鰻に魅せられて

鰻に魅せられて

~鰻(うなぎ)に関する話題をメインに書き綴ったこだわりブログ~ 
☆うな重を食べるとそこには笑顔が生まれる☆

うなっくすが”うなぎ”をアピールし続けるっ!!!

テーマ:

27歳の若さで亡くなった、ニューヨークの天才画家、ジャン=ミシェル・バスキアの生涯を描いた伝記映画(1996年公開)。

 

 

あのポップアーティストの旗手である、アンディ・ウォーホルに自分の手書きのポストカードを売りつけるエピソードなど(のちに親交を深め、合作の作品も)、美術評論家の目にとまり、そのあとは数々の大作を生み出していく。金と名声を得てスターの道を、まさにうなぎのぼりのごとく突き進む。

 

 

しかし、ウォーホル急死をきっかけに、バスキア のドラッグ吸引は加速、ヘロインのオーバードーズで1988年8月12日に亡くなる。27歳。

zozo前澤社長が、バスキア の絵画を123億円びっくりで購入したのは有名。

 

 

▼それにしてもキャストが贅沢すぎて、それだけでも必見の価値あり。

デニス・ホッパー、ベネチオ・デル・トロ、ゲイリーオールドマン、クリストファー・ウォーケン、ウィレム・デフォー、とかまじやばい!何度でも言う、贅沢すぎる、豪華すぎる俳優陣!

そして、デビッドボウイ、コートニー・ラヴ
と、もう参ります笑い泣き

 

 

バスキア の映画なんだけどね💦


テーマ:

本日、土用丑の日の日です

 

古くから継承される、日本を代表する文化“うなぎ”。

美味しさに感動するのもよし、食べてモチベーション上げるのもよし、みんなでわいわいウナギを食べるのもよし、私は資源のことを考えて食べない!もよし。

 

それは個人の自由。

 

 

今日の丑まで見てきて、ウナギ資源は有限であることは間違いないし、資源を守る、そして増やしていくことも大切だ。

 

 

でも、もっと大切なことは、時間はかかるがひとつにまとまること、とてもシンプルなこと。それぞれが思い思いに行動すれば、それらの力は半減するし、結局はウナギ資源のためにならない。互いに協力すればその力は何倍にもなる。

また、一般に流されるウナギに関する情報も様々だ。正しい内容もあればその逆も然り。この数年、印象操作?のための、ウナギに関する間違ったニュース、聞きかじりの情報だけでとんちんかんな記事も散見された。情報も、ただ鵜呑みにするのではなく、じっくり自分自身考えることも非常に大切だ。

 

あと、ふざけたうなぎに関するツイッターアカウントも話題になったね。。。心底、辟易したけどw

いろいろな意味を含んだ'18土用丑の日。

 

文化?
資源?
仕事?
趣味?
夢?
食?

 

それぞれがウナギに対してさまざまな思いを巡らして、素敵な時間を過ごしてほしい。

 

 

▼ちなみに来年5月に行われるワシントン条約締約国会議。“規制を!”という声は近年、多い。

 

“(掲載することで)本当に資源保護になるのか?”

 

ワシントン条約事務局は、すでにワシントン条約附属書2に掲載されているヨーロッパウナギを例にあげ“違法取引が増える”と懸念を示している。附属書に掲載させて“はい、終わり”的な団体の存在もあるという。

 

 

いずれにしても、ニホンウナギ資源を守るには日本で一枚岩になり、ほんとうに資源にとって何がよいか、改めてお互いが感情的にならず、しっかり冷静に議論していくことがどんなに(ニホンウナギにとって)良いか。

それは、誰の目から見ても明らかだろう。誰も完璧な人間はいないのだから、互いに補っていくのだ。

 

 

さて本日、丑の日。特別な日だからこそ、少しでも鰻喫しましょう!

みなさん、“う”だるような暑さですから、塩少しと水分補給、無理しないよう、今日を乗り切りましょ”う”。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス