ハーピン・ジョーの山フォト日記

ハーピン・ジョーの山フォト日記

HARPIN’JOEの山登り写真です。
photo by tiny

【連絡】
文章はヨメが書いてます(*´ω`*)

2019年1月
・新しい記事アップしました!
2017年8月
・わたしのザックの中身2017年版アップしました!

たくさんの方に楽しみにしていただいていただいて、ありがとうございます。
がんばってアップしないと、たまってる・・・ヾ(;´▽`A``


HARPIN’ JOEです。ミュージシャンのかたわら大好きな山を登っています。
長野に遊びに行ったときに見たアルプスの山々に衝撃を受け、登山を始めました。
大阪に住んでいるのでアルプスには年1度くらいしか行けませんが
近郊の里山にもおもしろいところがいっぱいあり
テント泊やプチ縦走、もちろん日帰り登山などを楽しんでます。
そんな山行記を写真とともにお楽しみください。



詳しい山行記はHARPIN’JOEのHPをごらんください。
http://www.harpinjoe.com/


当ブログ内オススメのページです
おまけ 私のザックの中身 ~山女子・テント泊編
おまけ 私のザックの中身 ~山女子・テント泊編2
おまけ 私のザックの中身 ~山女子・テント泊編3
NEW!

2013年8月11日 常念山脈縦走・1 燕岳
2011年7月10日 チタンコッヘルで米を炊いてみた
2015年5月2日~4日 ダイヤモンドトレール縦走 おまけ・私の山ごはん
(コッヘルで炊飯)
2015年4月26日 アライテント・ドマドーム購入
2013年5月3日~5日 ダイヤモンドトレール縦走
2013年9月21~23日 栂池から白馬大池~白馬岳・・・には行けず小蓮華山で撤退 その1


年月日別の目次を作ってみました
年月日別 目次


ジャンル別の目次もまとめました
テント泊山行
山域別目次
山道具・その他
山ごはん・山女子ネタ


Joe’s Boogie/ハーピン・ジョー;HARPIN’ JOE


 

¥2,500
Amazon.co.jp
2ndアルバム好評発売中!

管理人:tiny http://www001.upp.so-net.ne.jp/tinyjazz/
表紙写真・ブログ内写真:tiny


おまけ私のザックの中身 ~山女子・テント泊編5

 

 

ヨメです。登山をするようになってもう10年の月日が流れました。

もう山ガールとは言えない歳になりましたが、がんばってテント泊しています。

今回はハ氏が高山病と腰痛のため二人では狭すぎて寝られないため

一人ずつをテントを張りました。ヨメ、初めてのソロテントでございます!

 

私のザックの中身のアクセス数が相変わらずすごいことになっておりまして

ありがたい限りでございます。

 

いままでのザックの中身シリーズ

 

おまけ 私のザックの中身 ~山女子・テント泊編

金剛山(1125m)10月13日ちはや園地キャンプ場1泊2日

 

おまけ 私のザックの中身 ~山女子・テント泊編2

2015年8月12日~16日北アルプス新穂高温泉から双六岳・三俣蓮華岳

 

おまけ 私のザックの中身 ~山女子・テント泊編3 

2017年8月 北アルプス表銀座縦走

 

おまけ 私のザックの中身 ~山女子・テント泊編4

2019年5月2~4日 ダイヤモンドトレイル縦走

 

 

今回は 2019年8月13・14日 北八ヶ岳 白駒池~中山~黒百合ヒュッテ~東天狗岳 へ行った時の装備です。

 

※今回はテント一式持ってます!

使用しているテントはコレ。初めて買った2~3人用テント、トレックライズ2です。

↓↓↓↓↓

2011年7月8日 念願のテント購入

 

 

【今回の重量】18.5Kg(水1.5L、一眼レフカメラ含む)

(2泊3日テント泊縦走予定。天候悪化のため1泊2日になりました)

 

 

【テント・寝具他】

 

 

1.テントとポール・・・トレックライズ2(アライテント)。1680g。ヨメ、初めて自分でテントを担いで登ります。

2.寝袋・・・モンベル。ULダウンハガー#3。付属の袋は入れづらいので、OR(アウトドアリサーチ)の圧縮袋を使用。ざっくり入れて、ひもを引っ張るだけで軽い力でも圧縮できる優れもの。

3.テント用グランドシートとペグ

4.マット・・・ニーモ。軽量で快適。軽量化のため120cmの短めを購入。足は出ますが私は身長148cmなので問題なく使えます。

5.エマージェンシーキット・・・痛み止め、風邪薬、ぜんそくの発作止め、ばんそうこう、常備薬、強粘着テープ、靴ひも、防水マッチ、固形燃料、膝用テーピング、ガーゼ、エマージェンシーシート、ライター

6.テントの中敷き

 

 

【サブザック・カメラ他)

 

1.サブザック・・・グレゴリーTURF25。グレゴリーのデイパックをサブザックとして使用。

テントをベースキャンプにして行動するのに便利。

2.カメラ・・・一眼レフカメラ(オリンパスE510)、望遠広角レンズ、予備バッテリー、レンズを拭く布、レンズクリーナー、UVリップ、あめ、髪ゴム、簡易エマージェンシーキット(バンソウコウ、痛み止め、消毒液)、ティッシュ、カメラバック(ノースフェイス)

3.雨具・・・ノースフェイス。ゴアテックスプロシェル。

4.イス・・・ドッペルギャンガー。小さくて軽量。

5.トレッキングポール・・・折りたたみトレッキングポール(SHINANO)。軽くて折りたためて便利です。最近は1本しか使いませんが、いちおう2本持っていきます。

6.TERMOS(500ml)・・・テン場で湯を沸かしたらすぐこれに入れておけばガスの節約になります。夕食の時に沸かしてこれに入れておき、翌朝使います。

7.ナルゲン(1L)

8.充電器・iPhoneの充電コード・・・濡れないようロールアップ式スタッフバッグに入れてあります。ガラケーを買い換えたため電池が使えなくなりました。早く新しいのを買わないと。

化粧品・・・いつも使っているものを小さいジップロックに入れて。コンパクトは鏡が付いているので必携。毛抜きも入ってます。

クマよけの鈴(チャムス)・・・音が少し鳴るのでフリース生地の小袋に入れて。

おやつ・・・チョコチップクッキー(大好物のセブンイレブンのもの)、かっぱえびせん、プチマドレーヌ、そのまんまゆず(ゆずの皮の砂糖漬け)、アミノバイタルの予備、スポーツようかん(井村屋)、ミックスナッツ(塩分のあるもの)

