昨日、一昨日と施術の勉強をするため

宿泊研修に参加をしてきました。

 

 

久しぶりの海、潮風!

と富士山!爆  笑キラキラ

(真ん中の盛り上がってるところ)

 

 

普段の自制生活から離れて、

このときばかりはとごちそうをいただき

気合をいれて。

 

海鮮どーん!

 

勉強会にのぞみました。

 

 

いつもと違う環境での勉強会は、

普段オフラインでなかなか会えない遠方に住まう人や、

会っていてもさほど深い話をする機会のない人々との

貴重な交流の場でもあります。

 

 

そんな仲間と直接触れて、

話しながら技術を披露しあうことは、

現状の自分のレベルを知り、

 

「まずはここを目指したい!」

 

という明確な目標を立てるのに

もってこいの機会でした。

 

 

 

感性があろうとなかろうと、

練習をしなければ結局

前にはすすめない。

 

でもその努力を怠らない人こそが結果を出し、

患者さんに信頼され、

苦痛を取り除くことのできる

優れた治療者となれるのでしょう。

 

 

当たり前のことですが、

頑張らなくちゃ!と気合の入った2日間でした。

 

 

 

 

あ、ボケてる(苦笑)

 

このスバラシイ朝日。

宿泊した部屋から見えた景色です。

 

ああ、自然のエネルギーがたくさん体に入ってくるよ…

 

 

 

 

 

 

ですがこの直後、

まさか同室の方の汚物処理をしなければならないとは

思いもしませんでした宇宙人くん

 

 

これさえなければ文句のいいようのない研修だったのだけど。

 

 

同室の先輩方との夜の語らいは、

同世代とは違った面白さがあり、

施術の指導をいただけるなど

深夜までおおいに盛り上がったのですが、

飲み方だけはどうにもいけませんでした。

 

 

飲み方を知らない若者ならともかく、

いい年をしたおとなが

汚物にまみれて眠りこけている姿の衝撃といったら。

 

 

ドン引きですよ。

 

 

 

さすがに同室以外の誰にも話せず、

モヤモヤしたまま帰路について

家族に愚痴りまくったところ、

夫には

「犬にかまれたと思えばいい」

と苦笑されました。

 

 

これ、運が悪かったという

慰めみたいな意味合いなのですが、

いや、犬にかまれても案外笑えない状況なんだけどねえー汗

 

 

でも家族に話して発散して、

ようやく気持ちが落ち着きましたが、

一晩明けてもやっぱりモヤモヤが残っていたので

書いちゃいました。

 

不快に思われる方もいるとは思いますが、

申し訳ありませんが

こんなことがあったのですよ…

 

 

 

 

まあ、自分の氣の乱れが

引き寄せた部分もあると思うので、

とりあえずこの2日間で

乱れた食事と氣をととのえつつ

スッパリ頭を切り替えて、

練習に励みたいと思います。

 

 

がんばろー!

 

 

 

 

■これまでの人気記事はこちら

・洗濯機の掃除でおどろき

・夏にも冬にもうれしい手作り飲み物

・漬物やドレッシングに

・体にやさしい布ナプキン

 

 

 

緊張の抜けないこわばった体をやさしく緩めてリセットします
 
 

 

 

先日のことなのですが、

Wワークのお仕事でレジをしているときに

お客さんにごねられました爆  笑汗

 

 

 

今、チラシについているクーポン(割引券)が

期間限定で使えるのですが、

会計の前に出していただくことで

金額から差し引くことができます。

 

もし会計が終わったあとに出されても、

レジ操作の関係で対応することができないため

お断りをしています。

 

 

 

そのお客さんはご年配の方で

恐らく70代くらいの女性。

 

会計時に五千円札をトレーに出したため、

「五千円でよろしいですか?」

ときいたところ、

「はい」

といったため、そのままレジを進めました。

 

 

ところが、レジ操作を終え

釣り銭とレシートをトレーに出したところで

 

「待って!クーポン券があるの。

この分引いてちょうだい」

 

あちゃー、と思いましたが

操作は終わっているため、

丁重にお断りをします。

 

 

「申し訳ありませんが、

お会計が終わってからのご利用はいただけません。

ご利用いただける期間はまだありますし、

次の機会にご利用ください」

 

と。

 

 

 

 

ところがお客さん、粘ります。

 

