ウラモニ -2ページ目

ウラモニ

(´ω`)(´ω`)(´ω`)(´ω`)


テーマ:

番組放送時間中の街の動きをレポートしてみよう!ということで

4月29日(日・祝)朝7時30分から倉敷美観地区を歩いてみました(^ω^)

 

一緒に歩いていただくのは第1木曜「天のラジオ」 高蔵寺 天野こうゆう住職。

15歳まで美観地区で育ちました。

 

こうゆう住職はロケ終了後に法事があるので法衣(道中衣)でご参加くださいました。

それにしてもTHE 快晴!

 

 

朝7時30分は清掃のボランティアの方、早めに来られた観光客、ご近所さんに会えました。

 

 

そして、大原美術館の大原あかね理事長にバッタリ!

 

「新聞紙を持ってどちらへ?」

「観龍寺さんへ行こうと・・・この時期の美観地区は気候も爽やかでいいですよ!また来てください」と大原理事長。

 

そして8時40分には開館前の大原美術館に潜入(^ω^)

広報リーダー髙橋弥恵さんにモネの「睡蓮」を解説していただきました。

 

朝の大原美術館はほぼ貸し切り状態で名画を鑑賞できるのでおすすめです。

第1、3日曜には「モーニングツアー」も予約制で行っていますよー!

 

さて、9時前。

開館前の美術館の扉の向こうにはなが~い観光客の列ができていました。

午前9時の開館は美観地区が賑わってくる時間でもあります。

 

 

原美術館みたいになっていますが、大原美術館の前で記念撮影。

 

 

ロケはハートランド倉敷の初日の日。9時すぎには観光客やイベントスタッフで通りは既に人でいっぱい!

そんな美観地区を抜けて、えびす通商店街へ。

お店の開店は10時ですが、9時すぎから準備を始めていた「えびす饅頭」。こうゆうさんは今でも週1でいただいている倉敷っ子の味。

 

「9時30分までには焼き上げたいんですが、昔のように体が動かなくて、どうしても10時まで準備にかかってしまいます。多い時は1日1500個焼いていましたが、年のせいで集中力が途切れてしまうんです。」とご主人。

 

「味を買っていただく店なので味は変えないように、と。」

 

開店前の焼き器の型はピッカピカに磨かれていました。ご主人の思いが伝わってきました。

 

季節営業なので今季の営業は5/4(金)で終了です。

 

 

9時台後半は「天のラジオ」in阿智神社。

天野こうゆうさんと懐かしい参道を上がり阿智神社で倉敷の文化の多様性などをお聞きしました。

 

早朝の倉敷美観地区を天野こうゆうさんと散歩。

学ぶことの多い時間でした。

 

 

ロケ終わりは喫茶ウエダでモーニング。

ご馳走様でした。


テーマ:

前の日は東京日帰りだったフード&ライフディレクター 久保陽子さんです。

 

最近は筍を購入したりいただいたりで「気が付けば冷蔵庫が筍だらけに(苦笑」

 

そこで「筍のナムル」を作りまくっているそうです。

 

筍の下ごしらえの方法で一つ。

茹でてからすぐ皮をいたら柔らかい姫皮を捨てることが多いので、そこはおいしいので残して!

一度、皮ごと茹でて縦にザクッと切ってみてください。筍の皮と身の部分が一目でわかります。

固くて食べられない皮と姫皮がわかります。姫皮は残しておみそ汁や酢味噌和えでいただきます。

ゴミも減るので断面を見てから処理してみてください!

 

 

【久保さん流 筍のナムル】

(ナムル液)

ショウガ、ニンニクはお好みのレシピでナムル液を作ってください!

 

(筍)

①筍は先端からくし型切りでスライスする

②ごま油を引いたフライパンで筍をよく炒める。火も通りやすいしナムル液もなじみやすいですよ!

③ゴマを入れたナムル液と炒めた筍をあえます

 

冷蔵庫で1週間くらいは持ちますよ!