ロープ(4mm×6m)・・・木にくくりつけて物干しにしたり何かと使えます。

ヘッドランプ・・・ペツル。山行用。テント用には別にもう一つ簡易タイプの物を持っています。

※今回プラティパスの予備を忘れました

 

 

【食料】

 

1.アルファ米保温バッグ(マウンテンダックス)・・・アルファ米だけでなくレトルトを温めたあとこれに入れてお腹に挟んでおくと冷めにくいし暖かいし一石二鳥なのです。

2.ウエットティッシュ・・・あちこちに忍ばせています

3.ガス缶の脚と風防・・・風防は牛乳パックにアルミ箔を貼って手作りしました。軽いです。

4.コーヒーとお茶・・・インスタントコーヒーと粉末緑茶は最もよく飲むのでナルゲンボトルに入れて。量を調節できるしゴミも出ません。ナルゲンボトルなら中身もこぼれないので安心。今回は粉末麦茶も(レギュラー化決定!)

5.マグカップ・・・DINEXのマグカップ。中身が冷めにくく、丈夫。スープ、コーヒー、湯で戻す丼の具等なんでもこれを使います。

6.粉末飲み物各種・・・紅茶、ココア(ヴァンホーテン。リッチ!)、じゃがいものポタージュ

7.スポークと箸・・・スポークは言わずもがなのスプーンとフォークが両方使えるもの。ケースも売っています。箸はホームセンターで購入した組立て式。やはり麺は箸で食べたい。

8.シリコンボール・・・シリコンでできた折りたたみ式お椀。ジャバラ状になっています。フタ付き。カップヌードルリフィルを作る際にはジップロックを入れて汚れないようにします。レトルトシチューを食べる時にも。なにかと便利です。

9.ガス(イワタニプリムス)・・・ガス缶カバーもつけてます

10.ケトル(やかん)・・・トランギア。900ml。とにかく気に入っています。湯が沸くのも早い。

注ぎ口もちゃんとついています。ハンドルが固定されるようになっています。

持ち手もシリコン付きで熱くないように工夫されています。レトルトも中に入れて温められます。

5月に1.4Lのケトルを持っていったんですが、沸くのに時間がかかることが判明。ガスがもったいないので小さい方に戻しました。

11.バーナー(イワタニプリムス)・・・プリムススパイダー。普通のガスカートリッジでガソリンバーナーのような形状。火の出るところがカートリッジの上ではなく別置きなので安全。火力もすごい。

12.パスタ・・・オーマイ早ゆで2分カールマカロニ。ソースはS&B生風味たらこ混ぜるだけ。やかんでマカロニを茹で、湯はコップへ注いで味噌汁を作り、マカロニはジップロックへ移してソースをかけます。何もかも汚れないので気に入っています。5月に試してみてとても便利で美味しかったのでレギュラー化決定。

マヨネーズ・・・キューピー小袋入り

フリーズドライ味噌汁・・・アマノフーズ。なすの味噌汁がお気に入りです。

予備のアルファ米・・・アマノフーズ。五目ごはん。水を入れても出来上がるので非常用として。

カレーカップヌードル・・・お湯を入れるだけで食べられるので。お弁当にもいいし、夜豪雨になって外で調理できないときなど、そのまま食べられるので便利。とうとうリフィルもやめ(!)、カップで持ってってます(^^ゞ

※そのまま食べられるもの・・・バターロール(4ケ入)、神戸屋のパン3つ(諏訪湖SAで購入)、生八つ橋、ドーナツ1個、安永餅1個、マネケンのワッフル、魚肉ソーセージ1本。これらをモンベルのゴミ用スタッフサックに入れてザックの脇に装着。

これがなければねえ・・・もう少し軽くなるのにねえ・・・でも、でも!(食べたい)

 

 

【洗面・着替え等】

 

1.歯ブラシ・・・最近は歯ブラシをそのまま持ってあがります。ちょっとした水でも磨けます。歯磨き粉はダメ。

化粧水と乳液・・・普段使っているものを小瓶に分けて。ショップで試供品をもらったのを使ってます。

日焼け止め・・・サラサラタイプを使ってます

メイク落とし(ビオレ)・・・シート状のものを使ってます

髪ゴム・・・予備で持っていきます

洗濯バサミ・・・テントの中でタオルを干したり、小屋で登山靴の目印にしたり、何かと重宝。

ブラシ・・・ホテルでもらった簡易のものをずっと使ってます。折り畳めて便利。洗えるし。

洗面用具入れ(モンベル・トラベルキットパックM)・・・軽量でポケットもたくさんあって重宝しています。

2.ソフトシェル・・・マムート(夏用)。これは便利。風を避けるだけで暖かくなるし、多少撥水するので少しの雨やガスの時も着ておけます。山行中もテン場でも重宝。

3.帽子・・・カリマー。つばとの隙間にメッシュが入っていて通気性がよく快適。

4.薄手のダウンジャケット(モンベル)・・・これも防寒対策。寝るときもこれを着て寝袋に入るとより暖かいです。

5.エコバッグ・・・チャムス。雑誌のオマケで付いてきた。テン場で荷物を持って移動するとき便利。テント内で荷物をまとめておくのにも便利。

6.モンベルのゴミ用スタッフバッグ・・・ロールアップ式でニオイが出ません。初日はここにパンを入れてザックのサイドに取り付けて持って上がります。動物除けのためと型崩れ防止のため。中に大きいジップロックを入れておけば、さらにニオイが出なくて○。

7.タオル・ネックウォーマー・メリノウールの手袋(モンベル)・・・ネックウォーマーは防寒、寝るときに寝袋に顔の汚れが付かないように、マスクの代わり等大変重宝します。メリノウールの手袋は年中使ってます。モンベルのは安くて暖かいです。

8.ショルダーバッグ(ミレー)・・・テン場で重宝しています。山行前後の車移動の時から使います。財布・携帯・iPhone・簡易ヘッデン・ウエットティッシュ・ティッシュ・パンティライナー

 

 

【ザック】

 

ザック・・・グレゴリー。ディバ70。背負いやすく、従来のタイプより軽くなっています。

サイドのドリンクホルダーが改良されてペットボトルを取り出しやすくなりました。

ウエストハーネスには大きめのポケットが付いているのでおやつなど入れておけます。

すべてのベルトが細く、短めになりました。使いやすいです。

サイドポケット・・・トレッキングポール、小さいパイプ椅子(ドッペルギャンガー)、テントポール

オモテ面のポケット・・・ジッパーが縦開きになっていて、入っているものが見やすいです。

内側にもポケットが付いています。本当はここに付属のザックカバーが入っていたのですが、

使い勝手が悪かったので買い換えました。

ここに、ゴザ・ビニール袋、ウエットティッシュ・トイレセットを入れています。

今回はここにエマージェンシーキットを入れてみました

 

