好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室  千葉 木更津市
  • 10Sep
    • 市の生活安全メールに登録してください!

      おはようございます。好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレの松倉です。昨日に引き続き、娘は休園、主人は在宅勤務です。内房線は姉ヶ崎以南は運休、高速バスで行こうとバスターミナルまで送って行ったのですが、1時間に1本しか運行しておらず、それも袖ヶ浦に着くまでにほぼ満席だったため断念したようです(^_^;)息子の朝寝中、娘は張り切って夕飯の仕込みを手伝ってくれてました^^思いがけず4日連続で3食作ることになって、冷蔵庫のストックが無くなってきたので、あとで最低限だけ買い出しに行かなきゃー(;_;)さて、生活安全メールというのをご存知ですか?こちらは、袖ケ浦市に関する防災、火災、防犯、環境などの情報が配信されます。市の防災無線も流れていますが、家の中にいるとよく聞こえないことも多いので、夏は熱中症の危険レベルなどがよく配信されていて助かりました!っていっても、わが家は基本的に外遊びは朝8時頃からなので特に問題なかったのですが(^_^;)とにかく、今回のような非常時のためにも、市のメール配信サービス登録をおすすめします!袖ケ浦市生活安全メールの登録はこちら以下、今朝配信された情報です。୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧東京電力からの情報をお伝えします。ただいま、袖ケ浦市内の広い範囲で停電が続いております。現在復旧作業を進めており、本日中(9月10日)の復旧を目指しているとのことです。詳細は、https://www.city.sodegaura.lg.jp/soshiki/kiki/20190909teiden.html୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧携帯電話・スマートフォンの無料充電を受け付けます。携帯の充電器・ケーブルを必ずご持参のうえ、ご利用ください。▽場所 袖ケ浦市役所 1階会議室・1階課税課前▽時間 9月10日(火曜日)8時30分~17時まで※明日以降の開設は、停電の状況を確認し検討します。୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧市のメール配信サービスはこちらからご登録くださいね。・袖ケ浦市袖ケ浦市生活安全メール・木更津市きさらづ安心・安全メール・君津市君津市メール配信サービス・富津市富津市安全安心メール・市原市市原市情報配信メール上空では、朝からヘリコプターが何機も飛んでいます。救援作業を行ってくださっている方々、ありがとうございます。一刻も早く復旧しますように。おうちじゃできないぐちゃぐちゃ遊びを、全身で楽しめる親子教室の詳細はこちら^^○お教室のご案内◯【通年クラス】お申し込みはこちら◯【単発・体験】お申し込みはこちら◯お教室に関する Q&A◯わくチャレへ参加される方へのお願い○お問い合わせはこちらLINE@では、お教室の先行案内や育児情報を配信しています。

  • 09Sep
    • 9/12のお教室について

      こんばんは。好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレの松倉です。昨夜からの雨風、凄かったですね。わが家は基本的にテレビをつけてないこともあり、そんな大きな台風が接近していることも昨日の夕方まで知りませんでした(^_^;)夜中の窓に叩きつけるような雨と強風で目が覚め、窓ガラス割れないかな?と不安を抱えながら朝を迎えましたが、台風の爪痕は、窓や壁にへばりついた大量の葉っぱと、どこからか飛んできたトタンの破片くらいで、停電や断水はありませんでした。袖ケ浦市は、近隣の木更津市、君津市、富津市、市原市と比べても停電世帯が少ないようですが、娘の幼稚園は停電のため、今日と明日は休園でした。信号がついていなかったり、スーパーが開いてなかったり、お店やガソリンスタンドがお客さんでごった返していたりしています。看板が傾いていたり、窓ガラスが割れていたりと、被害が大きい所もあるので、出かける際は十分気をつけてくださいね。そして、おうちが停電されている方、明日も気温が高くなるようなので、熱中症にはお気をつけくださいね!さて、前置きが長くなってしまいましたが、今週の木曜日(9/12)の教室についてのご連絡です。スタジオは停電などの影響はないとのことです。明日以降、近隣の停電が復旧したら、9/12も通常通り開催します。変更がありましたら、再度お知らせします。おうちじゃできないぐちゃぐちゃ遊びを、全身で楽しめる親子教室の詳細はこちら^^○お教室のご案内◯【通年クラス】お申し込みはこちら◯【単発・体験】お申し込みはこちら◯お教室に関する Q&A◯わくチャレへ参加される方へのお願い○お問い合わせはこちらLINE@では、お教室の先行案内や育児情報を配信しています。

