今日はDeAGOSTINI GT-R NISMO

第6号・第7号が届いたので

早速組み立てて見たいと思います\(^o^)/

第6号と第7号では

トランスアクスルの組み立てを行います。

良く知りませんでしたがR35GT-Rは

特許も取得したパワートレイン配置

『独立型トランスアクスル4WD』

新開発プラットフォーム

『プレミアム・ミッドシップパッケージ』

と言うのが採用されてるそうです!!

通常、フロントに配置されて居るトランスアクスルが

リアに配置され重量配分にも貢献。

詳しくは良く解らないですが凄いですね!!

では第6号から組み立てて行って見たいと思います。

トランスアクスルにオイルパンを組付けます。

ダイキャスト製のトランスアクスルは

質感・重量感共にGOOD!!

オイルパンは質感の違いを出す為か

プラスチック製となって居ます。

第6号はこれで完成(笑)

続いて第7号の組み立てに入ります。

第7号では6号のトランスアクスルに

トランスアクスルフロントカバーを

取付ます。

これで第7号完成です!!笑

6号7号共にとても簡単です。

物足りない位に・・・(^_^;)

6号のドライブシャフトは今回は使用しません。

ドライブシャフトを仮組するとこんな感じです。

尚、ドライブシャフトはプラスチック製です。

第7号付属のプロペラシャフトも今回は使用しません。

こちらは重量感と質感も良いダイキャスト製!!

プロペラシャフトを仮組するとこんな感じです。

1/8の大きなスケール感が味わえます。

 

以上、今日は第6号・第7号の紹介でした(*^-^*)

デアゴスティーニの序盤は細々したパーツが多い様子。

やっぱり初めのうちに採算取っとかないとダメだからかな!?

 

後々のボディとか内装パーツが楽しみです♪

逆に足回りとか今回のトランスアクスルの組み立ては

知らなかったGT-Rの知識と魅力がどんどん入ってくるので

キット自体に物足りなさを感じる事は有りますが

決して内容の薄い物では無いと感じます。

 

引き続きDeAGOSTINI GT-R NISMOの定期購読を続けて行きたいと思います\(^o^)/

************

『tsr-project』ではポン付けタイプの

社外パーツから現物加工

アルミホイール・エアロパーツ等

大掛かりな物まで全てOK!!

またローンでのお支払も可能なので

ドレスアップをお考えの方は

お気軽にご相談下さい♪

PRIUS専用オリジナル車高調

リリース開始!!

 

Total Car Produce

【プリウス専門店】

tsr-project株式会社

ドレスアップアドバイザー 川上

〒701-0304

岡山県都窪郡早島町早島3159-3

TEL:086-441-3223

FAX:086-441-3222
http://www.tsr-project.jp/

Twitter:@ProjectTsr