食育・料理研究家中原麻衣子のHeartfulKitchen♡

世界中のキッチンに『愛』を。をスローガンに掲げ、家の中心であり女性にとって大事な居場所であり、家族の身体になる、安全でおいしいものが生まれる「キッチン」から、愛と笑顔、そして健康が溢れますようにという願いを込めて「Heartful Kitchen」と名付けました。


テーマ:

 

ご訪問ありがとうございます。

食育・料理研究家中原麻衣子です。

 

お待たせいたしました!
1月12日より『ハートフルシェア田2018』新オーナー募集受付開始し、
『合鴨の恵み』完売・『農薬不使用・化学肥料不使用米』残りわずかとなりましたことご報告致します。
毎年高い満足度で「ご継続」をいただいております本取組。
新オーナー様は先着順となり、予定作付量に達した時点で〆切となりますので、ご興味ある方はお早めにお待ちしております!
なお、本企画は、ただ、お米を買うのではなく、以下目的・コンセプトにご賛同くださる方にお集まりいただいているプロジェクトです。多くの方からのお申込をお待ちしております。
==
■本取組の2017年度産(玄米)を使用したスペシャルチャリティイベント開催。
 
 
料理の鉄人坂井宏行シェフとラ・ロシェル総料理長川島孝シェフ・山王店料理長楠野大シェフの舌をうならせたハートフルシェア田玄米。シェフたちにお力添え頂き、この日限りのフレンチ玄米フルコースを作って頂きました。(2018年1月11日、moms love JAPAN!×ラ・ロシェル南青山店にて『熊本復興応援チャリティイベント』第2回開催)
==

 

◆ハートフルシェア田2018募集要項◆ 

4年目を迎える里山の新たな取組『ハートフルシェア田』
本取組は熊本県山都町「鮎の瀬交流館こめ屋」×東京Heartful Kitchenによる『日本文化的景観認定棚田を守る環境保全型農業の取組』です。現オーナーのお力添えにより、以下の通り耕作放棄地が復活を遂げています。4年目を迎える2018年も更なる棚田保全活動に励んで参ります。
 
2015年(初年度) 30a復活!

2016年 20a復活!(一部熊本地震・記録的豪雨による被害あり) 

2017年 震災復興途中のため、現状維持!

 
◆本取組の目的

①日本が誇る重要文化的景観である認定棚田とその地域を「未来に繋ぐ」。

環境保全型農業(=循環型農業)により、地球にも人間(ヒト)にも優しい農業を実現

20164月熊本地震 復興継続的支援

 

◆コンセプト

新たな里山の取り組み『ハートフルシェア田』は、『“愛”をシェアする。』が最大のコンセプト。熊本県山都町には、町のシンボル国指定重要文化財『通潤橋』(水路橋)があり、その周りに広がる絶景こそ日本文化的景観棚田風景。この景色を未来に繋ぐことを目的とし、自然界で起こる良い時もそうでない時も、苦楽を共にし、「おいしい」と「健康」をシェアします。

<日本重要文化的景観『通潤用水と白糸台地の棚田景観』*農林水産省ホームページより*>

http://www.maff.go.jp/j/nousin/sekkei/museum/m_keikan/tuzyun/
 

◆詳細

 

(左:生産者松川陽一さん・右:生産者三浦祝弘さん)

すべて無農薬・無化学肥料にこだわり、生産者松川陽一と三浦祝弘とその仲間が、育てて参ります。松川は3児の父。三浦は1児の父。山都町の米作りを背負って立つ、熱い情熱を持った二人です。

*主な作業耕起・代かき・田植え・除草・水管理・稲刈り・脱穀・籾摺り・精米・保管・配送

 

◆種類

 

1.ハートフルシェア田 無農薬米 合鴨の恵み <松川陽一>

合鴨米。循環型農業による、完全無農薬・無化学肥料。

<合鴨農法とは>

田んぼにアイガモを放し、無農薬・無化学肥料で米を作る農法です。化学肥料、農薬の不使用による安心安全な米、化学肥料による稲の弱体化を回避出来、病虫害の低減を図れます。

<合鴨ちゃんって、どんな働きをするの?>

除草効果雑食性を持つ合鴨ちゃんが雑草を食べるので、草取りのために用いる除草剤が不要!

