若葉治療院 富士宮本院

若葉治療院 富士宮本院

若葉治療院 富士宮本院の院長Blogです。よく 「スポーツ専門」 と誤解されますが、いわゆる体のメンテナンス・マッサージです。休日 趣味やスポーツなど、みなさんが楽しく過ごせるようにサポートしたいと思っております。肩こり腰痛でお困りの方もお気軽にお電話下さい。



肩こり・腰痛でお悩みの方へ 



よく 「スポーツ専門」 とか、「痛みに特化した治療院」 と誤解されますが、

いわゆる体のメンテナンス・マッサージです。


休日 趣味やスポーツなど、みなさんが楽しく過ごせるようにサポートしたいと思っております。


お気軽にお電話下さい。


10月中旬に捻挫をし、接骨院に通っていたがなかなか走れない。

そんなメールをいただいて、大急ぎでプロトタイプを発送しました。

 

 

すると、思いもよらず・・・

夕方のマジックアワーを、レース速度で疾走する映像を送っていただきました!

 

その映像は、おぃおい!!

ランニングの女神かよ?!

(↓クリックしても映像出ません)

 

・・・ってくらい美しい走りでした。

 

人って、こんなに力強く、美しく走れるのか?!

後ろに縛った髪の毛が全く揺れてない!感動です!

 

最高のお返しをありがとうございました。

挫傷以来、始めて1km3’20"で痛みなく走れたとのこと。

 

故障に悩むランナー達と作り上げてきた 「らくちんソックス」が、東日本を走ります。

 

 

折れかけた翼はみんなで支える、駅伝みたいなものだと思います。

 

これは、「腸脛 靭帯 炎」を、グーグルで検索されているボリュームグラフです

 

ピンクの箱根駅伝以来、腸脛靭帯炎を検索してる人、

多くないですか??

 

道具が変われば、壊れ方も変わるのに、医療は30年前と言ってることが変わりません。

 

〈関連記事〉フォームが悪いからと通院中の先生から言われました。

 

NIKEは僕の話を聞かないし(笑)

 

〈関連記事〉ナイキよ、オレの話を聞け!

たとえ、世界が、ソレを受け入れたとしても、負けるのは嫌だ。

 

そんな想いで、研究を重ね、答えを見つけました。

 

〈関連記事〉ナイキよ。決着をつけようか。

そして作ったのが・・・

 

 

特許書いてる間はネットに書けなかったのですが、コレが原因だと思うんですよね。

〈関連記事〉ランナーの知らないシューズの話

 

外反母趾を起していない健全な足を、シューズに載せると外反母趾形状を発生させる。

 

なぜ?外反母趾形状になるか?というと、

 

シューズの上に立っただけで、クッション材は沈み込み、

 

足部を開帳させて、足根骨どうしの連結を緩め、足部トラス構造を狂わせる。

 

 

簡単に言うと、靴を履いただけで、足指が開いてアーチが落ちてしまうんだね。。

 

足指が開くと把持力が低下して、膝の揺動性(膝が揺れ動く)が抑えきれず、膝を捻じる。

 

この動きによって、

 

膝が柔らかい小・中・高校性は半月板を壊し、

大人は腸脛靭帯部を痛める、

すね毛の濃い大人は有痛性外脛骨部を痛める。

 

 

だから、膝を捻らない靴下を作ったんだけど・・・

 

作るまではやったんだけどぉ・・・

 

 

 

どうすれば良いんでしょう?? コレ。

 

 

 

とりあえず、Makuakeで販売中です。

 

 

 

 

走る時は、足の指と指の間を締めて固くする力が必要です。

 

これを把持力(はじりょく)と言います。

馬の足の指は一本指です。

進化の過程で森に住んでいた頃は5本あった足の指が、草原に出て走ることが増えるに連れ、指と指の間を握りしめ続け、やがて骨どうしが連結し、一本指に進化しました。 

 

 

厳密に言えば馬の小指は退化してなくなりましたが、人は、四本足ではないので、バランスをとる小指は重要な役割を果たします。

 

●シューズの中の指の形

 

プロの長距離選手に、「地面を蹴るときの、シューズの中の指の形はどうですか?」と質問したことがあります。

 

 

さすがです。迷いなく明確に「こうです!」と答えてくれました。しっかりと指を握りしめています。

 

こちらは、足の速い中学生から、カツアゲした  提供してもらった、部活終わりの脱ぎたての靴下です。(未洗濯)

イイね! 馬の蹄みたいでしょ?

