地方巡業

いきなり名古屋。
晴天🌞
朝から犬と散歩。
円頓寺商店街。
シャッター商店街から復活を果たしたと話題の円頓寺商店街には今時のレトロ恰好いいカフェやバールがいっぱい。
ゴールデン街っぽい横丁もあったりして。

さて今週は地方巡業の始まり始まり。 
九十九里から伊豆高原へ。
連休最終日に出たら渋滞でヘトヘト。

昨日とは打って変わって
今日は真夏日とのこと。
車の中ではわからないけど、
温度計は33℃を示してる。

伊豆の家の草刈りの為、
makitaの草刈り機を持って出かけたら、
バッテリーを忘れた。
九十九里有料道路の終点で気づく。
210円払って出る。

そして210円払って
九十九里有料道路を戻る🤣

再び入って210円を払う。

何をやってるんだ🤣

伊豆に着いたら
思ったほど雑草は伸びてなかった。
九十九里とは違うのだ^ ^

明日は草刈り、温泉&テニス🎾

そして一路名古屋へ。
野暮用数々を兼ねて
ひつまぶしが楽しみ。

引退してから初名古屋。
実に一年ぶり。

9月の海と読書

テーマ:
9月に入って初めての海。

このところ曇りがちで砂浜は雨が続いたので固く普通の靴でも砂が入らない。

日曜なので割と人出があった。

そんな天気の毎日が続くと海で過ごすよりも部屋で過ごすことが多くなり一足早い読書の秋。

暇つぶしなので軽いエッセイやミステリーを読み漁る。
ずっしりした読み物は沢山あるけれど、それに手をつける気にはならない。

軽井沢ではフリーペーパーの中に三好礼子の名を見つけ、急に片岡義男が読みたくなり、古い本を沢山とりよせた。
あのスカした語りが何ともなつかしかった。

ここでは林真理子なんかがぴったり。
最高のオバハン中島ハルコは実に痛快で楽しめた。

場所が変わると読みたいものも変わる。

日本イタリア料理教室協会の定例運営委員会の会合は、だいたいクラッセ・ヴィーノの翌朝で、
イタリアワインの専門家とオリーブオイルの専門家が固定メンバーだ。

時々オリーブオイルの専門家は
試飲しなければならないオリーブオイルを幾本か持って来て、
私たちにも色々教えてくださる。

イタリア料理検定を11月4日に控え決めなければならない議題を次々と決裁し終えて
いざ試飲。

今回はあのエルメスが
プーリア州のサレントに持つ別荘の敷地内にあるオリーブオイル畑から作ったオリーブオイルと言うのを味見させていただいた。


素敵な瓶だ。
値段は普通のオリーブオイルの10倍だが、エルメスの店内にこれ以下の値段のものは存在しないだろう。

ちなみにエルメスブティック内での販売ではないとのこと。


これはDean&Dellucaでも買えるらしいモナコ王室御用達の小さなラベル。
スキットルみたいな形も手のひらサイズの大きさも可愛いし千円くらいの手頃な価格もちょっとしたギフトにいい。
ピクニックバスケットの隙間に入れて持って行くにもいい。


オリーブオイルのコンテストに参加するものはこういうオイルなのだそう。
すべてのオリーブオイルの特徴、香りや苦味などなど評価ポイントがわかりやすく際立つ。

一般的に美味しいと感じるポイントは人それぞれで、オリーブオイルの品質、評価ポイントとは別ものなのだと今更ながらに思う。

へぇ〜
を繰り返しつつ、育ちの良い穏やかな良い方々に癒され今日ものどかな会議を終える。

久々に参加の産休明けのメンバーにもお会い出来て有意義なひと時であった。
2018年9月のクラッセ・ヴィーノはリグーリア州。

レストランのキッチンには新顔のさわやか青年が。

誰かに似てるって言われる?
と聞き出した答えと
私が思い浮かべた人が
同一人物だったので
ホッと安心。

さて、クラッセ・ヴィーノも今月でひと段落。
今後は会場とクラス編成を一新すべく準備期間に入ります。

海の家ダイニングルーム

テーマ:

この家は2年前まではスッキリ、ビーチハウスっぽかった。

料理教室2軒分の雑貨と食器を持ち込み今やごちゃごちゃ。ご覧の通りだ。
さらに左右に棚は広がる。

苦し紛れにプロヴァンス風などと言う。


ちなみにビフォーはこうだ↓


なんとも…
今日も断捨離に明け暮れる…

ココスヤシの実がなりました

テーマ:

いつ下界に下りて来たの?

