過ぎる11/6はわしの誕生日だった。

そして、某朝の情報番組の星占いで1位だった。

そんな朝。朝の用足しを終えたわしは、ペーパーで然るべき処置をしようとした。

その瞬間だった。二年前に負傷した場所とほぼ同じ位置に、その時とは比較にならないほどの痛みが走ったのだ。

左の広背筋のかなり広い範囲に痛みを感じたわしは、その後しばらくの間動くことができなかった。

それでもなんとか動いて拭くべき場所を拭き、ようやくトイレから出たあたりで再び動けなくなってしまった。

悪いことに、呼吸の際に動かす部位だったらしく、息を吐くことはできても吸うことはほとんどできない。

全くできないわけではないのがせめてもの救いだったが、そんな状況でトイレの前に座り込み、浅い呼吸をせわしなく繰り返しながらおよそ30分という時間を過ごす羽目になったのである。

時に朝5時40分。家の者は誰も起きてくることはなかった。

繰り返すが、その日は誕生日だ。いやはや、なんちゅ〜誕生日プレゼントをもらったものだか。

病院では全治一週間と言われたが、おそらくこれはもっとかかるだろうと思う。

そして、痛みが収まることはあっても完治するということはおそらくないだろう。

それにしても、かつてこれほどかっこ悪い負傷の仕方があっただろうか。わしには記憶にない。

そして、かつてこれほど間抜けな怪我をした人が他にあっただろうか。わしは過分にして聞かぬ。

 

そんな状況であったため、ただでさえマイクラ配信動画をアップできない状況である上にライブ配信もほぼ行えなかった。

せめてもの救いは、YouTubeで動画配信をしているガンクラさんがわしの動画を気に入ってくれて、自身がミラティブで配信しているラジオの中で紹介してくれた。

 

 

なんでもそれ以外でもその動画を他の人に勧めてくれたんだそうな。どうりでわしの最近の動画にしては初動が良かった。ありがたいことだ。

ちなみに、件の動画はこれである。

 

 

本編動画には載せなかったちょっとした話をこうして短くのっけている動画だ。

 

配信については諸事情でこれしかできなかった。

 

 

楽しんでいただければ幸いだ。

週一でブログをアップしたいと言ってわずか二週間。早速先週アップしていないではないか。

色々あったにしても、週一ペースくらい守らんかい!

と自分にツッコミつつ、とりあえず今日である。

 

年末が近づいて来ると、アバッキーノ名義での小説の執筆、つまりエッチい作品の執筆を依頼されるのは例年のことだ。

去年はなかったが今年は依頼があったため受けたのだが、やはりそれなりに大変である。

また、12月初旬に所属している社会人バンドサークルのライブイベントがある。

このご時世下で集まれるメンバーが限られる。結果、別段歌がうまいわけでもない、というかどちらかと言えば下手な方にカテゴライズされるわしが、ベース弾きながら歌うことになってしまった。

対応できそうな曲は2曲しかないので、持ちネタとして何か対応できそうな曲をとメンバーに諮ったところ、こんな曲が上がった。

 

https://youtu.be/KbVl3nPbLFE

 

 

できるかこんなもん!!

 

なもんで、実際にかなりの誤魔化しが必要であり、今はその誤魔化しを練習しているというなんとも情けない状況だ。

 

これらを踏まえ、非常に残念ながら12月9日まで、ここ最近毎週アップしていたマイクラのサバイバル動画のアップを停止することにした。

クソ雑魚配信者とはいえそれなりに見てくれている人たちもいるので大変申し訳ないことではあるが、この状況ではわしがもう一人いなければ撮影と編集は不可能だ。

 

生配信(水辺村含)についてはこの限りではないが、やはり執筆や練習などの方を優先させるのでスケジュールによっては配信ができないこともある。

その場合は都度YouTubeのフリートークやツイッターで告知していく。

 

12月9日の配信から通常配信スケジュールに戻すし、今の予定では12月26日〜1月6日の間は特別な生配信を朝から、そして12月31日深更から1月1日にかけてはマイクラ水辺村で年越し生配信を行う。

水辺村の発展はそこで最後になると共に、新年以降のマイクラ生配信についてはその時に発表しようと思う。

まあ、毎度生配信中に何をするつもりでいるかを喋ってはいるにしても(^^;

 

それでは、今週アップした動画をば。

 

https://youtu.be/vjY54RVO_LY

 

これは本当は先々週だが。

 

https://youtu.be/m-MfI8RCSg0

 

 

そしてこれはその続きだ。

12月9日の更新再開一発目の配信はこの続きとなる。

 

https://youtu.be/16qXKcS8z60

 

 

https://youtu.be/5_D_6DDtCX0

 

 

https://youtu.be/gfd0vVVJ15s

 

 

https://youtu.be/0eJzZTCCpio

 

 

https://youtu.be/W_hx_onLKmo

 

 

FF14とヒューマンフォールフラットについては、ブログ更新時点ではHD処理が終了していないので、少し画質が粗いかもしれない。

 

