クリニックに行こう(町医者の日々)

クリニックに行こう(町医者の日々)

横浜で呼吸器科の開業医をしている打越暁です。2008年に開業し、現在楽しく診療中です。今までにない癒しのクリニックを作るという夢に向かって邁進中です。ぜひ応援してください。

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ ←応援よろしくお願いします!


クリニックに行こう!(開業と町のホッとクリニックを目指す呼吸器内科医の奮闘記) ←こちらもポチっと応援お願いします!


◆クリニックの公式ページに行くには下のロゴをポチっとクリックしてください。
クリニックに行こう!(開業と町のホッとクリニックを目指す呼吸器内科医の奮闘記)  ←打越メディカルクリニック ドキドキラブラブ音譜

いのちの力を高める 9つの呼吸法/文芸社
¥1,050
Amazon.co.jp

¥819
Amazon.co.jp
よい呼吸 悪い呼吸―呼吸器科医の考える呼吸と健康/文芸社
¥1,050
Amazon.co.jp

呼吸を変えれば元気で長生き (新書y)/洋泉社

いい本って

お守りみたいなもので、

何度も読んで

ボロボロになっているような本なんかがあると

もはやあまり読まなくても大体内容が入っていて、

手元にあるだけで

何だか安心するような

気がするものです。

 

僕にも、そんなお守り本が

何冊かあるのですが、

 

昨年からたまたま手に取った

エックハルト・トールという方の

「THE POWER OF NOW

「邦題「さとりを開くと人生はシンプルで楽になる」)

という本が、

最近は僕にとって最強のお守り本です。

 

内容はとても深淵で

本当の幸せって何だろう、ということを

掘り下げて説明してくれています。

 

とても分かりやすくてスラスラ読めるのですが

すぐに、わかった、ということには全くなりません。

 

いい本ってそもそも

すぐにはよくわからないものかもしれません。

 

「今、この瞬間」というものを大切に生きること、

今あることを抵抗せずに受け入れること、

今にあることで、本当の自分とつながること、

自分の無意識の思考をしっかり観察し、気づくこと、

「思考」を手放すこと・・・

 

 

私たちはとかく、

未来の不安や心配のことを考え

過去の後悔や失敗を考え、

今にいることがほとんどありません。

 

そしてその未来や過去のことを考え続けている

恐れや不安や心配や怒りを抱えた自分を

本当の自分と思ってしまう。

 

目の前に起きる出来事や状況に

いちいち反応し

心が休まることがない。

 

目の前の人や状況に

すぐに思考でレッテルを張り、

その人そのものをちゃんと理解しようとしない。

相手の話を聞いているようで聞いていない。

 

結局、私たちの思考って、

大事なもののようでいて、

かなり人生を重いものにしているようなのです。

 

 

え?でも思考しなきゃ、人生送れないじゃない?

考えなきゃ、いけないでしょ?

 

って思うけど

思考って、やはりうまく使いこなさないと

相当厄介なものなのだと思います。

 

そもそも思考って、

あまりPositiveな方には向きにくくて、

油断するとすぐNegativeな方に行ってしまう。

将来の不安や心配、過去の後悔やトラウマ・・・

 

大体世の中にはNegativeな情報があふれかえっていて

例えば、今のコロナの報道を見て、

元気でワクワクする人はおそらくいないでしょう。

 

無意識に生活していると

人の思考はNegativeに偏らざるを得ない時代なのです。

 

僕自身、本当にこの無意識の思考癖から

Negativeの無限ループに

どっぷり浸かってしまった時期があります(笑)。

 

今思えば

それは決して外の状況やひと、環境のせいではなく、

ただただ自分の思考のなせる業だったと

深く思います。

 

 

じゃ、その思考を手放すにはどうしたらよいでしょうか。

 

まず、そういう思考が

人生をかなり重くしていることに気づくことが

大切なんだと思います。

 

 

そしてなにより簡単な方法が

呼吸法です。

 

別に難しいことではなく

今、呼吸をしているかな?

と自分に問うことです。

 

吸って、吐いての呼吸に意識を向けるだけで、

その間思考はできません。

 

瞑想も、同じ要領で

心の中に沈黙の隙間、

空間をつくることなのだと思います。

 

思考を離れて今ここにあるための方法は

日常の些細な

目の前のことを丁寧にやること

でもいいのだと思います。

 

僕は最近コーヒーを豆からひいて、

ポットで温めたお湯を

ゆっくり注いで入れるのがブームです。

おいしいコーヒーを味わいながら

「今ここ」にいる時間が大好きです。

 

そんな時間に

部屋の中の観葉植物を見ると、

緑がとても美しく見える気がします。

 

私たちは

日常の中の美しさを

知らず知らずのうちに

ほとんど見過ごしてしまっているのかもしれません。

 

 

さて、

エックハルト・トールさんの別著

「ニュー・アース」

という本を今読んでいます。

 

これもまたいい本ですね。

人間のエゴ(思考の作り上げるニセの自分)について、

これほどわかりやすく書いてある本を

読んだことがありません。

 

