ウラモニ

(´ω`)(´ω`)(´ω`)(´ω`)


テーマ:

1か月ぶりに円山ステッチを訪ねて

円山生活の会 代表 佐野明子さんとのお話しです。

 

 

1か月前からエントランスの表情が変わった円山ステッチ。

エントランスの植栽を夏仕様に。

 

宿根草を中心にリピアやシロツメクサなど、万成石の淡い色にあう白、薄いピンクなどの色を集めたそうです。

 

木のスプーンを使った花の名札は明子さんの手書きで名前を書いています。

「お客様に”何お花ですか?”と聞かれることが多いので、すぐに答えられるように」

ちょっとしたところにも明子さんのさりげない工夫。

 

 

1シーズンだけで終わらせるのではなく切り換えて、また次の季節も楽しめるよう気遣いが。「やはり可愛がりたいのです」

 

 

奥のお庭には宇宙朝顔も!

 

 

葉っぱが大きい!

 

明子さんのお台所にはたくさんの瓶詰がありました。

酵素シロップのジュースになります。

 

 

最近の明子さんは雑誌の取材、テレビの取材(そしてラジオも)の対応でお忙しい日々。

 

 

収録で訪れた前の日は雑誌の取材でカメラマンの方が時間をかけて円山ステッチを撮影されていたそうです。

 

ガラスの器には庭の剪定で切り落としたイヨミズキの葉や大好きな白いトルコキキョウの花、ルリタマアザミを活けて涼を楽しんでいます。

 

夏の夜の暮らしの工夫は、キャンドルの明かりの下でのお食事。

 

「そんなにご馳走じゃなくてもキャンドルをともすだけで気分が変わるので週末はそれでワインを飲んだりして楽しんでます。7月8月はこれからなんで。頑張らなきゃ。」

 

 

お庭には今にも開きそうな蓮の花のつぼみ。

まっすぐ伸びている茎の姿が美しいですね。

 

夏ですね。

AD

テーマ:

今朝のフレモニは、明日から岡山県立美術館で始まる

「傑作 浮世絵 揃い踏み」の招待券を ペアで5組にプレゼント!

 

国内屈指の浮世絵コレクションで知られる東京・平木浮世絵財団の所蔵品からおよそ200点を岡山県立美術館に展示。

歌川広重の代表作「保永堂版・東海道五十三次」の初刷り全点がそろうほか東洲斎写楽、葛飾北斎、喜多川歌麿ら巨匠の傑作が並びます。

 

(山陽新聞社 高木一郎さんと)

 

期間は7月14日(金)から8月27日(日)まで。

 

ご招待券希望の方は、「住所、氏名、年齢」と「プレゼント希望」を明記してメールかファックスでご応募ください!

 

【宛 先】

メール fresh@fm-okayama.co.jp

FAX 086-227-2000

P C  コチラ

スマホ コチラ

 

【締め切り】 7/13(木) 21:00

【発表方法】 発送をもって替えさせていただきます

 

□■□■□■□■□□■□■

お送りいただいた個人情報は、本件以外には使用致しません。

本件が終了後、個人情報は適切に処分致します。

□■□■□■□■□□■□■

AD

テーマ:

 

7月、早いな~。倉敷市高蔵寺 第16代住職 天野こうゆうさんです。

 

6月は「今年最大のピンチ」があったそうです。それは本堂の護摩壇の釜(200年)が壊れた事。

 

真言宗のお寺の備品は平気で400年、下手すればアメリカの歴史より長いっていう備品があるそうです。

 

「その護摩壇が焼け落ちて・・・」

 

今年最大どころか「住職していて最大のピンチ」だったそうです。

 

 

さて、明日は七夕です。今年も二人に短冊を書いてもらいました

 

 

 

 

 

 

 

「身を落とすのですか?そうも聞こえる・・・何を見落とされないようにですか?先にマイナスとか愚痴とかきますからね。目の前に窓やウィンドがあるとして溜息っていうのは目の前を曇りガラスにしますからね。ボヤキや愚痴を減らすと見落とされることもないかも」

 

こうゆうさんは3つの短冊を書いてくれましたが、そのうちの一つを選んでくれました。

 

「もうね、母が先日入院しましたんですよ。やっぱしね、息子、長男に気を遣うんです。同じ屋根の下にいると私も厳しくなるんですね・・・東京の弟から電話が来てまして”お母さんが○○って言ってるよ”と言うんです。”アハハ(お母さん)横でみそ汁食べてるよ”、と。どんだけ衛星使って(笑。そういうぎこちなさを残された余生で。母と仲良くできたらどんな人とも仲良くできるのでは?」

 

 

 

さて、今年は7月から変わると思うよ、とオフトークで仰っていたこうゆうさん。

7月になって何か変わってきたでしょうか?