しっかりと、指を握りしめて走っています。

ちなみに、着地の時の足の形はこうでした。

 

 

足の指を上げると、足底筋膜と結びついた踵の骨は前方に4mm引き出され、

足根骨が押し上げられてアーチが上がります

このときに足の骨どうしの連結は強くなり、着地する衝撃に耐える硬さになります。

 

指を上げてないのに、インソールでアーチを持ち上げても、体は外に傾くだけで、余計に何処かを壊します。足のアーチは、インソールで土踏まずを高くすれば上がるのではなく、骨どうしの連結が強くなることに意味があります。

 

ですから、らくちんソックスの設計は、指の動き、踵の骨が動ける構造に、アホなくらい拘りました。こだわって研究していたら、踵の構造も特許が取れました。世界初の構造です。

 

〈関連記事〉ランニングのコツは指だと思う

 

 

地面を蹴る時は、足の指を握ることによって、足根骨郡は固くなり、力を逃がすことなく

転がります。

 

薄底のシューズの強さはここにあります。

ヒールロッカー、アンクルロッカー、トゥーロッカーと、人本来の持つ美しい推進力は、反発性シューズよりも効率よく前に進むのですが・・・

 

これらができる選手が厚底を履いたらもっと速く走れるのも確かです。

どちらにしろ、らくちんソックスは、指が握りやすい、なおかつ小指が開いてバランスが取りやすいので、5本指ソックスよりグラグラしない靴下です。

 

どちらの靴下の方が優れているか?というよりも、

選手にとってどうなのか?

 

そんな事を一番に考えて作りました。

 

ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

 

 

志は剣。あの日の自分を殺す剣。

世界最小のインソール / イージスの特許がとれました。

 

コロナが始まった瞬間から、特許論文を書き始めました。

 

 

一年間、休日は全て院にこもり、

 

 

研究と検証の繰り返し。

 

 

更に、開発に一年間。

 

このたび、論文の整合性と、世界初のイノベーションであること認められました。

 

イージスは、低下した側部アーチを整復し、

 

 

それに伴うニーインを整復する。

 

 

足部運動連鎖を引き起こすことによって、

 

 

 

全身の姿勢に影響を及ぼすため

 

腰の動きから、

 

首の動きまで

全身のバランスを整える。。。そう言っているのに、

 

「0.5mm の コレで何が変わるの??」と、

 

誰も理解してくれなくて・・・まいりました(笑)

 

 

やっと、僕の書いた論文の整合性が認められたことは喜ばしい限りです。

特許は権利が消失した後も、論文は永遠に世界に残ります。

(国際特許も出願しました)

 

やがて誰もが、この技術を自由に使えるようになり、

 

100年先も、多くの人の足を守ることができたなら、僕に剣をくれた女の子との約束を果たせたと言えるのかな?・・・と。

 

〈関連記事〉きっかけは一足のスパイクでした。

 

 

特許が許諾されたことに、ひとまず安堵しています。

 

厚さ0.5mmでコレだけ変わると、偽物が出ると危ないので、

20年間は僕が管理し、研究を続けます。

 

 

守ると決めて、決めた事を守る。

何かを約束することが大事なんだと思う。実際にはその約束を守れなくても。

半月板損傷(手術あり)

 

「階段をのぼると膝が痛い」そんなとき、こんなことが起きています。

 

 

 

一瞬膝が中に入るのが・・・わかるでしょうか?

腸脛靭帯炎のときも、鵞足炎のときも、同じことが起きています。

 

 

らくちんソックスで、膝が中に入る動きがなくなると、膝の痛みが消失しました。

 

 

よく質問されるのですが、

脱いだ時はどうなるのか?

