お盆ですね。お盆といえば、おそうめん。田舎の実家でだらだら食べる半田そうめん、最高ですね。ちなみにぴぃたんの実家は夏の間、「流しそうめん屋」をやっています。お店で使っているそうめんは三輪そうめんです笑。

 

さてさて、先日「徳島・香川トモニ市場」でゲットした半田そうめんを順繰りに食べていきましょう。今回は、北室白扇さんの「半田手延そうめん」と「半田手延めん極太仕上げ」の食べ比べです。

 

おしゃれなデザインでかっこいいパッケです。右が「極太仕上げ」ですね。どちらも3束300g入り、「半田手延そうめん」は486円で、「半田手延めん極太仕上げ」は432円で購入しました。

 

北室白扇さんは昭和7年の創業ということで、90年近くも半田そうめんを作っておられるのですね。自社サイトはすっきりした作り。どことなく高級感漂います。

 

裏面には外国人の方にも親切な英語表記がありました。おしゃれ。でも、ぴぃたんはあんまりこれが好きじゃないんですよね。博多ラーメンの○蘭ぽい戦略というか。自分が海外旅行に行ったとして、日本語表記のもの選びますか、という話。

 

麺の太さを比べてみましょう。左のノーマルも半田そうめんらしく太いですが、右の「極太」はもっと太いですね。

 

ゆでます。ノーマルは4~5分。

 

「極太」は5~6分。アバウトにアバウトに。

 

んでもって完成したのがこちら。つやっつやですね。

 

「極太」もいい感じです。

 

今回のおつゆは、やはり「徳島・香川トモニ市場」で買い込んできた讃岐野堺屋さんの「いりこつゆ」でございます。徳島県じゃなくて香川県産ですね。454円で購入。

 

瀬戸内のいりこ煮干しを使った讃岐うどんつゆとのこと。化学調味料不使用。

 

超濃縮なので、つけつゆにするには7倍に薄めますよ。

 

そんでもって実食。うん、うまい! して「極太」も、うんまい!

いりこの優しいおダシが効いたつゆでつるっと啜ってみますとどちらも甲乙つけがたく……と言いたいところですが、つるしこもち食感の半田そうめんらしさがあるのはやはりノーマルですね。「極太」は歯ごたえ良し。でも、うどんに及ばずひやむぎでもない、というなんだか中途半端な印象が残ります。

 

【寸評】

さて、北室白扇さんの半田そうめん。ぴぃたん的な好みでいえばノーマルの「半田手延そうめん」に軍配です。「半田手延べそうめん」星4☆☆☆☆、「極太仕上げ」星3☆☆☆ということになりました。半田そうめんってどれを食べてもおいしいんですが、比較しちゃうとどうしても、一方は減点されちゃうんですよね。極太はちょい低めの評価になってしまいましたが、おいしくないわけじゃあ、決してないんですよ、しかしこの洗練された高級感漂うパッケージ、高いレベルにあるお味。ご進物にはぴったりなんじゃないかなと思った次第であります。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに始まりました夏の甲子園、出身県代表は初日で姿を消しました……。

どうもこんにちは、ぴぃたんです。

 

さて今回は実食ではありません。

半田そうめんをなかなか買えない都内在住300万人の半田そうめラーが「聖地」と崇めたてまつる、「徳島・香川トモニ市場」へ買い出しに行ってきたのです。

 

こちらです。有楽町駅すぐ、東京交通会館1階の一画に位置していますね。

 

東京交通会館には各地のアンテナショップが数多く入っているんですが、「徳島・香川トモニ市場」もそのうちの1つ。アンテナショップの多くは都道府県単位で独立して運営してるようなんですが、ここは徳島県と香川県が一緒になっているんですね。

 

んでもってお店にはご当地の名産品が所狭しと並べられているわけで、観光よりもお土産が好きなぴぃたんは大興奮なのでありますが、今回のお目当はただただ半田そうめんです。香川県と一緒になっているのでもはや国民食となった感ある「讃岐うどん」もしっかり大展開されているんですけども、徳島名産半田そうめんも負けてはいません。

 

ほら! ……って、あれ? 1種類だけ?

