秋の 黄葉も きれいな季節ですね☺️
街の中の銀杏も 太陽の光で
キラキラと輝き、風に吹かれて
一面が 黄色い絨毯のようです💛

銀杏を観ると
思い出の コートだった着物🍀
着物の上に着るコートから
小さいけど 主役の着物にリメイクしました🍀



お気に入りで いつも タンスを開けると 眺めていた帯ですが 、

いつまでもこのままでは 誰にも気付かれないのも可哀想


金色の柄模様だけど 派手でもなく


いつまでも見ていても 飽きない柄がお気に入り。

何かしらに出来る時期をと思いながら何年も経ってしまった❗

これでは また、同じ時間を過ごす事になるので
着物としてリメイクを‼️😃
針を何本も折り💦ながらの作業は
2倍の時間かかりましたが

ようやく仕上がり


帯だった時の面影と新しく着物として 堂々 再デビューです


宮城県 鎌先温泉 湯主 一條さまに
展示をさせて頂きました。

甦り 外に出してもらい また、晴れ舞台に立ち

リメイクしたまめ袖もとても嬉しそうです☺️




一枚の帯地。
いつまでも眺めていられる (^.^)
作られた職人技の素晴らしさに感動❗
昔から受け継がれて今まで残ってる事はとても貴重で、これからも 受け継いで 欲しいな。
大切な思い出の着物も着る機会のないままでは
着物が 可哀想。
まめ袖は 和裁士が昔から受け継がれきた
技術でお手持ちの着物を 状態の良い部分を生かして小さくリメイクします☺️
着る着物から 自分の身近に感じながらインテリアとして楽しめる着物でスタート出来ます。












お手持ちの 思い出の着物から
小さな飾れる着物にリメイク
「まめ袖」です。

これから梅雨の季節となりますが
季節を越えて 黄金の銀杏の着物のリメイクのお仕立てです。
ほどきから始まり 布地の点検 、

地のしを経て いよいよ

リメイク 始まります


使える部分を いろいろパズルのように組み立てます
途中で布地が 色んな顔を見せてくれるんです。
(色んなスタイルから一番良いところ選んでね💌) 布地が語りかけてくるみたい(^.^)
何日もかけての作業だけど
とても大事な作業❗
決めてしまったら 元には戻らない

ので 慎重に 慎重に〰️

銀杏の黄色く輝く模様の布地が 新たな着物として仕上がるのが とても 楽しみ😍