飲みに行ったら
こう聞かれた。

実はつい先週、ようやく山(軽井沢)から下りて来た。

都内で社交と仕事をこなし、
元気な皆んなの顔を見てから
一か月半ぶりに海の家へ戻った。

まぁびっくりするほどの
緑が生い茂り、
というと聞こえは良いが、
50cmを越える雑草の海と化していた。
オリーブの鉢は2つとも倒れて
姿が見えない。

車から玄関にも辿りつけない。
すぐさま草刈り機を取り出し
玄関まで足の踏み場を作り、
一か月半分の服や荷物を運び込む。

翌朝は早起きをして、
本格的な草刈り。
家の周りをぐるっと一周、
makitaの草刈り機がフル稼働。

竹の熊手を買いにコメリに行き、
帰って大量の草を処分。

オリーブの鉢にも培養土と
苦土石灰を足して弱アルカリ性土壌を作る。
昨日オリーブオイルの専門家に教えてもらった。10年来、実がならなかったのは
酸性土壌のせいだったかも💕

ふーっ疲れた疲れた。

そしてやっとのことで

「ヤシの実鑑賞✨」です。

2つのサヤのうち、
後からはじけた方の実の成りが悪い。
きっと留守中の激しい日差しによる
水不足のせいだろう。

最初にはじけた方には
たわわに実が成っている。

今はまだ緑のこの実が
もうすぐ赤く染まるのが
待ち遠しい💕

9月の発地のカフェ事情@軽井沢

テーマ:
みんな帰っちゃった9月の軽井沢。
天気もいいのでふらふらと。


まだまだ中軽井沢のハルニレテラスは満車だし、旧軽はガヤガヤしてるからと、
発地辺りに来たらどうだろう。

カフェは閉まってるとこだらけ。

ようやくOpenしてるカフェを見つけた。

お庭のテーブルも気持ち良さそうだったけど、
犬がいるのにお部屋に入れてくれた。



少しすると、
別のお客さんが入ってきた。
「軒並みカフェが閉まってて」
と言いながら。

カーリングの帰りだと言う。

すぐ近くの風越公園のカーリング場のことだ。

確かにカーリング場から
このカフェまで
3軒のカフェともClosedだった。
まだ9月とはいえ発地の平日は寂しい。

8月末には東京に戻ろうと思っていたら、
暑さが戻って来た東京にビビり、
帰りそびれた。

すると今度は台風だ。

しかしながら
いよいよ帰らなければ。






ふるさと公園@軽井沢

テーマ:
軽井沢で犬の為に行く公園が3つほどある内の一つ。



スーパーマーケットのツルヤの裏あたりにあるふるさと公園。

ルアーフィッシングの練習を芝生広場でやってる人がいて、釣り糸をつけた釣竿を振り回していた。

ひゃー🙀

周囲の遊歩道を通りがかると、ピシッ!ピシッ!と音がなり、いつ手元が狂い、通行人の私たちもムチ打たれるかの恐怖で走り抜けた。


スマーイル♪


A'dagio@軽井沢

テーマ:
ついに10℃台に突入の軽井沢。
涼しいというより少しだけ肌寒さを感じながらもまだまだ夏服で出かけたい陽気。


ランチに出かけた
中軽井沢のイタリアン
Adagio


今日は行く予定だった店に振られて
ふと思い出した。

そうだ、Adagioに行ってみようと。

18号を旧軽方面に走り、
途中、塩沢通りへ右折し踏切を渡って陸橋を登って降りて右へくるっと回ったとこにあるラ・フェネステッラという
ピッツェリア&トラットリアへは
よく行くのだが、

そこから線路沿いに中軽井沢駅周りで戻る時、いつもこの前を通ってた。

また今度。
と思うこと何度かあり、
ついに訪問。



わんちゃんOKのテラス。


白樺の後ろに見える煙突のある建物。






車を停めるとすぐに出てきてくれたお兄さんは物腰が柔らかくとても感じがいい。
私のアルマジロのバスケットが気になったよう。

テラスには先客の黒トイプードル3匹も。

来る人来る人、中年以上、
ご年配グループ多数。

もう夏が終わっちゃったのね、、、
改めて感じる客層であった。



しなの鉄道駅舎@軽井沢

テーマ:

しなの鉄道の軽井沢駅の駅舎に新しくショップや和カフェが出来たというので行ってみようと思いつつ、電車に乗らないので行きそびれてた。


古き良きノスタルジックな建物に和カフェはいい。



なんと18時15分で終わる。
最終列車が18:01なら仕方ないか。


次回は小布施の栗菓子の老舗、桜井甘精堂のモンブランパフェを、ぜひ。