 

なんてことはなくて、ちゃんとコーナーがありました。4〜5メーカーほどの半田そうめんが並んでいますね!

 

「なにかの大会で半田そうめんが日本一になりましたよ」って感じの新聞記事とともに、「夏はそうめん!」のPOPで売り出し中。(讃岐うどんじゃなくて)っていう密かな意思を感じるのはぴぃたんだけでしょうか?

 

したらばお店にあるだけの半田そうめんを買い込みましてですね、サクッとお会計です。地酒や「阿波踊り手ぬぐい」なんかも気になりましたがぐっと我慢、我慢の子であった。

 

 

こちらが戦利品であります。半田そうめんには欠かせないめんつゆ・だし醤油の類も充実しておりまして、いくつか買っちゃいました。

 

【寸評】

「徳島・香川トモニ市場」は半田そうめんの生まれ故郷、徳島県の名産品がびっしりのまごうことなき聖地でした。なんといってもいろんな種類の半田そうめんを最小ロットから購入できるのは魅力ですよね。半田そうめんを極めると言ってみたはいいものの、現物入手ルートに悩んでいたぴぃたんにとってはまさに救世主。銀ブラついでに寄ってみるのも、いいかもしれませんね!

 

おしまい。

あつがなついですね。こんにちは、ぴぃたんです。

それでは今回もサクッといきましょうね。(有)白滝製麺の半田そうめんです。

 

白ベースに淡い青が涼やかな包装紙です。

 

こちらは先日紹介しました「ナチュラルローソン 飯田橋メトロピア店」で販売されていた逸品でして、前田製麺のものと一緒に購入していました。3束セットで391円(税込)とお手軽にお試しできるのがグッドです。

 

屹立する麺束がきれいですね。このつぶつぶ感。

 

自社サイトも充実していまして、通販はもちろん、写真付きで詳しく製造工程を紹介していたりと、社長さんの並々ならぬ情熱を感じさせますね。「銀河一美味しいそうめん」を標榜されておりますようで、広報さんでしょうか、日々更新される「森岡さん」のツイッターも、面白いですね。

 

さっそくゆでていきましょう。袋に書かれていたゆで時間は5〜6分。

 

そうこうしているうちに、完成です。つやっつやですね。

 

ところでそうめんを食べるとき、どんな薬味を使っていますか? ネギはマストとして、生姜やワサビなんかは定番ですよね。そんでもってぴぃたん的には、和からしもアリです。

 

ぴぃたん家では、チビたちが使わなかった納豆パックに入ってる小袋のからしをストックしておいて、使っています。つるせこ!

 

めんつゆもいいけど、もうすこしパンチが欲しい。そんな時にはやっぱり、ごまだれですよね。ごまだれはどんな食材も全てごまだれ味にしてしまう諸刃の劔…ではあるけども。つゆを2種類用意するだけでめちゃくちゃ豪華な感じが出るのでオススメです。つけ麺専門店なら100円はアップします。

 

これ、近所のライフで買ったやつですが銘柄忘れてしまいました(汗)。

 

したらば、実食。これな! なあマツコ! これやんな!

思わず村上クンが憑依してしまったのは、めちゃくちゃ「っぽい」半田そうめんだったから。半田そうめん特有のつるしこもちをバランスよく備えていて、それはそれはうまかったですよ。いつだって飽きず毎日だって食べられると思います。それがすなわち「銀河一美味しい」ということなのかもしれません。

 

【寸評】

白滝製麺さんの半田そうめんは、ごくスタンダードな半田そうめんと言えるでしょう。「私は今、とても普通の半田そうめんが食べたい」。そんな時にオススメです。どうしても悪く言おうとすれば個性がないってことなんでしょうけれどもね、「普通」っていうのは、本当はすごく難しいことだと思うんですよ。たしかな技術と丁寧な仕事がなければ、「普通」は実現できないと、ぴぃたんは思うわけですね。そんな普通の半田そうめんが、ナチュロー行けばいつでも3束セットで391円(税込)で購入できる。こんな素晴らしいことはありません。というわけで今回は、星3☆☆☆でどうでしょうか。

 

ごちそうさまでした。