 

【その他】

 

スタッフバッグ40L・・・ザックの中に入れて使えるだけでなくテント内で物を入れておくのも便利。出かけているときに寝袋を入れておいたり、テント外で荷物をパッキングするときに荷物を入れておくのにも便利。

ウエットティッシュ(アルコール付とアルコール無し)、ジップロック、ホッカイロ、ござ(100均で購入。テントを張るときやちょっと休憩するときなど便利)

腕時計(プロトレック)、非常用笛、十徳ナイフ(ビクトリノックス)、小銭入れ

ビニール袋120L(ザックまるごと入るゴミ袋。これにザックを入れてドマドームの土間に置いておきます)

コンビニの袋各種。大きいものは靴を入れておいたり。何かと必要。

トイレキット(ウエットティッシュ、ティッシュ、ジップロック(使用後の紙を入れる))

折畳み傘(スノーピーク)・・・とても軽くて便利。テン場や移動時など必要です。

手袋各種・・・フリース手袋、雨用手袋、軍手(手が小さいので子供用)

地図(必要な部分をコピーしてビニール袋に入れる)、コンパス、コンパクトデジカメ・・・これらを小さいポーチ(ミレー)に入れてショルダーハーネスに装着します。このミレーのポーチはベルトも短くなっていて装着しやすいです。

 

 

おまけ私のザックの中身 ~山女子・テント泊編4へ・・・

 

2019年8月13・14日 北八ヶ岳 白駒池~中山~黒百合ヒュッテ~東天狗岳

 

(8月12日)晴れ

16:57 白駒池駐車場(車中泊)

 

(8月13日)晴れ夕方雷雨

4:47白駒池駐車場登山口―5:10白駒池―6:30高見石小屋(高見石、休憩)7:27―9:20中山展望台―10:01中山山頂―10:45中山峠―10:55黒百合ヒュッテテン場(テント泊)

 

(8月14日)早朝曇りのち雨

4:55黒百合ヒュッテテン場―5:00中山峠―6:07天狗の奥庭分岐―6:27東天狗岳―8:15黒百合ヒュッテテン場(撤収下山準備)10:40出発―11:42中山展望台―13:50高見石小屋―15:40白駒池―16:07白駒池駐車場

 

 

毎年7月の3連休に南八ヶ岳へ行っていましたが

今年は初めて北八ヶ岳に行ってみました。

 

思えばまだ登山をやっていない頃、観光で蓼科へ行ったことがあります。

ピラタスロープウェイ(現在の北八ヶ岳ロープウェイ)で初めて2000m以上の山上へ。

縞枯山荘まで足を伸ばした時に見た、木道とザックを背負った人たちの姿。

これを見て、いつか自分たちも!と思ったのが我々の登山のきっかけでした。

 

さて、今回ですが。。。

台風10号がお盆休みのど真ん中、8月15日に西日本を直撃することがもう決まっていたので

山行の日程が本当に難しかったです。

お盆休みの前半で行くか、それとも台風が通り過ぎたあとの後半で行くか・・・

 

最初の予定では

白駒池~中山~黒百合ヒュッテ~天狗岳~根石岳~箕冠山~夏沢峠

だったのですが、15日の台風前後は風や天候が悪そうなので

この山行予定は厳しい。

それでも、行けるところまでいってみよう、ということにして

とりあえず北八ヶ岳を目指したのでした!

 

 

東天狗岳と奥には硫黄岳。

 

 

(8月13日)

 

白駒池駐車場。¥500/日。トイレあり。

 

 

 

いよいよ入山です

 

 

白駒池。早朝の素敵な風景にテンション上がります。

 

 

ボートもあります

 

 

 

白駒荘の奥から入っていきます

 

 

しばらくは木道が続きます。

苔の森、というだけあって、ちょっとヌルヌル滑りやすそうです。

 

 

 

 

 

高見石小屋

 

 

 

小屋の裏手が高見石。絶景とのことなので、行ってみることに。

 

 

 

ほんとに絶景!でした。

帰りは雨だったので、行きに登っておいて良かったです。

 

 

蓼科山のはるか向こうに北アルプスが見えます。

 

 

小屋の前からいよいよ延々と続く中山の上りへ。

 

 

頑張るしかないね、の顔。

 

 

 

苔むしたゴロゴロ岩が延々と続きます。

休むところもない直登で、なかなかつらい。修行です。

 

 

セイタカスギゴケ

 

 

 

苔の森が続きます

 

 

 

キノコ。これはなんのキノコかな・・・

 

 

 

ゴゼンタチバナ

 

 

1時間半ほどひたすら上ってようやく稜線に出ました。

 

 

 

ここ、帰りは池のようになっていました

 

 

中山展望台

 

 

 

展望よかったです

 

 

中山山頂(2496m)

眺望なし。

 

 

2496mか・・・

 

 

 

北八ヶ岳はずーっと森に囲まれています

 

 

 

ハ氏がミソサザイの巣を発見!

卵は親指の爪ほどしかありません。かわいい~~!

 

こんな登山道脇にあって、大丈夫かな。心配です・・・

 

帰りに通ったとき、親鳥がいてちゃんと温めてました。

無事にヒナが孵るといいな。

 

 

 

木道

 

 

 

にゅう分岐

 

 

 

見晴らし台

 

 

おおっ!天狗岳がチラッと!!

奥には硫黄岳も!

 

この山行で唯一、山が見えたのはこの時だけ。

台風の前だったから、仕方ないですね。

見れただけでも良かった。

 

 

中山峠

 

 

黒百合ヒュッテテント場に到着。

学生さんのパーティーでテントがたくさんありますが

そんなに混んでいませんでした。台風の影響かな?

 

 

今年腰を悪くしてしまったハ氏。

二人で一つのテントに寝ることができないため

今年は場所をとってしまって申し訳ないのですが一人ずつテントを張ることに。

 

久しぶりにアライテントのトレックライズ登場。ヨメ初めてテントを担いで上がってきました!