目からうろこがボロボロ落ちていきます。

 

いい本に出合えるって、

本当に幸せなことだと思います。

 

最強のお守りが

また増えそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日初めて

針治療に行ってきました。

芝公園の近くにある

頭皮専門の針治療院で

育毛に効果があるとのこと。

 

僕も50近くになって、

白髪はほぼ髪全体を凌駕する勢いだし、

前髪当たりの髪の密度が

ここ数年で著しく減ってきている

(前髪をかき上げたときの心細さ(泣))し、

おでこもなんだか広くなってきていて、

まわりからはもう量が多くてくせ毛だから

あまり信じられていないようですが

なんだか

ビミョーに気になっているんですね。

(お見苦しいものをすみません)

 

自分のところでもAGAの治療薬は出していて

自分でも少し服用した時期が

数年前にあるのですが、

何とも言えない

いや~な副作用があって

結局断念してしまい

(もちろんAGA治療薬は

副作用なく済む人もいますし

効く人には劇的に効きますよ)、

その後はいろいろ思いつくことを

やったりしているんです。

 

やっぱり男性も女性も

髪の毛って気になることで

その手の本や情報がたくさん出ています。

 

医者の書いた本はあまり面白くありませんが、

体験者が克服した本は

それなりに読みごたえがあり、

参考になることが多いですね。

 

結論から言うと

頭皮ってそもそも

血流の悪い領域なんですが、

そこを畑の様に耕すイメージというか

そこに血流を増やしてあげるようなことが

一番良いようです。

 

だから

頭皮マッサージなんかもとても有効で、

それだけで薄毛が改善した

っていう人もいるようです。

 

僕も頭皮マッサージの本や

動画(特におすすめなのが

Imiさんという方の美顔ヨガという動画)

などを見て

せっせとやせた大地を耕している(笑)のです。

意外に頭皮って固くなっていることに

あらためて気づきます。

自分の身体でも

しっかり触ったりケアしてあげないと

ダメなんですね。

 

そのほかにも、

運動や睡眠、栄養、育毛剤、洗髪法・・・

いろいろな対策がありますが、

どれもとっても重要ですね。

 

僕はとにかく水分をよくとるようにしています。

サプリや育毛剤は

何となくあまり気が乗らないので、

漢方とビタミン剤をたまに飲むくらいです。

 

一時湯シャン(お湯だけで頭を洗う)を

試した時がありましたが、

さっぱりした感じがなくなって嫌になったので

1週間ほどで断念しました(笑)。

やっぱり気分がいいのがいいですね。

入浴やサウナは、

大好きで日に何度か入ることもあります。

 

僕の場合は睡眠の質が

著しくワルイので、

何とかそこは改善しないと、です。

 

ヘッドマッサージには何度か行きましたが、

確かに気持ちよくてその時はサイコーなんですが、

やっぱりその場しのぎ感が

否めませんでした。

 

 

それにしても、

髪の毛って実はとても奥深い組織で

いろんなことがこの髪の毛一本一本に

表れているんだなあと

改めて感心しているところです。

 

 

ところで

頭皮針ですが、

一番細い針でやさしめにやっていただいて、

先生も丁寧でとても有難かったのですが、

やはり針のチクっとした痛みが

どうしても慣れず、

終始身構えているような感じになってしまい、

あまり向いていないような気がしていますが、

終わった後は明らかに血流が

よくなっている気はするので、

果たして続けてやるべきか

思案中です。

 

アラフィフは何かと大変です。

 

でも、

自分を大切に扱うことの重要性を

あらためて感じられている気もします。

 

 

 

この時期に町医者が

ワクチンを打たない選択肢もありなんじゃない、

なんて話をすると、

たぶん多方からお叱りを受けそうな気もするけど、

最近のあまりに偏ったワクチンありきの話に

正直なんだか変だなあ

と思ってしまう自分がいます。

 

確かに新型コロナウイルスは

罹るのも罹らせるのも怖いし、

一般的にはワクチンは打っておくべき、

だとは思います。

 

でも今回のワクチンってかなり急場で仕上げたもので、

結構副作用の報告、

特に重篤な服用も出ているという事実は

見過ごせません。

今はまだ医療関係者や高齢の一部の方のみにしか

まだ打てていないので状況は明確にはなっていませんが、

身近な医療関係者の多くが、

結構高い熱やいつもと違う変調に

おやっ?と思っているはずです。

 

だけどテレビやマスコミの情報を見ると

もはや打つのが前提で話が進んでいて

副作用の怖さみたいな話は、

ほとんど扱われないか、

扱われても、まず大丈夫でしょう、的な話で

終始してしまう。

今は大丈夫でも

このワクチンがこれから先どういう副作用が出るか、

なんて誰も保証できない。

そもそも医療関係者でも、

このワクチンに何が含まれ、どう作られているのか、

あまりちゃんと説明ができないんじゃないかな。

 

それと

これからますます変異していくウイルスに

本当に効果が十分期待できるのか、

インフルエンザだって、

打っても効かない人たくさんいるし、

過剰に期待しすぎないほうが

いいんじゃないかなぁ。

 

打つものが何であるのかよく分からない。

効果も100%のことはわからない。

けど、周りがやっているし世間の目もあるし

まあやっておくか。

 

僕はこういうことって

結構まずいんじゃないか

って思う人間です。

 

ま、医療の中には、

薬でも検査でも、

良い面もあり悪い面もあり、

それがすべて100%納得づくでやれていないことも

あるかとは思います。

 

でも、それにしても、今回のワクチンには

わからないこと、?が多すぎる。

そもそも作る会社や国によって

(ちゃんとどの会社も正しく作ったはずなのに)、

採用されたり採用されなかったりする、っていうのも

なんだか変だよなあ。

 

実際、いろんな情報を

ちゃんと自分で調べて、

最終的に打たないという選択肢を選んだ人も

います。

 

公衆衛生上の重要性は重々承知の上で、

僕は打つ打たないは

結局自分が決めること、と思っています。

 

周りがどうとか世間的な目、

ではなくて、

自分自身が、

コロナに対してワクチンを打って安心をする、

というほうを選ぶのか、

打たないでしっかり自己管理をするのか、

ということを選ぶのか、

を決める、

そして他者のその選択を尊重する、

ということです。

 

 

ま、そうはいっても

情報があまりに多すぎて悩みますよね。

みなさん悩んでいます。

 

でもやっぱりこれからの時代、

何をする上でも、

自分のことは、

自分自身がしっくりくるもの、

自分で考えて納得するもの、

のみを取り入れる方が

良いように思うのです。

 

 

あぁ、それにしても

早く新薬できてほしいですねぇ。

 

何も症状がない人に

注意を要するワクチンを打つよりも

罹った人を早く見つけて薬で治したい。

もちろん副作用がほぼない薬で。

 

長崎大学の5-ALA研究

にはかなり期待しています。

 

ちなみに僕は

納豆は毎日食べています。

やっぱり納豆って

すごいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今世の中には、

ぐるぐるNegative波動が

飛び交っていますね。

 

ワクチン予約の電話がつながらない、

ワクチンの副作用が心配、

多くの方が

ストレスたまっているようです。

 

急場のシステム作りで、

予想通りの混乱ですが、トホホ。

 

イライラや心配は免疫力を落とします。

 

少しでも気分を変えて、

明るく楽しいことも考えていきたいところです。

 

お勧めの気分変換の術、

誰でもできる一瞬で気分が変わる方法を紹介します。

 

まず背筋を伸ばして

上を見上げながら息を深く吸い

息をゆっくり吐きながら、視線を戻す。

 

はい、

ただこれだけ。

 

その際に、少し口角を上げて(僕は苦手ですが)、

ほほ笑んだ表情がいいようです。

 

それと

ちょっとスピリチュアルですが、

この呼吸の際に、

見えないキラキラした光のシャワーを

浴びているイメージを持つと

不思議とスッキリします。

 

Negativeぐるぐる波動に負けないように

はい、深呼吸の処方

いかがでしょう。

 

 

暑くなってきても、

コロナは未だに騒がしいですね。

 

最近はほとんど自分では

テレビのニュースは見ませんが

患者さんがいろいろ教えてくれます。

コロナの最新情報も患者さんのほうが

よく知っていたりします。

 

ワクチンが始まり余計ややこしや~

ワクチン接種の予約が取れないとか

ワクチンの副作用が心配、

打ったほうがいいんでしょうか、とか、

外来ではそんな話ばかりです。

 

自粛、時短、ワクチンなどコロナの影響で

世の中には本当に

「~するべき」

という論調がとても増えてしまった気がします。

 

ただ

この「~するべき」って話

ちょっと立ち止まって

自分自身で冷静に考えたほうがいい気がします。

 

~べき~べきって人は言うけれど、

どんな行動に関しても、

たとえそれが世間一般的に勧められている事であっても、

誰も他人のことは責任は持ってくれませんし、

あくまで自分自身が

主体的に決めていくことがとても重要だと思います。

 

ますます増えていく

「~するべき」論調にばかりに動かされて

結局自分で考えることを放棄してしまっては

いつも世間の意見に

右往左往しなくてはいけなくなります。

 

だから僕は

世間一般的な「~するべき」には、少し距離を置いて

冷静に自分自身で考えてみようと思っています。

 

そもそも

「~するべき」という言葉は

潜在意識の観点からすると

本音はやりたくないけど周りがねぇ~的な

負の感情が基礎にあります。

自分の本音・本心ではない、ということです。

 

だから

人から「~するべき」と言われてやることは

何となく嫌な気分がどこかに残るし

自分が「~するべき」だからってやる努力は

あんまりワクワクしないんですね。

 

当然あまりいい結果にはつながらないんです。

 

だから何かをやるのは、

べきベースではなく、

あくまで、やりたいからやる、がいいですね。

 

世の中には

「~するべき」があふれていますが、

どんな状況にあっても

あくまで自分自身でよく考えて選択する、

自分自身が

やりたい!

やろう!

そう思うことを

選択していきたいと思うのです。