来週は「ヨクのアイランドエクスプレス」は配信できない可能性があるので、近くまた予定はどこかで告知する。と思う(^^;

昨日長々と書いてしまったので、先週投稿した動画の紹介は今日に回した。

今後は基本、なんかの記事と動画リストをアップしていこうと思う。

正確には先々週の金曜日〜今週木曜日までにアップあるいは生配信した動画である。

ちなみに、今週末から配信するゲームを増やしたので、来週以降はさらに結構な数となることだろう。

 

https://youtu.be/614MNJNzo3M

 

 

https://youtu.be/msAXblNict4

 

 

https://youtu.be/gpPaDerx2ps

 

 

https://youtu.be/BemWEYAV3iQ

 

 

https://youtu.be/rBfFH5_eEPs

 

 

先月半ばにマイクラ動画を投稿するだけの記事を書いて(?)以来になる。

できればコンスタントに更新すべきだという信念のもと、最低でも月1、できれば週1で更新していきたいと思っている。

思ってはいるが、できるかどうかはわからない(^^;

 

さて、日々のことをあれそれ書くのも良いのだが、生憎こちとらつまらないオタク中年なのでそうそう面白いことが書けるわけでもなし。

なもんで、面白い出来事などがあればともかくそうでもない場合は日々思ったことを適当に書き連ねてみる。

それが見た人(つまりあなただ)にとって面白かったり有益であったりすれば幸いだ。

ついでに、その週にYouTubeに公開した動画をライブ配信も含め勝手に紹介していこうと思う。

それは記事の終わりらへんになるので、見たくない人は記事だけ読んでいただければ良い。

記事も読みたくないという人。何しに来たのこんたとこに(^^;

 

一部の人はご存知かもしれないが、わしは一応楽器の演奏などやっている。

昨今のご時世なので演奏機会は少ないが、それでも一応はいつでも演奏ができるように準備はしているつもりだ。

さて、そんなわけだから、音楽にそう関心の無い人よりは音楽に接する機会は多いし、普段何気なく聞き流すような音楽、例えばごく短いCMの中で流れるようなものにもそれなりに気をそそられることもあったりする。

そんな中で常々思っているのはそう立派なことでも何でもない。ただ漠然と「最近の音楽のほとんどはただの消費財」という思いだ。

そして、実はそれ自体はさほど悪いことではないとも思っている。

「消費財」という言葉には少々語弊があるかもしれないが、実際のところ今巷で良く耳にする楽曲のうち、一体どれほどのものが例えば30年後くらいに今の二十代の人たちが「懐メロ」として記憶に留めておくような楽曲があるだろうか。

そして、仮にそうした楽曲の中にどれほど経済的な価値のある楽曲があるのだろうか。

音楽に限らず、多くの芸能、これは演奏や演芸といったアート関連に限らずスポーツについても言えることだが、広くエンターテイメントと呼ばれるものは商業との関わりを持たないことはできない時代だ。

いわばそれは一大産業と言っても良いだろう。「メディアミックス」という、多分和製英語なのだろうが、そうしたかっこいいカタカナ名称で、多い例としては元々は漫画だったものがアニメ、実写ドラマ、ゲーム、演劇など様々な形のものに展開している。

まずは漫画として商売になりそうだから世に出てくる。他のメディア、昔から漫画と親和性の高いアニメでも儲かりそうだからそうなる。

今のご時世、なかなかのトンデモ設定でも実写映像で受け入れられる側面もあるから実写ドラマや映画、演劇にもなりえる。

ゲーム性が原作の世界観を損なわないならゲームにもなり得る。

そしてそれぞれの場所で関わる人たちが変わっていく。変わっていくから人数も増える。

人数が増えるなら当然人件費もかかる。人件費を賄うためには儲けが必要になる。

ごく当たり前のことだ。そして利益が出れば、よりよいサービスのために投資する。

でなければ企画は打ち切り、または緩やかに終了していく。

そうした中で、提供側はできるだけ裾野の広い売り方を模索することになる。それが普遍的なものになり、良く言えば大衆に受け入れやすい、悪く言えば… これはある意味悪口なのでいくらでも言葉が浮かんでくるが(笑)穏当な言葉を選べば見れる(あるいは聞ける)けど退屈なものが出来上がる。

そこで提供側は(同じ提供元とは限らないが)後者として受け止めた人にターゲットを絞った商品(または製品)の展開も模索していく…

サービスを提供できる媒体も増えてきた。わしが若者だった頃はインターネットが普及し始めた頃であり、携帯電話で音楽や映像を閲覧できるようになるなど思いもしなかった。

今はスマートフォンが1台あれば、映像や音楽をいつでもどこでも楽しめる。だから歩きながら、ひどいものは車を運転しながらそれらをイジっている。そりゃ社会問題にならない方がおかしい。

 