 

「私は上半期は相変わらず慌ただしいし、ちょっと再来年までもうひとアクセル踏もうと思ってて。仏画などもね自分の中では一回りしていて、よっしゃ新作描こうとは思ってないんですけど、やっぱり10年以上かかるんですね、もう一遍ご披露して知ってもらおうかな、と。前にも話しましたけど、”安売りをしない”。なんや坊さんが金のこと言うんかと思われるかもしれないですけど。ボランティアではなくお寺の護持、私の利益はお寺の復興につながりますから価値が分かる人に説明していきたい、と。ちょうどアクセル、ギアを上げてるところです。講演会でも「?」という予算が出てくることがあって、凛とした対応をすると、なかったことになる話も・・・今はあるけど、ここでゆるめたらイカンかな、と心得てやってます。住職ですから、住む職。お寺でじっとおって拝んでいるのがベストですけど、外に出させてもらってたら赤字持って帰るわけには・・・だから住職としての価値観を下げるわけにはいかんな~って。だから春から、新年度しんどいっていうのはフルアクセルで”大丈夫これ?千切れるかも”って4、5、6月突っ走っていったらそろそろ平均速度で生活を始めると余裕が出来とんじゃねーかと。」

 

「突き抜けた人が忙しいっていうか引く手あまたになる年、戌という字は成功の成に似てるでしょ。草冠つけたら茂。来年は茂りすぎて枯れちゃうかもしれないから、どういうふうに剪定していくか?いらんもん伸ばしているもん切ったらいかんよ。もう伸び始めてるひともいるし”わたし伸びてないんですけど”っていう人は”それはしょうがない、根腐れしとりましたなぁ”ってだけ。忙しすぎて人が辞めて行って自分が倒れたとか・・・いっこも伸びてないから何も来ないとか。自愛です。なるべく相手のえぇとこ、よかったところを言うくせにしたら、1日3つ言ったらいいんじゃないですかね。」

 

 

 

こうゆうさんの次回の出演は9月です。

夏は盆業でお忙しいのでしょうね・・・。


テーマ:

 

ありがたい、こうゆうさんのお話しの週です(´ω`)

 

今年も上半期があっというまに過ぎました。みなさん、息切れしていませんか?

 

あなたのお悩みや、相談、職場の人間関係など、こうゆうさんに聞いてほしいことがあればお寄せ下さい!ラジオネーム、匿名でもOKですよ!

 

メール fresh@fm-okayama.co.jp

FAX 086-227-2000

P C  コチラ

スマホ コチラ

 

 

 


テーマ:

ムシムシが続いてます・・・

フード&ライフディレクター 久保陽子さんに夏バテ対策メニューを聞いてみましょう

 

①おみそ汁に夏野菜を入れていただく

・オクラ、オオバ、ミョウガを入れると爽やかでおいしくいただけます。

・和の食材以外でもあう味噌。ブロッコリー(小さめの房で味噌を入れる前に)、トマトのざく切り(お味噌を入れるタイミングで)。トマトの酸味は味噌に合います。。落とし玉子を入れるとそれだけで朝ごはんになります。さらにオリーブオイルを垂らすとコクが出ます!

 

②炊飯器のお粥モードでつくるお粥

みなさんほとんど使ったことがないお粥モードはおすすめです。トロトロでホテルや中華街でいただくようなお粥ができます。白だし、めんつゆ、鶏がらスープ、卵を入れてもいいですし、冷たくてもおいしいです!冷凍保存もできるので便利です。ダイエットにもいいですよ!

 

 

 

 

さて、南イタリアを旅してきた久保陽子さん。

帰国してからは復習にお励みなのだそうです。その中の一つのレシピを教えてもらいました。

 

イワシのパスタ

お安くて手に入りやすい食材でできます。シチリアのポピュラーなレシピ。お金をかけずにおいしいものを食べる南イタリアの知恵です。生のイワシを使います。ポイントは焦がしパン粉。実はチーズの代用で、向こうでは粉チーズは高級品。ガーリックとアンチョビで香りを付けたパン粉をつくります。

 

-材料-

イワシ(生)

フェンネル(ディルでもOK)

パン粉

ニンニク

レーズン

ホールトマト缶(煮詰めて水分をとばしす)

パスタ(リングイネorブカティーニ、普通のパスタでもOK)

 

 

-つくり方-

 

オリーブオイルをニンニクで香り付けする。

香りが出たらイワシを入れてトマト缶を入れて煮詰めます。

イワシは骨は取ってしっかりつぶしてね!小骨もあるので煮詰めてソースにして。お湯で戻して刻んだレーズンと松の実を入れて和えます。

 

パスタがゆであがったらゆで汁でソースを乳化をさせて、パスタにソースを絡ませて焦がしパン粉を振って出来上がり。

 

パスタを茹でるお湯で先にしっかり刻んだフェンネルを茹でてください。

フェンネルの香が最後に味をまとめる役割をします。

 

茹でたフェンネルは最後にトッピングで使います。

ゆで汁は塩分しっかりめで!

