梅の里自然農園便り

「自然農」の田畑の様子と、「自然農」の世界を中心にお伝えしていきたいと思っています


テーマ:

写真上から:網ごと倒したキュウリ

2枚目:垂直仕立てのナス

3枚目:防風ネットで囲ったホワイトサポテ

 

今の時期、キュウリはそのまま地這いにしてもいいのですが、せっかくなので元に戻しました(^O^)

ナスやミニトマトは夏の間に背丈より高くなってしまったので、てっぺんは脚立を使って縛っています(*´▽`*)

ちなみに、この写真は垂直仕立ての三宝柑。

ホワイトサポテと同じ畑に植えています。ここの畑は風の通り道になっているので、かなり吹いたと思うのですが、大丈夫でした。

 

以前にもご紹介しましたが、垂直仕立ては道法 正徳 先生が指導されています。

 

2年前の春に植えたアボガドも防風ネットをしたのですが、大きくなって防風の効果は限定的になっています(*´▽`*) 

外してもいいのかもしれませんが、少しは足しになるかなと思って、まだしばらくの間はそのままにしておこうと思っています。

奥に映っている防風ネットの中には今年植えたアボガドの苗が植わっています。

この他の防風対策としては、ホワイトサポテの周りも含めてソルゴーを蒔いていましたが、8月末に草の手入れをするのと一緒に刈ってしまいました。ソルゴーだけだとそのままにしておくのですが、朝顔やササゲ、ヘクソカズラなどが巻き上がってきていたのでね。

 

 

なお、インゲンやゴーヤは網だけでなく支柱にも巻き付いている茎があるため、どうしようもなかったので、強い風にあおられてちょっと哀れな感じになってしまいました。
(痛々しい感じなので写真は載せていませんが・・・。)

 

もうしばらくは収穫できると思っていたのですが、残念。この2つは、今年はあえなく終了といった感じです(*´▽`*)

一方、この写真は自然農の師、川口さんちのインゲン。

、うちと同じくらいの風は吹いたと思うのに、殆ど影響がなかったかのような感じだったので不思議でした。
 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

全部同じ品種の赤米。1枚目と3枚目の写真は同じ田んぼの隣同士。
2枚目も畦を挟んだ隣の田んぼ。いずれも今日の様子です。

 

ではなぜ、色合いや出穂具合の違いが起きるのか?

 

それは出穂(しゅっすい)の時期の違い。
そして、その違いが起きる原因はというと・・・、

それは田植えの時期の違いによるものです。

 

1枚目の色が深くなってかなり穂が垂れてきているのが5月28日に植えたもの。
続いて2枚目の写真の赤米は、それより一月あまり後、7月2日~4日に植えたもの。

 

そして3枚目、今出穂が盛んで朱色の穂が立っているのは、さらにそれより10日余り遅く7月中旬に田植えをしたものです。

 

もちろん、一番初めに植えた赤米の株が一番太く背も高いです。
ただ、3枚目の写真の今盛んに出穂している赤米と同じ田んぼで隣り合わせのため、まだ足元に水があるため、台風18号やその後の天気の具合で倒伏してしまわないように願っています。
(自然農の田んぼの稲は慣行農法の稲に比べて茎もしっかりしているので倒伏しにくいですが、それでも赤米は長尺ですし、あまりしぶとく水を入れていると、倒伏してしまうことがあります。)

 

なので、本当は1枚の田んぼには同じ品種を同じ時期に植えることが一番なんですけどねー。

 

毎年、何とか出来たらと思いつつ、どうしても田植えと梅の収穫時期が重なってしまうため、今年もこんな変則的な感じになってしまいました(*´▽`*)

 

ちなみに2枚目の実習田の田んぼの赤米は来月22日(日)の自然農塾で稲刈りをする予定です。
稲刈だけの参加もOKですので、よかったらどうぞ(^O^)/

 

その頃にはしっかりお米(玄米)にも赤い色が付いてきていると思うので楽しみにです

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここは99年以降、18年間不耕起の自然農の田んぼ。

今作っているか所のうちでは一番不耕起の期間が長いところです。

 

でも、ジャンボタニシが普通にいるので、足元は慣行の田んぼと変わらないくらい草がない状態。3年前ぐらいまでは水管理がうまくできると田植えの後一度も草刈りをする必要がないくらいでしたが、去年あたりから自然農にした初期のころのように1・2回は草刈りをする必要がある部分が増えてきました。カラスとかに拾われてジャンボタニシの数が減ったのかもしれません。

でも、しっかり草刈りもできたので、今年もしっかり分げつして元気な株を張ってくれました。さすがに師の川口さんの田んぼとは感じが結構しますし、足元の豊かさでは負けちゃいますけどね(*´▽`*)

 

なお、今年の黒米での失敗に懲りて、ここは早めに防鳥糸を張ったこともあり、今のところスズメの食害には合っていません。

このまましっかりした実りをいただけたらと思っています。

 

🎶ちなみに『トヨサト』の出穂から少し遅れて、隣りの『アサヒ』の出穂もボチボチ始まってくると思います。こちらも川口さんの真似をして、友人に種籾を分けてもらって去年から作り始めました。完熟まで待つと少し脱粒しやすくなるお米ですが、美味しかったので今年も作っています。

こちらも楽しみです

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今の時期 一番夕日に映える季節を迎えています。

水を入れられる田んぼでは酷暑の夏も元気そのもの!(^^)!

この赤米は、随分前に自然農の大先輩の柴田さんに種籾を貰ったのを作り続けています(^◇^) 

天橋立元伊勢籠神社の御神米だとか。

 

白米1合に赤米大匙1杯ぐらいを混ぜて炊くと、小豆は入れないでも赤飯のような色合いに炊き上がります。モチ米なので少しモチモチ感もでます

今年の収穫が楽しみです🎶

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なお、去年はみなべから乗り合わせて参加したのですが、今年は前日神戸に行く用事が出来たため、当日現地集合にさせていただきます。
なお、現地の駐車場の場所とか分からないと思うので、車で行かれる方は「ローソン 橿原葛本町店」駐車場で10時半に落ち合うということにしたいと思います。

なお、9月第2週(10日日曜日)は田んぼの作業はないので、秋冬野菜の種まきをしたいと思います

※ この写真は昨日の川口さんの田んぼの様子です。
今年もとっても元気な株に育っています☆
(乾坤塾2日目の早朝に見に行ってきました)



一方、この写真は2枚目は今日の自然農塾の実習田の様子
8月の農塾はみなさんピースフェスタ出店とかと重なって草刈りが出来ませんでした。出来ればその後僕が出来たらよかったのですが、なかなか手が回らなくてほんの一部しか出来てないです。

 

これでは10月の稲刈りがしにくいし、少しでも何とかしたいとも思っているのですが、もう幼穂形成期に入っていてそろそろ出穂も始まってくることだし、どうしようか迷っています。
どうしたもんかなー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。