 

ハ氏にあれこれ指導されながら、一人でテントを張ってみるヨメ。

た、たいへんだなこりゃ・・・

 

黒百合ヒュッテです。テレビでよく見る~~

 

 

中も素敵。ザ・山小屋、といった風格。

 

 

受付

 

宿泊客とテント客、どちらにも飲料水を分けてもらえました。

黒百合ヒュッテには水場がないので、貴重な飲み水をありがとうございます。

おそらく、天水だと思われます。

 

 

泊まり客じゃないけど、ちょっと寝転んでみました。

 

 

贅沢にもビーフシチューセット。

ものすごくオシャレで、ものすごく美味しい。

生野菜がうれしいです。

 

 

 

 

【 2日目 】

 

学生さんのパーティーは早朝に発たれました。

引率の先生がとても素晴らしいリーダーシップをとっておられて

それはもう、静かで統率のとれた、素晴らしいパーティーでした。

 

 

ハ氏は高山病の影響で胃腸の具合が悪いので

ここからはヨメ、一人で天狗岳にアタックしてまいります!

 

 

中山峠

 

 

ちょっとしたハシゴ。帰りは雨が降って、ツルツル滑りました。

 

 

 

一瞬青空が!

 

 

 

分岐ではありませんが標識が立ってます。

ここで、ガイドさんと一緒に登っている女の子と出会いました。

早朝なのと、天候が悪いのとでずっと一人だったため、ちょっとホッとしました。

 

 

トウヤクリンドウがたくさん咲いてました。

 

 

 

中山峠までの道のりも岩だらけでしたが、ここからはさらに大きな岩がゴロゴロ。

 

 

 

このあたりで雨が降ってきました。

慌てて雨具を装着。

あっ、そうそう、ザックカバーもしなくっちゃ。

 

そういえば前を行くガイドさんと女の子はなぜ立ち止まっていたかというと

さっきのトウヤクリンドウのところで雨具を装着していたんですね。

 

さすが、ガイドさん。天気をよむなあ。

 

 

ガイドさんではないけれど、ハ氏がいてくれたら

早めに雨具を着なさいとか、ザックカバーを付けたほうがいいとか

いろいろアドバイスしてくれるのになあ・・・

(一人だと、雑になってしまって)

 

 

やっと装着して、進み出してカメラバックのレインカバーもしなきゃ!と気づく。

雨の日はたいへんです。

 

キオン

 

この花は初めて見たかも。

八ヶ岳・霧ヶ峰植物手帳(著・新井和也) より。

 

 

天狗の奥庭分岐

 

このあたりから、ようやくアルプスの稜線らしい風景になってきました。

ガスってますけど(^^ゞ

 

 

 

東天狗岳到着です!

 

 

 

 

東天狗岳には、この標識のみ。

 

 

 

あっ|゚Д゚)))!!

太陽が!!!!

 

真っ暗で、ガスも出て、雨も降って、風も強くなってきて、、、だったのに。

 

おかげさまで、山頂の写真を撮ることができました。

山の神様、ありがとうございます。

 

 

ガイドさんと女の子は西天狗岳へ向かいました。

ガイドさんがいれば、安心ですね。

私は単独なので、早めに黒百合平へ戻ります。

 

 

 

ダイコンソウ

 

このあたりで出会ったお兄さん。

ものすごいスピードです。なんでも、昨日女神湖から来て赤岳で一泊し、

今日女神湖まで帰るんだとか。

 

ええっ!?(* ̄□ ̄*;

 

思わず、そう叫んでしまいました。なかなかの距離ですぞ。

すごいなーーー

 

 

キバナシャクナゲ

 

黒百合平までは森ばかりだったので、お花にあまり出会えず。

だから、ちょっとうれしかった。

 

今度来るときは、唐沢鉱泉のほうから上って、天狗岳から根石岳のほうへ

ノンビリ登ってみたいです。ハ氏と二人で、ね!

 

 

 

さて、テント場に帰り、テントでしばらく休憩。

 

天狗岳までは身軽なデイパックだったとはいえ、なかなかキツイですが

明日は西日本に台風が接近。

これ以上ここにいても、雨が止む気配もない。

なので、本当は15日早朝撤収予定だったんですが、早めに切り上げて下山します。

 

 

雨の中、私のテントも撤収してくれたハ氏。ありがとう。

 

 

シナノオトギリ

 

 

 

見晴し台、帰りは何も見えませんが元気出して帰ろう!!

 

 

 

にゅう分岐

 

 

 

中山の激下りはもうすぐ!

 

 

 

中山山頂

 

 

 

中山展望台で休憩・・・ですが

風も雨も強くなってきました!

 

 

 

岩がゴロゴロの中山を激下り。

ひたすら登ったところを、ひたすら下ります。

 

雨が降って、岩はツルツル、ヌルヌル

土の部分はドロドロ。

 

慎重に、こけないように降りていきます。

 

 

 

やっとこさ高見石小屋到着です。

 

 

すごい雨です

 

 

きのこたっぷりラーメンを注文。温まるし美味しい!

 

 

もうひとふんばり!がんばろう

 

 

もっとも恐ろしい、ヌルヌルの木道の下り。

慎重に降りていきます。

 

 

やっとの思いで白駒池にたどり着くと、虹が!!!

 

 

 

雨上がりの森の風景

 

 

 

素敵なんですけど、つらかった。

 

 

 

登山口までようやく戻ってきました

 

 

 

おつかれさまでした

 

 

 

 

 

 

2019年5月2日~4日ダイヤモンドトレイル おまけ私のザックの中身 ~山女子・テント泊編4

 

 

ヨメです。登山をするようになってもう10年の月日が流れました。

もう山ガールとは言えない歳になりましたが、がんばってテント泊しています。

初めのうちは何でもかんでも持って行ってしまっていましたが

最近は軽量化に励んでおります。

 

私のザックの中身のアクセス数が相変わらずすごいことになっておりまして

ありがたい限りでございます。

 

いままでのザックの中身シリーズ

 

おまけ 私のザックの中身 ~山女子・テント泊編

金剛山(1125m)10月13日ちはや園地キャンプ場1泊2日

 

おまけ 私のザックの中身 ~山女子・テント泊編2

2015年8月12日~16日北アルプス新穂高温泉から双六岳・三俣蓮華岳

 

おまけ 私のザックの中身 ~山女子・テント泊編3 

2017年8月 北アルプス表銀座縦走

 

 

今回は 2019年5月2日~4日ダイヤモンドトレイル へ行った時の装備です。

 

※テント(ドマドーム)の本体とポール、ペグはハ氏が持ってます

(今回はフライシートと中敷きを私が持つことになりました)

使用しているテントはコレ

↓↓↓↓↓

2015年4月26日 アライテント・ドマドーム購入

 

 

【今回の重量】17.8Kg(水1.5L、一眼レフカメラ含む)

(2泊3日テント泊縦走)

 

すごい軽い!自分でもビックリ!

