昨日は、3月3日ひな祭り🎎でしたね〜❤️
     

先日は、私の母の3回忌がありまして、非常に久しぶりに家族が集まりました。
     
母は享年100才で亡くなりました。
讃岐彫をしたり、川柳を詠んだり、芸術的なところもありました。
川柳は、大手新聞社に何度も掲載されました。
     
     
記憶力も素晴らしかったです。
100才までボケることもなく、私なんかよりもずっと、はっきり明確に覚えていました。
     
それでいつも、「お前はダメだ」と言われて来ました。
    
もしもダメな親であれば、「人のこと言えるんか?」と言い返していたと思いますが、しっかりした親だったから何も言い返せませんでした。
     

私が30代の時に、自分の赤ちゃんを抱いて階段を降りようとしたら、
     
当時70代の母は「お前、大丈夫かい?私が変わろうか?抱っこしようか?」

と言ってきます。
     
私は「はあ〜?70代よりも30代の方が、赤ちゃんにとって安全なんじゃない?」と思いました。
     
それくらい、息子に対して「お前はダメだ」と言われてきました。
      

亡くなる前も、「もう、苦しいから、お医者さんに10万円払って、モルヒネを打って安楽死させてくれ」と私に依頼してきました。
     
私が「そんなことは、できない。法律でそんなことはできない。倫理的にもダメなんだ」と言ったら、
     
「やっぱりお前はダメだなぁ」と言われました。
      
母の世界の中では、私は『ダメな子』として存在しているんだなぁ。    
     
実際に、母は無理難題を私に依頼しては、母の望みを叶えられない度に「お前ダメだ」と言われるので、私は自分でも「自分はダメなんだ」と思うようになりました。
      
      
そんな自分のことを『自己理解』できたのは、心理学で自分を分析することができたからです。
      
  
『自己理解』しなかったなら、私は一生『自分はダメだ』と思い込んで生きてきたと思うんです。
   
    
そして、自分で『自分はダメな一生を生きる』という『人生脚本』を作って、その『人生脚本』の『主人公』として、生きたと思います。
    

なぜなら、その『人生脚本』とは違う生き方をしようとしても、自分の中の『監督』が、

「こらこら、『人生脚本』通りに演じないといけないよ‼️」
    
…と『人生脚本』通りに戻されてしまうのです。
     

だから『人生脚本』を書き換えることがとっても大切なことなんですね。
     
     
「自分は、本当は、どんな人生を生きたいのか?」

「自分にとって、ホンモノの人生って何なのか?」

           
自分に問いかけることが大切です。

     
『人生脚本』を書き換えるのは『心理療法』が有効です。
     
どうすれば『人生脚本』を書き換えることができるのかを学術的に研究しているからです。
     

私が書いた本…『これがあなたのターニングポイントになる』には、『人生脚本』ができるメカニズムや、『人生脚本』の書き換え方を書いています。
     
また、3月の未来を創る学校 公開講座でも解説しようと思います。
     
私は、私の出会う人が人生のターニングポイント(転機)を最も良い形で乗り越えて、右肩上がりのキャリアを生きて欲しいと願っています。
      
      
善き一日をお過ごしください(╹◡╹)♡
 
■■■■■■
 
3月 未来を創る学校 公開講座
受講生募集中!

 

【開催日程】

●3/10(水)19:30~21:00 オンライン開催

●3/14(日)14:00~15:30 対面(香川)・オンライン 両方で開催

 

【受講料(税込価格)】一般受講:3,300円(税込)

 

【講師】未来を創る学校 校長 野口健

 

 

🟡未来を創る学校とは?

未来を創る学校では、家庭・仕事・人間関係で今すぐ使える心理学の基本が身につくオンライン授業(または対面授業)・動画配信・セミナー等を行っています。

🟡公開講座とは?

未来を創る学校のカリキュラムの一つ。

初めての人でも受講しやすく、約1時間半のオンライン(または対面)の授業で心理学の基本が学べる講座です。


全日程Zoomを使用したオンライン開催を致しますので、全国どこからでも受講できます。スマホ・タブレット・パソコンなどから受講が可能です。

 

 

🔻🔻お申込み・詳細はこちらから🔻🔻

 

 

昨日、一部上場企業を辞めて、新しい人生に船出した方と語り合っていました。
      
      
やらずに後悔するよりも、
やって後悔する方がいい。

という言葉が浮かんできました。
      
      
私も、銀行を辞めて、この道に入って30年経ちます。
「銀行を辞めて後悔した」こともあります。

でも、銀行を辞めなかったとしたら、「あのとき辞めておけば良かった」と後悔していたんじゃないかな?

と、想像します。
     


会社を辞めるという、人生のターニングポイントでは、人は、迷うものです。
      
       
そんな時は、自分に向き合う時です。

自分を見つめる時です。

自己理解する時です。

自分の本当の気持ちを自己理解することです。
       
       
毎日、仕事に行っているときには、
周りの人を傷つけないように、
敵を作らないように、
嫌われないように、
取り繕った行動をしているものです。

そうして時間が過ぎていくのです。
       
       
人生のターニングポイントでは、「自分は本当はどうしたいのか?」

真実の自分を見つけることが大切です。
       


そんな大切な時期を支援するのが『未来を創る学校』です。
       
       
長い人生の中で、何度か訪れる人生のターニングポイントの度に、真実の自分、ホンモノの自分に成長していくことが大切なことだと思うのです。
      
      
一人ひとりにホンモノの未来を‼️
     
      
      
       
善き一日をお過ごしください(╹◡╹)♡
「どうしてあの人ばっかり!」
「ずるい、許せない!」
誰でも感情がざわめくことはあります。



『感情』は出していい。

でも

感情をコントロールをできなくて、

不機嫌になっていたら…、

…職場や家族から、『トラブルメーカー』と呼ばれてしまいます💦



そんなふうにレッテルを貼られて、ますます不機嫌になって…、



…ひとりぼっち、孤独になります💦



…悪循環ですね〜(^。^)



感情が高ぶっても、感情に振り回されて失敗しないようにしたいものです。



感情コントロールの下手な人は、

「だって悪いのは相手なんだから」

と、

いつも同じパターンを繰り返すのです。



感情をコントロールするというのは、感情を持たないようにすることではなくて、

感情を持ったときに問題行動を起こさないように自制することなんです。



怒りは、喜びや悲しみよりも、湧き出てくる頻度がはるかに高い感情です。

ついムカッとくる機会はいくらでもあるのです。



周囲からは

「なにをそんなに怒っているんだ」

「いつもプリプリしていて、バカみたい」

と思われ、

悪い評価につながることがほとんどです。



だから怒りに思考パターンが支配されないようにするのは、

社会生活を円滑に進め、対人関係をよくしていくために必須のことなんです‼️







怒りを笑いに変えてしまいませんか?





心の中で実況中継してみませんか?



「おーっと、若い女の子に話しかけています。なんだ、なんだ、鼻の下が伸びているぞ〜。それが管理職のやることか?

職場の雰囲気を上げようとは思わないのかあぁぁぁ⁉️」



そんなふうに実況中継していると、

次第に冷静さを取り戻していくはずです。



言語化すると、怒りが怒りでなくなってしまうのです。



怒りを笑いに変えるための技術です❣️‼️







私は、私のご縁のあった人たちが、人間関係で苦しむ姿を見たくないのです‼️



是非とも、乗り越えて、幸せな毎日を手に入れて欲しいのです‼️



そのために、私ができることは、なんでもしたいんです‼️







良き一日をお過ごしください(╹◡╹)♡

アドラー心理学の創始者、アルフレッド・アドラーは、

「人は何歳からでも変われる」と言います。



エゴグラムの創始者、デュセイは、「変わり方」を具体的に教えてくれています。



「人は何歳からでも変われる」

また、

「変わり方も教えてもらえる」



だけどね〜‼️

人は、なかなか変わらないんですよ‼️



なぜか⁉️



それはねぇ❣️





変わるための行動をやらないからなんです‼️





例えば、『エゴグラム』では、『アダルト=理性的な人タイプ』は、普段から背広を着て、日本経済新聞なんか読んでいます。



また、
『フリーチャイルド=自由な子どもタイプ』は、ユルキャラのぬいぐるみを着て、ローラースケートです商店街を走ります。



『アダルト=理性的なタイプ』の人に、「ユルキャラのぬいぐるみを着て、ローラースケートで商店街を走り抜けてください」と言っても、「そんなバカらしいことできません」と言われます。



また、
『フリーチャイルド=自由な子どもタイプ』の人に、「背広を着て、日本経済新聞を読んでください」と言っても、「そんなつまらないことできません」と言われます。



そんな理由で人は、なかなか変わらないんですよ(╹◡╹)



でもね‼️

もしもね‼️

『アダルト=理性的な人タイプ』の人が、ユルキャラのぬいぐるみを着て、商店街をローラースケートで走れば…

『変わります‼️❣️‼️』



『フリーチャイルド=自由な子どもタイプ』の人が、背広を着て日本経済新聞を読めば…

『変わるんです‼️❣️‼️』



アドラーが言っていることは、真実なんですよ‼️



ただし、アドラーが言うように、人が変わるためには…

変わるためには…


 




「勇気がいるんです♬♬♬」



その人の周りに勇気づけてくれる人が、ぴったり寄り添ってくれたら…

…人は変わります‼️





あなたの周りに『勇気づけてくれる人はいますか?





私、野口健は、あなたにぴったり寄り添って、勇気づける人になりたいんです‼️❣️‼️





32年間で、約一万人の人を勇気づけてきました。





この命尽きるまで、人を勇気づけていきます‼️

それが私の使命です‼️❣️‼️





良き一日をお過ごしください(╹◡╹)♡

 

----------------------------

 

♪週に2回、心が晴れになるメールをお届けします♪
星ミラクリ☆ミラクルメール登録はこちら⇒クリック
 
♪このブログが気に入ったら、ぜひ読者登録をお願いします♪
星アメブロ読者登録はこちら⇒クリック
 
辛い目、嫌な思い、理不尽なことに
会うことは、
しょっちゅうあると思います。

      

プライドが傷つくことも、
あると思います。

      

しかしそれに対して
怒りや憎しみをいだいては、
自分自身によくないのです。

      

怒りや憎しみは自らを
損なうだけです。

       

他人との関係も
損ないます。

        

そう自分自身に
言い聞かせて
乗り越えていきましょう。



乗り越えるための一つの方法として、

「怒りを表現してしまった相手に対して、
落とし前をつける‼️」

…と決めましょう‼️

       

落とし前をつけるというのは、

失敗や無礼などの後始末をするということです。

        

『菓子折りを持って謝りに行く』とか、
怒ってしまった相手に対して、必ず、後始末をするのです。

絶対にうやむやにしないようにすると決めるのです‼️



怒りを表現してしまった時は、絶対に落とし前をつける‼️
例外はない‼️

      

そのようなことを、決意して、必ず実行して行けば、

怒りを表現することは、無くなっていき、

優しい、穏やかな人になっていくでしょう。

「落とし前をつけることにより、
 怒りに克つべし‼️」
      
      
      
      
善き一日をお過ごしください(╹◡╹)♡