LOVE&PEACE(町医者のつぶやき)

LOVE&PEACE(町医者のつぶやき)

横浜で呼吸器科の開業医をしている打越暁です。2008年に開業し、現在楽しく診療中です。今までにない癒しのクリニックを作る、という夢に向かって邁進中です。世界が安心平和調和で満たされますように。

にほんブログ村 病気ブログ 医療・医者へ ←応援よろしくお願いします!


クリニックに行こう!(開業と町のホッとクリニックを目指す呼吸器内科医の奮闘記) ←こちらもポチっと応援お願いします!


◆クリニックの公式ページに行くには下のロゴをポチっとクリックしてください。
クリニックに行こう!(開業と町のホッとクリニックを目指す呼吸器内科医の奮闘記)  ←打越メディカルクリニック ドキドキラブラブ音譜

いのちの力を高める 9つの呼吸法/文芸社
¥1,050
Amazon.co.jp

¥819
Amazon.co.jp
よい呼吸 悪い呼吸―呼吸器科医の考える呼吸と健康/文芸社
¥1,050
Amazon.co.jp

呼吸を変えれば元気で長生き (新書y)/洋泉社

昨日のお休みを利用して、

奥さんと名古屋まで車で4時間かけて

あるイベントに参加しました。

 

朝のオープンから参加したかったので

前日の仕事後家を出て

名古屋に付いたのは夜中12時を回っていました。

 

何のイベントかというと

「花友フェスタ」というイベントで、

花やガーデニングなど植物全般の

お祭りのようなイベントで、

特に今回僕が見たかった(買いたかった?)のが、

以前にも何度か書いている

多肉植物です。

 

多肉植物界隈ではとても有名な

リエールさんという

多肉農家さんでYouTuberの方が企画された

多肉植物にはたまらないイベントでした。

 

 

実際9時開場なのに

8時過ぎには今まで見たこともないような

超長蛇の列で、

多肉植物ファン(通商タニラー)や植物好きの人が、

こんなにいるのか~💕と

とっても驚きました。

 

 

でも運営さん達のおかげで

9時過ぎにはスムーズに入ることができ、

しかも各ブースの生産者さんの熱意と愛に触れ、

十分このイベントを堪能したのでした。

 

 

実際、今回は遠方だから控えめにね~

なんて言っていたのに、

ふたを開けてみたら10鉢以上の多肉植物たちを

お迎えすることになってしまいました。

どれもほんと質が良くて

あーかわいい。

大事に車に積んで

横浜の家に無事迎えることが出来ました。

 


 

僕たちも今年に入ってから急速に多肉植物が好きになり、

急速にベランダや庭に

多肉植物用の棚を作ったり

多肉植物用の鉢をリメイクしたり

多肉植物用に放置状態だった花壇をきれいにしたり

夜中まで木を切ったりくっつけたりしていたので、

ご近所さんからは急に何事かと

思われているかもしれません。

 

もともと昔から植物は好きではあったのですが、

今年に入ってから急速に多肉植物の熱が高まり

奥さんも一緒ににハマってしまったことから、

どんどん家の内外に多肉植物が増えだし、

暇さえあれば関東近隣の多肉農家さんを訪ね、

SNSでもタニラーさんたちと交流するようになり

驚くほど生活も生活環境も変わっていっています。

とてもうれしく楽しい変化でもあります。

 

考えてみると

自分の不調をきっかけに

フラワーエッセンスに興味が出たり、

花や多肉を含めた植物や自然のエネルギーを

僕は欲していたのかもしれません。

 


 

いやもしかすると

僕に限らず、今、世の中の多くの人が、

花や植物、自然のエネルギーを

特に欲しているタイミングなのではないかと

今回のイベントの熱気にふれて

思えたりもします。

ジブリの映画ではありませんが、

人は自然から離れては

生きられない生き物なのでしょう。

 

 