 

 

現地では”貧しいレシピなんだ”と言われるシチリア風イワシのパスタ。

イワシの旬の季節にいかがでしょう?

 


テーマ:

実は6月の9時台前半はアイドルTIMEなんですね。

先週のAKB48&STU48に続いて、今週は6月28日(水)にアルバム「ジャム」をリリースする関ジャニ∞から渋谷すばる&丸山隆平の”すばまる”コンビが番組ジャック!

 

ユルかったですね~、さすがっす!

 

( ; ^ω^)丸さんのウォータースライダー・・・・

 

来週はHey!Say!JUMP 山田涼介くん&知念侑李くんです。

 

 

9時台後半は屏風作家 梅田剛嗣さん!

梅田さんのご自宅のお庭ではラベンダーがシーズン。

 

今朝はイングリッシュラベンダーのミニブーケをスタジオに持ってきてくださいました。

 

とってもさわやかな香り・・・でもラベンダーって乾燥させた方が香りが強くなるんですってね~

 

(´ω`) 知らなんだ。

 

 

 

今月、梅田さんが紹介してくださった展示会は、天神山文化プラザで7月19日からスタートする「アートの今・岡山2017『表装』

 

現代アートと表装・表具のコラボレーション展です。

屏風作家の梅田さんは曽おじいさまが表具師で、梅田さんも若い頃は曽おじいさまのお弟子さんのもとで修業をしてました。

 

「現代の暮らしでは、表具や表装って縁がないですもんね~」

 

このお話し、まだまだ奥が深そうです!


テーマ:

まだ梅雨入り前の円山ステッチは湿気の少ないさわやかな風が吹いていました。

楓の木がつくってくれた木陰で円山生活の会 代表 佐野明子さんのお話しをうかがっていました。

 

犬の杏ちゃんはシロツメクサを食べていました(^ω^)

 

 

最近の明子さん

 

「気が付けば発酵食品ばかり食べています」

 

昔は雨が苦手だったんです。お腹が冷えがちで・・・夏に向けて体を整えるために食べるものに気を付けています。麹だとか、塩麹、味噌、チーズも、天然酵母の物もそうですよね?糠漬けも、キュウリの糠漬けおいしいですよね。ちょっと食欲のないときはお茶漬けにして食べてもおいしいですし。

 

そうそう、それから黒酢を朝飲んでます。何かできる事から始めようかと思ってて、夏は長いですから。体が元気じゃないと好きなこともできないので発酵食品を食べてます。お腹の調子もいいですし、免疫力が上がっているのかなぁ?寝込むこともないです。

 

他で食べるよりも、家のご飯がおいしいって思えるのは幸せですよね。一から作ろうと思ったら大変なので、作り置きの梅干しとか、お漬物とか・・・・買うのなら、手間暇かけてちゃんと作られているものを買いたいです。誰が作っているのか知りたくなるんです。チーズならこの方、パンならこの方が焼いているっていうのを自分で会いに行ったり調べたりして、ちゃんと分かってると何が嬉しいって、お顔を思い浮かべながら食べられるのです。「あぁこんなにおいしいものをつくってもらってすごいなぁ。私にはこんなのは作れない!スゴイスゴイ!」って思いながら食べると元気になります。そういったものをちょっとずつ、お家でいただきます。

 

 

「雨は昔はすごく苦手でしたけど円山ステッチに引っ越してきて好きになりました。」

 

 

円山ステッチはガラス張りで外の景色がよく見えるでしょ?雨粒もよく見えるんですよ。だから室内にいても雨の日も「イヤだな」っていうマイナスの気持ちにならないから好きなことしています。宜夫さんから聞いたのですけど宜夫さんのお母さんは畑仕事をする人だったから、雨の日は何してたの?って聞いたら「おふくろは縫物をしてた」って「へぇ」って。「子どもたちが4人いたから体操服のツギアテをしてたかもしれないし、何か自分で縫ってたかもしれないんだけど」、そういうのを少年時代に見てたそうなんですね。私も夏のスカートを縫おうかなと思っています。ちくちく手縫いで。ミシンよりかは、お茶を飲みながら座って、横でジャムをたいたり、何か同時進行で縫物をちくちく縫っていって、それでやりたかったことができるんですよね。忙しいときはやりたいことが後回しになるんだけど、雨だから、手縫いでスカート縫ってみようか、手間のかかる梅ジャムでも炊いてみようか、そういうことがやれるっていうのはバランスが取れて幸せなことですよね。そう、「恵みの雨」、晴ればっかりじゃ人間もバランスが取れないですし、忙しいばっかりだったら暮らしのバランスが取れないので、ちょっとゆっくり暮らしを紡げる時間とのバランスが取れるようにしていければ・・・幸せですよね?