  • 04Sep
    • 幸せな人生を歩むためのヒント 〜アメリカで50年以上暮らす日本人マダムたちの教え〜

      こんにちは。好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレの松倉です。先日、以前アメリカに住んでいたというお話をしましたが、記事を書いているうちに色々なことを思い出しました。今日は、私が駐妻時代に知り合った、人生の先輩たちから学んだ、【幸せな人生を送るために大切なこと】をお話ししたいと思います(*^^*)主人が赴任していた2年間のうちの1年半くらいは、会社の中で日本人は他におらず、日本人コミュニティにも属していなかった私たち。ですが、素敵なご縁に恵まれ、知り合った方々がいます。それは、駐在で暮らしている方ではなく、永住権(グリーンカード)を持った方々。親よりもさらに上、おばあちゃん世代の奥様たちでした。ご本人がアメリカの私立大学教授、通訳として活躍されていたり、旦那さんがアメリカの私立大学名誉教授や医者など、日本にいたらなかなかお近づきになれないよう方々から生け花を習ったり、一緒にオペラを観に行ったり、お茶会やBBQ、サンクスギビングやクリスマスに誘っていただいたり…なんとも贅沢な時間を過ごさせていただいていました。そして、結婚するまで実家暮らしだった私に、家庭の温かさと安心感を思い出させてくださいました(*^^*)懐かしくて、色々なことを思い出して話が逸れちゃいましたが、そんなアメリカ在住50年以上の日本人マダムたちから学んだ、幸せな人生を歩むためのヒントをお伝えしますね♪人生は楽しむものアメリカに行って驚いたのは、シニアもいきいきしてること。長寿大国、日本のシニア世代ももちろん元気なんですけど、なんだろう…アメリカのシニア世代はもっとパワフルな感じがしました。水着を着てバカンスに行くし、スポーツ観戦にも行くし、スキーだってするし、オシャレも楽しむ。なんとなく想像できると思いますが、シニアの方でも洋服の色や柄は派手でした。私より年齢が50歳も上でも、私よりパワフルだわ!とびっくりすることも多かったですが「人生一度きりだもの。楽しまなきゃもったいないわよ!」と。皆さん、自分のやりたいことをしているからなのか、とてもイキイキしていて若々しかったです。諦めないで続けること「若い時は働いたわよ〜。でもあの時頑張ったから今があるの。今があるのは、あの時のおかげよ。」今はリタイア、もしくはセミリタイアして優雅な生活を送っている方々ですが、若い時にがむしゃらになったからこその今だと仰っていました。色々経験されてきたシニア世代の方にそう言われると、説得力もありました。「失敗もしたし、苦労もしたし、日本人だからって嫌な思いをすることもたくさんあったわよ」「そうそう!あの時はひどかったわよね〜」そんな話題でさえ悲観的になることなく、世間話のような感じで話すマダムたち。普段の穏やかさや優雅さからは窺いしれない、数々の逆境や苦難を乗り越えてきた力強さを感じました。そして、「あのとき諦めなかったから、今があるの。」「自分にとって、家族にとって何が大事かをよく見極めて、大事だと思ったことを続けるのが大切よ。」「やってみたいと思うものがあるなら、まずやってみたらいいじゃない♪」そんな言葉に後押しされ、私もアメリカの幼稚園でのボランティアを始めたり、現地のカルチャースクールに通うなど、新しいことにも挑戦しました。そして、アメリカに行くまで約20年間習っていた書道も「止めないで続けるべきよ!」と何度も言われました(ˊ ˋ*)今は休会中ですが、また始めたい!!知らないこと、できないことは恥ずかしいことじゃない何かを始めるのに遅すぎることはない孫ほど年が離れた私に「書道を教えて!」と仰った方がいます。私は一応書道師範の資格を持っています。また、70代半ばで「私泳げないのよ。だから習ってみようかと思って」とスイミングスクールに通っていた方がいます。70代で泳げないからってスイミングに通う方を見たら、年齢を理由にやらないなんて、できないですよね。(もう若くないから…なんて言ったら怒られちゃいます(^^;))そんなマダムたちの姿を見て、驚きもありましたが、尊敬の気持ちが大きかったです。名誉や地位のある方々ですが、知らないものやできないことに対する変なプライドなんてものは全くなく、そこにあるのは「やりたいからやる!」「知りたいから教えてほしい!」という純粋な気持ちだけ。お金の豊かさと心の豊かさは必ずしも一致しませんが、関心があるものに対して貪欲に、かつ真摯に向き合ってきた方たちだからこその今なんだろうな、と思いました。人生の先輩たちからいただいたこれらの言葉は、幸せな人生を歩むためのヒントとして、アメリカを離れた今でも、そしてこれからも私の人生の指針になると思います^^おうちじゃできないダイナミックなぐちゃぐちゃ遊びを、全身で楽しめる親子教室の詳細はこちら^^○お教室のご案内◯【通年クラス】お申し込みはこちら◯【単発・体験】お申し込みはこちら◯お教室に関する Q&A◯わくチャレへ参加される方へのお願い○お問い合わせはこちらLINE@では、お教室の先行案内や育児情報を配信しています。

  • 03Sep
    • 11月に開催決定!アウトレットの目の前でぐちゃぐちゃ遊び!!

      こんばんは。好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレの松倉です。今日は、こちらへ行ってきました。木更津アウトレットの目の前にある、おしゃれな建物。金田地域交流センターです。新しいのでキレイなのはもちろんですが、図書コーナーやキッズエリアもあって、子連れに優しい空間なんですよ♪(*^^*)そして、11月にこちらの施設でぐちゃぐちゃ遊びを行うことが決まりました!!ぐちゃぐちゃ遊びを楽しんだ後は、ぐっすりお昼寝するという子も多いので、ママは終わった後にアウトレットでゆっくりショッピングができちゃうかも♪詳細は追ってお伝えしていきます。楽しみにお待ち下さいね^^おうちじゃできないダイナミックな遊びが楽しめる!ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室の詳細はこちら^^○お教室のご案内◯【通年クラス】お申し込みはこちら◯【単発・体験】お申し込みはこちら◯お教室に関する Q&A◯わくチャレへ参加される方へのお願い○お問い合わせはこちら

  • 02Sep
    • 新聞紙があんなに大量に舞う様子は わたしも初めて見て圧倒されました!

      こんばんは。好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレの松倉です。かなり遅くなってしまいましたが(下書きのまま保存されてた!)、7月11日のわくチャレに来てくださったママからいただいた感想をご紹介します^^昨日は楽しい体験をありがとうございました!新聞紙があんなに大量に舞う様子は わたしも初めて見て圧倒されました✨息子も驚きながら楽しんでいたようですし、刺激たっぷりでした!前回とはまた違う刺激があって、自分から新聞紙を触ったり眺めたりする様子も見られて成長を感じました✨またタイミングが合えば…になると思いますが、参加できたらと思います。写真もありがとうございます!!息子とのすてきな思い出が残って嬉しいです。ママも初めて経験したと言うほど大量の新聞紙あそび。子どもたちの笑顔も可愛いんですけど、ママたちの「わぁー!」「すごーい!!」って表情も大好きなんです♪(*^^*)はっきり言って、あの量の新聞紙で遊べる所ってなかなかないです。ママたちから「わぁー!」って歓声が聞こえてきたり、ビックリしてる表情を見たりすると「やったね♪」って思ってます(^^)密かにニタニタしてるのは秘密です(笑)そんなわくチャレ自慢の新聞紙遊び。次回は11/14に行う予定ですので、気になる方はぜひLINE@に登録してお待ちくださいね!^^おうちじゃできないダイナミックな遊びが楽しめる!ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室の詳細はこちら^^○お教室のご案内◯【通年クラス】お申し込みはこちら◯【単発・体験】お申し込みはこちら◯お教室に関する Q&A◯わくチャレへ参加される方へのお願い○お問い合わせはこちら

    • 【10月】ぐちゃぐちゃ遊びの単発・体験教室のお申し込みはこちら

      こんばんは。好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレの松倉です。ただいまより10月のぐちゃぐちゃ遊びのお申し込みを受け付けます。以下のお申し込みフォームよりご希望の日程を選び、お申し込みください(^^)9月の単発・体験教室にお申し込みの方はこちらhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/5349300d62619710月の単発・体験教室にお申し込みの方はこちらhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/b045618c603275木更津市で開催!お子さんの小さな成長に気づいてあげられる、ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室の詳細はこちら^^○お教室のご案内◯【通年クラス】お申し込みはこちら◯【単発・体験】お申し込みはこちら◯お教室に関する Q&A◯わくチャレへ参加される方へのお願い○お問い合わせはこちら

  • 01Sep
    • 【木更津】0〜3歳の子どもとママのための習いごと

      こんにちは。好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレの松倉です。小さなお子さんがいるママは、お子さんとの生活の中でこんなお悩みはありませんか?・水遊びや泥遊びが好きだけど、周りが気になって思う存分遊ばせてあげられない・離乳食を手でべちゃべちゃするのを見て、イライラしてしまう・絵本をすぐにビリビリにしてしまう・気づいたら壁にクレヨンで落書きしてた!でも安心してください!そんな経験をしたことがあるママたちのために、お家ではできないダイナミックな遊びを親子で楽しめる【ぐちゃぐちゃ遊び教室】を開催します。ぐちゃぐちゃ遊びとは、絵の具や粘土を使ってまわりを気にせず汚れたり、新聞紙を破ったり、散らかしたりして遊ぶこと。ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室わくチャレは、・絵の具を使うフィンガーペインティング・ボディペインティング・粉を手で、足で触り、フワフワの感触と水を入れたあとのベタベタの感触の違いを確かめる遊び・新聞紙を両手で抱えきれないほど破って投げるあそびという「造形あそび」を軸としています。五感(見る・聞く・嗅ぐ・味わう・触る)は、3歳までに大きな発達を遂げると言われています。ですので、乳幼児期に色々なものに直接触れて五感を刺激することが、その後の知的分野(言語教育・算数教育・文化教育)の発達につなげる上でとても重要です。なかでも、赤ちゃんの皮膚 (触覚)は世界を認識する一番最初の感覚器官です。わくチャレでは、五感の中で最初に発達し、最も重要だと言われる【触覚】を刺激する遊びを行います。ぐちゃぐちゃ遊びを通して、こんな力が養われます。・自分で遊びを見つける「考える力」「集中力」・○○したら どうなるんだろう?という「探究心」・楽しそう!やってみたい!という「好奇心」「意欲」・やってみよう!と挑戦する心これらは数値で測れるものではありませんが、その後の人生の「生きる力」の土台となる、とても大切なものです。実際に体験教室にご参加くださった方からは、こんなお声をいただいています。家だと汚されたくないので絵の具はついつい避けてしまうので思いっきり手や足で絵の具を触る経験が出来て良かったです。2回めだったので寝起きでもすんなりお教室に入って楽しんでて安心しました‼︎帰ってからも「ぺったんしたね、楽しかったね」と話してました。今日も楽しい時間をありがとうございました。今回もまた違った物に興味を持って、色々娘も楽しんだと思います。毎回、楽しんだ後は車で爆睡するくらいなので♪私も、次は何をしてくれるんだろうと(笑)?娘の発見楽しみです。今日は参加してた子が皆お姉さんで真似っ子したりしたのは意外に親が見てないと思っても子供は色々見てるんだなぁ~と。色々私も勉強になり刺激になりました。今回もありがとうございました。いつも砂が少し手についただけではたこうとする娘が、絵の具を触ったらどんな反応をするのか気になって参加しました。初めは、ボールや絵の具に興味は示すものの、どう扱っていいかわからずおどおどしてた娘。でも、周りのお友達が楽しそうに思いっきり絵の具で遊んでいるのを見て、しだいに抵抗がなくなり、大胆に遊ぶようになりました!ボールだとうまく色を付けられなかった娘にまほ先生はスポンジを貸してくれて、更に積極的に参加できるようになりました。