 

 

【服・洗面用具他】

 

 

1.ソフトシェル(冬用)マムート・・・今年は例年と違って少し肌寒いので冬用のソフトシェルにしました。葛城山の山頂は寒いんです。

2.フリース ホグロフス・・・これも防寒対策。

3.タオル・ネックウォーマー・メリノウールの手袋(モンベル)・・・ネックウォーマーは防寒、寝るときに寝袋に顔の汚れが付かないように、マスクの代わり等大変重宝します。メリノウールの手袋は年中使ってます。モンベルのは安くて暖かいです。

4.薄手のダウンジャケット(モンベル)・・・これも防寒対策。寝るときもこれを着て寝袋に入るとより暖かいです。

5.着替え・・・長ズボン(マムート)夏用で登山用のもの。下山時はこれで帰ります。Tシャツ、靴下も着替えるとニオイが減ります。メリノウールのタイツは軽いので持っていきます。

6.着替えを入れるジップロックとコンビニの袋・・・寝るときはこれに入れて枕にします。

7.洗面用具(入れ物はモンベル)

8.スリッポン・・・モンベルで購入。かなり軽い。テン場ではこれです。

9.雨具・・・ノースフェイス。ゴアテックスプロシェル。2着持っていて、こちらはデザインがダサイほう(笑)

 

 

 

キョロキョロ「なにやってるん??」

 

 

 

あらっ、ムウくんが来ました

 

ムウくんおいで~~(・(ェ)・)

 

 

「わ~!なんかいっぱいあるな。」

 

 

(ムウくんは過去にも登場しています)

2015年4月26日 アライテント・ドマドーム購入

 

 

「これ、なに~??」

 

「これはね、洗面道具入れの中身やで」

 

「ふーーーん」

 

【洗面用具】

 

1.歯ブラシ・・・最近は歯ブラシをそのまま持ってあがります。ちょっとした水でも磨けます。歯磨き粉はダメ。

2.化粧水と乳液・・・普段使っているものを小瓶に分けて。ショップで試供品をもらったのを使ってます。

3.日焼け止め・・・サラサラタイプを使ってます

4.メイク落とし(ビオレ)・・・シート状のものを使ってます

5.髪ゴム・・・予備で持っていきます

6.洗濯バサミ・・・テントの中でタオルを干したり、小屋で登山靴の目印にしたり、何かと重宝。

7.ブラシ・・・ホテルでもらった簡易のものをずっと使ってます。折り畳めて便利。洗えるし。

8.洗面用具入れ(モンベル・トラベルキットパックM)・・・軽量でポケットもたくさんあって重宝しています。

 

 

【食料】

 

1.ガス(イワタニプリムス)・・・ガス缶カバーもつけてます

2.バーナー(イワタニプリムス)・・・プリムススパイダー。普通のガスカートリッジでガソリンバーナーのような形状。火の出るところがカートリッジの上ではなく別置きなので安全。火力もすごい。

3.やかん(トランギア)・・・1.4L。最近は山で調理をすることもなくなり、湯を沸かせば出来上がる物やパンなどを食べています。なので今回はさらに大きなやかんを購入。二人分沸かせます。安い。1.4Lとありますが、恐らく1.2Lぐらいが限界かと思われます。

4.ガス缶の脚と風防・・・風防は牛乳パックにアルミ箔を貼って手作りしました。軽いです。

5.マグカップ・・・DINEXのマグカップ。中身が冷めにくく、丈夫。スープ、コーヒー、湯で戻す丼の具等なんでもこれを使います。

6.コーヒーとお茶・・・インスタントコーヒーと粉末緑茶は最もよく飲むのでナルゲンボトルに入れて。量を調節できるしゴミも出ません。ナルゲンボトルなら中身もこぼれないので安心。今回は粉末麦茶も(おいしい!)。

7.粉末飲み物各種・・・紅茶、ココア(ヴァンホーテン。リッチ!)、じゃがいものポタージュ

8.塩・コショウ・・・MSRの調味料入れスティックに入れて

9.スポークと箸・・・スポークは言わずもがなのスプーンとフォークが両方使えるもの。ケースも売っています。箸はホームセンターで購入した組立て式。やはり麺は箸で食べたい。

10.アルファ米保温バッグ(マウンテンダックス)・・・アルファ米だけでなくレトルトを温めたあとこれに入れてお腹に挟んでおくと冷めにくいし暖かいし一石二鳥なのです。

11.ウエットティッシュとティッシュ・・・あちこちに忍ばせています。何かと使います。あと、ジップロックMサイズとコンビニの袋も。ゴミを入れておくのに便利。

12.カップヌードル・・・非常食として携帯。湯を入れるだけで食べられるし食器も使わないスグレモノ。

13.フリーズドライ味噌汁(アマノフーズ)・・・私はこのなすの味噌汁がお気に入りです。

14.レトルトフーズ・・・今回はシチュー(ハウス)。やかんで温められるので便利。これとマーガリン入りバターロールで夜ご飯です。

15.ワッフル(マネケン)・・・どんな時に食べても美味しい。長持ちするので非常食にも。

16.シリコンボール・・・シリコンでできた折りたたみ式お椀。ジャバラ状になっています。フタ付き。カップヌードルリフィルを作る際にはジップロックを入れて汚れないようにします。レトルトシチューを食べる時にも。なにかと便利です。

17.パスタ・・・オーマイ早ゆで2分カールマカロニ。ソースはS&B生風味たらこ混ぜるだけ。やかんでマカロニを茹で、湯はコップへ注いで味噌汁を作り、マカロニはジップロックへ移してソースをかけます。何もかも汚れないので気に入っています。

18.TERMOS(500ml)・・・テン場で湯を沸かしたらすぐこれに入れておけばガスの節約になります。夕食の時に沸かしてこれに入れておき、翌朝味噌汁を食べるのに使います。十分熱いです。

19.ナルゲン(1L)

 

 

【食料2・そのまま食べられるもの】

 

コンビニのパン・・・マーガリン入りバターロールがお気に入りです。どんな状況でも食べられます。賞味期限も長い物が多いです。

コンビニのおにぎり・・・初日の昼ご飯や夜ご飯、翌朝の朝食や昼ご飯にもなります。真夏の里山でなければ大丈夫です。

モンベルのゴミ用スタッフバッグ・・・ロールアップ式でニオイが出ません。初日はここにパンを入れてザックのサイドに取り付けて持って上がります。動物除けのためと型崩れ防止のため。中に大きいジップロックを入れておけば、さらにニオイが出なくて○。