 

そうそう、パンを夜中までかかって焼きました。生地をもらっていて、そのままにして残念なことになるより「よしっ頑張ろう」と思って夜中にパンを焼きました。どうせやるなら!と思って石を300度にあっためてジュッと冷水をかけて表面をパリパリッとしたフランスパンみたいにしたかったので、やってるうちに片づいたのが3時でした。朝ですね(苦笑。次の日の朝、子どもたちが食べて「けっこうおいしかった」って、サンドウィッチにしたりしました。楽しいですよね?

 

 

杏ちゃんもお昼寝(^ω^)


テーマ:

週末の総選挙にむけて、今朝はオールAKB48の選曲でOA

 

9時台はAKB48 チームK 向井地美音ちゃん、チームB 加藤玲奈ちゃん、STU48 藤原あずさちゃんが登場する最終回。

 

 

あーちゃんは初総選挙! みーおん先輩、れなっち先輩に

「初めて総選挙に出たときはどんな気持ちでしたか?」を質問してみました。

 

れなっち「初めてっていつでしたっけ(苦笑」と言いながらもパイセンらしいアドバイス。

あーちゃんは顔には出ないけど「心臓飛び出るほど緊張してます」なんだそうです。

 

みーおんは今年の総選挙で神7入りを宣言(^ω^)

 

今年の総選挙はどうなる事やら・・・。

 

 

 

 

 


テーマ:

4月、天満屋岡山店で開催された「円山マルシェinてんまや scene3」での公開収録でお届けしてから2カ月。

 

久しぶりに佐野明子さんを訪ねて円山ステッチへお邪魔しました。

まだ梅雨入り前だった収録の日は、サラッとした心地よい風が吹く過ごしやすい日でした。

 

「山も空もすっかり夏になって・・・今日はよいお天気です」

 

円山ステッチのお庭は様々な種類のアジサイが見ごろを迎えていました。こちらは、ヤマアジサイ

 

ヤマアジサイを近くで見てみると・・・花の中も花?

 

4月の「円山マルシェ in てんまや」から2カ月が経とうとしています。

4月、5月は明子さんにとって節目となった月でもありました。夫・佐野宜夫さんの命日、5月13日です。

 

 

「なんとか1年間頑張れたかな?というのはマルシェのフィナーレとともに感慨深いものがありました。周りを見渡すとたくさんの仲間がいて。また2年目のステップに上ろうかな、と宜夫さんがいなくなって2年目の生活にむけて、今はちょっとゆっくり目の生活ですよ。」

 

 

「命日は1年経ったな、という感じです。宜夫さんがいなくなるって想像してませんでしたから。でも、亡くなったその瞬間から自分で決断しないと進まない”現実”があって。不思議なんですけど・・・エネルギーがむくむく沸いてきて、自分で”頑張らなきゃ”って、頑張ったらできるかな?って。”そうそう、頑張ったらできるよ”と宜夫さんといつも心の中で24時間会話をしているような毎日なんですね。円山ステッチに来られた方は何か感じているかもしれない。気持ちが浄化されるような場所でしょ?そういう場所を二人でつくって来て、今は娘たちと仲間たちと・・・ほっとするな、心がすっきりするな、とうい場所になるように、私もコツコツと自分の暮らしをまず見つめ直してコツコツ続けていくことが出来たら宜夫さんもよろこんでくれるかな?そんな感じですな今は」

 

 

4月の「円山マルシェinてんまや」では新たな出会いもあったそうです。

 

「普段出会いたくても出会えないような、東京、岩国、滋賀といった離れた場所にいる方たち、あぁこの人に会いたいな、と思ったら・・・不思議なんですけど、思ってたら会える・・・ほんとに会えるんですよねぇ。」

 

「宜夫さんからは”明子、続けなさいよ”、”どうしようか迷っているんなら、ま、やってごらん。多分できるよ”と、よく言われました。そう言われた時は”えぇー!”って気持ちなんですけど、今となって何かとにつれてその言葉がいつもそばにいるように聞こえてきます。」

 

「今の”初夏のレース展”で大好きな間野菜々江さんのレースの作品が円山ステッチの木々に囲まれた中でさわやかに揺れてます。そういったものからもすごく癒されたりね、心が洗われるようないい気持になって、ありがたいですね・・・出会いって不思議ですよね」

 

(明子さん撮影 カシワデアジサイ)

 

 

円山ステッチでは現在、「初夏のレース展」を開催中です。

来週は、”明子さんの梅雨の過ごし方”についてお聞きします。

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。