その子その子にあった声かけや援助をしてくれて、とても楽しく参加することができました。また、ただ遊ぶだけでなく、絵本の読み聞かせや手遊びもあり、しかも、その内容が活動内容とリンクしてて、初めの絵本から、娘は「何が始まるんだろう」と惹きつけられているのが分かりました!慎重派の娘なので、なかなか私一人でいろいろな体験をさせるのは大変ですが、広い室内で、周りのお友達と様々な体験ができるのはとてもいいなと思いました!また参加したいです!昨日は楽しい体験をありがとうございました!新聞紙があんなに大量に舞う様子は わたしも初めて見て圧倒されました✨息子も驚きながら楽しんでいたようですし、刺激たっぷりでした!前回とはまた違う刺激があって、自分から新聞紙を触ったり眺めたりする様子も見られて成長を感じました✨またタイミングが合えば…になると思いますが、参加できたらと思います。写真もありがとうございます!!息子とのすてきな思い出が残って嬉しいです。昨日はありがとうございました。念願の絵の具でとても楽しそうにしてました。汚れを気にせず、手や足で思いっきり絵の具で遊ぶのは家では絶対出来ないので、こういう場があるのは有り難いです!家に帰って上の子が写真を見て「ずるい!」と言ってたので日程が合えば連れていきたいです!(性格的に上の子の方が向いてると思うので (笑))また来週よろしくお願いしますみなさん、嬉しい感想をありがとうございます!!ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレでは、・「やってみたい!」の好奇心と「やってみよう!」の主体性を育む・「上手」「下手」で評価せず、自由な表現を尊重する・自ら考え、学び、創造する力を育むそして、ママたちがお子さんと一緒にとびっきりの笑顔になれる時間をお届けします。※一部の写真は娘が通っていた、横浜市で大人気のぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 ぐちゃラボのブログよりお借りしています。子どもの素直な気持ちや欲求に寄り添い、のびのびと子育てを楽しみたいと思ったら、一緒にぐちゃぐちゃ遊びをしませんか?なお、通年で通ってくださる生徒さんには、こんな特典があります(^^)・わくチャレ通信の発行個人の成長記録を毎回お渡しします。その記録を見ることで、親子の会話が広がったり、お子さんの成長の様子も分かります。・活動中の写真を共有講師が撮影した写真をGoogle photoで共有します。・イベントへの優先参加イベントを企画した際は、優先的にご案内します。・乳幼児教育のプロに育児相談幼稚園教諭・保育士資格・小学校教諭をもつ講師に、育児相談がが気軽にできます。教室の日に限らず、いつでもメールでご相談下さい。単発でも楽しめる内容にはなっていますが、通年で通っていただくからこそ、ママ友ができたり、子ども同士の関わり合いも生まれるなどのメリットがありますよ♪それでは、ぐちゃぐちゃ遊び教室の日程のご案内です。【日程】木曜日 月2回(3月下旬〜4月、8月、年末年始はお休み)5月  16・30日6月  13・20日7月  11日・25日9月  12日 片栗粉・絵の具 26日 絵の具10月  10日 絵の具 24日 絵の具11月  14日 新聞紙 28日 絵の具12月  12日 絵の具1月  9・23日2月  13・27日3月  12日(年間18回)※現時点では、上記の日程を予定していますが、変更する可能性があります。【対象】お座りができるようになった頃〜幼稚園・保育園入園前まで※弟・妹さんは生後1ヶ月よりご一緒にご参加いただけます【時間】10:30〜11:15※活動は11:15までを予定していますが、終了時刻は子どもたちの様子次第で多少前後します。【場所】きさらづアートスタジオ(JR木更津駅より徒歩5分)※駐車場15台完備【持ち物】親子ともに汚れてよい服装(着替え)、タオルやお手拭き、飲み物、いつものお出かけセット【入会金および月謝】入会金:無料月謝:5000円(1回開催の月は2500円)※未就園児のご兄弟での参加は、追加料金なし。※就園児以降のご兄弟の参加につきましては、材料費として1回につき500円いただきます。事前にご連絡ください。【体験・単発参加費用】3000円※定員に達した場合、募集しないこともあります。【お申し込み】通年クラスのお申し込みはこちら単発・体験のお申し込みはこちら※状況により、講師の子どもが同席する場合があります。あらかじめご了承ください。○お教室のご案内◯【通年クラス】お申し込みはこちら◯【単発・体験】お申し込みはこちら◯お教室に関する Q&A◯わくチャレへ参加される方へのお願い○お問い合わせはこちらLINE@では、お教室の先行案内や育児情報を配信しています。