「まだ終わってないから。

引いてちょうだい」

(自分がお釣りをとっていない=会計は終わっていないということらしい)

 

 

 

同じセリフが繰り返されるばかりで

埒(らち)があきませんえーあせる

 

 

仕方がないので一旦断って

奥で作業をしている

社員さんに声をかけに行きました。

 

 

 

すると、わたしたちのやりとりが聞こえていたようで

すぐに状況を把握し、

ソッコーで対応してくださいました。

 

 

 

「申し訳ありませんが…」

とわたしと同じ説明を繰り返しますが、

お客さんも粘ります。

 

しかも、わたしがいるにも関わらず、

状況を歪曲する始末笑い泣き

 

 

「わたし、クーポンがあることを伝えたのに、

この人がどんどん(レジ操作を)進めちゃうから

間に合わなかったのよ」

 

 

いやいやいや!

違う違うそうじゃそうじゃな〜い〜♪

 

 

わたしが何を言っても

水掛け論になると思い、

ただただ首を横に振るのみ。

 

 

 

どうやらこの女性、過去にも何度か

同じようにごねたことがあるようで、

社員さんもしっかり覚えていました。

 

一度言い分が通ったことがあるのか、

諦めずに食い下がります。

 

 

 

そこで社員さんが言いました。

 

「わかりました、それでは状況を確認するため

監視カメラを確認してまいりますね」

 

 

 

その後、社員さんが裏に確認に行っている間に

ブツブツと文句を言っていたお客さんですが、

諦めたのかいつの間にかいなくなりました。

 

(わたしも他のお客さんがいなかったため

途中から引っ込んでました)

 

 

 

嬉しかったのはみーんながわたしの味方をしてくれたこと。

 

「大丈夫、うさぴこさんは悪くないニコニコ

 

 

世の中にはいろいろな人がいます。

 

 

今回、わたしにダメージは残りませんでしたが

理不尽なやりとりによっては

深く傷つくこともあるのです、

お互いに。

 

売る側も買う側も血の通った人間だという

当たり前のことを忘れずにいたいものですバイキンくん

 

 

 

 

■これまでの人気記事はこちら

・洗濯機の掃除でおどろき

・夏にも冬にもうれしい手作り飲み物

・漬物やドレッシングに

・体にやさしい布ナプキン

 

 

 

緊張の抜けないこわばった体をやさしく緩めてリセットします
 
 

 

毎週木曜日の夜、

Eテレで放送している「ソーイング・ビー2」。

 

以前ファーストシーズンの

ダイジェスト版を観てから

気に入って録画しているのですが、

これが面白いんですよ〜!爆  笑

 

 

 

 

時間制限のある中で、

参加者は様々な素材の布地を

課題どおりに縫い上げ

「裁縫名人」を目指して対決していきます。

 

日本でいえば

「TVチャンピオン」みたいなものですが、

これがとんでもなく難易度が高いびっくり

 

 

シャツやスカートだけでなく、

コルセットを作ったり、

スコットランドの民族衣装であるキルトを作ったり、

ダイビングスーツをリメイクして

ドレス風にしたり。

 

 

皆さん腕に覚えがある人たちばかりとはいえ、

作ったことのない課題や

扱ったことのない生地や道具もあり、

悪戦苦闘しながら作り上げていきます。

 

それでもお互いが蹴落とすのではなく、

ときに協力をし、声をかけあって頑張る姿は

とてもステキなのですラブラブ

 

 

あんなふうに作りたいものを

自分で作れたらいいなー。

 

 

 

わたしは衣類は作れませんが、

うちのボロボロになっていた

クッションのカバーくらいならなんとかなるだろうと思い、

手縫いで作りあげましたウインク

 

 

いきなり長さを間違えて裁断し、

つなぎ合わせるという失敗もしましたが、

思い描いた通りに作ることができました。

 

やほー!

 

 

布が余ったのでもう1つクッション買って

カバーを作ろうと思います。

 

でもついつい根を詰めちゃうのが悪いところ汗

 

 

これから年末にかけて

気持ちがソワソワしがちですが、

地に足をつけて体も心も

落ち着いて過ごしたいと思います。

 

 

 

 

 

■これまでの人気記事はこちら

・洗濯機の掃除でおどろき

・夏にも冬にもうれしい手作り飲み物

・漬物やドレッシングに

・体にやさしい布ナプキン

 

 

 

緊張の抜けないこわばった体をやさしく緩めてリセットします
 
 

進んでいます、

年末の大掃除の前倒し。

 

 

カーテンを洗ったり、

引き出しの拭き掃除をしたり。

 

 

一気にやるのは消耗するので、

ちょこちょこっとやっては

自己満足口笛キラキラ

 

 

 

今回は昨夜のうちに残り湯を使って、

洗濯槽の掃除をすることにしました。

 

 

 

 

 

 

前回に比べると比較的マシな感じですが、

それでも

 

 

汚れてます〜あせる

 

一晩放置して、普通に洗濯機を回します。

回しながらゴミをすくいあげると…

 

 

 

こんな感じに取れます。。

 

 

↑これは針金ハンガーを変形させて

排水溝のゴミ取りネットをかぶせたものですが、

手が汚れなくてとっても便利ウインク

 

 

 

 

 

 

この後汚れがなくなるまで

洗濯機を回す&拭くを繰り返しておしまいなのですが、

そのときにいらないボロ布などを入れておくと

ゴミを吸着してくれます。

 

 
 
ちなみに洗濯槽クリーナーよりも
「酸素系漂白剤」
の方が断然効果が高いのでオススメですよ!
 

 

年末までまだまだ時間があります。

少しずつ、コツコツいきましょう。

 

 

 

 

 

■これまでの人気記事はこちら

・洗濯機の掃除でおどろき

・夏にも冬にもうれしい手作り飲み物

・漬物やドレッシングに

・体にやさしい布ナプキン

 

 

 

緊張の抜けないこわばった体をやさしく緩めてリセットします
 
 

昨日のことなのですが、

母が仕事に行く直前にアワアワしだしました。

 

「どうしたの?」

 

と声をかけたら、

 

 

カギがない!!ガーン

 

とのこと。

 

 

 

前日は自分でカギを開けて家に入ったので、

なくしたのは間違いなく家の中。

 

一通り探したもののタイムアウトとなり、

結局カギを持たずに仕事にでかけていきました。

 

 

 

母はカギを置く所定の場所を作らずに、

いつもポケットに入れているらしいんですよね…

 

 

わかるわかる、

でもそれって間違いなく迷子の原因!

 

 

カギや定期(交通カード)、

財布を置く場所を固定しておくだけで、

これらを探す無駄な時間を解消することができます。

 

 

 

 

 

といっても…

わたしも場所を決めるようになったのは、

結婚して夫の習慣を倣うようになってからなのですが爆  笑あせる

 

それまではしょっちゅう迷子にしてましたからね。

 

 

 

 

でですね、話を戻しますと、

母はマンションの中で

わたしを待ち構えて、

無事一緒に家に入ったのですが、

家に入ってもなかなか捜索がはかどらず。

 

 

「カギってすぐに作れるの?」

とあきらめモードに。

 

 

完全に氣を消耗しちゃってます汗

 

失せ物を探すのって

見つからない不安と相まって、

すごく消耗しますよね…

 

 

でもうちのカギ、

2つある上に1つは簡単に作れないタイプなのです。

 

だからそう簡単にあきらめてほしくない。

 

 

と思いつつも夕食を作りながら

冷静に彼女の行動を考えていたのですが、

ふと思いついて、

 

「ねえ、布団をちょっと敷いてみなよ」

 

と声をかけてみました。

 

 

布団に巻き込んでいる可能性を考えたのですが、

母的には

 

「ないない、絶対ないよ」

 

と不承不承で布団を出しました。

 

 

すると

 

 

「あったー!!!」笑い泣き

 

 

布団の中ではないのですが、

探したつもりの場所の

もっと奥から出てきたとのこと。

 

いやーよかったねーお茶

 

 

 

思い込みって行動を制限したり

見落としを招きますよね。

 

多分自分のことだったら

ここまで冷静に考えられなかったと思うのですが、

思い込みのストッパーを行動で外してあげると

案外うまくいったりします。

 

 

とりあえずお母さん、

カギの住所を決めましょう(笑)

 

 

 

 

 

■これまでの人気記事はこちら

・洗濯機の掃除でおどろき

・夏にも冬にもうれしい手作り飲み物

・漬物やドレッシングに

・体にやさしい布ナプキン

 

 

 

緊張の抜けないこわばった体をやさしく緩めてリセットします