 

 

 

もうすぐゴールデンウィーク、「九州に行きたかったけど実家の鳥取で過します」という久保陽子さんオススメの大山オシャレスポットを教えていただきました。

 

「昔の大山のイメージが一新される人気オシャレスポットになってます!インスタ映えするのでブレイクしたみたい」

 

◆森のスープ屋さん

◆HUT

◆FBI DAISEN

 

3つとも近いエリアにあるので、ぜひ!


テーマ:

 

12歳の女子中学生プロレーサー Juju こと 野田樹潤ちゃんへのインタビュー最終回です。

 

 

4/22(日)岡山国際サーキットで行なわれた「FORMULA UNDER 17&SENIOR RACE」

結果はもちろん1位でした!

F1への登竜門、F3への挑戦のシーズンは素晴らしい幕開けでスタート。

 

 

そんな最終回となる今回のインタビューでは、

父であり指導者でもある元F1レーサー 野田英樹さんのこともお聞きしてみました。

 

お父さんからは「負けても負けても諦めない」

お母さんからは「いつも笑顔で」

 

とアドバイスされているそうです。

 

 

「笑顔で接していたら相手も笑顔になりますよね?」とJujuちゃんは話してくれました。

 

12歳とは思えません・・・。

 

 

天才少女は既に次のステージを見据えて動き始めています

夢はF1ドライバーになって女性初のF1ドライバーとして「優勝すること」

 

今後もJujuちゃんから目が離せません!

 

◆Juju(野田樹潤)HP


テーマ:

第3木曜は和紙工芸作家 梅田剛嗣さんがゲスト。

今月のお友達作家はSIRUHAのブランドネームで活躍している”裁縫男子(王子)”藤本進司さんです。

 

元々、大手製造メーカーで印刷機械の製造をしていた藤本さん。

 

よいモノとよい情報を広めたい、という思いで5年前に起業しました。

 

書くこと・考えることに集中できる手帳や文具、たやすく小銭を出すことができるミニ財布。

いただいた名刺を見やすい角度で立てることもできる名刺入れ、など、

藤本さんが手がけるモノはどれも、よく計算されています。

 

「仕事を辞めてからずっとデザインを勉強していました!」

 

 

森田さんお気に入りの倉敷帆布を使用したリュックはそれ自体が重くならないように軽めの生地で作られています。

 

「荷物が重たいと行動する気になれませんよね?」と藤本さん。

 

「これなら背負いたい!」と森田さんも絶賛!

 

今後も目が離せない作家さんです。

 

◆SIRUHAのHP


テーマ:

4月の9時台前半はマンスリーインタビュー

女子中学生プロレーサー Jujuこと野田樹潤ちゃんです。

林野駅で記念撮影

 

プロを決意したのは5歳か6歳。その時のことは「あまり覚えていない」そうです。

 

 

 

興味のある事はたくさんあるけど、本人曰く「飽きっぽい」とのこと。

 

でもレースだけはずっと続いています。

 

 

プロになる事とは「責任を持つ」ことと冷静に語るJujuちゃん。

 

今週末はいよいよ今季初レース。

F3でどんな結果を残すのでしょうか?

 

◆Juju(野田樹潤) HP


テーマ:

 

毎月第2木曜は 円山生活の会 代表 佐野明子さんの登場です。

今月は久しぶりに円山ステッチにお邪魔しました。

 

前回訪れたのは2月で雪が降っていましたが

円山ステッチのお庭には春がやってきていました。

 

 

 

 

 

 

桜は葉桜へ。今年は夜桜も楽しんだそうです。

 

「季節は待ってくれませんね」

 

最近は、蓮の花の鉢の植え替えを行いました。

 

 

「プリンのように土をだせばいいですよ」

鉢の中には立派な蓮根があったそうです。

 

 

鉢をよーく見てみると

 

 

つくしのように見えますが、これが蓮の葉っぱ。

蓮の花が咲くのは7月から。たった3日間しか咲かないそうです。

「その3日は尊い3日間です」

 

 

後半はお庭を見ながら「明子さんの贅沢な朝食」についてお聞きしました。

 

 

トースト4切れとコーヒーだけのシンプルな朝ごはんを「私の贅沢な朝食」と紹介した明子さん。

なぜ「贅沢」なのか? それは全てつながりのあるパン、ジャム、コーヒー、器だったからでした。

 

 

明子さんの提案する暮らしの展示会

「円山マルシェ in てんまや scene5」が岡山天満屋で開催中です。

期間は16日(月)まで。明子さんも毎日会場にいますよー!