  • 28Aug
    • ぐちゃぐちゃ遊びは活発な子だけのものじゃない!慎重派の娘が慣れない場所でも楽しく遊べた4つの理由

      こんばんは。好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレの松倉です。以前このようなブログを書きました。大きな成長の裏にあるもの今回はその続きになりますので、初めにこちらをご覧くださいね(^^)「お友達がいない公園がいい!」と人の集まる公園を避ける。赤ちゃんの頃からの、よく会っているお友達と遊んでも、楽しそうに遊び始めたり笑顔が見られるのは、だいたい帰る30分前。人に話しかけられると、口を真一文字に結んで黙り込んでしまう。そんな人見知りと場所見知りが強く、かなりの慎重派な娘が、ぐちゃラボで楽しく遊べた背景には、4つの理由がありました。時間的な余裕️活動の自由周りの子やママたちの存在気持ちの余裕この4つは、わくチャレでも取り入れている部分になりますので、1つずつ説明しますね。・時間的な余裕️45分間の中で、活動がコロコロ切り替わりません。子どもが集中できる時間は「年齢+1分」が目安と言われ、乳幼児サークルなどでも活動をどんどん切り替えて注意を惹きつける工夫がされています。ですが、わくチャレでは、子どもが好きな活動に集中して取り組める時間を大切にしています。絵本や手遊びなどの時間もありますが、メインのぐちゃぐちゃ遊びの時間をたっぷりととっています。・活動の自由みんなで一緒に行うことを強制しません。活動がAからBに移って、周りの子達がBをやり始めても、お子さんがAを続けていたければ続けて構いません(^^)大まかな活動の流れはありますが、そこにたどり着くことを目的にしていません。また、美しく作ることや、作品作りをテーマにしているわけではないので、「やってみる?」と聞くことはあっても、【やらない】という決断も尊重します。・周りの子やママたちの存在楽しそうに遊んでる姿を見て「やってみようかな!」「やりたい!」という気持ちが湧いてきます。また、見ているだけでも十分刺激になります。教室の場で表現するのではなく、家での遊びに変化が見られることもあります(^^)よろしければこちらの記事も読んでみてくださいね。うちの子はやらないで見てるだけ…本当に見てる「だけ」でしょうか?・気持ちの余裕準備から片づけまでをおうちで一人でやろうと思ったら、「座ってやってね」「紙の上だけでやってね」「こっちはダメだよ!」など指示や制限が多くなってしまいがち(;_;)ですが、ここなら指示や制限をほとんどせず、安心して遊ばせてあげられる。ここでなら、ママ自身もイライラしたりせずに穏やかでいられるというママの想いが子どもにも伝わり、リラックスできます。ぐちゃぐちゃ遊びと聞くと、活発な子のための教室だと思われる方も多いと思いますが、そうではないんですよ。むしろ私は、人見知り・場所見知りが強く、おうち以外では安心して遊べない娘のような子が、安心して笑顔で遊べる居場所を作りたいと思って教室を始めました。もしあなたのお子さんが、人見知りや場所見知りが強くて公園や支援センターでもなかなか遊べないということでお悩みでしたら、一度わくチャレに遊びに来てみませんか(^^)木更津市で開催!お子さんの小さな成長に気づいてあげられる、ぐちゃぐちゃ遊びの親子教室の詳細はこちら^^○お教室のご案内◯【通年クラス】お申し込みはこちら◯【単発・体験】お申し込みはこちら◯お教室に関する Q&A◯わくチャレへ参加される方へのお願い○お問い合わせはこちら

