庭でPC仕事や読書をしながら

時々家の中で涼む

ソファからの景色

GWが過ぎて

すっかり静かになった軽井沢

ここ数日の冷え込みでストーブにあたる毎日だったがやっと今日はGWに戻ったような暖かさ。


連日パンを焼く日々。

何故かと言うと天然酵母は増え続ける。

使いきれない。

今日は3個のカンパーニュを焼いた。


分量や材料をいろいろ変えつつ。


昨日のカンパーニュ


これはGW中のレーズンくるみパン。


千ヶ滝にピクニックに行ったら、

なんと!

ニホンカモシカに出会った。

熊じゃなくて良かった。






軽井沢のGW2024はお天気が多く、庭で犬とハンモック

軽井沢から佐久へ

ヤギを見ながらピクニックをしに来たらなんて長閑。



毎年4月頃、子ヤギが生まれるそうで、

お天気の午後に1〜2時間放たれると言うことだが、この日は大人のヤギだけ。

でも可愛い。




GWの軽井沢にはこごみがいっぱい出回るので

毎年必ず庭でこごみの天ぷらをするのが楽しみ。














ハルニレテラスの近く野鳥の森から山へ登ってすぐキビタキ休憩所があって、結構気軽に行けるハイキングができる。

実は家から歩いた。

木々のむこうに浅間山が見える



しばらく来なかったら綺麗に建て替えられたキビタキ休憩所








途中の湯川

ヤドリギ

2024年GWの軽井沢

連日晴れてカラッと乾燥していて気持ちがいい。

ここぞとばかり家中の窓を開けて乾燥させ掃除に励む。やることがいっぱい。


5日目にしてようやくカンパーニュを焼く余裕が出来た。


これは東京で育てた天然酵母。

1週間に一度エサをやり育てないといけないんだそうで軽井沢にも連れて来た。

アーティチョークはイタリアではカルチョーフィ。

千葉に仕事でアーティチョークの畑の下見。

アーティチョーク尽くしのディナーを企画してるのだ。

熱い情熱を傾ける仕事人に畑を見せてもらう。



一年育ててたったの2週間しか収穫できない。


ここではすごく広いスペースを使って一つ一つのアーティチョークがのびのびと育っている。


何しろ日本中の有名レストランシェフがこちらのアーティチョークを奪い合うのだそう。


軽井沢の庭の巣箱は毎年シジュウカラがヒナを育てにやってくる。



秋には一度巣箱を掃除するのだが、今回は出来ずにこの時期になってしまった。


しかもかなり傷んだので修理。

真新しい木のところが今回の修理箇所。


電動糸ノコギリマシンを持ってるのだ。




テラスでお茶を飲みながら親鳥が巣箱の丸い穴を行ったり来たりしてエサを運ぶところが見られるのだ。

今年もやって来て欲しい。



中軽井沢駅近くの小さい可愛いお店。


去年の冬前に気になって行ったらすごく美味しいバターサンドだったので今回も買っちゃう。カロリーは気にしない。


沢山種類があってどれも凄く可愛い。


可愛いSotto piatto敷皿が売っててちょこちょこ買っちゃう。