 

◆佐野明子さんblog


テーマ:

女子中学生プロレーシングドライバー Juju(野田樹潤)インタビュー2回目です。

 

今朝の山陽新聞朝刊にNEWSPAPER CAMPUS 2018に登場したJujuちゃんが載っていましたね!

 

12歳のプロレーシングドライバー、お父さんは元F1ドライバーの野田英樹さんです。

 

今週は、F3とF4ってどう違うの?

 

 

時速240kmの世界ってどんな感じ?など聞いてみました!

 

 

どんな質問にも丁寧に、しかも、わかりやすく教えてくれたJuju選手。

 

 

もうすぐF3のレースが近づいてきてますよー

 

◆Juju(野田樹潤)HP


テーマ:

なんと・・・スポンサー様が付いたコーナーになってしまいました・・・ありがとうございます!

倉敷市高蔵寺の天野こうゆう住職が出演する第1木曜日は、「天のラジオ」

 

「あまのらじお」と読んでください。「てんのらじお」って読めるけど・・・。

6日から始まる銀座での個展に立ち会うため今日はジャケット(BEAMS)をお召しのこうゆうさんです。

 

ぎっくり腰になってここのところ1日2食の「玄米粥」生活。

天日干しにした玄米を軽く煎って、昆布と梅干と一緒に炊きます。花が開いたら出来上がり。

「汁をすするだけでご病気が治るって言われてて、いやしいから食べてみたらおいしかった(笑」

 

玄米粥生活で冴えてるそうです。「ノンアルのおいしく感じます」

 

今月の1曲は The Millennium 「There Is Nothing More To Say」(1968)

 

 

春の1曲は美メロの曲でした。春の朝の散歩に会う曲でチョイスした(ご本人忘れてましたけど)ということです。

 

-新年度の話題が絶えないですね

 

 いろんな基準で選ばれて一線に立った人が多いと思いますけど、ここで満足せずに、ここからは職人技をつかわんと、周りと比べたらあいつが悪い、環境が悪い、になりますから。スタートラインは一緒。そのもう一歩先は手わざ、職人芸が生きるよ、笑顔かもわからんし、絵を描くことかもしれない、アイディアかもしれないし。

 

 ただね、木の芽が出るころは騒がしいなって、みんなでワーっといくのもえぇけど、そこを静かにクっとわきを締めて見守って、散った桜の花びらが舞い上がらないような歩き方を仏教では「歩歩」と言います。すり足ですよ。お寺に入ってワーッとじゃなしに、子どもが遊ぶのは別ですけど、蓮華の花びらが膝より上に舞い上がらないくらいの気遣いで歩けと、そしたら仏さまの瞑想や説法が聞こえてきますよ、ってことです。

 

 ドンチャンもいいけど、どんちゃんしすぎて5月のむなしさが来ると思うんですよ

 

-春はどうしても冬の寒さからの解放感からか、花や木々、満開の桜の木の下で楽しんだり、主観ですが最も春がガチャガチャしてる感じがします。いろんなスタートがあって、新入生が入って来たら花見や新歓コンパでガヤガヤというようなイメージがあって、そんなにしたいのかな?みんながワクワク、ガヤガヤしたいわけでは・・・・そういうのが得意じゃない人もいますよね?