以前に、あるスピリチュアルな能力のある人に

あなたは自然に触れていることが特に必要であり、

あなたのエネルギーを調整してくれますよ、

と言われたことがあります。

僕にとっては植物や自然とふれあうことは、

癒し以上の何か意味があるのでは

と思ったりもしています。

 

そんなタイミングで

たまたま本屋さんで

「花を飾ると、神舞い降りる」

という不思議な本が目に入り、

気になったので買って読んでみました。

 

須王フローラさんという方の書いた本で、

お花屋さんだったフローラさんが

花に妖精が付いているのが見えるようになり

そのエネルギーを活用して

人生全般を好転させていったという、

目に見えないことやスピリチュアルに興味のない方には

少々???な本かもしれませんが、

今の僕にとってはとても興味深く楽しい本でした。

僕にはそういった能力はありませんが

花や多肉植物の発するエネルギーは

とても強く実感しますし、

普通に誰でも花がある空間にいると

気分が上がったり癒されたりする感覚って

ありますよね。

結婚式やパーティーなどの場には

花が飾られないって考えられないですし、

もしかすると誰も見えないだけで

実はみんな気が付いている事なのかもしれません。

本当に妖精がいるのかもしれませんよ。

 

 

そんな調子で、

ますます多肉植物が好きになり、

花もますます好きになり、

院内にももっと花を増やしたいなと思ったりして、

そのうち多肉植物販売はじめちゃったりして…

あり得るかもしれませんので、

その節は、どうぞよろしくおねがいします。

 

 

 

 

 

秋晴れの水曜日。

毎年恒例の鳳神社の酉の市に伺った帰り、

ふと思い立って

上野の美術館で催されている

岡本太郎展に伺いました。

岡本太郎は、

学生時代から僕にとっては秘かなカリスマで

絵ももちろん個性的でインパクトがあって好きなのですが、

その著書などで述べられている言葉に

いつも励まされて生きてきました。

 

マイナス思考とコンプレックスの塊で

自信も未来像も描けなかった10代20代の自分に、

岡本太郎の言葉は

直接心に響き、

僕の人生を支えてくれたのです。

 

こんなに弱い

なら

弱いままで

ありのままで進めば

逆に元気が出てくるじゃないか。

もっと平気で自分自身と対決するんだよ…

 

あらゆるマイナス条件を

引き受けてしまおうという覚悟を

持てばいいんだ…

 

僕に言わせれば

弱い人間とか

未熟な人間の方が

遥に膨れ上がる可能性を

持っている…

今、50歳になって

岡本太郎からどんな言葉がもらえるのだろう。

 

僕はあいかわらず、

何となく最近あった

こまごました悩みや考え事などで

頭の中を重くさせたまま、

上野の美術館に入りました。

 

 

いつもの通り、

岡本太郎の奇妙なオブジェや

刃物のような原色の巨大な絵を

数点ぼんやりとみていた時、

映像の岡本太郎の言葉が

ふと耳に入ってきました。

 

きみね

自分なんか大事にしないで、

勇気をもって飛び込むんだよ…

 

(こんなところでぼーっと

俺の絵なんか見ていないで、

もっと自分と向き合って、

どんどんなんでもチャレンジして

この人生

自分を爆発させて生きてみよ)

 

正確な言葉は覚えていませんが、

その言葉を聞いた気がした瞬間に

僕はもうおなか一杯になり

大量の残りの絵を見ないまま、

足早に美術館を後にしました。

何だか日々のことでくよくよしたり、

思考ばかりがぐるぐるしている自分が

ばかばかしくなって、

マイナスだろうがプラスだろうがいいじゃないか、

とことん生きてみよう、

上野公園を照らす

まぶしいほどの夕日を浴びながら

そんな軽やかな
気分になりました。

 

いくつになっても

相変わらず

岡本太郎の言葉は、

僕の元気玉に

なってくれているのでした。

 

 

最近、藤井風さんの「Grace」

という曲ばかり、

何度も何度も繰り返し聞いています。

神聖な気分になる

とてもいい曲ですね。

藤井風さんは、デビューのころから大好きで、

デビュー前の少年時代に出されている

YouTubeなども、だいたい見てきました。

 

デビュー曲からハイヤーセルフ(高次の自分)を

歌詞にしていたり、

曲の周波数を

神聖な領域につながる周波数?に合わせたり

なんだかただものでない、

スピリチュアルな人だなあと

思っていました。

 

小さいころお父さんから

インドの聖者サイババさんなどの宗教的な教えを

聞いたり読んだりしていたそうで、

恐らくそういう小さい頃の教育の影響もあるでしょうが、

それよりもおそらく持って生まれた

感覚や能力が大きいように思えます。

 

20代にして、この領域に行けるというのは

まさに風の時代の申し子、という感じですね。

 

最新曲「Grace」は、YouTubeの配信や

ライブの映像も一般公開もどんどんされていて、

おそらく聴いた、見た方も多いと思いますが

歌もさることながら映像もとてもスピリチュアルで

神聖な気分に誘ってくれます。

インドが舞台なのも、またいいですね。

 

最近あまり泣かなくなりましたが

映像を見たとき胸をぎゅっとつかまれて

なんだか心の底から感動し目に涙が溢れました。

そんな経験は久しくしてません。

前世がインドなのでしょうか。

 

 

精神世界やスピリチュアルな勉強をすると

潜在意識やハイヤーセルフという概念が

まず取り上げられます。

 

最初のころは何のこっちゃ、という感じでしたが、

僕自身の人生体験と学びを通して、

やはりこの二つの概念は

もはや知っていないと

人生も、病気を含めたあらゆる体験に対しても

なかなかスムーズにはいかないことも多く、

できればちゃんと学びたいことです。

 

僕が最近大好きな

ホ・オポノポノという

ハワイの伝統的なヒーリングワークも

この潜在意識(ウニヒピリ)と

ハイヤーセルフ(ディビニティー)が

まず基本の知識になります。

 

顕在意識である自分が、

潜在意識の声、

それは感情や気分として内側に上がってきたものを

ちゃんと聞いてあげて

その感情や気分を手放してあげると

(ホオポノポノではクリーニングと言います)、

顕在意識と潜在意識の間のつまりが取れて仲良くなる。

 

顕在意識と潜在意識が仲良くなると、

自分の本来の神性さ、自由さ、愛そのもの

つまりハイヤーセルフにつながり

それは直感やインスピレーションという形で

降りてくる。全てがうまく廻り始める。

 

潜在意識の声を無視し、

不安や恐れ、心配、嫉妬、イライラなどで

潜在意識がいっぱいに溜まってくると

ハイヤーセルフとのつながりが切れて

益々負のループに入ってしまう。

 

もちろん自分の人生ですから

困難さを経験したいという方は

大いにそのループを経験すればいいのですが、

その経験をもういい加減卒業したければ

やはりそのネガティブ性を手放し、

内側の声を聴き、

ハイヤーセルフとつながって、

本来の自分らしい自由さと

深い愛だけになって、

人生を生きられたら

目の前の世界はきっと変わる。

 

藤井風さんの「Grace」という曲は、

そんな負のループから

自分の内側(潜在意識)とつながって、

さらにハイヤーセルフとつながって、

恐れや不安で息ができない世界から

自由と愛だけの世界に解き放たれた

覚醒の歌

ということが、聴くほどにわかります。

 

難しい哲学書や精神世界の本を読み漁るより、

どんな人生テクニックを学ぶより、

より簡潔に、

よりシンプルに、

左脳ではなく右脳に、

顕在意識ではなく深い潜在意識の領域に、

人生の深い真実が伝わってきます。

 

僕たちは、とかく何かがあると

外に原因や理由を探し始めます。

環境が悪い、

あいつが悪い、

誰も理解してくれない、

神や仏もあるものか…

そんな感じで

いつも外の何かを見てしまいます。

 

でも現実は自分の内側の投影だとすると

そこには答えは有りません。

内側の映写機に目を向けずに、

スクリーンに映ったものに文句を言っても

何も変わらない。

 

全て内側に答えがある。

 

内側が平和な時、

おそらく外の世界も平和になるのだと

最近強く思います。

 

 

あたし(ハイヤーセルフ)に会えて よかった

やっと自由になった

涙も輝き始めた

明日になればさよなら

あぁはかない世界だ

 

そうこの世の時間はあっという間、

外を見てぐるぐる回っていては

人生も簡単に過ぎてしまいます。

 

 

あなたはわたし 

わたしはあなた

みんな同じと気づいた時から

ぼくらは等しく光っている

 

何ができるかな

愛に従うのならば

できないことなど

なにもないさ


すごい人が出てきたものです。

風さんのような

愛だけの

Graceな世界に

早く行きたいなあと思います。

 

 

 

最近辻堂のヨガ教室(UDAYAYOGASTUDIO)に

月に何度かお伺いしています。

だいぶ昔からヨガはかじってはいるのですが、

なかなか習慣化できず、

気が向いた時だけやるような感じ

になってしまうこともあり

これではあまり意味ないなあ~

ちゃんと先生に付いて習いたいなあ~

と思い、

柳本和也さんという、

その世界では結構著名な先生のところに

伺うようになりました。

 

とても優しいオーラをまとったカッコいい先生で、

初めて伺ったときはわざわざ僕の前に来て

アキラさんよろしくお願いします

と丁寧に握手をしにきて頂きました。

 

特に詳しく知識を教えて頂くというよりも

静かで笑顔の絶えない先生を前に

素晴らしいエネルギーの満ちた空間の中で

一つ一つのポーズを

共にじっくり味わうという感じです。

 

今までは一つのポーズをさらっと流して、

これはできたこれはできないと

安易にこなして来てしまっていましたが、

KAZUYA先生のヨガを体験してから

一つ一つのポーズに時間をかけ

その時の身体の状態や内面を味わう時間が増えました。

ポーズの出来不出来ではない、

何か深い瞑想的な体験になっている気がします。

 

そのKAZUYA先生が

先日呼吸法と瞑想のWSをやられていて、

とても興味のある領域なので

早速参加してきました。

 

いつもの通り、

詳しい説明というよりも、

いっしょに瞑想や呼吸法をじっくり共有する、

という感じの2時間で、

質問タイムなどもあり、

終始穏やかな心地の良い時間になりました。

 

今回のWSで一番印象的だったのは、

KAZUYA先生も初心者のころ

ポーズの練習以外に

とにかく一日の中で四六時中、

瞑想や呼吸法を意識して生活していたことです。

家族でディズニーランドに遊びに行っている時にも

あまりに呼吸法や瞑想に集中するので、

奥さんに怒られた、なんて話もありました。

 

でも僕は、この話に感動しました。

 

まず瞑想をする、呼吸法をすると決めて、

徹底的に続けているということ。

決めて、実行する。

これってできるようで、できないことです。

 

僕は、瞑想や呼吸法は、

結構意識的に生活している方だとは思いますが、

KAZUYA先生ほど

本気で決めて本気で実行していなかったように思いました。

 

もうこうなったら決めます。

一日呼吸を意識し、

暇さえあれば瞑想します。

 

ヨガの優れた先生方のような

静かで優しくて強くて愛に溢れた姿に

少しでも近づきたいと思うから。

 

 

モノマネ芸人のデルピエロ山口さんという方が、

ひょんな繋がりで、クリニックに来て頂く事になり、

そこで頭皮と全身のマッサージを受けさせて頂きました。

デルさんは、アンガールズ田中さんのモノマネで

テレビにも何度も出演されていましたが、

自身の薄毛体験から、

発毛には薬や育毛剤ではなく

頭皮のマッサージが一番効果があることを確信し、

また心のケアが特に大切であるという思いから、

数年前から頭皮や足ツボマッサージなどの施術をはじめられました。

 

