何が悪かったのかに気付いて理解出来たところが復縁のスタートである | 復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い

復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い

恋愛における復縁、復活愛、浮気、別れ、出会いという分野を専門的に扱っております探偵の事務所のブログです


テーマ:

お付き合いしていた人と別れてから時間が経過すれば冷静になれる人が多く自分の言動を見つめ直して別れてしまったのは何が悪かったのかに気付いて理解出来る人は多いです。

一部分の何が悪いかも理解出来ず反省も出来ない人を除けばほとんどの人が別れてから反省して後悔する形になります。

ほとんどの人がお付き合いしていた人と別れてしまって初めて自分の悪い部分、改善しなければならない部分に気付くという事です。

反省できない人に復縁出来る事はないですから例え別れてからであっても自分の言動を見つめ直して別れてしまったのは何が悪かったのかに気付いて理解する事は復縁する為には大事な事です。

しかし同時にこの別れてしまったのは何が悪かったかに自分で気付いて理解する事が出来るからこその弊害というのもあるのです。

そしてその自分では気付くことが出来ない弊害が復縁出来る人を減らしてしまう理由の一つにもなってしまっているのです。

確かにほとんどの人は別れてから時間さえ経過すれば何が悪かったのかに気付いて理解することが出来ます。

そして別れてしまった悪い原因に対して反省する事が出来ます。

しかしそれと同時に別れてしまった原因に自分で気付いて理解出来たからこそ自分自身の力でその原因を何とかすることが出来るとも同時に勘違いしてしまうのです。

はっきりと言いますが何が悪いかを理解する事とその悪い事を改善する事は同じ事ではないので同列に考えてしまうのは勘違いでしかありません。


キツイ事を言うようですが自分で気付いて理解したぐらいで改善できるのであれば今までに出来ているはずなのです。

彼だから出来なかった、彼女だから出来なかった、なんてそんな都合のいい話はないのです。

元々出来ていない事でありかつ自分自身でどうにもする事が出来ない事だったからこそお付き合いしていた相手も諦めて別れという選択肢を選んだのです。

自分の言動を見つめ直して別れてしまったのは何が悪かったのかに気付いて理解出来たという人はそこが復縁のスタートであり、それでも復縁したいというのであれば人の力を借りる、人のアドバイスを聞く、等を選択する必要があるのです。

 

 

 

こちらの記事に興味のある方はこちらの記事もオススメです

 

復縁したい人は自分の耳に痛い指摘を聞きたがらない

 

復縁を友人に相談した結果復縁出来たという人はほとんどいない

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 復縁・復活愛へ
にほんブログ村

復縁ランキング

クリックにご協力いただけますと励みになります

 

復縁相談さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス