運動会の大役を。

このブログは、小学3年の長男チョータ、年長さんの次男ジゾーの育児を中心に書いています。
 
 

だいぶ過ぎちゃったけど、
運動会話。
今年は年長なので、親子ともに幼稚園最後の運動会。

年長さんはやることも多く、競技以外にもいろんな役が回ってくる。

 


さすがシャイボーイ。
先生もまさか断られるとは思わなかったよね(笑)
しばらく運動会話が続きます。



ーーーーー


参加した海辺の音楽祭でお友達みんなが歌を歌うのを一人見学するシャイボーイ。さばみりんを食べながら。
(あ、チョータもどこかに行ってしまった…うちの兄弟はもう)






 
 

☆☆☆SNS☆☆☆

更新のお知らせをしています。
ブログに未掲載の写真やイラストを載せることもあります。
 

元オットに合う。

テーマ:
このブログは、小学3年の長男チョータ、年長さんの次男ジゾーの育児を中心に書いています。
 
 
 
幼稚園の運動会に合わせて戻ってきた。
(小学校運動会には残念ながら戻れず…(;;))
 
 





 
 
ぶふぉっ!と吹いた私。
意味合いが違ってくるね、その言い方だと。(笑)
 
その晩は、ちゃんと泊めてあげました。
 
 
 

☆☆☆SNS☆☆☆

更新のお知らせをしています。
ブログに未掲載の写真やイラストを載せることもあります。
 
このブログは、小学3年の長男チョータ、年長さんの次男ジゾーの育児を中心に書いています。
 
 
 
 
前記事にコメントをありがとうございます。
前記事の最後の方にも書きましたが、フリースクール等はすぐ通える距離ならば考えたいけれど…実際問題、ナイのです。残念ながら( ;  ; )
ここでいうすぐ通える距離は、チョータが自分の力で通える距離だったり、車で送迎するにしても1時間以上かかるようなところなどは毎日送迎となると現実的ではないと考えています。
 
 
また前記事に出てきた心理センターは、医療機関ではないので診察・診断はできません。
(発達に関する相談だと思い込んでいたので発達心理センターと書きましたが、確認したら発達以外の相談もするところらしく名前を間違えていました…前記事も訂正します)
医療機関を受診することには何の抵抗もありませんし、必要ならばもちろん受診します。そこに特にこだわりはないです。
ブログには全てを書いていないので、誤解されるのは仕方のないことですが、これまでに数回、医療機関にかかっていての現在で、それとは別にスクールカウンセラーも利用したいと思ったので学校に依頼したところでした^^。
 
チョータの学校は、スクールカウンセラーは常勤しておらず、定期的に面談などもやっていません。学校だより等に案内が載っていたりすることもなく、1年生の2学期から行き渋りが始まりましたが、これまでに一度もスクールカウンセラーを勧められた事もなく…。
私も頼っていないからか保健室の先生ともあまり絡みはなく…。
 
学校が心理センターを紹介した真意は分かりませんが、
日頃の感じから、学校側の深い・あえての判断で心理センターを紹介した…とは思えない…んだよなぁ~。
先生方はにいつもいつも不満があるわけでなく、一生懸命やってくれようとしている意志は感じますが、時々、対応に「ん?」と思う事や、疑心暗鬼になることもあり、どうにもこうにも対話が必要で、それにはもう私1人では限界を感じていました。
 
 
-----------
 
 
前記事の続き。
翌日、支援の担任から話を聞く。
スクールカウンセラーの他にも、関係機関で話し合うケース会議を開くこともできるとのこと。
両方やりたいですと希望を伝え、ケース会議は夏休み中に実施。
その中でも、スクールカウンセラーもお願いしたいことを伝える。
 
 
 
2学期が始まり、しばらく待つも何も言ってこないので、再度確認。
(ほんとうは何度も何度も言いたくないYO…)
 
 
 
 
 
 
運動会が終わるまでは…の言葉に、そうですか…と引き下がったが、後から考えたら、電話一本かけることはそんなに手間なのかしらとも思う。
そもそも1学期から夏休み中から依頼しているのに、そんなに時間はないものですか。
 
 
運動会は本当に先生方も忙しそうとも思う。
朝早くから児童達と練習している姿を見かける。
とりあえず「後回しにしていい緊急性のないもの」は心の余裕ができてから、と思う気持ちもわかる。
が、運動会シーズンこそ崩れて荒れる子も多い。
こういう時期こそ必要じゃないのか…
 
 
軽視されているように感じる。
同席したいと言っていた療育の先生からも「日程決まりましたー?」と連絡もきたので、
 
 
 
 
 
再度お願いした翌日、急遽明日面談できるけど都合はどうかとの連絡あり。
空いていればいつでも予約はできるもよう。
あ…へぇ…
そんな簡単な感じ。
やっぱ電話一本で済むことだったのでは…
 
 
翌日、念願のカウンセラーとご対面、やっと(笑)。
 
 
 
…いろいろ思うことはあるけれど、
私の勘違い行き違いもあるだろう、伝え方も見直さなければ、だし、先生の言い分や事情もあるだろうし、
その辺の距離を、スクールカウンセラーの協力を得ながら縮めていって、もっと良い環境にできればと思っている。
 
 
 