今年の7月に雑誌Flashに

デルさんの頭皮マッサージの記事が掲載され、

Yahooニュースなどのメディアにも取り上げられるようになりました。

 

今は芸人の仕事からは離れ、

国立のサロンと出張で施術をされていているそうです。

 

僕は、ちょうどその頃自分の髪のボリュームが急に減り

白髪もめっきり増えていて頭髪のことが気になっていたので、

そのデルさんの記事がすぐに目に止まり、

前にも書いたように、その内容に感動しちゃったんです。

そこで直接オファーして、今回出張で施術に来て頂いちゃいました。

 

うちにも若い方で薄毛に悩む方が来られますが、

薬や育毛剤を使ってもなかなか効果がでず、

そのうち心もダウンしちゃう方もいます。

デルさんは切実な体験者としてその気持ちがわかるので、

自分で本当に結果を実証したことを世の中に伝えて、

少しでも希望を持って明るく人生を歩んでほしいという

熱い思いで頭皮マッサージのことを発信されているそうです。

 

頭皮はいつも発毛したいと思っているのに、

ケアをちゃんとしてあげないと発毛したくてもできない。

植物を育てるように頭皮マッサージで頭皮を育てる、

土を耕し柔らかくし日光や水やりを丁寧にあげれば、

やがて根が生え芽が生えるように、髪も元気に生えてくる。

 

なんだか当たり前の話なんだけど、

その当たり前をちゃんとやることで、

薬や育毛剤のような人工物を使わない自然な発毛法があるはず。

僕も多肉植物を育てるようになって、

ますますこのことが納得できるのです。

 

 

で実際の施術は、まさにプロのお仕事ぶりで、

足から始まり、腕、背中、首、頭まで全身をしっかり揉みほぐしてくれます。

頭皮のケアが一番の目的であっても、全身と繋がっていて、

ちゃんと足指から丁寧に、悪いところをしっかりほぐしていきます(痛かった~)。

 

頭の使いすぎ、疲れ、睡眠の質の悪さ、ひいては性格傾向までが、

足を触っただけで簡単に当てられちゃいます。

(気功も学ばれていて、さらに針の学校にこれから通うとのこと)

(相変わらずの向き問題トホホ)

 

頭や顔もカッサを使って時間をかけてほぐしていき、

たくさん溜まった老廃物を流してくれました。

老廃物が流れると頭が指の第一関節分小さくなりました。

頭蓋骨が締まり、

頭皮周りの皮下、筋肉などにたまった老廃物が流れることで、

頭皮は本来の力を取り戻していくそうです。

小顔効果もあります。

(左施術前、右施術後)

(右顔面施術後、左顔面施術前)

 

何より

デルさんの人柄から滲み出るなんとも言えない心地良い雰囲気があり、

120分(以上?)という時間がずっと気分良く、あっという間でした。

 

後から考えてみると、

デルさんは終始相手への敬意と愛を持っていて、

自分の仕事を心から楽しんでいることに気がつきました。

 

本来なら2時間の施術で相当疲れそうなものの、

全く疲れずむしろ楽しくて仕方がないというのです。

出てくる言葉は、有り難いです、楽しいです、面白いです、ばかリ。

クライアントへの敬意と仕事の喜び、

そして結果への自信と確信。

 

まさに天職なのだと思いました。

同じ領域の人間として、とても尊敬できる方でした。

 

たくさんお話ししましたが、多肉植物が好きだったり、

神社が好きだったり、

考え方や人生の捉え方に共通点も多く、

不思議なご縁でしたがとても良い出会いだったなぁと思えました。

おそらく定期的にメンテナンスしてもらうことになりそうです。

(プレゼントした多肉寄せ植え)

 

ご興味のある方は

デルピエロ山口さんのtwitterなどからアクセスし

ぜひ体験してみてください。

出張もこころよく受けてくれます。

おすすめです。

 

おそらく数年後は予約の取れないカリスマになるでしょうね。