  • 18Aug
    • うちの子はやらないで見てるだけ…本当に見てる「だけ」でしょうか?

      こんばんは。好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレの松倉です。ここ数回、ぐちゃぐちゃ遊びに対する熱い想いを語っています♡よろしければ今日もお付き合いください^^今日は、娘(当時2歳1ヶ月)がぐちゃラボで初めて絵の具遊びをした時のお話です。教室に行くのは2回目。家で1、2回、筆を使って絵の具遊びをしたことはありますが、ダイナミックな絵の具遊びは初めてでした。最初は、周りの子に圧倒されて、その場に固まっていた娘。(紺色のTシャツを着て、真ん中辺りで立ってるのが娘)しばらく周りのお友達やママ、そして私が遊ぶ姿ぶじっくり観察したら、少しずつ興味をもち始めたようです。手足に絵の具をべったり付けて遊ぶ子を見て娘、再び硬直(^^;)家で何度も手形スタンプをやったことがあったので、絵の具に触れるきっかけになると思い、まずは私がやって見せました。これなら私でもできそう!と思ったのか、恐る恐るペタペタ最後は、皆でおいも掘り♪そして、これがお教室が終わってからの1枚。手にも足にも絵の具を付けて、少し誇らしげな表情です。写真からも、娘が少しずつ絵の具に親しんでいく様子が分かりますよね(*^^*)お教室に行って、みんなと一緒に遊ぶ。親にとっては、これが1つの使命ように思えてしまうこともありますよね。その気持ち、よーく分かります!!ですが、観察することも子どもにとっては大きな刺激で、興味の幅を広げたり、こんな遊び方があるんだ!って学びもあるんですよ。実際この数日後に、家ででんぷんのりを使って遊んだのですが、気づくと娘の両手にのりがべっとり!その後は、腕や顔にまでのりを付けていましたよ♪お教室で見てきたことが、家に帰って形を変えて出てきたんですね(^^)今思い返すと、最初の頃は娘にとってぐちゃラボは、表現の場ではなく、周りのお友達やママが遊ぶ姿を観察する場になっていたのだと思います。このことがきっかけで、慎重派の娘が遊びに一歩踏み出せるきっかけと、娘のやってみたい!という気持ちを受け入れ、それを表現できる環境を日常でも作ってあげたいなと思うようになりました。おうちじゃできないぐちゃぐちゃ遊び教室の詳細はこちら^^○お教室のご案内◯【通年クラス】お申し込みはこちら◯【単発・体験】お申し込みはこちら◯お教室に関する Q&A◯わくチャレへ参加される方へのお願い○お問い合わせはこちらLINE@では、お教室の先行案内や育児情報を配信しています。

