梅の里自然農園便り

梅の里自然農園便り

「自然農」の田畑の様子と、「自然農」の世界を中心にお伝えしていきたいと思っています

4年前にこの田に移植したマコモ

冬には全部刈ってしまったのですが、春に再びたくさんの芽を出してきています。


ただ、去年もたくさんのマコモダケができたのですが、

最初の年や2年目と違って小ぶりのものが多く、
また虫食いも見られるようになって、自家消費は出来ても
お届けにはちょっとという感じのものの割合が高くなってきていました。


先週、別の品種のマコモ苗をもらいに行ったときに、

マコモ栽培の大先輩から、「大きなのマコモダケを収穫するためには、
毎年新たに植え付けることが肝心」というのを伺い、
初めて田んぼを更新してみることにしました。

 
しっかり出てきている芽を刈り取ってしまい、耕耘してしまうのは、

正直ちょっと気が引けたんですけどね。


それでも、生産者としては、せっかくならやっぱりいいものを
お客様方にお届けしたいという気持ちの方が勝ったので、
とにかく一度確かめてみようという気になりました。

(ちなみに、最初の2枚の写真の真ん中に畝を立てているのは、
マコモを植え付ける前に作っていた里芋用の畝です。

3年前からサトイモは別の田んぼで作るようになったこともあり、
ここの畝は耕耘して平畝に戻しました(*^^*))


2日後、耕耘した後 雨でしっかりぬかるんだ田んぼをレイキで平らにならし、
先週もらってきて置いていた2種類のマコモ苗を植え付けました。


耕耘した残りの部分には刈らずに残している苗をとって、
ボチボチ植え付けていこうと思っています。


今年は大きくて虫食いのないマコモダケがたくさん収穫できるといいなぁ(*^^*)

なお、うちでは今までずっと元の栽培地はそのままで、

周囲に苗を植え付けて広げてきていましたが、
今回初めて一部を残して耕耘してみました。

耕さないことを基本とするのが『自然農』ですから、

これはもはや自然農とは言えなくて、
『自然栽培』に分類した方がいいのだと思っています。


ちなみに、お米は、一部していた『自然栽培』を
全て『自然農』に戻してしまいましたが、
逆にマコモ以外にもサトイモやジャガイモなど
『自然栽培』の方に変わってきているお野菜が出てきています。

この畝にはカボチャやスイカを植えようと思っています(*^^*)

今年から新しく借りた田んぼ、去年まで慣行栽培でお米を作られて
いたところなので、土は締まっていますが、レンゲやスズメのテッポウ
などもちゃんと生えてきました。


16m幅の1反の田んぼで、2月に農業委員会から貸借の通知が届いたので、
さっそく排水のための溝を4本切りました。


本当は、その時に一気に鞍付き畝を作っておいた方が、
今の植え付け時期の環境的にはベストなのですが、
かなり湿っていたこともあり、作業の労力を考えると、
先に溝切りをしてしっかり乾いている今の時期の方が
楽にできたように思いました。

今回は、その真ん中の4m幅の広畝を鞍付き畝にする作業をしました。

手順は、

① 全面の草を刈り、左右の畝によける。

② スコップを使って、両側の溝を、それぞれ40㎝ぐらいの幅を広げる感じで、

畝の中央に掘り上げる。(ここまでで下の写真)


③ 平ぐわを使って溝に残った土を畝の上にあげ、

レイキを使って中央に寄せる。

④ 中央に載せた土を細かく砕き、レイキを使って鞍付き畝の形に整える。

もちろん、この作業も鍬を使った手作業でできますが、
今回はこの部分はトラクターを使いました
(畝の中央に掘り上げた土が砕ければいいため浅耕としたので、
畝そのものは殆ど耕してない状態ですが(*^^*))


なお、畝の中央の高くなった部分に、カボチャ苗を植え付けたら、
左右に除けていた草でマルチをして仕上げる予定です。


今日は雨の予報でしたが、対して降らなそうなので、
一気に植え付けといきますかね!(^^)!