 

 苦手な人もおるやろうし、好きな人もおる。また外でね、寒いですよ(苦笑。私先輩に言われて石油ストーブ持って行かされたことがありますよ。大事なのはほどほどで入りやすく出やすい宴にして、あれはあれ、これはこれで分けて差し上げんと。ゴッチャなんよね。日本人はいいことがあったら悪いこと言う癖がある。大谷君みなさいよ、打てない打てない、打ったら打ったで初勝利、初勝利。ぜんぶ割り切って自分がその世界できちっとしてるだけ。春、勢いでたなぁ、鼻炎を忘れさせるとかね、なんか言い訳じゃない?いっつも。情報が多すぎるから情報を整理して花びらを散らさん歩き方をする。和装の作法でもありますよね。

 

 あと、よく「引き締めましょう」って言うじゃない。心をどうやって引き締めるのよ(苦笑。簡単なんよ。足と手の小指に力を意識を置く、お尻の穴を締める、脇の下を締めると顎が上がらんようにすることで引き締まる。心とか置いておいて、外的な体を締めると心も付いて来る、でいいじゃない? 見えないもん心は。一挙手一投足に心を置く。あと、もう言い訳しない。「ちょっと今日ノドが・・」って言えばずっと「喉が・・」で引っ張るじゃない、アンタの鼻声聴けば十分わかるから(苦笑。イチイチ言わない、ニコニコしておけば「いい人やなぁ」で終わるんだから。言わない所のやせ我慢が相手の評価になってる。もう一つは自分の器を決めないことですね。相手が決めてくれてるんだから「僕はそんな器ではありません」って言ったらすべてが終わる。器やから言うてくれてるから、その辺を整理する「春」。

 

 

「天のラジオ」では、あなたからのお悩み、聞いて欲しい事、仏事の疑問など受け付けています。

高野山本山布教師 天野こうゆう住職が答えてくれますよー!

 

質問は fresh@fm-okayama.co.jp ヘ。件名に「こうゆうさんへ」か「天のラジオ」宛で送ってくださいね

 

匿名、ラジオネームだけでもOKです!

 

次回の放送は5月3日(木・祝) お楽しみに!


テーマ:

 

3月某日、真庭市に行ってきた番組チーム(2人)・・・

この方に会うために・・・・

 

 

12歳のプロレーシングドライバー Juju(野田樹潤)さんです!

 

4月から中学生になる12歳のF3ドライバー・・・。

とにかく、「細い!「手足が長い」

 

 

ほんとにF4マシンに乗ってるのー?(;^ω^ 三 ;^ω^)

 

Jujuちゃんが体感している時速240kmの世界とは?

 

次週に続く

 


テーマ:

 

お仕事で全国を飛び回っているフード&ライフディレクター Air.+ 久保陽子さん

 

この季節は「名残」と「走り」を楽しんでいるのだそうです。

 

新〇〇、春〇〇が出回る季節、

久保陽子さんは、旬野菜をアップグレードするソースを発明したそうです

 

【春野菜 アップグレードソース】

①八丁味噌

②パクチー(主に根うあ茎の部分を使用)

③オリーブオイル

 

①と③の比率は1:2の割合で。

②の根を細かくみじん切りにして、葉はお好みで使用。ぜんぶ混ぜたら出来上がり。

 

このソースを焼いた筍、焼いたアスパラ、ソラマメにつけていただくと「めっちゃおいしいんですよ~」

旬のお野菜の甘み、苦みといったポテンシャルを引き出してくれるのだそうですよ!

 

 

 

今月は久保曜子さんの長年のパートナー

アトリエピエスのフローリスト 虫明真紀さん

 

スタジオにお花を持ってきていただけませんか?という無茶なリクエストに快く答えてくださいました。

 

オレンジの花は「名残」のラナンキュラス、最後に一花咲かせるお花

「走り」はリキュウバイ

 

虫明さんのお庭の草花と一緒にブーケにしてくださっています。

 

久保「走りも名残も知っていると料理も楽しいですよ」

虫明「知ってるってだいじだよね」

 

長年ブライダルシーンでフローリストとして活躍している虫明さん、

春から「結婚式の学校」を立ち上げます。

 

「おもてなしや人を喜ばせる事、季節を感じる事・・・結婚式はいろいろなことを知るいい機会だから結婚式の後も生活を少しでも豊かにできるような知恵を身につけられたらいいな、とおもって立ち上げました」

 

 

 

小さな小さな学校なので、式をつくる側の方々大歓迎!興味のある方はHPを見てみてください!

 

「結婚式の学校」

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.