  • 17Aug
    • 〇〇が理由で、近隣子育てサークルには入りませんでした

      こんばんは。好奇心と主体性を育み、全身で楽しむぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 わくチャレの松倉です。昨日、娘がのびのび、楽しく遊べる場所が欲しくてぐちゃラボに通い、ぐちゃぐちゃ遊び講師になったと書きましたが、実はぐちゃラボに行く前に、近所で開催されているいくつかの子育てサークルに行っていました。何回か行ったものもあれば、体験1回きりというのもありますが、入会に至らなかった理由が3つあります。そのサークルの活動や先生方を否定しているのではなく、あくまで私の考えとは違ったという意味です。1つ目は、やらないで見ている子への対応娘もそうですが、慎重派の子はママのそばを離れなかったり、お友達が遊んでいるのを見ていました。そんなとき、先生たちは「一緒にやろう!」「おいで♪」「みんな待ってるよー」と声をかけ、手を変え品を変え、一生懸命に活動に参加させようとしてくれていました。。活動に参加しない子にも、しっかり目を向けてくれているのはありがたいのですが、その頻繁な声かけは、やらないで見ていることがまるでいけないことであるかのように私は感じてしまいました(><)2つ目は、みんなの輪から外れて、違うことをしている子への対応。そのような子たちにも声をかけて、みんなの所に戻ってくるように促していました。もちろん、優しく、笑顔で声をかけてくれていましたよ。でも、うーん…今の時期ってみんなと一緒にってそんなに必要かな?っていうのを正直思ってしまって。一般的に、子どもがお友達と一緒に遊べるようになるのは、4歳頃。幼稚園で働いていたときも、年少の子はお友達と同じ空間にいても、それぞれ自分の好きな遊びを楽しむ遊び方(平行遊び)が多かったです。子どもはみんなと一緒に何かをすることよりも、まずその子がやりたい遊びに熱中することの方が大切だと思いますし、発達には段階があって、一人遊びを思いっきり楽しんで自己が満たされることで、次の段階である外(お友達)に目が向けられるようになって遊べるようになっていくと考えています。子育てサークルはママの手もあるのだから、子ども一人ひとりのやりたいことをもう少し尊重してもらえたらいいのになって思いました。あっ、これは私個人の考えであって、実際に参加してるママたちがサークルに求めているものとは違うのだと思います(^^;)そして、3つ目は私が一番気になったことなのですが、制作がママたちの作品になっていたことでした。体験で行ったサークルで、父の日のプレゼント作りがありました。まず渡されたのは、コースターほどの大きさの丸い紙。「ここにクレヨンでパパの顔を描きましょう」えー!0〜2歳の子たちにそれは無理でしょー(^_^;)もちろん子どもたちだけじゃ描けないので、ママが子どもの手を持って描いていきます。その後は、ネクタイの形に切ってある画用紙に紐を貼って、顔を貼って、メッセージ書いて…ほぼママが作った作品ができあがっていくわけです。子どもたちが自力でできたのは、シール貼りのみ。完全に職業病なのですが、こういう所に参加するときは、親としての視点と保育者としての視点で見てしまう癖がありまして。この活動は、心にもやもやの残った制作でした(^^;)ちなみに、子どもが小さいうちは父の日のプレゼントをあげることに反対って言うわけではないですよ。むしろ大賛成です!\(^o^)/パパの喜ぶ顔が見たいですし、これがきっかけで育児にも積極的になってくれたら一石二鳥ですよね♪ただ私は、子どもができることの範囲で作って、無理にきれいな作品に仕上げなくてもいいと思ってます。その方が見栄えは悪くても残しておきたいと思うし、後で見返した時に成長も感じられますよね(^^)このような違和感があったため、いくら近くても、友達が通ってても、私が求めている環境とは違うだよな…と、近隣子育てサークルへの入会は止めました。次回は、娘がぐちゃぐちゃ遊びの親子教室 ぐちゃラボに行ったときの様子をお伝えしますね(^^)慎重派の娘がのびのびと遊べる場所がほしい!との想いで始めたぐちゃぐちゃ遊び教室の詳細はこちら^^○お教室のご案内◯【通年クラス】お申し込みはこちら◯【単発・体験】お申し込みはこちら◯お教室に関する Q&A◯わくチャレへ参加される方へのお願い○お問い合わせはこちらLINE@では、お教室の先行案内や育児情報を配信しています。