中耕効果:合鴨ちゃんが泳ぐことにより、土が攪拌され根を刺激し、肥料分の吸収が良くなる。また、田を掻き回すと水田内に酸素を補給すると共に、常に水を濁し水温を上げ稲の成長を助けてくれる。合鴨ちゃんが動くことで常に稲へ刺激が与えられ、株張の良い茎太でしっかりした稲をが育つ。

害虫防除効果稲や水田内にいる虫を好んで食べるので殺虫剤不要

肥料効果:合鴨ちゃんの排泄物が稲の養分となり、有機肥料となって稲の成長に役立つ

 

 

2.ハートフルシェア田 無農薬米 <三浦祝弘>

循環型農業による、完全無農薬・無化学肥料。

田んぼで取れたワラ・もみ殻・米ぬか・ワラを食べた牛の堆肥や、竹の粉を田んぼに戻し、雑草を除去してくれるタニシを入れ、除草剤不使用!九州ですが、東北と変わらない虫も死ぬ朝晩の冷え込みだからこそ、実現できる昔ながらの米作りで無農薬・無化学肥料にこだわり、地球にやさしい循環型農業を実現。

 

品種:ヒノヒカリ

場所:熊本県上益城郡山都町(阿蘇くまもと空港から約1時間半のところにある九州山脈の麓)

保管方法:低温倉庫保管

精米方法:こだわりの循環式精米

精米歩合:玄米・五分・七分・白米 *いずれか選択、途中変更可。

配送方法:年12回(毎月)・年6回(2か月おき)・年4回(3か月おき)*いずれか選択

配送量:5kg(単位)

農作業期間:2018年春~秋

配送期間:2018年度新米収穫後から1年間(201811月~201910月)

配送日:毎月10日。年6回プラン奇数月/年4回プラン11258月。(休日の場合翌営業日)

 

◆価格(税込)
農業委託料・米(月5kg×契約月)・精米料・配送料などすべて含む。)
①『合鴨の恵み』 年12回(年間60kg) 75,000円 完売御礼!
②『合鴨の恵み』 年6回(年間30kg) 43,000円 完売御礼!
③『合鴨の恵み』 年4回(年間20kg) 32,000円 完売御礼!
④『農薬不使用・化学肥料不使用米』 年12回(年間60kg) 70,000円 完売御礼!
⑤『農薬不使用・化学肥料不使用米』 年6回(年間30kg) 40,000円 完売御礼!
⑥『農薬不使用・化学肥料不使用米』 年4回(年間20kg) 30,000円 完売御礼!
*年12回コースのみ、ご親族・ご友人様とシェアOK。配送先入力で2つご住所を入力してください。

 

*本取組の特色<重要>*
①豊作の場合、契約数量の最高「10」還元いたします。一方、天災や昨今の異常気象等により予定通り収穫できない可能性もゼロではありませんことご承知おきください。万が一、収量が満たなかった場合は同じ地区(白糸地区)の“無農薬米”にて還元させて頂くことをお約束します。
②稲の成長など、シェア田の様子をメールマガジンにて配信。あなたの棚田の様子がリアルタイムでわかります。

 ・現地に足を運び農作業する必要はございません。現地ではプロの生産者たちの手によって日々お世話していきます。田んぼを見たい・農作業を体験したい方は一年中いつでも大歓迎!

(中原は、年に数回足を運ぶ予定。ご希望の方はいつでもお気軽にご相談くださいませ。↓夏休みの雑草取り。子供は虫取り!?)

 


◆申込:

https://ws.formzu.net/fgen/S69863421/

 
◆〆切
2018年3月末⇒ご好評につき2018年4月末まで延長決定!!
*合鴨の恵み:完売御礼!
*農薬不使用・化学肥料不使用米:残わずか!
*作付け可能量に達した時点で〆切とさせて頂きます。(先着順!)
 
◆お問い合わせ

食育・料理研究家/Heartful Kitchen 代表 中原麻衣子

heartfulkitchenmn@gmail.com

 

 

食育・料理研究家 中原麻衣子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。