ちなみに、周りの田んぼでは、荒起こしのために、
トラクターが何台も走り回っていました(*^^*)

普通の苗床を作ろうとすると、なかなか手間がかかる湿田。

どうしても耕した土がお団子になりやすいですし、

覆土する土の確保もままなりません。

 

ということで、ここの田んぼではレイキで土をならした後、

鎮圧もしないで種籾を蒔きました。

土の凸凹が残っているところに蒔いたうえ、土も湿っているし、

籾の並び替えも容易ではありません。

ということで、1m幅の苗床から左右に飛び出てしまった籾を

苗床に戻す作業はしたものの、かなりバラツキがある種籾の並べ替えも

殆どしませんでした。

 

さらには、覆土用の真砂土をどこかで確保して持ってくるのが最善ですが、

なかなか条件に合うようなところを見つけられていないので、

今回は市販のトレイ育苗の覆土に使う用の焼土(無肥料)を使いました。

 (写真は左側半分が覆土した状態)

また、モグラもいないし、オケラもあまり見かけない田んぼなので、

モグラ除け用の溝を掘ることもしてないです。

 

この後、草マルチをして防鳥糸を張る作業は、いつもの苗床づくりと同じですが、

昨夜の雨でもしかしたら水没しているかもしれません。

それでもしっかりした苗に育ってくれたらいいなぁと思っています(^^)/

 

(追伸)
案の定、昨夜の雨で水没してました。


週末までお天気が続く予報なので、いずれ水は引くと思いますが、

ジャンボタニシが出てきているので、水が落ちるように溝を作るか思案中。

 


昔の水苗代のような感じなので、もちろんお米にとっては

悪くない状態だとは思いますが、水没してると、

芽が出てきたときにジャンボタニシに食べられてしまうので、

やっぱり水を落とすための溝を作りました。

去年は排水しなかったところ、苗床の発芽してきた緑米を三分の二程度

ジャンボタニシに食べられてしまった苦い経験もあることですし(*^^*)

 → 

去年初めてこのやり方を知った時は、正直『エッ!?』と思った。

 

でも、あの三浦先生が雑誌に載せている方法だし、

よく考えてみれば土寄せの極端な方法だとも思えるし、

とにかく一度やってみようと思った。

そして、夏・秋と実際にやってみると、

やっぱり今までに増してジャガイモの出来が良かった(*^^*)

 

ということで、今期も『ジャガイモの土かけ栽培』をやってます(^^)/

『面白そう』と思ったことは、実際に一度自分でやってみること

が大事だと思っています!(^^)!

 

みなさんも一度試されてみては(^^)/
 

実際のやり方は↓


 題して『驚きのジャガイモ栽培』



 

お米の苗床づくりの第3ステップはさらに田んぼの土を2・3㎝耕す作業です。


表土を削ったところを耕さずに平らにならして種籾を蒔いても芽が出ない
わけではありませんが、やはり少し耕しておいた方が根はりがスムーズにできます。


種籾はしっかりした命ですが、いわば赤ちゃんのようなもので、
やはりその成長には少し手を貸してあげることでしっかりとした命に
育つことができるわけです。


作業手順は、①まず鍬で土を2・3mの深さで耕す。

②鍬やレイキを使って土をほぐして平らにする。


なお、師(川口さん)はこの土を細かくほぐして平らにならすという
作業も全て鍬一丁でされておられましたが、僕はいつの間にかレイキを
使うようになりました。


ただ、レイキを使っても1往復だけではなかなか細かく平らにすることが

できないので、3往復ぐらいして丁寧にやっていきます。


3枚目の写真の手前半分が土をほぐして平らにした段階。


4枚目の写真は全体を3往復ぐらいして仕上げた様子です。

前回も書きましたが、苗床の幅は1mですが、種籾を蒔いた後、
両サイドの土で覆土をするので、作業幅は約1.7m取っています。

基準の綱を張って綺麗に仕上げると苗採りの際の作業もやりやすいです(^^)/


今上映が続いている『PERFECT DAYS』の一つのテーマでもある

日常の暮らしの中の所作(仕事や作業も含む)の美しさを大事にして、
一つ一つを丁寧に仕上げていく意識を持って行うということは、
自然農の基本でもあるわけです。

日曜日は午前中に西口君がお手伝に来てくれたので、

作業のモデルにもなってもらいました。

『PERFECT DAYS』を観た感想や、テーマに関する話や、

最近の紅麴の騒ぎに関してマスコミや政府の在り方に関することなど、

いろいろ論議しながらの作業だったので、僕は充実してたけど、

彼は田んぼの種まき準備の作業に集中できなかったかもと

後になってちょっと申し訳なく思いました。