 

 

個人差があるものですが、今回はこんな感じでした。

 

 

持論ですが・・・

 

半月板を手術したから、ニーインの動きが出ているのではなくて、ニーインが出ているから半月板が壊れたと思っています。

 

その根拠は、今回のように、ちぎれた半月板は外科的に接合されても、ニーインは発生するからです。

 

腸脛靭帯炎も、鵞足炎も、有痛性外脛骨も、足底筋膜炎も、炎症ではあるけれど、筋肉の硬さや使いすぎが原因ではなくて、ニーインが発生した結果として引き起こされるもので、

 

ストレッチやマッサージで痛みは軽減したとしても、根本解決には至らず、その結果として、靭帯損傷が発生する、もしくは変形性膝関節症が引き起こされる。

 

そう考えています。

 

 

 

膝が痛くて困っている人が多いことを鑑みれば、現代医療の考えが間違っているとしか僕には思えないのです。しかしながら、なかなか医療は変わりません。

 

医療を変えたいと思ってたこともありました。

でも、それも間違っていたと今は、そう思ってます。

 

僕が変えたいのは、医療じゃなくて足だ。

 

早い話が、「足を治せばイイんだね」と、まだ諦めたくない、そんなランナーたちと一緒に開発してきたこの靴下

 

左は らくちんソックスを履いて30秒走り、靴下を脱いだときの足の様子。

(右足の足首を比較して下さい。)

 

コレが、ニーインを引き起こす原因。 開発は順調。

 

医療が変わらないなら、ランナーが変わればいい。

病院が何もしてくれないと嘆くより、ランナーが勝手に治せばいい。

 

僕は、そう思います。

近々、モニター募集を行います。

ホントに、皆さんの足を借りてばかりで申し訳ないと思ってます。

 

 

モニター募集の公開日時を、事前にLINEでお知らせしています。ぜひお友達登録をお願いします。

 

 


 

「まだ諦めたくない」そんなランナー達と開発をしてきた靴下と言う名の襷が、下関市のランナーさんに繋がりました。 

 

 

 

「右足のふくらはぎ部分に慢性的な痛みがあり、らくちんソックスをはいて走ると痛みがほとんどなくなりました。」

 

※感想は個人の感想です。効果等を保証するものではありません。

 

コロナの感染拡大が始まったとき、思ったんですよ。

 

コロナが人から人へ、海を超えて感染できるなら、人から人に繋がって、治せるもの作れば世界は治せるんじゃないのか?と。 

〈関連記事〉人の口に戸は立たない

 不可能は通過点。 可能性が見えてきました。

プロト品は、耐久性が弱いことも承知の上で、有料にも関わらず、モニターになってくださった方々に心から感謝します! フルマラソンにも使っちゃって下さい!

●片足だけの慢性的な痛み

 

片足だけのふくらはぎの慢性的な痛みがている場合、自分の経験で言えば、こういうことが起きていることが多いですね。

 

 

 

一歩を刻むごとに、筋肉が引き伸ばされる。

 

一般には、着地の足が体のセンターより中に入るのはフォームの問題と言われていますが、僕はシューズの問題と考えています。

 

その根拠は、例えば片足で、簡単なジャンプを繰り返すとき、フォームもなにもないのですが、

足首が倒れ込むものは、倒れ込むからです。

 

 

 

らくちんソックスを履いた状態で、おもいっきり!つま先立ち(背伸び)を3回やってから走ってみて下さい。足首が “パキッ”って鳴ったらラッキーです。

 

近々、モニター募集を行います。

ホントに、皆さんの足を借りてばかりで申し訳ないと思ってます。

 

 

モニター募集の公開日時を、事前にLINEでお知らせしています。ぜひお友達登録をお願いします。

 

 

 

 

 

最近思うのは、ナイキネクストとか、ズームフライとか・・・

 

コレ、左右均等に弾むのか?

とか思う。
こんなペライチのインソールでさえ、重さの左右差が3gある。
問題なのは重さじゃなくて、精度の話。 右と左の形が違えば、フォームは大きく変わる。
 
厚さ わずか0.4mmの違いで、フォームは全く変わる。
 
「そんなこと言ってたらきりがない!」と、
 
同業者にキレられたことがありました。
 
でも、そんなことでも、人は壊れるんです。
 
どんなに厳しい練習も耐える子が、そんなことでも泣くんです。
 
どんなことでも・・・やりましょうよ。
「きりがない」のが理由で、切られた人が悲しすぎるから。
前置きが長くなりましたが、最近、外反母趾の研究をしています。
 
 
「そんな事やってないで、早く販売して下さい!」ともよく言われるのですが、
とまらないんですよ。100年先の未来を変える可能性が見えたなら、わくわくしませんか?

●外反母趾になる理由

自分の仮説では、膝が壊れる動きがでると、膝が壊れない為の安全装置として、先に母趾関節が壊れると仮説を立てていました。
 
 
でも実際は、膝を捻ってから、外反母趾を作る。
 
 
解ったことはイロイロあるけど、
 
五本指ソックス・・・ 普通にぐらつきますよ。
 
 
 
近々、モニター募集を行います。
 

モニター募集の公開日時を、事前にLINEでお知らせしています。ぜひお友達登録をお願いします。

 

 

 

●ランナーの腰痛について書いてみます。

地元のランナーさん達が協力してくれて、らくちんソックスの開発を行っています。

 

Aは普通の靴下

Bは らくちんソックスを履いて30秒走った後

 

 

お腹が凹んでいるのが判るでしょうか??

 
足元からの運動連鎖です。
らくちんソックス販売秘話ですが、この靴下・・・
 
履いただけでお腹が凹んだように見える靴下 “めちゃスリム” の名前で販売する計画がありました。
 
腰痛や、膝の痛みを改善する靴下を開発しても、薬機法の絡みで販売できません。
苦肉の策としての「めちゃスリム」です。
この靴下が、走らなくてもいい靴下なら、もっと結果が出る形に作れますが、とりあえず、らくちんソックスを履いて、30秒走った後の姿勢の変化です。
 
足首の倒れ込み(プロネーション)
 
最近、この靴下が足首のプロネーションに変化をもたらすことが解りました。
研究を続けます。〈関連記事〉アーチの倒れ込みを靴下で改善する治験
 
 
肘の高さ、指の見え方の違い
 
肩の高さの変化
 
 
靴下を変えただけで膝、腰、肩の動きまで改善されるエビデンスは、

 

 
アーチの低下は脛骨の内旋を生み、運動連鎖によって腰部筋郡は牽引され
 
 
腰椎の前湾を発生させて上半身にまで影響を及ぼすので・・・
 
アーチの倒れ込みを防ぐことで、
 
 
上半身にまで影響を及ぼします。
結果として腰椎の前湾は改善され、お腹が凹んだように見えるのです。
腰の痛みであれこれやっても改善されず、困っている人は足元を見直すと改善するかも知れません。
 

人の口に戸は立たない。

 
モニターになってくれた方のハガキを読んで、勇気づけられました。
 
 
難しい理屈をごちゃごちゃ言うより、使ってくれた人が評価してくれれば良いと思ってます。
今は、ランニングソックスから始めて良かったと思います。

モニター募集の公開日時を、事前にLINEでお知らせしています。ぜひお友達登録をお願いします。

 

 

 

しゃがむと膝が痛むランナーさんが、この靴下を履いて30秒走った後、膝の痛みが消失し、さらに、この靴下を脱いだ後もしゃがめる治験動画です。

 

 

こんな研究をしています。

そうやって、この靴下は、実際に足が痛くて困っているランナー達と開発してきました。

〈関連記事〉らくちんソックス開発モニター募集

 

まだ諦めたくないからです。

 

今は、この研究の完成度が何%なのか? それすらも判りません。

ただ、1%の希望があれば、人は前に進めるものだと思います。

らくちんソックス 数量限定・販売予約 受付中 

ーーーーーーーーーー

■モニター募集

らくちんソックスを一緒に育ててくれる方募集中です。レースや練習以外でも、

このような、破天荒な使い方も歓迎です。

 

 

 

有料モニターとなりますが、ご協力いただける方を、先着20名で募集しています。

 

 

数量に達した為、募集を締め切らせていただきました。

ご協力。ありがとうございます!

 

 

思うように走れないランナー達の悔しさも、走れない子供を見守るお母さんの悔しさも、全て背負う覚悟をもって研究しています。メルカリ等への転売はご遠慮下さい。

 

モニター募集の公開日時を、事前にLINEでお知らせしています。ぜひお友達登録をお願いします。