東京・贈り物研究家☆原田康子のブログ

東京・贈り物研究家☆原田康子のブログ

喜びを循環するお手伝い

贈り物研究家 原田康子のブログ

まだ気温は高いですが、

もう9月に入り少しずつ秋めいてくる頃。

 

今週9月13日(金)には中秋の名月。
陰暦で8月15日のこと。

 

そんな美しいお月様が見える日におすすめの贈り物のご紹介です。

 

今回ご紹介する贈り物はこちら。

 

【円果天 月餅】

 

丸い月の形をかたどった月餅です。

 

月餅は中国のお菓子。

 

諸説ありますが、

月餅はお供え物として中秋節に食べられていたが、

時の移り変わりとともに中秋節の贈り物に用いられる食品へと変わっていったとのこと。

 

昔はかなり大きいサイズで切り分けて食べていたようですが、

最近は小振りのサイズが主流のよう。

 

こちらの円果天は新宿中村屋さんのブランド。

新宿伊勢丹限定になります。

 

円果天は一般的に販売されている月餅に比べ

直径約3,5センチと小さめ。


 

ちょっとしたお茶請けにぴったりのサイズになります。

 

こちらのうさぎの印の月餅は

中秋の時期限定。

 

お月さまといえば、やはりうさぎですよね♪

サイズも印も可愛らしくて贈り物にぴったりです。

 

中身は小豆餡にお餅入り。

 

月餅は賞味期限が一週間以上あるので、

事前に準備出来るのも助かります。

 

印も「感謝」やこれから敬老の日に向けた「長寿」など。

味も小豆餡、黒胡麻餡、木の実餡など様々あります。

(うさぎの印は小豆餡にお餅入りのみです)

 

小さいサイズなので、

いろんな味の詰め合わせにしても楽しんでいただけますよ♪

 

今週の贈り物は中秋の名月を楽しむ

円果天の月餅をいかがですか?

 

♦円果天 月餅の詳細はこちら♦

https://www.nakamuraya.co.jp/products/brand/enkaten/

 

円果天にはショコラの様な月餅などもあります、

またそちらもブログでご紹介していきますね。

 

贈り物研究家、原田康子でした♪

本日7月27日は土用の丑の日。

 

うなぎを食べるのが有名な日かと思いますが、

和菓子好きな方は土用餅をいかがでしょうか?

 

一年前半の区切り。

6月30日は夏越の祓でしたね。

 

この時期のおもたせに水無月をここ数年ブログにアップさせていただいています。

 

私も毎年、異なるお店の水無月をいただていますが、

今年いただいたのは虎屋の水無月。

 

 

縦横5センチ程の小さめサイズ。

 

 

 

左が白水無月。右が水無月。

 

一般的な水無月には左のタイプが多いですが、

虎屋では2種類のタイプの水無月が販売されていて面白いですね。

 

この2種類が一つのお箱にはいっているタイプを今回は選んでみました。

 

中にはちゃんと菓子楊枝もついているので、

おもたせにも助かります。

 

白水無月はもちもちした食感。

水無月はこくがあり、しっかりめの食感でした。

 

今年の夏越の祓は2種類の水無月を楽しませていただきました。

 

もうすでに、来年の水無月の候補も考えてますよ♪

 

今年の後半も皆様にとって良い日々となりますように。

 

贈り物研究家、原田康子でした。