 

ザックの横に装着すれば、パンやおにぎりが型崩れしにくいです。

食べ終わったらゴミ入れに。

 

 

【寝具・ツェルト・エマージェンシーキット・ポールなど】

 

1.寝袋・・・モンベル。ULダウンハガー#3。付属の袋は入れづらいので、OR(アウトドアリサーチ)の圧縮袋を使用。ざっくり入れて、ひもを引っ張るだけで軽い力でも圧縮できる優れもの。

2.マット・・・ISUKAコンフィマットレス120cm。32mmもの厚みがあるウレタンマットのためやや重い。ニーモの軽量マットを持っていますが今回は温存して古い方に。少し大きめのスタッフサックに入れてベルトで縛ります。

3.ツェルト・・・ピコシェルター、ペグ。自在付きの張り綱は装着してあります。

4.エマージェンシーキット・・・痛み止め、風邪薬、ぜんそくの発作止め、ばんそうこう、常備薬、強粘着テープ、靴ひも、防水マッチ、固形燃料、膝用テーピング、ガーゼ、エマージェンシーシート、ライター

5.防水ドライバッグ(SEA TO SUMMIT)、フリース材小袋(テント内でカメラを収納)

6.トレッキングポール・・・折りたたみトレッキングポール(SHINANO)。軽くて折りたためて便利です。最近は1本しか使いませんが、いちおう2本持っていきます。

7.テントの中敷き

8.テントのフライシート・・・最近山で体調の悪いハ氏。今回からハ氏の荷物の軽減のためテントも分担して持つことになりました。

 

 

【その他装備品】

 

1.充電器・iPhoneの充電コード・・・濡れないようロールアップ式スタッフバッグに入れてあります。ガラケーを買い換えたため電池が使えなくなりました。早く新しいのを買わないと。

2.化粧品・・・いつも使っているものを小さいジップロックに入れて。コンパクトは鏡が付いているので必携。毛抜きも入ってます。

3.クマよけの鈴(チャムス)・・・音が少し鳴るのでフリース生地の小袋に入れて。

4.おやつ・・・チョコチップクッキー(大好物のセブンイレブンのもの)、かっぱえびせん、プチマドレーヌ、そのまんまゆず(ゆずの皮の砂糖漬け)、アミノバイタルの予備、スポーツようかん(井村屋)、ミックスナッツ(塩分のあるもの)

5.ロープ(4mm×6m)・・・木にくくりつけて物干しにしたり何かと使えます。

6.ヘッドランプ・・・ペツル。山行用。テント用には別にもう一つ簡易タイプの物を持っています。

7.プラティパス1L・・・予備のプラティパス。テン場で水汲みをする時に必要。丸めて小さくなるのがよい。

8.エコバッグ・・・チャムス。雑誌のオマケで付いてきた。テン場で荷物を持って移動するとき便利。テント内で荷物をまとめておくのにも便利。

9.スタッフバッグ40L・・・ザックの中に入れて使えるだけでなくテント内で物を入れておくのも便利。出かけているときに寝袋を入れておいたり、テント外で荷物をパッキングするときに荷物を入れておくのにも便利。

10.ウエットティッシュ(アルコール付とアルコール無し)、ジップロック、ホッカイロ、ござ(100均で購入。テントを張るときやちょっと休憩するときなど便利)

11.モンベルのゴミ用スタッフバッグ・・・ロールアップ式でニオイが出ません。初日はここにパンを入れてザックのサイドに取り付けて持って上がります。動物除けのためと型崩れ防止のため。中に大きいジップロックを入れておけば、さらにニオイが出なくて○。

12.腕時計(プロトレック)、非常用笛、十徳ナイフ(ビクトリノックス)、小銭入れ

13.ビニール袋120L(ザックまるごと入るゴミ袋。これにザックを入れてドマドームの土間に置いておきます)

14.コンビニの袋各種。大きいものは靴を入れておいたり。何かと必要。

15.トイレキット(ウエットティッシュ、ティッシュ、ジップロック(使用後の紙を入れる))

16.折畳み傘(スノーピーク)・・・とても軽くて便利。テン場や移動時など必要です。

17.手袋各種・・・フリース手袋、雨用手袋、軍手(手が小さいので子供用)

18.地図(必要な部分をコピーしてビニール袋に入れる)、コンパス、コンパクトデジカメ・・・これらを小さいポーチ(ミレー)に入れてショルダーハーネスに装着します。このミレーのポーチはベルトも短くなっていて装着しやすいです。

 

 

【登山服】

 

1.帽子(ミレー)・・・長年愛用の帽子。この形の帽子が一番いいです。クシャクシャにしても平気なのも気に入ってます。

2.半袖シャツ(モンベル)・・・この手の服は汗が乾きにくいのでアルプスには着て行きませんが、襟があるのでカメラストラップが首に直接当たらないので良いです。

3.メリノウールのシャツ(スマートウール)・・・汗をかいても暖かく、ニオイもあまりないのでメリノウールは手放せません。

4.ショルダーバッグ(ミレー)・・・テン場で重宝しています。山行前後の車移動の時から使います。財布・携帯・iPhone・簡易ヘッデン・ウエットティッシュ・ティッシュ・パンティライナー

5.ズボン(マムート)・・・山頂は寒そうだけど、登るとき暑いのでとりあえず夏用ズボンで行ってみます。

 

 

【ザック】

 

ザック・・・グレゴリー。ディバ70。背負いやすく、従来のタイプより軽くなっています。

サイドのドリンクホルダーが改良されてペットボトルを取り出しやすくなりました。

ウエストハーネスには大きめのポケットが付いているのでおやつなど入れておけます。

すべてのベルトが細く、短めになりました。使いやすいです。

 

サイドポケット・・・トレッキングポール、小さいパイプ椅子(ドッペルギャンガー)

 

 

ザックの底・・・テン場で使うものを詰めます。それぞれスタッフサックに入れておくと詰めやすいです。

寝袋、マット、エマージェンシーキット、ツェルト、着替え、スリッポン、防水スタッフサック

 

2段目・・・背中側に水、テルモス、ガス類、食料と重いものを詰めます

 

一番上・・・テントのフライシート、山行中に着る上着など。

 

全体の背中側にテントの中敷きを差し込んであります。

 

 