どんどん自分が元々言いたかったことから逸れてしまったが、要は自分が感じる現状である。

今わしが感じているのは、音楽作品にしてもそれ以外のものにしても、自分が「消費財」と感じてしまうものに溢れかえっているということである。

あくまでも主観的な話ではあるが、もっと言えば「品質は高いが欲しいのはこれじゃない」と思うような作品が多くあり、しかもそれらが何らかの理由で「無視するにはもったいない」と思うようなものばかりだということである。

しかし、残念ワープア中年のわしとしては、そうしたものを楽しむ時間は非常に限られている。

いわんや僻地在住の人間だ。職場までの通勤時間を考えれば、自分が面白いと思うものを楽しむ時間を削ってでも、自分が生み出したいものに費やす時間を増やすのは致し方ないことであろう。

若い頃なら、それこそ寝る間を惜しんでそれに勤しむこともできたであろうが、歳を重ね気力体力が低下するのはやむないことである。

そして、それに反比例するように社会的責任はワープアでも小さくはなく、むしろ増大していくのだ。

そうした中でこう思わずにはいられない。「わしが生み出したいモノって、何よ?」

 

先にも述べたように、自分の周りには度ストライクと呼べるわけではないにしても、それなりに興味深い、そしておそらく自分が作り出すよりもクオリティの高い作品が溢れている。

そんな中で明確に「自分が作り出したい作品はこれだ!」と呼べるものがしっかりとあるわけではないのだ。

このあたりが自分の至らなさなのであろう。だが、喜ぶべきか呪わしく思うべきか、わしという人間は常に「何かを作りたい」と思う生き物なのだ。

もし造形作家なり画家なりを目指していたのであれば、時間を見つけてはとにかく何かを造って(あるいは描いて)いたことだろう。

では、わしは何になりたいのか。若い頃にはミュージシャンになりたいと思っていた。

30前後の頃は物書きになりたいしなれるかもしれないと思っていた。

だが、今にして思えばどちらもさほど本気ではなかったのではないかと思う。いや、当時は本気でやっているつもりではあったが。

ただ心のどこかで「自分には無理だ」とか「なれなかったらどうする?」という疑念があり続けた。そして、そこを踏み越える勇気も能力もわしにはなかったのだろうと思う。

今更職業ミュージシャンにはなれないだろうし、職業作家となるのも何か違う気もする。

去年あたりから動画投稿なんかもやっているが、結果はあまり芳しいものでもない。

それでも。

それでもわしは演奏をやめることはないだろう。何某かの物語を書き続けるだろう。

動画投稿も続けることだろう。やめようと思う複合的な理由と決定的な出来事でもない限り。

なぜかと問われると、ここでようやく最初の問に対する答えが出てくる。

「わしが欲しいものが、まだ世間にはない」からだ。

わしが欲しいもの。それが明確に何なのかは正直なところわからない。

わからないがそのコンセプトらしいものはある。また、物語に関しては死ぬまでに書いてしまいたいと思うものがいくつかある。

音楽に関しては、わしの思いや願い、祈りが乗ったものを作り出したいと思っている。

動画に関しては、わしが楽しんでやっている、あるいはやりたいと思うものを全て吐き出してしまいたいと思っている。

それが世間で評価されればお慰みだし、そうならなくてもごく内輪でそれなりに評判になれば当然ながら嬉しい。

誰に顧みられることがなくとも、残念には思うがそれはそれである。

要は、自分の進みたい道、到達したい目標、それも人生が終わるまでに成し遂げたいと思えるものがおぼろげながら見えているのだ。これは幸せなことだと言えるだろう。

論語に「朝(あした)に道(みち)を聞(き)かば夕(ゆう)べに死(し)すとも可(か)なり」という言葉がある。

様々な解釈があるが、わしは「明日行くべき道を知っているならば、その日の夕方に亡くなるのも悪いことではなし」と解釈している。

もちろんこれは一日、またはその日と翌日のことを指しているのではない。

自分の生きている間に、自分のやりたいこと、実現したい目標を定めることができ、そのための道筋が分かったのであれば、たとえ目標に到達せずともその人生は良きものであった。ということだろうと思う。

そういう意味では、わしの人生にはいくつか到達したい目標がある。実はそうした目標がある人はそう多くはいないのではないかと思う。

しかし、残念ながらその目標に達するための道筋は未だ模糊とした霧の向こうにあるようで見いだせてはいない。

わしはまだまだ「夕べに死す」までには達しておらず、その道もまた半ばだということだ。

言葉ではそういうことだが、できれば生きている間に道を達してしまいたいものだ。

 

さあ。アホほど長々と書いてしまったので動画の紹介は明日にでも。

先週土曜日以降に公開したものを紹介する予定だ。今のところ全てゲーム配信だが。

職業配信者のような数ではないものの、全体では10本に届くか届かないかくらいあるので、暇を見つけてぼんやり眺めていただければ幸いだ。

みみっちいことを言えば、見なくても「いいね」だけでも押していただければありがたい(^^;