rxtypeのブログ since 2012

rxtypeのブログ since 2012

日本経済の一番の問題はデフレ予想です。

東大法学部は文系では日本のトップと言われています。
学歴のブランドとしては日本最高です。(なぜか難易度がはるかに高い東大理Ⅲ(医学部)よりも格が高い。)
しかし、その東大法学部出身者が行政に携わっても全くと言っていいほど結果を出せていません。なぜでしょうか。

彼らは昔必要とされていた能力しか持っていないからです。何に秀でているのか。それは、入試問題を解く能力です。

入試問題でわかる能力は
①「与えられた問い」を正しく理解し
②過去の正解・解法から探し出し(場合によっては組み合わせ)
③速く
④正確に
答える能力です。

コンピュータが得意とするのは
①「与えられた問い」を正しく理解し
②膨大な情報を集め/膨大な情報のなかから該当するデータを探し出し(場合によっては膨大な組み合わせを試したなかから)
③速く/超高速に
④正確に/全くミスをせず
答えることです。

「昔必要とされていた」と書いたのは、これらは今、すべてコンピュータが担えるからです。しかもこれらの能力は人間より圧倒的に優れています。今、人間に求められてるのはこのコンピュータを使える人間です。
それは、次の能力です。

①正解のないところから「問い」を導き出し

②正解のないところから「解法」を導き出す

③そのためにコンピュータを使いこなすスキル

 

これらは、東大法学部では全く問われません。

東大法学部がエリートとして無能すぎるのはこういう理由です。

 

金融庁ワーキンググループが出した「年金2000万円」(笑)の報告書が国会でも取りあげられました。



共産党がダメなのは、

何も考えずに「赤字」に条件反射してしまうところ。

逆に考えてみましょう。
高齢者が2000万円貯蓄してて
「黒字」って何だかわかってます?

2000万円以上ある貯蓄を
「さらに増やしてそのまま死ぬ」ってことです。

ただでさえ、消費不足のデフレなのに、もし、高齢者全員「黒字」になったら、それこそ日本は超需要不足に陥り、恐慌(ハイパーデフレ)になります。

おそらく、経済全体を全く分かってない。

本当に高齢者を黒字にさせたいんですかと、小一時間問い詰めたい。


それと、「必要」と「平均」をごっちゃにしてるところもダメ。

平均以下なら生活できないの?
死ぬの?って話。

こんな話を国会でする
小池晃は国会議員としては失格。

笑っちゃうレベルです。

でも、笑ってはいられません。

民主党に政権交代したときも
消えた年金問題で自民党にお灸を据えるとか言って、壮大に騙されましたね。

おそらく、今回も、二匹目のどじょうをねらっているのでしょう。

お気をつけください。