オモテ面のポケットはジッパーが縦開きになっていて、入っているものが見やすいです。

内側にもポケットが付いています。本当はここに付属のザックカバーが入っていたのですが、

使い勝手が悪かったので買い換えました。

 

ここに、ゴザ・ビニール袋、ウエットティッシュ・トイレセットを入れています。

 

 

雨蓋のポケットは2箇所に分かれています。ちょっとしか入らないように見えますが、けっこうたっぷり入ります。

【その他装備品】の①~⑦、ザックカバーなどが入っています。

 

 

ミレーの小さいポーチはこうやって装着。

両サイドに細長いポケットがあって、折畳み傘や袋などが入っています。

腕時計と非常用笛はカラビナでショルダーハーネスに引っ掛けてます。

 

 

横から見たかんじ

 

 

【カメラ用品】

 

一眼レフカメラ(オリンパスE510)、望遠広角レンズ、予備バッテリー、レンズを拭く布、レンズクリーナー、UVリップ、あめ、髪ゴム、簡易エマージェンシーキット(バンソウコウ、痛み止め、消毒液)、ティッシュ、カメラバック(ノースフェイス)

 

 

 

 

2019年5月2日~4日ダイヤモンドトレイル縦走 おまけ私の山メシ

 

ヨメです。

最近は2泊3日以上の山行では、初日はおにぎり、2日目、3日目はパンを食べるようになりました。

コンビニのパンは賞味期限が長いものが多いし、軽いし、カロリーも高いのが魅力です。

 

今回持っていったおにぎりとパン。

おいしくてつい、食べ過ぎてしまいそうになるのをグッとこらえて

なんとか3日目の朝まで持ちこたえました。

 

 

【1日目】葛城山

 

昼・・・おにぎり2つ

夜・・・シチュー(レトルト)、マーガリン入りロールパン2個

 

 

レトルトのシチューはやかんで温めます。

あたために使ったお湯でフリーズドライ味噌汁を作ります。

 

 

やかんのフタの上にパンを乗せて、ほんのりあたためます。

 

 

レトルトは冷めないように保温袋に入れてお腹に挟んでおきます。

 

シチューは意外に熱々で、とってもおいしい♪

 

 

 

【2日目】金剛山

 

朝・・・あんデニッシュ3個、じゃがいもとベーコンのスープ、コーヒー

(行動食)

昼・・・コーン&オニオンブレッド、カレーヌードル(半分)

(行動食)

おやつ・・・ちはや園地のいか焼き、アイスクリーム

夜・・・たらこパスタと茄子の味噌汁

 

 

金剛の水とコンビニのパンとカレーヌードル

金剛の水はやわらかくてとても美味しいのです。

 

 

夜ごはんは、たらこパスタ。

Trangiaのやかんを使った、たらこパスタの作り方をYouTubeにアップしたのでご覧ください。

 

♪「あなたとラタトゥイユ」 ウクレレ:ヨメ

 

 

最近は湯を使ったものしか食べなくなりましたねぇ・・・

あっという間に茄子の味噌汁(フリーズドライ・アマノフーズ)とたらこパスタの完成です。

 

 

【3日目】伏見峠~紀見峠

 

朝・・・ロールパン2個、コーヒー

(行動食)

昼・・・めまといが多く、食べられなかった

(行動食)

 

最終日はいよいよ、買ってきたパンも底をつき

お弁当には、やはり湯を注ぐだけのカップヌードル・・・

と思ったのですが

 

今年はめまとい(小さいハエみたいな虫)が大量発生していたため

ゆっくりすることができず!

 

ミックスナッツやマネケンのワッフル(大好物)

ミレービスケット(いま、我々の中で旬!!)

 

など、残りの行動食をありったけ食べて、なんとか下山しました。

(もちろん非常食は最後まで残しています)

 

 

2019年5月2日~4日 ダイヤモンドトレイル縦走 大和葛城山~紀見峠

 

5月2日

9:05近鉄御所駅―9:33奈良交通バス(臨時)―9:46葛城山ロープウェイ前―9:56入山―10:55ベンチ(550m付近)11:08二ノ滝分岐12:51遊歩道―13:18白樺食堂

 

5月3日

7:11出発―8:48水越峠―10:24金剛の水―11:45旧パノラマ台―14:08一ノ鳥居

 

5月4日

8:52伏見峠―9:40久留野峠―10:08中葛城山―11:28千早峠―11:58神福山―12:35金剛トンネル―12:55行者杉―13:57杉尾峠―14:22タンボ山―15:03西ノ行者堂―16:02山ノ神―16:46紀見峠駅

 

 

(5月2日)葛城ロープウェイ駅~大和葛城山

 

 

今年はハ氏の胃腸の具合が悪く、二上山からではなく葛城山から紀見峠まで縦走することに。

 

久しぶりに葛城ロープウェイ駅前からスタートです。

 

 

ここは、初めてダイヤモンドトレイル縦走をした2013年に下見に来て以来。

前回は北尾根ルートから登りましたが、ここは急登のため

一般ルートの櫛羅の滝ルートから登ります。

 

 

葛城ロープウェイ駅から出発です。

 

今年は二上山からではなく、半分の葛城山からスタート。

ハ氏は近頃、1000m近くの山へ行くと胃腸が悪くなる(高山病?)ので

あまり無理のないように、行程を短くしました。

 

 

ねっ!

 

 

 

 

「山で無理は禁物」

 

 

 

 

イノシシ除けのゲートをくぐって、いざ入山。

 

 

 

櫛羅(鯨じゃないのね)の滝を横目に迂回ルートを登っていきます。

いつからかわかりませんが、滝のほうへ行くルートは通行止めのようです。

 

 

 

登山道は前日までの雨で泥だらけ

 

 

 

昨年、一昨年の台風や豪雨の影響で登山道が崩落し

いくつも迂回路がもうけられていますが

道は雨で削られて崩れ、登るのがたいへん。

私は背が低いので、足と手と、体全部を使って登らねばならず

服が泥だらけになってしまいました~~ 

 

 

 

 

 

 

めっちゃしんどい、の顔(;´Д`) うぅっ。。

 

 

木と鉄でできた梯子がかかっていますが、下がスケスケでちょっと怖い。

 

 

動画を作ってみたので、ごらんください。

↓↓↓↓↓↓

 

 

ちょっと大げさですね(笑)

 

 

 

全行程、スミレがたくさん咲いてました

 

 

 

ヤチマタイカリソウ

 

 

やっとこさ舗装道に出ました。葛城山頂へ向かいます。

 

 

 

ハ氏は胃腸の具合を懸念して、白樺食堂で消化の良さそうなものを食べます。

あったかい蕎麦定食。

ダイトレ縦走は7年やってますが、白樺食堂に入るのは初めて。

 

 

今年の山道具の目玉(笑)JETBOILです!

