的中将軍【馬宗】
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2012年10月03日(水)

地方最強騎手の挑戦

テーマ:ブログ
応援クリックお願い致します八(^□^*) !!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 競馬ブログへ  おきてがみ

地方競馬ナンバーワンジョッキーの戸崎圭太騎手が、
通算三度目のJRAの新規騎手免許試験の願書をJRAに提出したそうです。

戸崎騎手は2005年に初めて同試験を受けたのですが、
結果は一次試験で不合格。
さらに昨年の2011年にも二度目の試験の臨みましたが、
同様に一次試験での不合格となってしまいました。

戸崎騎手の経歴を簡単に説明すると1998年のデビューから2012年までに、
地方通算勝利数2000勝を達成。
2008年には年間306勝を上げ全国リーディングも獲得しています。
さらに中央遠征として昨年は安田記念でリアルインパクトに騎乗して勝利を飾り、
現在も地方競馬のトップに君臨しているジョッキーであることは誰の目にも疑いようのない事実です。

ではなぜここまで輝かしい成績の騎手でも中央競馬の免許を獲得出来ないのでしょうか?

新規騎手免許試験の一次試験内容は学科試験で中学~高校レベルの国語と数学、競馬法規とあり、
勉強を怠らなければそうそう落ちる試験でもないと思います。

私の勝手な推測ですが、JRAの意向としては、地方競馬からの騎手の流入があまりにも激しくなってしまうと、
競馬学校の意義がなくなってしまう可能性があるので、
出来るだけ地方競馬からの騎手の流入は抑えたいのではと考えております。

もしそれが当たっていたとすればそれはJRAの横暴でしかありません。
地方で活躍している超一級の騎手と、
競馬学校を卒業したばかりの若手の騎手を比べて見て、
どちらがこれからの競馬界を支えていける可能性が高いのかをもう一度考えて見るべきだと思います。

JRAには目先の利益や古くからの規則などを取っ払って、
フェアな条件で試験を施行してほしいと思います。

三度目の正直とは言いたくないですが、
戸崎騎手には今年はこそ免許獲得し、JRAの舞台で活躍することを心から願っています。

過去コラムはHP内で公開中!!週末は完全無料の予想買い目で的中を!!的中将軍【馬宗】


【PR】



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス