ライフ・デンタル・オフィス 院長 羽藤伸一のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

絶対、読んだ方が良いよ!

この本は、絶対、読んだ方が良いよ!
Life Span
{E2F36B0E-1626-42E4-92CB-3009B2EB8A4F}
自分でも、うすうす気づいていた事がまとめてられていた。科学的根拠とともに。
長生きすれば、良いという事では、ないけど、長生きするなら、頭も身体も若くいたほうが良いよね。
そのヒントが満載!

例えば、食べ過ぎない、運動する、加工色品を控える、など。自分でも実践してる事が書いてあった。
後は、適度なストレスも大事みたい。

詳しくは、本を読んでみて!

人生が変わるインパクトがあると思うよ。


低侵襲インプラント治療を目指します。

すっかりブログをさぼってました。


インプラントの勉強会での発表があったので、そちらにかかりっぱなしになってました。

 タイトルの低侵襲インプラント治療というのは、なるべく患者さんの身体にかかる負担を少なくしたインプラント治療です。

新宿で開業している水口インプラントセンターの水口先生が提唱しているインプラント治療です。

 

インプラントは骨の中に埋めるので、骨が大きく吸収している場合は、骨造成という大規模な処置をする必要があります。

この骨造成をしてインプラントを埋入するとなると、大きく切開したり大規模な骨移植などが必要となるのです。

こうなると患者さんの身体には大きな負荷がかかることになります。

 

低侵襲インプラント治療は、これらの事を最小限の範囲でやることを言います。

習得するためには色々なテクニックが必要となります。

患者さんにとっては、インプラント手術も楽なので、自分もこの低侵襲インプラント治療に大賛成しています。

 

骨が1㎜から2㎜くらいしかない場合でも低侵襲にインプラント埋入が可能です。

 

 

 

 

これからも、この低侵襲インプラント治療を極めていきますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べているものが炭水化物中心で、運動もしない人は歯周病は治りません。

歯周病がなかなか良くならない人の特徴として不摂生している人が多いです。

不摂生していると免疫力が低下し、感染症に弱い状態になっています。

 

食事と運動が大事!

自分でも自覚なしに食べているものが炭水化物中心の食事になっていることが多いもの。(すぐに血糖値が上がるから)

そして、炭水化物中心の食事だと歯にプラークがつきやすくなります。

だから食事を変えて運動をするようにすれば歯周病も改善していきます。(もちろんプラークや歯石を取らなければダメですよ)

 

可能であればプラークのつきにくい食事がおすすめ。

石器時代(パレオダイエット)の食事をすればプラークはつきませんね。

{71F4F70B-56F3-4A14-844B-D95BC6916BDA}


 

ただ、ここまで徹底するのは難しいので少し意識して加工食品を控えるだけでも良いです。自然のものを食べる。何を食べているかわかる物が自然の食べ物です。魚・果物・野菜・きのこ・ナッツなど

 

食事と運動?これって糖尿病の治療のことじゃないかと思いますよね。

まさにその通り!歯周病も糖尿病も生活習慣が原因となっておこる病気ですから。

遺伝的な病気は仕方ないにしても生活習慣病は自分で改善することができますよ!

 

もともと、人間は長時間歩き、ある程度の飢餓状態に最適化されているのです。運動もせずに飽食の状態は自然の摂理に反していえます。だからこのような状態が続くと病気になってしまうのです。

 

だからプラークや歯石を取るだけでなく食生活(運動と食事)を変えていかないとです。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>