普段、投げ釣りでウロウロしている京都府北部の伊根町界隈。12日(日)は家族でぶらりと日帰り旅行へ出かけて参りました!

んでもって、一番のお目当ては↑の蒲入(かまにゅう)漁港の漁港メシ。お値段、2200円ナリ~~♪漁港内の魚を捌いたりする屋外広場(屋根付き)にテーブルと椅子をずらりと用意して、そこできれいな伊根町の海を眺めながらの食事なのですが、今日はホント風が強くて寒かった~~ww。

この手の漁港で食べる海鮮丼とか魚介ランチって、キングサーモンとかがしれっと入ってたりして「コレ、絶対ここで獲れた魚とちゃうやろ」みたいな微妙なケースもあったりするんですが、ここの定食は本当のご当地料理なのも好感もてますね~。ウインク

蒲入漁港を後にすると、そこからクルマですぐの伊根町道の駅へ。展望台からは舟屋の風景を一望出来て、しばしその絵になる情景を鑑賞タイム。高いところから舟屋を拝んだ後は…。

遊覧船に乗ってまた違ったアングルでの舟屋鑑賞!…のはずだったのですが、大人気もなくカモメへのエサやりに熱中するあまり、折角の風景もまともに見る事なく周遊終了w。(子供かよw)

ネットからの借り物画像ですが、兼ねてから気になっていた日本酒、伊根満開を自分へのお土産に、お買い上げ!古代米(赤米)で作られた赤ワインのような日本酒は、数年前の大阪サミットでも各国要人へ振舞われた事もあるんだとか。ポーン

熱燗にすればホットワインのように、炭酸水で割ればスパークリングワインのようにも楽しめるというそのお味は、米から作られたとは思われない、どこかフルーティーささえ楽しめる一品らしいんだそうです。今夜の晩酌で早速頂きま~~っす酔っ払い

先週の大漁水揚げに味を占めて、今回も同じ場所へGO!…なんですがガッチョ交じりで30匹程(リリース含む)と随分お寒い釣行となってしまいました。泣

今日の釣行は、投げ釣り初挑戦となる高校の同期と、その弟さんとの三人釣行。先週の釣行は、今日の釣行を備えて、下調べ半分で出かけたという意味合いもあったんですけどね~。(んでもって今日という本番でズッコケてしまうというw)

北風3メートルというあまりよろしくない状況。波はそれほどでもないのですが、ド向かい風で仕掛けが思うように飛んでくれません。素針交じりでぽつりぽつりと拾っていくような釣行だったのですが、同期の竿にもそれなりに魚が口を使ってくれた様子で、「クーラーすっからかん」という最悪の状態だけは回避できてよかったですw。

ε-(´∀`*)ホッ

先回とはうってかわってガッチョの猛攻に苦しむ事に。ガッチョの下処理でヌメリを取り除くために、今回は塩を大量消費する事になりそうです。癖もなく淡白な白身ですんで、シロギスにも決して劣らぬ美味しいお魚なんだけど、その見た目とヌメリで敬遠されるのか、釣果としてはシロギスの方が好まれる事が多いですよね~。もっとも…「こいつは食べないから」と釣れてもリリースされるんであれば、ガッチョの作戦勝ちと言えなくもないですねw。ニヤニヤ

5月29日は、ピンギス主体に50匹余(リリース10匹ほど含む)と超々久しぶりに納得のいく釣行でした♪

場所はココ。福井県高浜町の若宮であります。6時頃からの一投目、100m程沖から伝わるかすかな魚信w。

「今日は良い…いける…かも!?」

そんな期待通り、最後までほぼほぼ素針を食らうことなく延々と釣れ続けてくれました♪デレデレ

そうはいっても、高浜町のキスってばなかなか良型が釣れないんですよね~泣

それでも先週の難波江に比べれば幾分ましなサイズでありまして、これならまぁ、お持ち帰りしても良いかなというギリギリのライン。もっとも、このサイズだと中骨がついた状態で揚げてもそんなに骨が気にならないんで、良型のキスと比べると捌くのが超楽っていうメリットはあるんですけどねw

束釣りもと呼ばれる100匹越えの釣果も夢ではありませんでしたが、気温がぐんぐん上昇して多少ばててしまったのと、帰宅後100匹のキスを捌く事を想像するとぞっとするので3時間程で納竿。去年より投げ釣りを始めた同行のビギナーさんも30匹程をクーラーにピンギスを収め、納得&満足な釣行とあいなりました!

5月21日の釣果は、マイクロピンやガッチョ交じりで20匹少々(リリース10匹ほど)。良型はお目にかかれませんでしたが、ここ最近の貧果を思えばまずまずといったところですかね~。ウインク

田尻町の朝市で食べたガッチョの唐揚げがとてもおいしかったので、それをまねて今回はシロギスも含め全て唐揚げで頂くことにしま~~っす♪デレデレ

最初に訪れたのはココ。宮津の由良川河口であります。5色から4色へと差し掛かる辺りに群れがいるようでして、概ねヒットゾーンはその辺りでした。同行者は、7色放って25㎝オーバーの良型とゲット。そこまで飛ばせたらまた違う釣果となってたかもですが、如何せん射程範囲外。笑い泣き笑い泣き笑い泣き

その後、当たりが遠のいた事もあって、福井県高浜町まで移動。難波江のサーフで竿出しすると、ほぼ素針知らずでマイクロピンが釣れ続けてくれました。(クルマにスマホ置いてきてしまって一枚も写真を撮れずw)

高浜町エリアのキスって、数は多いんだけど如何せん型が細かいんだよなぁ…。今回は特に小さいサイズばっかりで、針を飲み込んでしまって助かりそうもないのだけはクーラーボックスにしまいましたが、それ以外はどんどん海へリリース。秋の落ちギスシーズンに良型となって再会できる事に期待したいところでありますね~。ウインク

大阪狭しと北へ南へとあちこち出かけております。5月13日のお出かけ日記は、めったにお目にかかれない幻のタマネギを求めて訪れた大阪のディープサウス、田尻町で~~っす!

その幻のタマネギに関する関連動画をペタリ。抽選販売に申し込んだところ、運良く当選との連絡を受けてラッキー♪ウインク去年、一昨年はコロナ禍もあって抽選販売が中止されていたそうで、今年になって3年ぶりの販売再開とのこと。また今年は例年になく豊作だったようでして、一般販売も行われていたようであります。(←当選の有難み半減??)

販売会場が田尻漁港内にある日曜朝市会場との事でしたので、5時半起床、6時出発とちょいと早起きして(釣りかよw)現地入り。良型カツオやヨコワが2500円とお値打ち価格で売られておりました。ポーン夫婦二人ではとても消費しきれない大きさだったので、カツオや隣のヒラマサは購入を断念。一匹300円とこれまた激安のハマチや白エビ、トビウオ等々、あれやこれやとお買い上げ~♪

お出かけに出たならば、やっぱりチェックしておきたいご当地スイーツ。「cheesecake lab seed」でチーズケーキをお買い上げ♪。小ぶりサイズで甘さ控えめなチーズケーキは、一人で2つ3つペロリと行けちゃいそうですw。デレデレごっそさんでした!!