 
 
 
 

☆☆☆SNS☆☆☆

更新のお知らせをしています。
ブログに未掲載の写真やイラストを載せることもあります。
 
このブログは、小学3年の長男チョータ、年長さんの次男ジゾーの育児を中心に書いています。
 
 
 
 
コメントでスクールカウンセラーのことに触れていただきましたが、タイムリーなことに先週ちょうど面談をしたところでした。
 
このスクールカウンセラーとの面談…
 
正直『やっと』できた、という感想。
 
 
遡ること1学期。
別の小学校に通う友達がスクールカウンセラーとの面談を利用していて、話を聞くととても良さそうだった。
今の学校は、私が何か要望すると出来る範囲で対応してくれる。
それはとてもありがたい。
が、それ以外の部分でいうと、言わなければ関わることをあまりしない。
忙しい先生方だからそれが当たり前なのかもしれないけれど、よくも悪くも『何もしない』。
発達に困難があり支援が必要な子供の専門家ではないから下手なことはできないのかもしれない。
そもそもそれは業務外なのかもしれない。
でも、もう少し介入してもらえないかなぁと思う時も多々あり…
そんな私の勝手な印象。
 
もっと先生に知ってほしい、関わって欲しいという気持ちがあった。
でも、
私が言うよりも知識のあるプロから助言してもらったら先生方も納得するだろうし、知識も得られるし、より良いなと思っていたのと、
私・チョータ・先生との橋渡し的な感じも担ってほしいなと考えての派遣依頼。
 
 
学校を通して依頼しなければならないということで、支援の担任に依頼する。
(けして先生方の対応に不満があるから呼んでほしい…ではなく、自分が誰かと話したいという空気を前面に出しながら)
 
 
 
 
何も音沙汰がないので、その後どうなったかの確認。
 
 

 
 慌てたように連続で届くメール。
この慌てた感じ、忘れてたっぽいな…
その上、
外部機関に保護者が直接申し込む?有料?
(必要ならば有料でも全く構わないけれど)
これってスクールカウンセラーじゃなくね…?
他校(◼️校)の友達の例を挙げ、私も話したいので呼んでくださいと頼んでいたのだけど、
 
 
先生『◼️校のそれは不登校傾向などのカウンセリング事業だそうです。チョータさんの場合○○大学の心理センターでの相談がいいのではと校長と話しました…』
 
そうですよ、私は不登校傾向で(も)悩んでますけど、なぜ勝手に発達系の方で悩んでると変換するの?
 
その○○大学の心理センターは知っていました。
が、私は学校と連携の取れる『スクールカウンセラー』と話がしたかったのであって…
 
 
モヤモヤ
モヤモヤ
 
 
私『学校に来ていただくのではなく、こちらから出向く感じになるのでしょうか?』
 
先生『そうだと思います。ホームページを見ると、相談室の写真が載っています。』
 
 
私『わかりました。心理センターの存在は知っていましたが、それだと普通の相談になりますね。相談後、先生と学校との連携はあるのでしょうか?
 
 
先生『学校との連携や情報交換は、面接時に話し合いの中で、決めていくということなのではないでしょうか。面接方法のところを読むと。』
 
 
なんだか…他人事?
[詳しくはこちらへ]クリック  カチッ
みたいなこの案内なんだろう?笑
 
モヤモヤ(もはやイライラだったかも)を抑えつつ尋ねる。
 
 
私『スクールカウンセラーというのは、もともと学校(市教委)と連携を取っている方がいらっしゃるのではないのですか?』
 
 
すると先生からの返信。
 
 
先生『スクールカウンセラーの先生はいますね。スクールカウンセラーについて市教委に尋ねてみます。』
 
 
 
 
 
 
最初っからそう言っとるんじゃあ〜〜〜〜っっ!!!
 
 
 
スマホに向かって叫ぶ・笑。
市教委に尋ねてみます、ってそこまだ聞いてなかったんだね…
そもそも電話してたのかな…(疑)
 
『では、明日また学校に行った時に聞かせてください。』
冷静にでも明日までに必ずよろしくな!という気持ちを込めて送信。
 
 
私の伝え方が悪かったのか。
でも、ここまででもグッタリ…
 
 
 
【続く】
 
 
 
良くも悪くも何もない田舎。
学校のような形態の種類の少なさ、あっても交通事情などさまざまな条件で現実的に通えるか…
 
他の学校、選べるのなら選びたいです。
 

☆☆☆SNS☆☆☆

更新のお知らせをしています。
ブログに未掲載の写真やイラストを載せることもあります。
 
このブログは、小学3年の長男チョータ、年長さんの次男ジゾーの育児を中心に書いています。
 



最近のチョータ。
 




行きたくない!
学校へは行かない!

という気持ちがハッキリしていて迷いがない…


先生と話し合って、翌週の登校計画を立ててはいるけれど、
チョータは1限だけ、先生は3限目から下校までずっと居て欲しい、とそもそもの意見が合わない。
合わないけれど先生には自分の意見が言えず、で結局先生の意見が濃いめの計画になってしまい、いざ登校となると行き渋る…


ふーむ…





☆☆☆SNS☆☆☆

更新のお知らせをしています。
ブログに未掲載の写真やイラストを載せることもあります。