UEKEN BLOG

UEKEN BLOG

since 2009


テーマ:

"まっすぐ" のイイところは


うそをつかない事


前向きで明るい事



悪いところは


アラフォーにななった今でも身内から


「そんな甘い考えでは世の中渡っていけないよ」


と説教される事




友達の "思いやり" "情熱" からは


未だに、子供扱いされるが



"はらぐろ" "金目当て" とつるむくらいなら


"時代錯誤" の方がカッコいいと言い返した




"穏やか" "謙虚" に憧れて



イバラの道を行く覚悟を決めて



まっすぐの人生は変わった





そろそろ一皮剥けて



その恩返しをしなければと



時間をつくって広い世界を旅したり



努めて多くの人に交わったり



視野を広げる事を意識したり



一緒に働く仲間を大事に思ったりした。





20171125



グランドオープン



「和酒と炉端焼き とんがり」




清き心の流れは



多くの人に伝わり



街を明るく元気にしていくはずだ


{E817EC02-C757-4E30-9EA4-2DE5D12E7A1F}








テーマ:

同じモノをみて



同じコトをしても



同じように感じるとは限らない。





オリジナリティと傲慢



個性とわがまま



自信と過信



全部紙一重。





技術と経験という確実に存在する



分かりやすいことと



センスという根拠のない分かりにくいことが



混ざり合って



新しいモノが誕生する





イイものができる事は多いが、



多くの人に伝わるイイものは、



意外と少ない





多くの人にちゃんと伝わるかどうか、



実際には、世の中に解き放たれた後にしか


分からないが、



ちゃんと伝わるかどうかの境界線にいるのは



思いやりというシンプルな気持ちなんだと



最近わかるようになってきた。





ワクワクするということは、



良い結果が出そうな予感がするからだろう





20171122



グランドオープン



cave de comatsu



たまには



大人の秘密基地で



ゆっくりと



{CBE30D1E-C2D8-48FD-A936-9638F6DF67E1}



テーマ:

長い間会っていなくても



ずっと連絡すらとっていなくても



通じ合っていたりするのが



友達なんだと



たまに、改めて実感したりする。




いい仕事はゆとりからとか言いながら、



季節感や風物詩を感じることも、



時には曜日を感じることすら忘れて、



仕事に追われ続けている合い間に、



毎年、ふと思い出す77日。

 



あっ。今日。西やんの誕生日。




僕の七夕は、



だいたい毎年そんな感じ。






彼とは、かれこれ15年くらいの



つきあいになるが、



そんなに頻繁に会うこともなく、



がっつり腹割って話し合うことも滅多にない。




だけど、何となく、



解り合えている気がしているのは、



僕の勝手ではない気がしている。




子供みたいに一途なレストランバカは、



20年余りの紆余曲折の中で



川くだりのように流れながら、



船もいろいろ乗り換えながら、



年々緩やかに、まろやかになりながら、



大海へと繋がりつつあるなかで



大きな船ではなく、



優秀な船頭たちを活かせる



大きな船団をつくろうとしている最中。




昨日、天の川をその船団が



下っていった。




織姫さまと彦星さまの反応も



上々だったと聞いている。





201777



博多駅にてグランドオープン



「ニューコマツ」 




日常の中に小さな幸せを演出する



素敵なレストランは



バカみたいに一途なオトナの心で



でてきていたりする。


{08BCE682-BF3B-40A2-B640-9FFD7318F765}


テーマ:

優しさの先に



思いやりがあって



思いやりの先に



楽しむとか



喜ぶとかが



あるのかもしれない





窮地に追い込まれた時に



人間の真価が問われるように




窮地に追い込まれた人に



どう接したかも



同じように真価が問われる






カッコつけずに自分の負を



正直に真摯にさらけ出すカッコよさと





窮地に追い込まれた人に



快心の笑顔で当然の出来事のように



手を差し伸べるカッコよさ





2周目のカリスマと



3周目のレジェンド





1周目の僕からしたら



どちらも眩し過ぎた





カリスマとレジェンドに



通じるものは、ふたつあった



「心から人を思いやること」



「心から人生を楽しむこと」






2017425




グランドオープン




「六本松 竹乃屋」




新しい街に



新しい風が吹いてくれる事を



願っている



{6753570F-7D83-4E9D-98AE-87A27728F8A1}


改めて、関わってくださった

多くの関係者のみなさまへ

感謝いたします。

テーマ:

根拠のない自信に漲っていた


十代後半



二人は出会った





純度の高いピュアな二人は




自分の目で見たものと


自分の手で触れたものと


自分の耳で聞いたものしか


信じることができず




何にも染まらずに


己の信じた道を突き進んだ




根拠のない自信の中に


少し不安が入り混じる事を知った


二十代前半




二人はある夢のために固い約束をして


別々の道を歩みだす




その3年後には


意外と早くその固い約束も夢も果たした二人は




その後、




次の目標を見失った時期もあった




挫折も味わった




いろいろ背負うべきものも増えた


 




停滞が続いた



二十代後半から三十代前半






それでも二人は



ピュアなまま



それぞれの道を



立ち止まらず歩き続けた





20161212



高知のはりまや町にて



本日、グランドオープン



「マロバシ」




ようやくたどり着いた




7年越しの夢の続き




ここからが本当のはじまり





{C445D2D6-5967-46AF-981D-D0E87DD3A2CF}



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス