DeAGOSTINI 第10号・第11号来ました\(^o^)/

第10号 右リアサスペンション

第11号 リアサスペンションメンバー

では先ずは第10号の右リアサスペンションメンバー

の製作から始めます。


組み立て方は左リアサスペンションと共通なので

第4号リアサスペンションの組み立てを参考にして下さい。

そして完成した右リアサスペンションが

コチラに為ります。

続いて第11号のリアサスペンションメンバー

の組み立てを行います。

このサスペンションメンバーを組む事で

第4号・第10号のリアサスペンションを

同時に組む事が可能です。

 

サスペンション関連のパーツはほとんどが

ダイキャストで出来て居て、

正に実車の様なクオリティです。


先ずはリアサスペンションメンバーに

クランプホルダーを組付けます。

ダイキャストへのネジ締めは

し難いのでネジを舐めたりしない様

注意が必要です。

続いてU型アッセンブリーを組付けます。

固定はしっかりと行って下さい。

続いて第10号で組み上げた

右リアサスペンションを

メンバーに組み付けます。

固定の際、ネジが入り難かったりするので

パーツを組む前に一度ネジを空締めして置く事を

オススメします。

2本有るロアリンクのうち長い方をメンバーに固定します。

 

一度、空締めして置くと不要な力無く

すんなり入って行きます。

それでも入りにくい場合は潤滑油等を

少し使用すると良いと思います。

右サスペンションの次は

第4号で組み上げた

左サスペンションをメンバーを装着します。

右サスペンション同様にロアリンクを

メンバーに固定して行きます。

左サスペンションのロアリンクは

2本とも固定して下さい。

ロアリンクの固定が出来たら

スタビライザーを右サスペンションへ

連結させて下さい。

写真の状態がリアサスペンションメンバーに

左右のサスペンションが組みあがった状態です。

続いてスタビライザーに

U型アッセンブリークランプを装着し固定します。

最後に右サスペンション側の

短いロアリンクを固定して完成です。

リアサスペンションメンバーの完成!!

 

サスペンションを組み上げる事で

GT-Rの足回りの構造が詳しく解るのが

なかなか面白い!!

 

やはり文章や写真で見るだけなのと

スケールモデルとは言え実際組むのでは

理解力が違うと思います。

 

第10号・第11号では冊子もR35GT-R NISMOの

車内の説明となかなか面白い内容でした。

 

ヒストリー的な記事も良いけど実際にR35を欲しいと

思ってるユーザーとしては現行モデルの詳細が

解るのは嬉しいですね(*^-^*)

 

では次号の到着を楽しみに待つとしょうましょう♪

 

以上、デアゴスティーニ GT-R NISMO

第10号 右リアサスペンション

第11号 リアサスペンションメンバー

組み立てのご紹介でした\(^o^)/

************

『tsr-project』ではポン付けタイプの

社外パーツから現物加工

アルミホイール・エアロパーツ等

大掛かりな物まで全てOK!!

またローンでのお支払も可能なので

ドレスアップをお考えの方は

お気軽にご相談下さい♪

PRIUS専用オリジナル車高調

リリース開始!!

 

Total Car Produce

【プリウス専門店】

tsr-project株式会社

ドレスアップアドバイザー 川上

〒701-0304

岡山県都窪郡早島町早島3159-3

TEL:086-441-3223

FAX:086-441-3222
http://www.tsr-project.jp/

Twitter:@ProjectTsr