(追記)小学生時代から不変の友情「羽NEWS」自閉症の友 父と応援団 | 見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

見上げれば、青空 ~羽生結弦選手に夢を託して~

励まされ、受けとめられて、初めて人は、生きていけるのかな?

コメント、嬉しいです。
励まされないと、何もできない性質なので・・・・。
って、いきなり弱気?

フィギュアスケートの羽生結弦選手を応援しています。

苦しい程に結弦くんが好きな方、ようこそ!


テーマ:
深夜の3本目。

(追記)特別支援学級の児童との交流については、2月1日の河北新報の記事でも報じられています。(コメントありがとうございました)
<平昌で羽ばたけ>東北関係選手へエール(1)フィギュア・羽生結弦選手 伸び伸び楽しんで 「重圧を感じないで」 元仙台市七北田中スケート部顧問・千葉一恵さん(62)

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


「羽NEWS」については、以前、ご紹介したことがありますが、
覚えてらっしゃるでしょうか?
結弦くんのサインと『羽生選手を応援する会』のニュースペーパー

小学生ゆづと、ある一人の自閉症の少年との交流から生まれた応援紙。

読売新聞社会欄で紹介されていました。(2018年2月9日朝刊)






小学生の子どもにとって、
特別支援学級の子どもと交流するというのは、

実は、大人が考えるよりも、難しいことが多いんです。

自分のペースでは、交流できないから。

自分と同じように相手も感じているだろうと思っていたら、交流できないから。

優しさとか思いやりとか、もちろん必要です。

でも、それ以上に、心の底から相手の寄り添っていく真っ新な気持ちがないと、

友達にはなれない。

同じクラスにいつもいる子ならまだしも、

別のクラスだった訳だし。


結弦くんが福島、熊本と、自分の故郷以外の被災地を訪れて、

子どもたちやお年寄りと交流する様子は、

テレビで何度も見せてもらったが、

その時、裏話としてツイッターなどから漏れ聞こえてくるのは、

結弦くんが、いかに自然に、無私の心で被災者に寄り添っていたかということ。

その結果、笑顔を忘れていたお婆さんが嬉しそうに話し出したとか、

子どもたちが甘えてきたとか(2月4日読売)、

そういう話が沢山聞こえてくるのだ。



こんな選手が日本にはいるんだよ、

五輪で今、注目されている選手は、

スケートが上手いだけじゃなくて、

人間としても、尊敬せずにいられないひとなんだよ。


そんな風に、

読売新聞が今、いくつも記事を書いてくれてるのに、

Web記事になっていないのが残念で。


やっぱり、記事も、スポンサーが必要なのかなあ。




本日の履歴
織田信成 羽生結弦なら大丈夫、技術があるのは誰で、無いのは誰かと。
五輪開幕と同時に、NHKは迷走中?!



結弦くんの平昌金メダルを、一緒に応援して下さる方は、『ここ』か↓のバナーのクリックをお願いしますp(^-^)q


※amazon フィギュアスケート関連図書一覧

※ブログランキングへの投票方法(ちょい説明)

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。



※コメントポリシー
※アメンバー申請なさる方へのお願い事項

まささんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス