とある高校からお話いただき、

「夏場の栄養補給〜夏バテを防ぐ方法〜」

というテーマで、講習会を行いました。

いくつか現場を見てきましたが、学生、指導者共に、

栄養学の話を知らないことが多くある気がします。

夏バテ対策の話をする前に、

基礎的な栄養学知ってもらう必要があると感じていました。

 

そこでまずは、家庭科や保健の授業を掘り下げながら

栄養素の基礎を説明↓

「水」に絞って詳しい説明↓

正しい水分補給の方法を説明↓

最後に夏バテの仕組み・対処法の説明↓

 

私は栄養学を説明する際に、

「食品の説明だけをしないこと」を心がけています。

多くの人が、必要な栄養素を摂取しようとすると、

その栄養素が多い食品だけを取り入れようとします。

それでは目的が曖昧になってしまい、

本当に必要な栄養素を補給できるかが怪しいと思います。

 

ですので、「この栄養素が必要な理由」を話してから、

「含まれている食品・正しい摂り方」の話をします。

そうすることで、ただ食事を選ぶのではなく、

目的意識を持った食事を選ぶ手助けになると考えています。

 

どの程度高校生に伝わったかは分かりませんでしたが、

いつか役立ってくれると良いなと思っています。

次の日から1日練習が続くようなので、

少しでも実践してくれると嬉しく思います(^_^)

 

講座が終わった後は、

最近力を入れているランニングソックスの治験です。

まずは普通の靴下でバランスチェックを行い↓

シューズを履いてバランスチェック↓

一般的に、シューズを履くことで

バランスに変化が起こることは知られていないようです。

参加している学生全員に、バランスの崩れが見られました。

 

ソックスを履いてもらい、再びチェックしてみました。

反応を見た感じ、全員に変化があったようです(^^)/

ここから種目別に練習してもらい、

どのようなフィードバックがあるのか楽しみです。

(感想は後ほど・・・)

 

さて、今年に入って2回目の講習会でしたが、

未だに手応えが掴めない場面がいくつもあります。

終わった後、学校の先生からアドバイスをいただきました。

「相手の状況に合わせて説明方法を変化させる」

自分では分かっているつもりでも、

実践することは難しいのが現状です。

 

「また機会があったらお願いしたい」との話を頂きました。

今以上の知識を深め、より多くの人のためとなれるように、

今後も頑張らなければいけないと感じる講習会でした。

 

若葉治療院 富士院/PLUSbody若葉治療院

〒416-0902

静岡県富士市長通9-1 201号

TEL:0545−63−6288 

 

HP:「plusbody-fuji.com

公式アプリ:「AppStore

      「GooglePlay

久しぶりの外部活動報告です。

今回は、日々腰痛と戦っている保育士さんを対象に、

腰痛対策の講習会を開催しました。

 

人生2度目の講習会依頼でしたが、

今回は前回より依頼条件が難しく、

「45分×2セット」での開催計画でした。

前回:新体操チームでの講習会

 

そのため、

限られた時間の中で情報を伝えなければなりません。

今まで以上に細かく準備をして、

しっかり要点を伝える必要があります。

 

準備に時間がかかる中、追い打ちをかけるように、

感染症対策の面で、対面での講習会が不可能となりました。

急遽、オンライン講習への変更です。

要領も全く分からないまま、

画角や照明の準備、内容の変更に追われました。

 

そして当日・・・

「腰の動きチェック」から始まり、

座学を中心に「セルフケアの要点」を説明。

簡単にできるセルフマッサージから実技を行い、

座学と実技を交えてストレッチ。

 

そして、腰痛の鉄板である「マッケンジー体操」を

始めようと思ったところ、終了時間となってしまいました。

想定していたことですが、対面と違い流れが難しく、

私の計画が甘い点が目立ちました。

マッケンジー体操が、

オンラインでの説明がつけられないのが幸いでした。

 

今回の講習会を通して思ったのは、

オンライン開催では予想以上に説明が難しく、

想定よりも説明や実技に時間を取られたことです。

また、対面での醍醐味である反応が届かない点も、

講習を進める上で難しくさせた要因の一つと思います。

 

次こそは、いただいた貴重な時間を活かせるように

準備したいと思います。

(早く対面でできる日が来るのを待ちたいと思います)

 

残りの資料や体操の動画は、ここから作ります(^_^;)

 

若葉治療院 富士院/PLUSbody若葉治療院

〒416-0902

静岡県富士市長通9-1 201号

TEL:0545−63−6288 

 

HP:「plusbody-fuji.com

公式アプリ:「AppStore

      「GooglePlay

スポーツをしている方にとっては当然かと思いますが、

目的によってシューズを使い分けることがあります。

一本指ソックスの治験中に、とある動画が撮れました。

 

★今回の被験者

年齢:高校生男子

種目:陸上競技長距離 5000m

目的:県大会前のフォームチェック

アップシューズ

New Balance 「HANZO T」

グラウンドやロードなど、

様々な条件で走り込みをしているため、

全体的に消耗が目立ちます。

レースシューズ

New Balance「FuelCell 5280」

【5280フィート=1マイル=1600m】

短い距離を想定したシューズで、

カーボンプレートを搭載しています。

中足部より前で接地するような、

素早い動きを想定して作られているからでしょうか?

トラックレースでの使用のみですが、

踵の消耗がハッキリ分かります。

 

今回は時速8kmで走っています。

HANZOでのフォーム

 

FuelCellでのフォーム

 

Point①.足の向きが変化する

右足首と左足首、それぞれの一部分を切り出しました。

右足のシューズの向きに注目してください。

シューズの見える範囲ですが、

HANZOよりもFuelCellの方が、大きく見えます。

これは、

「つま先が外を向いている(トゥーアウト)」

と言い換えることができます。

上記のGIFだと鮮明に分かりますが、

蹴り出しから着地まで、

つま先が外を向いたまま走っています。

反対の左足を見てみます。

HANZOではトゥーアウト気味でしたが、

FuelCellでは少し中央に戻っています。

 

まとめると、

「右方向に蹴り出すようになった」と言えます。

 

Point②.上半身の傾き

同じく、右脚と左脚の接地の一部を切り出しました。

今回注目したいのは、「上半身の傾き」です。

骨盤の位置で緑のレーザーを当てています。

右脚、左脚共に、FuelCellでは上半身が前に倒れています。

モザイク越しで分かりにくいですが、

頭の傾きを見るとより傾きが分かります。 

 

Point③.足の回転

HANZOでは、

「跳ねながら蹴って進む」様な走りをしています。

また、少し足が流れているようにも見えます。

FuelCellでは、

「小さい回転数で一歩ずつ進む」様な走りをしています。

全体の動きを見ても、

FuelCellの方が回転数が多くなって見えます。

 

★今回のポイント

足の故障に問題もあるため、

どの動きが正解かは一度置いておきます。

ここで問題になるのは、他の条件をそのままに、

シューズを替えただけでフォームが変化したことです。

 

シューズの性能で全身の動きが変わるのは明確です。

つまり、体の状態を整えるだけで無く、

目的によってシューズを選ぶ能力も大切になります。

走る距離や場所、その日のレースプランなどによって、

最適なシューズは変わってきます。

その選択によって、

自分の能力を100%以上出すことも可能になります。

反対に、

100%出せなくなる可能性も大いに考えられます。

 

こんな感じの雑談になりましたが、

シューズの重要性が分かっていただければ幸いです。

別のデータや動画も近々アップします(^_^)

 

若葉治療院 富士院/PLUSbody若葉治療院

〒416-0902

静岡県富士市長通9-1 201号

TEL:0545−63−6288 

 

HP:「plusbody-fuji.com

公式アプリ:「AppStore

      「GooglePlay