お湯が沸くまで2分40秒!本当に早い。。。

 

灰色の部分のクッカーにすべて収まります。コンパクトで便利。

 

 

組立てからお湯が沸くまでを動画にしてみたので、ご覧ください♪

↓↓↓↓↓↓

実録!JETBOIL 組立てから沸騰まで全部見せます

BGMはハ氏が若い頃に出したアルバム「HARPTONE」(1998年)より

♪口笛ふいて、自転車のって

 

(本業はミュージシャン)

 

 

桜が満開でした

昨年はつつじが8分咲きで、初夏の雰囲気だった葛城山ですが

今年はちょうど春真っ盛り。年によって違います。

 

2018年のダイトレ縦走

↓↓↓↓↓↓

2018年5月4日~6日ダイヤモンドトレイル縦走 二上山~葛城山~金剛山

 

 

お昼も食べたし、山頂へ行ってみましょう。

 

 

カタクリがたくさん咲いていました

 

 

 

 

 

 

三角点!

 

 

葛城山頂です

 

 

金剛山が見えます

 

 

夕暮れが近づいてきました

 

 

夕陽が大阪港に沈んでいきます

 

 

 

 

 

 

(5月3日)大和葛城山~金剛山

 

さあ、今日からが本当の縦走の始まりです。

出発~~!!!

 

 

んんっ???

 

 

気合じゅうぶんです

 

 

 

つつじ園。今年はまだつぼみです。

 

 

 

カタクリ

 

 

 

いきなりの水越の激下りです。

 

 

 

ダイトレ縦走で皆が恐れている、この水越峠への激下り。

ハ氏は一度ここで膝を痛めてしまい、縦走を断念したことがあります。

 

 

 

つつじが咲いてました!

 

 

 

ニガイチゴにバッタの赤ちゃん

 

 

ナルコユリ

 

 

 

水越峠

 

 

 

ホタルカズラ

 

 

 

ゲートをくぐって、ガンドガコバ林道へ

 

 

何か書いてある

 

 

「ご注意!金剛山ロープウェイは運休しています」

「久留野峠から金剛ロープウェイ前へ下山して下さい」

 

 

そう、金剛山ロープウェイは駅舎の構造に問題が見つかって運休しています。

まだ解決してないんですね・・・

もしかして、金剛山はロープウェイ客がいない分、人が少ないのでは??

それだと、歩きやすくていいなあ・・・

 

 

(それにしても久留野峠から下山って、すごく遠い)

 

 

ヤマブキ

 

 

 

ここも桜が満開

 

 

 

ツクバネウツギ

 

 

 

ニリンソウ

 

 

 

イチリンソウ

今年はたくさん咲いてました

 

 

 

カキドオシ

 

 

ヤマルリ

 

 

 

金剛の水

 

 

ここでお昼ご飯です

 

 

 

ここも崩落しています

 

 

 

カヤンボ

 

 

旧パノラマ台。奈良側の眺めがよく、涼しいです。

 

 

 

今年はこの辺りではチゴユリがあまり咲いていません。

 

 

ミヤマハコベ

たくさん咲いてました

 

 

ミヤマカタバミ

今年は山頂までたくさん咲いてました。癒されます。

 

 

葛城山。あそこから来たんだなあ。

 

 

一ノ鳥居到着です。

 

 

ヤマエンゴサク

 

 

ちはや園地ログハウスの名物いか焼き。

なんとか間に合って食べることができました!

昨年は売り切れだった)

 

 

ロープウェイは運休だったけど、山の上はけっこうな賑わいでした。

 

 

 

(5月4日) 金剛山(伏見峠)~紀見峠

 

3日目は伏見峠からスタートです

 

 

地蔵堂

 

 

久留野峠

 

ロープウェイ運休のためか、過去2回より登山者さんが多い気がしました。

 

 

金剛山のこちら側も油断ならない、木段地獄。

 

 

ショウジョウバカマ

 

 

中葛城山

 

 

 

奈良盆地の眺めが素晴らしいです

 

 

高谷山

 

 

千早峠

 

ダイトレと交差する道は、その昔大阪と奈良を結ぶ重要なルートだったそうです。

 

幕末には天誅組が大阪からここを通って五条の奉行所に討ち入ったとか。

そのすぐあとに天誅組を後押ししていた長州藩と公卿たちが失脚。

天誅組は投獄され命を落としました。

いつの時代も、こういうことは繰り返されるんですね。

 

 

歴史に思いを馳せながらミレービスケットを食べる。

 

ハ氏豆知識:日本史が苦手

 

 

最近ハ氏はミレービスケットがお気に入り。

 

私も食べてみる。。。

これ、すっごくおいしい・・・山に合う!!

 

 

このあたりから、目まといがブンブン・・・・

 

あれっ、今年は多いなあ・・・・

 

 

 

 

 

神福山

 

 

金剛トンネル(この下を通ってます)

 

 

城屋敷跡

 

 

行者杉

 

 

シュンラン

 

 

チゴユリ

 

 

杉尾峠

 

 

ショウジョウバカマの群生

 

 

タンボ山

 

ここで山ノ神、ならぬ山の妖精(のようなオッチャン)に出会う。

元気一杯で癒されました。

 

 

この辺りはチゴユリがたくさん咲いてました

 

 

 

ものすごい数の目まといが顔の周りを飛んでますが

少し風の通るところで休憩。

 

 

縦走3日目の我々の周りにはものすごい数の目まといがずっと付いてきています。

 

我々は平気なのですが、他の登山者さんやトレランさんに悪いので

立ち止まる場所も気を使います・・・

 

過去2回、こんなことはなかったので、今回は時期がバッティングしちゃったんでしょうね。

 

 

 

十字峠分岐

 

 

マムシグサ(超特大)

 

 

 

西ノ行者堂

 

 

 

電発巡視路の分岐

 

 

ブンタ谷道分岐(天美駅へ)

 

 

最後の木段

 

これを下ると・・・・

 

 

山ノ神

 

 

トイレ

 

 

岩湧山への登山道入口

 

 

紀見峠

 

 

紀見峠駅へ

 

 

看板があります

 

 

上り坂ですが、下山道です。ヨシミの看板のほうへ。

 

 

紀伊見荘

 

 

南海紀見峠駅

 

 

おつかれさまでした。