話なのかもしれないと、

帰り道に咀嚼していました。

 

 

「個人」が「会社」を飛び越える時代の今、

「社内」にがんじがらめになる必要はないし、

 

それ以外のチームや家族や友人関係も、

「今この場にいる関係者」

に絞って考える必要はない。

 

 

思い返せば、

私が2年前にドン底ワーママを脱したのも、

インターネットや社外のセミナーで

出逢った人達のおかげ。

 

 

味方はいくらでも探しに行けるし、

世界のどこかに共感する人はいる。

 

 

そのために、信じて動くこと、

諦めずに伝えることが大切なんですね。

 

 

 

 

◆「誰の仕事でもない仕事に勝機がある」

 

 

 

4月1日生まれで、

学年で一番幼い存在。

 

だから子供の頃は、

何をしても同級生より遅い、

勝てないという体験をしてきたそう。

 

 

だからこそ生まれたのは、

 

「他の人がやろうとしないこと、

面倒くさがるようなことをやる」

 

というスタンス。

 

 

 

「なんで自分がこんなことを…」

「これって、私の仕事?」

 

 

と愚図っていてもしかたない。

 

 

「新しい仕事に担当がいるわけない。

誰の仕事でもないのだから。

 

 

という言葉にもハッとさせられました。

 

た、た、たしかに。

 

 

 

 

 

そうやって、

フットワーク軽く動き続けた結果、

新しい世界が広がっていき、

 

 

今の日経xwomanプロジェクトは、

当初からは想像つかなかった景色

辿り着いているそうです🌸

 

 

 

内田さんのキャリアストーリーと

滲み出る人間力に、
心動かされまくりの2時間でした。

 

 

 

xwomanの世界観に共感した、
たくさんの働く女性達の想いを乗せた

webメディア。

ぜひ覗いてみてください😊

 

 

 

🌸働く女性のための世代通貫型メディア

「日経xwoman」(クロスウーマン)

20-50代のあらゆる女性を応援します。
https://woman.nikkei.com/

 

🌸コミュニケーション型プラットフォーム

「日経xwoman Terrace」

無料会員、有料会員、アンバサダーで

世代を超えて語り合える場。
https://woman.nikkei.com/terrace/

 

 

 

"ℹ︎"クリエイト 個別相談 受付中♪

 

本当は、ちょっとしんどい…。

そんなあなたが"好きな自分"を取り戻せる

キャリアブランディング講座

『"ℹ︎"クリエイト』

 

元大手メーカーブランドマネージャー、

現役人材業界の会社員が、

あたなだけの価値の見つけ育てます🌱

 

🌸講座詳細・お申込みはこちら

🌸公式HPはこちら

 

※参考記事※

私がブランディング&四柱推命を使って

キャリアを考えている理由