はじめに言っておきますがVee Rubberのリヤタイヤは耐摩耗性が弱点です 笑い泣き

3000kmを超えるような長距離ツーリングのリアタイヤには国産トレールタイヤがおすすめです(舗装の走行距離も長いでしょうし)。

 フロントタイヤは普通に持つんですけどね。

 

 なので Vee Rubberオフロードタイヤは荷物少なめで週末林道を走り倒したいような用途で使うのがいいかな? FIMエンデューロタイヤやトレールタイヤはもちろん、モトクロスタイヤにも公道走行可能なモデルがあります。

 

 日本の道路車両運送法9条に定めるタイヤの基準には溝の深さが1.6mm以上あることを規定しています、これぐらいまで摩耗するとタイヤパターンにスリップサインが出てきますね。

http://www.jatma.or.jp/tekisei/userfile02.html

 

 でもそこに「NOT FOR HIGHWAY USE」マーキングがあるとダメ ムキー とは書いてない、すなわち「NOT FOR HIGHWAY USE」マーキングのあるタイヤで公道走行しても整備不良と指摘されることはないです。

 

 一方メーカーは公道走行用にテストしていないタイヤに「NOT FOR HIGHWAY USE」とマーキングし、日本ならJIS、欧州のE4マークあるいは北米のDOT認証のいずれも取得していないはずです。

 

 逆に言うとJIS,E4,DOTのいずれかが表示されているタイヤはメーカーが公道走行用としてテストし販売しているタイヤとなります、「M+S」や「MST」との泥雪対応マーキングもあるはずです。

 

こんなMXタイヤ VRM-109はDOT認証取得しているのでメーカーとして公道走行対応です。

 トレール車やエンデューロマシンで使える

VRM-109R 4.50-18 72P (120/90-18)
 古いモトクロッサーなどで使える

VRM-109R 3.50-18 62P

 古いトレールなどで使える

VRM-109R 4.60-17 62P
サイズを用意しています。
このVRM-109R はエンデューロタイヤとしてもなかなかの性能を発揮します。
ウエットの成田MXパークエンデューロコースでもグリップさせやすかったです。
 

こちらはフロント用
VRM-109F 3.00-21 51R
サイズです。

VRM-140F 90/100-21 56M もDOT認証取得しているので公道走行可能です。

公道走行可能モトクロスタイヤラインナップはこちらから御覧ください。
http://veerubber.kdenki.com/veemx.php#VRM340

 

その他公道走行できるオフロードタイヤ

・トレールタイヤ
http://veerubber.kdenki.com/veetrail.php

・FIMエンデューロタイヤ
http://veerubber.kdenki.com/veefim.php